zuknow learn together

新しい教材を作成

エッセンシャル生物学Ⅱ 5

カード 23枚 作成者: DoUknowkiller7 (作成日: 2015/11/29)

  • チャネルタンパクのうち、無機イオンを通過させるチャネルタンパクのこと。大きな特徴としては『イオン選択性があること』と『開閉が調節されていること』

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

nbioのテストに役立ててください。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    チャネルタンパクのうち、無機イオンを通過させるチャネルタンパクのこと。大きな特徴としては『イオン選択性があること』と『開閉が調節されていること』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イオンチャネル

    解説

  • 2

    イオンの通路の一番狭いとこに位置しており、イオン選択性を決めているもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 選択フィルター

    解説

  • 3

    開閉が膜電位で調節されているチャネルのこと。あくまで開閉の調節であって、穴の大きさは変化しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電位依存チャネル

    解説

  • 4

    開閉が低分子で調節されているチャネルのこと。様々な種類があり、それぞれ結合する分子の種類が異なっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リガンド依存チャネル

    解説

  • 5

    チャネル一分子を通るイオンの流れを、電流の変化を図ることによって、測定・記録する技術。チャネル開閉の頻度を調べる時に多用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パッチ・クランプ法

    解説

  • 6

    膜内外の電位差のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膜電位(membrane potential)

    解説

  • 7

    細胞が何も刺激を受けていない状態のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静止状態

    解説

  • 8

    膜電位が平衡状態に達したときの電位のこと。実際には負電荷の数が正電荷の数よりも少し上回るので、若干負の値になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静止膜電位

    解説

  • 9

    平衡状態を定量的に表した数式。V=62 log10 (Co/Ci) で表される。V:膜電位、Co:細胞外のイオン濃度、Ci:細胞内のイオン濃度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネルンストの式

    解説

  • 10

    神経細胞のこと。神経細胞の他の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニューロン

    解説

  • 11

    神経細胞の核を含んでいる部分のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞体

    解説

  • 12

    神経細胞で特徴的な一本の長い突起物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軸索

    解説

  • 13

    神経細胞の中で見られる、数本の短い枝分かれした突起物のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 樹状突起

    解説

  • 14

    他の神経細胞や筋肉などとの連絡部になっている部分のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経末端(軸索末端)

    解説

  • 15

    神経細胞が電気刺激を受けたときに、その刺激を遠くに伝達するために発生させる電位のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活動電位(action potential)

    解説

  • 16

    ある物質によって引き起こされ、神経細胞の膜電位の負の値が0に近くなること。ある一定の閾値を越えるこの刺激が来ると、電気依存ナトリウムチャネルが一時的に開く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脱分極

    解説

  • 17

    ある神経細胞の末端から放出され、別の神経細胞へと受け取られる。電位依存ナトリウムチャネルを一時的に開かせる原因物質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経伝達物質

    解説

  • 18

    ミエリン鞘という、絶縁部分を飛び越えて電位が伝わる現象のこと。これにより伝達の速度が速くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 跳躍伝導

    解説

  • 19

    神経細胞と神経細胞の間や、神経細胞と筋肉の間の接合部のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シナプス

    解説

  • 20

    シナプス前膜とシナプス後膜の間の、20nmほどの狭い隙間のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シナプス間隙

    解説

  • 21

    ある物質が蓄えられている、シナプス前細胞の末端にある小胞。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シナプス小胞

    解説

  • 22

    その神経細胞の末端に貯蔵されたある物質が、シナプス後膜の活動電位を発生させるその神経細胞のこと。物質の例としてアセチルコリンやグルタミン酸が挙げられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 興奮性ニューロン

    解説

  • 23

    その神経細胞の末端に貯蔵されたある物質が、シナプス後細胞の活動電位の発生を抑える、その神経細胞のこと。物質の例としては、γ-アミノ酪酸(GABA)や、グリシンなどが挙げられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抑制性ニューロン

    解説

56908

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ