zuknow learn together

新しい教材を作成

室町文化

カード 79枚 作成者: なおけん (作成日: 2015/11/26)

  • 南北朝時代に成立し、源平の争乱以降の歴史を公家の立場から記した歴史書を何というか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

()の中がひらがなだけの場合、振りがなです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    南北朝時代に成立し、源平の争乱以降の歴史を公家の立場から記した歴史書を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増鏡

    解説

  • 2

    伊勢神道の理論を背景に、南朝の立場から皇位継承の正しい道理を説いた歴史書を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神皇正統記

    解説

  • 3

    神皇正統記を常陸国小田城で北朝方と対陣中に著したのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北畠親房

    解説

  • 4

    後醍醐天皇の討幕計画以後の南北朝内乱を南朝の立場で著した軍記物語をあげよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太平記

    解説

  • 5

    後醍醐天皇が朝廷儀式の復興を願い、故事・典礼・年中行事を記述した著書を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建武年中行事

    解説

  • 6

    足利尊氏の幕府創設武家(北朝)の立場で著した歴史書を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 梅松論

    解説

  • 7

    3代将軍足利義満の時代を中心として、武家文化が公家文化を摂取した文化を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北山文化

    解説

  • 8

    義満が京都北山山荘(北山殿)に営んだ三層の楼閣を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金閣

    解説

  • 9

    後醍醐天皇や足利尊氏・直義らが帰依した天龍寺開山・臨済宗の僧侶は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夢窓疎石

    解説

  • 10

    南宋の官寺の制にならった臨済宗寺院の寺格を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五山・十刹(じっさつ)

    解説

  • 11

    京都における最高位の五大官寺を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 京都五山

    解説

  • 12

    鎌倉にある臨済宗五大官寺を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鎌倉五山

    解説

  • 13

    五山の上に置かれ別格とされた京都の寺院名をあげよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南禅寺

    解説

  • 14

    墨の濃淡と強調の描線による東洋独特の絵画を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水墨画

    解説

  • 15

    宗・元の画に学び日本の水墨画をら開拓した相国寺の僧侶は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 如拙(じょせつ)

    解説

  • 16

    この僧の作品で、瓢箪(ひょうたん)で鮎(なまず)を押さえる公案を題材にした絵画を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瓢鮎図(ひょうねんず)

    解説

  • 17

    五山・十刹の禅僧により栄えた漢詩文学を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五山文学

    解説

  • 18

    五山を中心に出版された、前の経典や漢詩文学集などの書籍を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五山版

    解説

  • 19

    代表的な五山文学僧で、幕府の政治・外交顧問として活躍した人物を2名あげよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶海中津、義堂周信

    解説

  • 20

    奈良時代の散楽が民間にも普及し、神社に隷属して祭礼などに興行してきた演芸を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 猿楽能

    解説

  • 21

    猿楽能は室町時代になると、民間に発展した田楽を取り入れ、宗教的芸能から庶民的芸能、さらには幽玄を旨とする舞台芸術に発展するが、これを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    大和興福寺・春日社に奉仕した猿楽の4つの座を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大和猿楽四座

    解説

  • 23

    将軍義満の保護を受け、猿楽能を大成し、観世座の祖と言われたのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 観阿弥

    解説

  • 24

    父とともに能楽を大成し、優れた役者・脚本家・芸術理論家でもあったのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世阿弥

    解説

  • 25

    世阿弥の芸術理論書を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風姿花伝

    解説

  • 26

    8代将軍足利義政の時代を中心とした、禅宗・明文化の影響を受けた枯淡幽玄(こたんゆうげん)の文化を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東山文化

    解説

  • 27

    将軍義政が1489年東山山荘に建てた2層の楼閣を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 銀閣

    解説

  • 28

    銀閣は義政の死後、寺院に改められたが、この寺院を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慈照寺

    解説

  • 29

    銀閣何と内にある義政の持仏堂を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東求堂(とうぐどう)

    解説

  • 30

    東求堂の東北隅にある四畳半の部屋で、義政の書斎兼茶室を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同仁斎

    解説

  • 31

    室町時代に成立した、現在の日本住宅の源流となる住宅建築様式を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 書院造

    解説

  • 32

    床の間の脇に設けた板張りで、縁側に張り出し、前に明障子を立て、机をつくり付けにした部分を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 付書院

    解説

  • 33

    水を用いず砂と石で山水自然を表現した庭つくりの方式を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 枯山水

    解説

  • 34

    白砂と大小15の石を設置した、俗に虎の子渡しといわれている庭園はどこか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 竜安寺石庭

    解説

  • 35

    相国寺の周文に学びら明から帰国後、山口雲谷庵に住み、日本水墨画を完成させたのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雪舟

    解説

  • 36

    15m以上の画面に四季の変化を描いた山水画の最高峰とされるこの人物の作品を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 四季山水図間

    解説

  • 37

    水墨画をよくし、幕府の御用絵師となった狩野派の祖と言われるのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 狩野正信

    解説

  • 38

    水墨画に大和絵の手法を取り入れ、父とともに狩野派の画風を確立したのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 狩野元信

    解説

  • 39

    南北朝の頃に盛行した、数種の茶をのみ、産地を味別する遊びを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 闘茶

    解説

  • 40

    豪華な書院の茶に対して、茶を立て簡素に客を饗応する茶を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 茶道(茶の湯)

    解説

  • 41

    茶に禅の精神を取り入れ、簡素・静寂の境地を重んずる茶を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 侘茶

    解説

  • 42

    一休宗純に参禅し、茶の湯に禅の精神を取り入れ、簡素・静寂の境地を重視したのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 村田珠光

    解説

  • 43

    侘茶をさらに簡素化した堺の商人は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 武野紹鴎(たけのじょおう)

    解説

  • 44

    堺の豪商出身で、侘の風趣をつきつめ、茶道に完成させたのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 千利休

    解説

  • 45

    花瓶に花を挿し立て、形を整え飾ることを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 立花

    解説

  • 46

    草木の枝・葉・花などを花器に挿し、簡素に飾り、芸術性を追求したものを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 花道

    解説

  • 47

    室町時代随一の学者として知られ、関白・太政大臣をつとめるとともに、数多くの有識故実・古典研究の著者を残したのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一条兼良

    解説

  • 48

    室町幕府と結び、すべての神道の統合をはかったのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吉田兼俱(よしだかねとも)

    解説

  • 49

    吉田兼俱が儒教・仏教をもとりいれ、半本地垂迹説にもとづき、本地で唯一なるものを神とした神道教説を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唯一神道(吉田神道)

    解説

  • 50

    能の間に演じられるようになった、滑稽を旨とする対話劇を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 狂言

    解説

  • 51

    室町時代のころから広く流行した俚謡・流行歌などを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小歌

    解説

  • 52

    流行歌300余りを集録した歌謡集を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閑吟集(かんぎんしゅう)

    解説

  • 53

    室町時代の庶民的な短編物語を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 御伽草子(おとぎぞうし)

    解説

  • 54

    鬼ヶ島で打出の小槌を得て、身長を伸ばし貴族の姫と結婚するという物語を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一寸法師

    解説

  • 55

    和歌を上の句と下の句に分け、一座の人々がつぎつぎに連作した文芸を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 連歌

    解説

  • 56

    南北朝時代の関白・太政大臣で学問や和歌・連歌づくりに優れていた人物は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二条良基(にじょうよしもと)

    解説

  • 57

    二条良基と救済とが編集して準勅撰とされ、連歌の地位を高めた連歌集を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 菟玖波集(つくばしゅう)

    解説

  • 58

    東常縁から古今伝授を受け、連歌を心敬に学び、諸国を遍歴した連歌師は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宗祇(そうぎ)

    解説

  • 59

    宗祇により、深みのある芸術的に高められた連歌を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正風連歌

    解説

  • 60

    宗祇が編集し勅撰に準じられた連歌集を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新撰菟玖波集

    解説

  • 61

    後鳥羽上皇をまつる水無瀬宮で、この人物と弟子の肖白・宗長の3人が詠んだ連歌百句を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水無瀬三吟百韻(みなせさんぎんひゃくいん)

    解説

  • 62

    規則にこだわらない自由で庶民的な連歌をつくり、一派をなしたのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宗鑑

    解説

  • 63

    自由で庶民的な連歌を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 俳諧連歌

    解説

  • 64

    俳諧連歌を一派の卑俗ではあるが庶民の自由な明るさを示す連歌集は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 犬筑波集

    解説

  • 65

    祭礼などに盛行した、民衆が仮装したり、異様な風体での踊りを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風流(風流踊り)

    解説

  • 66

    風流踊りに念仏踊りが結び付いて生まれた、盂蘭盆のころに行われる踊りは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 盆踊り

    解説

  • 67

    明から帰国後、西国で儒学を講じ、薩摩の桂樹院に住んで講説を行ったのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 桂庵玄樹(けいあんげんじゅ)

    解説

  • 68

    桂庵玄樹によっておこされた朱子学の一派を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薩南学派

    解説

  • 69

    下野国足利に建てられ、戦国時代に来日したザビエルから「坂東の大学」と称された、禅僧や武士が学んだ教育機関を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 足利学校

    解説

  • 70

    足利学校を、1439年に再興した関東管領は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上杉憲実

    解説

  • 71

    南北朝〜室町初期に作成された、日常生活に必要な用語を網羅した、書簡形式の初級教科書を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 庭訓往来(ていきんおうらい)

    解説

  • 72

    室町中期に編纂された日常生活用語辞典を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 節用集

    解説

  • 73

    権力者の保護を受けた五山派に対し、より自由な活動を求めて民間布教に努めた禅宗諸派を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 林家

    解説

  • 74

    林家の代表的寺院の1つである大徳寺(臨済宗)の僧で、在家的・民衆的な禅を説いた人物は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一休宗純

    解説

  • 75

    京都を中心に中国・九州地方に宗勢を拡大、将軍義教に諫言し、拷問を受けた法華宗の僧侶は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日新

    解説

  • 76

    1532年、京都町衆の法華宗徒が一向一揆と対決し、山科本願寺を焼き討ちして、5年間の自治を行った出来事を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法華一揆

    解説

  • 77

    1536年、法華一揆が延暦寺と衝突し、焼き討ちを受けて京都を追われた出来事を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天文法華の乱

    解説

  • 78

    本願寺派の8世で、越前に道場を建て、教えを平易な文章で説き、信仰者の団体を組織して布教したのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蓮如

    解説

  • 79

    蓮如が庶民への布教のために書いた平易な文章を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 御文

    解説

56979

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ