zuknow learn together

新しい教材を作成

【意外と知らない】歴史の雑学

カード 20枚 作成者: michihiro (作成日: 2013/11/07)

  • 食事の回数

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ホワイトハウスは元々白い建物ではなかった!?

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    食事の回数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現在は「朝・昼・晩」と3回食事をとるのが一般的だが、江戸時代の中期までは「朝夕のおもの」といって食事は一日に2回だけだった。 3回になった理由は、天下太平の世の中になって幕府や藩の役人の雑務が増えた為といわれている。

    解説

  • 2

    昭和の元号

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「昭和」という元号は、新元号を決める際は第二候補で、第一候補は「光文」というものだった。 しかし、政府が発表する前に新聞が報じてしまったので、急遽第二候補の昭和に変えられた。

    解説

  • 3

    ハンカチの形

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現在ではハンカチの形は正方形が普通だが、昔は丸いものや三角のものも同じ用に流通していた。正方形が一般的になったのは、マリーアントワネットが正方形を気に入り、ルイ16世に法制化させたため。

    解説

  • 4

    渋谷駅前のハチ公像

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハチ公の銅像は、元々功績をたたえるためにハチの死後に立てられる予定だったが、他にも銅像を建てたいという人が現れたため、急遽ハチの生存中に建てられた。そのため、除幕式にハチ本人も出席している。

    解説

  • 5

    牛若丸の下駄

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五条の大橋で弁慶と渡り合った牛若丸は、一本歯の下駄を履いている。一見すると歩きにくそうだが、この下駄は本来は山を登る為に発明された物で、現在でいえば登山シューズにあたるもの。

    解説

  • 6

    カステラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長崎名物などで有名な「カステラ」はポルトガル語だが、元々はスペイン領の北方にあった国の名前。なのでポルトガル人はスペイン人のことを「カステラ人」と呼んでいた。

    解説

  • 7

    関ヶ原の戦い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 徳川家康と石田三成が天下を賭けて戦った関ヶ原の戦いだが、東軍総大将は徳川家康に対し、西軍総大将は石田三成ではなく毛利輝元。

    解説

  • 8

    紫式部

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「源氏物語」で有名な紫式部だが、「紫式部」とは通称で、実名は一切わかっていない。当時は実名を軽々しく他人に明かすものではないと考えられており、特に女性が実名を明かすことは結婚を承諾するに等しいとされていたため。

    解説

  • 9

    太平記

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鎌倉末期から室町幕府成立までの歴史を記述した史書「太平記」。題からすると平和的な物語のようだが、全40巻の殆どが戦争と政争で埋め尽くされた軍記物語。

    解説

  • 10

    ペリーと通訳

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1853年にペリー率いる黒船四隻が日本にやってきた時、黒船には日本語が話せる者は一人もおらず、日本にも英語を話せる人間がいなかったため、通訳を間に二人おいて、オランダ語で話し合った。

    解説

  • 11

    ホワイトハウスの由来

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 元々ホワイトハウスは白い建物ではなかったが、イギリス軍によって放火されて焦げてしまった外壁を、白いペンキで隠すように塗りあげたために白い建物となった。

    解説

  • 12

    捕鯨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現在では、日本人が捕鯨をすると欧米人の反感をかうが、日本を開国させたペリー提督率いる黒船の一団が日本に来た大きな目的は捕鯨をするため。

    解説

  • 13

    秀吉のあだ名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 織田信長が秀吉のことを「猿」と呼んでいたというのは後世に作られた話で、実際は秀吉の事を「禿鼠(はげねずみ)」と呼んでいた。

    解説

  • 14

    グリーンランドの由来

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北極圏に属し、8割以上が氷床と万年雪に覆われている島「グリーンランド」。この名前の由来は、アイスランドと命名した島が、入植者を集めようとしてもちっとも集まらなかったため、人を集めやすくするため「森の島」とした。

    解説

  • 15

    ギルティーオアノットギルティー 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昔、イギリスでは容疑者にパンとチーズを一切れ与えて飲み込めなかったら有罪だった。同様に日本でも熱湯の中の土や小石をつかませてヤケドをしたら有罪だった。 いっけんするとオカルトめいているが、これらは現在のウソ発見器の原理と共通する部分もある。

    解説

  • 16

    13日の金曜日

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キリスト受難の日として、不吉だとされている13日の金曜日だが、福音書によると、キリストが処刑された日は、13日の金曜日ではなく、14日の金曜日。

    解説

  • 17

    クリスマスは何の日?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリスマスは「キリストの誕生日」というのが一般的だが、キリストが何月何日に生まれたのかは一切不明。聖ニコラスの風習と合体して12月25日に落ち着いたようです。

    解説

  • 18

    切り捨て御免

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 江戸時代、武士が面目をつぶされた時等には切り捨て御免が許されていたが、刀を抜いたにも関わらず、相手に逃げられてしまった時は逆に切腹しなければならなかった。

    解説

  • 19

    台湾の首都

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 台湾の政治、経済の中心であり、首都機能を果たしている国内最大の都市「台北市」。しかし、台湾の首都は公式には中国本土にある南京市で、台北市は臨時首都。

    解説

  • 20

    バレンタインデーって何があった日?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西暦3世紀のローマでは、皇帝クラウディウス二世によって兵士達の結婚が禁止されていたが、キリスト教司祭であるバレンチノ(英語読みでバレンタイン)が、皇帝に逆らって結婚をさせていたため、捕らえられて処刑されてしまった日が2月14日。

    解説

56969

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ