zuknow learn together

新しい教材を作成

10分暗記!FPジャンル別用語集「リスク管理」①(音声読み上げ)

カード 15枚 作成者: kikilalastar715 (作成日: 2014/02/13)

  • 海外旅行傷害保険

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ファイナンシャル・プランニング技能士3級、2級の「リスク管理」で必要な用語をまとめました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    海外旅行傷害保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海外旅行中に病気や怪我をした場合の治療費や、盗難、破損によって損害を受けた場合の損害額等を補償する保険。

    解説

  • 2

    介護医療保険料控除

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生命保険料控除の一つで、介護の保障や医療の保障に関する生命保険料が対象で、控除限度額は4万円。これにより従来からの控除も各4万円となり、合計で12万円まで控除できる。※平成24年1月1日以後の契約

    解説

  • 3

    解約返戻金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生命保険において、保険契約の解約や失効、解除等が起きた場合に、契約者に払い戻される金額のこと。加入後の経過年数が短い場合は、解約返戻金が無いか、あっても小額の場合がある。

    解説

  • 4

    かんぽ生命

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平成19年10月に日本郵政公社の民営化と分社化により誕生した日本郵政グループの生命保険会社。かんぽ生命の保険商品は医師の診査が無い。

    解説

  • 5

    共済

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 偶然の一定の事故が起きた場合に、あらかじめ定められている金額を加入者に支払う、保障(補償)事業の一つ。一定の地域や職域にいる集団の構成員が、掛金を出し合って運営する。

    解説

  • 6

    強制保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法律により強制的に加入が義務付けられている保険。「自賠責保険」など。

    解説

  • 7

    高予定利率契約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保険料・責任準備金の算出の基礎となる予定利率が、過去5年間において基準利率3%を常に超えている保険契約。

    解説

  • 8

    こくみん共済

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全労災の共済商品。日常の入院や通院から介護支援、死亡保障まで幅広く保障。比較的安い掛金で保障が得られ、1年ごとに自動更新される。

    解説

  • 9

    財形保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 勤労者の財産形成援助のために作られた保険。「財形貯蓄積立保険」、「財形給付金保険」、「財形基金保険」、「財形年金保険」、「財形年金積立保険」、「財形住宅貯蓄積立保険」の6種類がある。

    解説

  • 10

    再調達価格

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 損害保険の対象と同等のものを新しく購入あるいは建築するのに必要な金額のこと。尚、再調達価格から、使用による損耗分や時間の経過による減価を差し引いたものを時価という。

    解説

  • 11

    債務不履行

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 契約等に基づき発生した債務を履行しないこと。

    解説

  • 12

    三大疾病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガン、急性心筋梗塞、脳卒中のこと。皮膚がん、狭心症、心筋症等は対象外。

    解説

  • 13

    地震保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地震もしくは噴火、津波等を原因とした火災、損壊、埋没、流失によって生ずる損害をカバーする保険。単独契約はできず、火災保険に付帯して契約する。

    解説

  • 14

    施設賠償責任保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各種施設や設備構造上の欠陥あるいは管理上の不備等が原因で、第三者に損害を与え、その賠償責任を負った場合に補償される保険。

    解説

  • 15

    失火責任法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 失火者に重大な過失がある場合のほかは、火災により隣家の建物等に延焼してしまった場合であっても、延焼による被災者に対して損害賠償責任を負う必要がないことを定めている法律。

    解説

56950

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ