zuknow learn together

新しい教材を作成

【臨床検査】免疫

カード 67枚 作成者: 47mon (作成日: 2015/11/24)

  • (  )は再び同じ抗原で感作された場合、より速く、より強く免疫反応が起こることである。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

臨床検査技師国家試験対策。
一部、国家試験出題画像を使用しています。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    (  )は再び同じ抗原で感作された場合、より速く、より強く免疫反応が起こることである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二次(免疫)反応

    解説

  • 2

    (  )は、一次反応よりも二次反応の方が高値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IgG抗体

    解説

  • 3

    二次反応の理論は、(  )に用いられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 能動免疫、受動免疫

    解説

  • 4

    ワクチンによる免疫賦活や自己感染で抗体産生する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 能動免疫

    解説

  • 5

    免疫グロブリン中の抗体を移入して予防する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受動免疫

    解説

  • 6

    抗原提示細胞

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 樹状細胞、マクロファージ、B細胞

    解説

  • 7

    リンパ球

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B細胞、T細胞(キラー(細胞傷害性)T細胞、ヘルパーT細胞)、NK細胞

    解説

  • 8

    ヘルパーT細胞は(  )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CD4(+)

    解説

  • 9

    ヘルパーT細胞は(  )と反応する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MHCクラスⅡ抗原

    解説

  • 10

    キラーT細胞は(  )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CD8(+)

    解説

  • 11

    キラーT細胞は(  )と反応する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MHCクラスⅠ抗原

    解説

  • 12

    IgGは(  )を通過する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎盤

    解説

  • 13

    IgGの分子量は(  )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約15万

    解説

  • 14

    IgGのサブクラスは(  )ある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4つ

    解説

  • 15

    IgAは(  )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2量体

    解説

  • 16

    IgAは(  )と結合している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分泌成分

    解説

  • 17

    IgAのサブクラスは(  )ある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2つ

    解説

  • 18

    J鎖をもつもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IgA、IgM

    解説

  • 19

    IgMは(  )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5量体

    解説

  • 20

    IgMには(  )作用がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補体活性化

    解説

  • 21

    IgEは(  )に関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅰ型アレルギー

    解説

  • 22

    IgEは(  )が最も低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血中濃度

    解説

  • 23

    H鎖の定常部ドメインが3個からなるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IgG、IgA、IgD

    解説

  • 24

    H鎖の定常部ドメインが4個からなるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IgM、IgE

    解説

  • 25

    免疫グロブリンの(  )はκ鎖とλ鎖からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • L鎖

    解説

  • 26

    CRPの産生を促す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IL-6 (インターロイキン6)

    解説

  • 27

    抗ウイルス作用を有するサイトカイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IFN-α (インターフェロンα)

    解説

  • 28

    結核菌感染症に用いられる試験

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターフェロンγ遊離試験

    解説

  • 29

    T細胞機能の指標

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CD4/CD8比、ツベルクリン反応

    解説

  • 30

    HLAは(  )に遺伝子座がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第6染色体短腕上

    解説

  • 31

    (  )にはTh1とTh2がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘルパーT細胞

    解説

  • 32

    補体の古典経路に関わるイオン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ca2+、Mg2+

    解説

  • 33

    補体の副経路に関わるイオン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Mg2+

    解説

  • 34

    補体のレクチン経路に関わるイオン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ca2+

    解説

  • 35

    血清中濃度が一番高い補体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • C3

    解説

  • 36

    オプソニン化に関わる補体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • C3b

    解説

  • 37

    膜傷害複合体(MAC)に関わる補体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • C5b、C6、C7、C8、C9

    解説

  • 38

    (  )は、肝疾患患者血清を4℃保存したら起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コールドアクチベーション

    解説

  • 39

    コールドアクチベーションの原因は(  )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリオグロブリン

    解説

  • 40

    コールドアクチベーションにより(  )が低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CH50

    解説

  • 41

    補体価が低下する疾患

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SLE、糸球体腎炎

    解説

  • 42

    (  )には分子量の大きい蛋白が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 完全抗原

    解説

  • 43

    同種抗原(アロ抗原)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • HLA、血液型

    解説

  • 44

    モノクローナル抗体は(  )のみを認識し、単クローンから得られる抗体である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単一なエピトープ

    解説

  • 45

    (  )は、骨髄腫細胞と脾のB細胞を融合させて作製する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モノクローナル抗体

    解説

  • 46

    検査結果 STS法(+)、TPHA法(-)、FTA-ABS法(-)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 梅毒感染早期、生物学的偽陽性(BFP)

    解説

  • 47

    梅毒検査で顕微鏡を使用する検査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガラス板法、FTA-ABS法

    解説

  • 48

    血清中にモノクローナルな免疫グロブリンの増加を認める疾患の総称

    補足(例文と訳など)

    答え

    • M蛋白血症

    解説

  • 49

    高齢者に多くみられる、意義未確定M蛋白血症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MGUS

    解説

  • 50

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原発性マクログロブリン血症

    解説

  • 51

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Bence Jones蛋白型多発性骨髄腫

    解説

  • 52

    クリオグロブリンは(  )保存で白色沈殿またはゲル化が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4℃

    解説

  • 53

    クリオグロブリンは(  )加温で再溶解する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 37℃

    解説

  • 54

    クリオグロブリンは(  )を形成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 免疫複合体

    解説

  • 55

    クリオグロブリンは(  )で陽性率が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • C型肝炎患者

    解説

  • 56

    (  )は遊離L鎖が単クローン性に出現したM蛋白である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Bence Jones蛋白

    解説

  • 57

    Bence Jones蛋白は(  )の熱処理で混濁する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 56~60℃

    解説

  • 58

    Bence Jones蛋白は(  )付近で再溶解する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 100℃

    解説

  • 59

    (  )によりヘルパーT細胞(CD4(+))が減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • HIV感染症

    解説

  • 60

    世界的に流行しているHIVのタイプは(  )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • HIV-1

    解説

  • 61

    HIVのスクリーニング法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受身凝集法、酵素免疫測定法

    解説

  • 62

    HIVには(  )が約1週間ある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィンドウ期

    解説

  • 63

    2009年末、HIV感染者が最も多いのは(  )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サハラ以南アフリカ

    解説

  • 64

    HIVから(  )を発症すると、血中ウイルス量は増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後天性免疫不全症候群(AIDS)

    解説

  • 65

    細胞性免疫のみ障害される疾患

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Di George症候群

    解説

  • 66

    食細胞機能不全となる疾患

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慢性肉芽腫症

    解説

  • 67

    慢性肉芽腫症では、(  )が障害される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 殺菌能

    解説

57013

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ