zuknow learn together

新しい教材を作成

生物 体内環境の維持のしくみ

カード 36枚 作成者: U-uto (作成日: 2015/11/30)

  • 動物は、外部環境の変化を◯◯として◯◯する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

テスト対策や受験対策にお使いくださいヽ(;▽;)ノ(ほぼ自分用)(テキスト引用)

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    動物は、外部環境の変化を◯◯として◯◯する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刺激・受容

    解説

  • 2

    刺激の受容に働くもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受容器

    解説

  • 3

    刺激の反応に働くもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 効果器

    解説

  • 4

    ニューロン(神経細胞)からなるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経系

    解説

  • 5

    情報の処理を行う、神経細胞が多数集まり形態的・機能的な中枢となるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中枢神経系

    解説

  • 6

    中枢とからだの各部との間の連絡に使われる中枢神経系から伸びるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末梢神経系

    解説

  • 7

    大脳・小脳と骨格筋を連絡する末梢神経

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動神経

    解説

  • 8

    間脳・中脳・延髄と心臓や消化器官などの他の臓器を連絡する末梢神経

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自律神経

    解説

  • 9

    自律神経系の統合的な中枢は◯◯の◯◯◯◯にある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間脳・視床下部

    解説

  • 10

    自律神経系には二つの経路がある。二つ答えろ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交感神経・副交感神経

    解説

  • 11

    交感神経と副交感神経は互いに対抗的に働きあっている。この作用を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拮抗作用

    解説

  • 12

    排出管を持たない腺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内分泌腺

    解説

  • 13

    内分泌腺から分泌され、ごく微量で大きな作用を示す調節物質を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホルモン

    解説

  • 14

    外分泌腺はどのように放出されるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 排出管を通り、体表外へと放出される。

    解説

  • 15

    ホルモンは体液によって全身に運ばれ、特定の器官に作用してそれぞれの器官の働きを調節する。特定の器官とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標的器官

    解説

  • 16

    ホルモンによる15のような調節のしくみを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内分泌系

    解説

  • 17

    標的器官を構成する細胞

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標的細胞

    解説

  • 18

    標的細胞には特定のホルモンと結合する何があるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受容体

    解説

  • 19

    脳下垂体の2つの部分からなるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前葉・後葉

    解説

  • 20

    脳下垂体は様々なホルモンを分泌しているが、これらのホルモンは◯◯の◯◯◯◯によって調節されている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間脳・視床下部

    解説

  • 21

    脳下垂体前葉のホルモン分泌は視床下部にあるものから分泌されるホルモン2つによって調節されている。視床下部にあるものとホルモン2つは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経分泌細胞・放出ホルモン・放出抑制ホルモン

    解説

  • 22

    ある反応の結果がその原因となる部分に作用すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィードバック

    解説

  • 23

    血液中のグルコース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血糖

    解説

  • 24

    バソプレシンの内分泌腺と主な働き2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳下垂体後葉、腎臓での水の再吸収促進、血圧の上昇

    解説

  • 25

    チロキシンの内分泌腺と主な働き1つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 甲状腺、代謝促進

    解説

  • 26

    パラトルモンの内分泌腺と主な働き1つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副甲状腺、血液中のカルシウムイオン濃度の上昇

    解説

  • 27

    グルカゴンの内分泌腺と主な働き1つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すい臓のランゲルハンス島のA細胞、血糖量の増加

    解説

  • 28

    インスリンの内分泌腺と主な働き1つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すい臓のランゲルハンス島のB細胞、血糖量の減少

    解説

  • 29

    糖質コルチコイドの内分泌腺と主な働き1つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎皮質、血糖量の増加(たんぱく質の糖化)

    解説

  • 30

    鉱質コルチコイドの内分泌腺と主な働き1つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎皮質、腎臓でのナトリウムイオンの再吸収促進

    解説

  • 31

    アドレナリンの内分泌腺と主な働き1つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎髄質、血糖量の増加(グリコーゲンの分解促進)

    解説

  • 32

    血糖量の調節は主に何と何の拮抗作用によって行なわれているか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グルカゴン・インスリン

    解説

  • 33

    血糖量が増えすぎると尿中にグルコースが排出されるようになること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖尿

    解説

  • 34

    糖尿や高血糖を症状とする慢性疾患

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖尿病

    解説

  • 35

    我々や鳥類は◯◯動物だ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恒温動物

    解説

  • 36

    我々や鳥類の体温は◯◯的調節と◯◯的調節によってほぼ一定に保たれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物理的調節・科学的調節

    解説

56767

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ