zuknow learn together

新しい教材を作成

世界遺産検定2級 Japan

カード 85枚 作成者: shizkaendo (作成日: 2015/11/21)

  • 平泉ー仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 ii, vi, 2011

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    平泉ー仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 ii, vi, 2011

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仏教が自然崇拝と結び付き、末法思想から"浄土思想"へと受け継がれた時代、人々は死後に仏国土に行くことを切望するようになった。 奥州の金の力を背景に軍事に頼らない平和的政治を目指した藤原氏は、それに加えて水辺の祭事場の水景理念と結びついて、庭園と造園で仏国土を作り上げ、仏教と日本理念との価値観交流を表す遺跡となった。

    解説

  • 2

    東照宮 ー 日光の社寺 i, iv, vi, 1999

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神仏習合の地である日光は勝道上人が766年に開山。天海が徳川家康を「東方薬師瑠璃光如来」として祀るために再興し、家光の1年5ヶ月の「寛永の大改造」を経て現在の"権現造"になり、陽明門や三猿像が作られる。

    解説

  • 3

    富士山 ー 信仰の対象と芸術の源泉 iii, vi, 2013

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 富士山は修羅道の霊場で、遠くから拝む「遥拝」だけではなく、登ることが祈りとなる「登拝」、富士山を巡礼して登拝する「富士講」が行われてきた。それを宿坊としてサポートする御師(富士山信仰の布教の人)住宅がある。

    解説

  • 4

    白川郷・五箇山の合掌造 iv, v, 1995

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 庄川流域の岐阜県荻町59棟と富山県相倉20棟と菅沼9棟が登録されている。 釘を一切つかわない3〜5階建ての大建築で、雪のため45〜60度の茅葺屋根の切妻造が主流。30〜40年に一度の葺き替えは100〜200が総出で行う。 白川は平入りで煙抜きなし、五箇山は妻入りで煙抜きが目立つ。 浄土真宗と相互扶助組織、"結"が発達。 豪雪地帯で農耕に適した土地が少ないため"大家族制"で、養蚕、紙すき、塩硝などの家内制手工業が発達。

    解説

  • 5

    古都京都の文化財 ii, iv, 1994

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 桓武天皇が794年長岡京から遷都して平安京が誕生、以来平安から江戸まで1000年間日本の首都として栄えた。 平安遷都から1200年の1994年に京都市14件、宇治市2件、滋賀県大津市の1件延暦寺が世界遺産登録。 また西方寺に見られる池泉回遊式庭園や枯山水などは海外の庭園にも影響を与える。

    解説

  • 6

    古都奈良の文化財 ii, iii, iv, vi, 1998

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平城京は元明天皇によって"唐の長安をモデルに造営された"710年から794年までの都で、天平文化の中心地。都市が碁盤目状に配置され、当時10万人の人が暮らしていた。 8物件すべてで奈良時代を伝えており、朝鮮や中国との交流によって発展していったこと、奈良時代が律令国家であり、文化の基礎が形成されたことがうかがえる。

    解説

  • 7

    法隆寺地域の仏教建造物 i, ii, iv. vi 1993

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斑鳩町にある聖徳太子と推古天皇が建立した若草伽藍を起源とする世界最古の木造建築。法隆寺47棟と法起寺1棟が登録されている。 五重塔の中心を通るヒノキの「心柱」は屋根から独立していて、揺れに強い設計になっている。中門には阿形と吽形の金剛力士像が飾られている。 金堂、五重塔は北魏の影響が、夢殿、伝法堂は棟の影響が見られる。 また金堂や五重塔にはパルテノン神殿のギリシャ様式に見られるエンタシスの技法が施され、ヘレニズム文化も垣間見得る。 この地域の建造物は飛鳥時代の建築様式を示しており、中国や朝鮮の影響が色濃い。

    解説

  • 8

    熊野三山 ー 紀伊山地の霊場と参詣道 ii, iii, iv, vi, 2004

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然崇拝の神道と仏教が融合した"神仏習合"。日本で初めて文化的景観が認められた。 熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社を中心とする熊野三山はその典型で、平安時代には「熊野詣」が行われた。他、那智大滝や青岸渡寺、補陀洛山寺など。

    解説

  • 9

    姫路城 i, iv, 1993

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南北朝時代1346年に赤松貞範が築いた砦を起源とし、羽柴秀吉が3層の天守閣を建築。関ヶ原の後、"池田輝政"が9年間い及ぶ大改修を行い、5層7階の大天守を築いた。 続く本多忠政は子、忠刻夫婦の化粧櫓、長局のある西の丸も整備。 昭和、平成でも補修が行われ、修復を行いながら真正性を保つ点が評価されている。 別名、白鷺城とも呼ばれるが、その実、姫山の丘をいかした曲輪、狭間、石落とし、武者隠しなど、随所に仕掛けが施されている。

    解説

  • 10

    石見銀山遺跡とその文化的背景 ii, iii, v, 2007 / 2010

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 14世紀初頭に大内氏に発見された銀山。博多の商人である神谷寿禎が呼び寄せた技術者、不純物を取り除き銀を効率良く取り出す朝鮮技術、"灰吹法"が用いられ、全盛期17世紀初頭には年間40t、世界の1/3の銀が産出された。 戦国時代には大内、尼子、毛利の間で利権争いが続いたが、関ヶ原に勝利した徳川家康が直轄地とした。 鎖国政策により、新技術が入ってこなくなったため、伝統的な技術が残された。

    解説

  • 11

    原爆ドーム vi, 1996

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 元はチェコ建築家"ヤン・レツル"の設計による広島県物産陳列館→県立商品陳列所→産業奨励館→原爆ドーム→平和記念碑となる。「原爆は人類の破滅と文明の終わりを意味する」と浜井信三市長が平和宣言を行い、"核兵器廃絶と世界恒久平和"を発信するモニュメントとなる。 1966年永久保存が決定、1996年にアメリカが反対、中国が棄権したものの世界遺産登録された。

    解説

  • 12

    厳島神社 i, ii, iv, vi, 1996

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1957年に特別保護区となった"弥山"を擁する神の宿る島。 593年に社殿が建立、1168年に平清盛によって整備され、"寝殿造り"が取り入られた現在の姿になる。 本社の東には西を向いた客神社、西には能舞台が配置され、両流造となっている。シンボルのクスノキでできた両部鳥居は固定されておらず、自重で立っている。日本で唯一の海に浮かぶ能舞台。 空海が宮島で修行した時に高れた護摩の火が1200年燃え続けているとされる「消えずの霊火」が山内に宿る。

    解説

  • 13

    琉球王国のグスク及び関連遺産群 ii, iii, vi, 2000

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニライカナイと呼ばれる神々の国があると信じられてきた琉球の豪族、"按司"によって築かれたグスク(城砦)5つと4の関連遺産。WW2にアメリカ軍の攻撃で宮殿は崩壊し、城壁と建物の基壇である地下遺構が登録。

    解説

  • 14

    知床 xi, x, 2005

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最も低い緯度で結氷する"季節海氷域"。それに含まれるプランクトンを稚魚が、その魚をヒグマ、シマフクロウが捕獲する、海と山の食物連鎖がつながる。 陸上では温帯性から寒帯性までの植物の垂直分布が見られ、ハナマス、トドマツ、ダケカンパが生息し、森林限界を超えると、ハイマツ低木林帯が750mから観測できる。 絶滅危惧のオジロワシ、シマフクロウの生息域。 環境と観光を両立するエコツーリズムに力をいれている。 日本では唯一世界遺産(x)の認められた遺産。

    解説

  • 15

    小笠原諸島 ix, 2011

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレートの沈み込みから誕生した率続きになったことがない海洋性島弧。父島では枕上溶岩としてプレートを陸上で見ることができる。 生物が適応放散(同じ種がその島ごとに独自の進化を遂げる)しており、陸産貝類とシダなどの"維管束植物"で著しい。 1675年に江戸幕府が「此島大日本之内也」と石碑を設置して無人島と名付けるも1830年まで人が住むことはなく、のちにボニン・アイランズと名付けられた。 絶命危惧"オガサワラコウモリ"の生息地。グリーンアノールによって生態系が壊されつつある。

    解説

  • 16

    屋久島 vii, ix, 1993

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 花崗岩が隆起してできた島で、宮之浦岳を含む世界遺産登録。 月に35日雨が降るといわれる多雨地帯で、亜熱帯から亜寒帯まで幅広い植物が"垂直分布"(高度によって植物種が変わる)している、"日本で唯一(vii)"の認められた遺産。 1000年を超えるスギを屋久杉と呼び、目が詰まって樹脂が多くなり、抗菌・防虫・多雨のため長い樹齢を保つことができた。 九州と地続きの時の動物が独自の進化でヤクシカ、ヤクザルの固有亜種が発達。

    解説

  • 17

    富岡製糸場と絹産業遺産群 ii, iv, 2014

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1872年、フランスの技術を導入して作られた和洋技術を混交して建てられた木骨レンガ造りの繭倉庫や繰糸場の近代化遺産。 山本茂実の「ああ野麦峠」で過酷な労働状況が語られる。

    解説

  • 18

    明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 ー ii, iv, 2015

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・鹿児島・岩手・静岡にまたがる"日本初のシリアルノミネーション遺産"。幕末から明治までの50年間に急成長を遂げた製鉄・製造・石炭の産業遺産。 当初は"明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域"と題されていたがICOMOSより勧告を受けて現名称になる。

    解説

  • 19

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛鳥寺式伽藍配置

    解説

  • 20

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東大寺式伽藍配置

    解説

  • 21

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法隆寺式伽藍配置

    解説

  • 22

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 四天王寺式伽藍配置

    解説

  • 23

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬師寺式伽藍配置

    解説

  • 24

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 流造 平入りで裏側にも向拝(入り口)があるものを両流造という

    解説

  • 25

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 春日造 妻入りで春日大社が代表

    解説

  • 26

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 権現造 本殿と拝殿を相の間でつないだ複合社殿。八棟作りから派生

    解説

  • 27

    東大寺 - 古都奈良の文化財  ii, iii, iv, vi, 1998

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 743年聖武天皇により盧遮那仏が建立され、金堂は1709年に再建。東大寺は全国の国分寺の総本山

    解説

  • 28

    興福寺 - 古都奈良の文化財  ii, iii, iv, vi, 1998

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原氏によって山階に建設された"山階寺"を起源とする。五重塔や南円堂など9棟の建造物がある。

    解説

  • 29

    元興寺 - 古都奈良の文化財  ii, iii, iv, vi, 1998

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蘇我馬子が作らせた、日本最古の仏教寺院である法興寺(飛鳥寺)から一部を引っ越しさせたものが元興寺である。智光法師が寝床にした禅室、極楽坊が有名。

    解説

  • 30

    薬師寺 - 古都奈良の文化財  ii, iii, iv, vi, 1998

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天武天皇が妃の病気を治すために最初は藤原京に建てた寺、その後現在の平城京に移築される。オリジナルとして残っているのは東塔だけ。

    解説

  • 31

    唐招提寺 - 古都奈良の文化財  ii, iii, iv, vi, 1998

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 759年に鑑真が創設した講堂。その後、金堂、宝蔵、経蔵はすべて国宝である。

    解説

  • 32

    春日大社 & 春日山原始林 - 古都奈良の文化財  ii, iii, iv, vi, 1998

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 768年に藤原氏を祀るために設立された、本殿は春日造りの4つの神殿が並び、ひとつの建造物になっている。 841年に神域として定められた原始林は1000年間人の手が加えられていない自然が残され、自然崇拝に根ざした日本固有の宗教観をあらわしている。1955年に特別天然記念物に指定された。

    解説

  • 33

    日本初の世界遺産

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1993年 白神山地、法隆寺地域の仏教建造物、姫路城、屋久島

    解説

  • 34

    白神山地 ix, 1993

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 青森と秋田にまたがるブナの原生林170キロが登録されている。日本のブナは氷河に覆われることはなかったので、生物多様性が評価された。 薪炭材として刈り取られるブナが多い中、人里離れたことが幸いして手つかずのまま残っている。一部が海域にあったが、急速な隆起が今も続いている。それにより地滑りが起こり、河川や谷が誕生した。 隆起→地滑り→山地崩落で循環作用が生まれている。 ブナ以外にも"アオモリマンテマ"をはじめ500種以上の植物が生息。ニホンカモシカやツキノワグマ、クマゲラ、イヌワシなどを守るために1995年、白神山地世界遺産地域連絡会議」を設立。

    解説

  • 35

    龍源寺間歩 ー 石見銀山遺跡とその文化的背景 ii, iii, v, 2007 / 2010

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 江戸時代に作られた手掘りの坑道。600mのうち、273mは見学できる。

    解説

  • 36

    熊谷家住宅 ー 石見銀山遺跡とその文化的背景 ii, iii, v, 2007 / 2010

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大森銀山の街路にたつ34の部屋を備えた最大の邸宅。そのそばには銀山柵内を管理するための代官所跡がある。瓦葺平屋の左右にある門長屋は1800年の大火の跡に再建されたもの。

    解説

  • 37

    羅漢寺 五百羅漢 ー 石見銀山遺跡とその文化的背景 ii, iii, v, 2007 / 2010

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 銀山の安泰を願うためにつくられた3つの石窟。中央に三尊仏、左右両窟に250体の羅漢坐像がある。

    解説

  • 38

    温泉津、鞆ヶ浦、沖泊 ー 石見銀山遺跡とその文化的背景 ii, iii, v, 2007 / 2010

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鞆ヶ浦、沖泊は国際貿易の"博多"へ銀を運ぶ港町。それを管理するのがこの一帯の政治的中心地である温泉津。

    解説

  • 39

    二条城 ー 古都京都の文化財 ii, iv, 1994

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家康が1603年に造営。庭園は小堀遠州の作

    解説

  • 40

    慈照寺 ー 古都京都の文化財 ii, iv, 1994

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山荘東山殿を起源とする公家文化と武家文化が合わさった"わび・さび"を象徴する寺。観音殿「銀閣」と「東求堂」は茶の湯文化に影響を与える。

    解説

  • 41

    鹿苑寺 ー 古都京都の文化財 ii, iv, 1994

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 舎利殿「金閣」には寝殿造り、書院造り、禅宗様の三様式がみられる。

    解説

  • 42

    高山寺 ー 古都京都の文化財 ii, iv, 1994

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 武家社会文化を伺うことのできる、8世紀創建の寺院。石水院は鎌倉時代の寝殿造りを伝えている。

    解説

  • 43

    宇治上神社 ー 古都京都の文化財 ii, iv, 1994

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1060年につくられた、現存する最古の神社

    解説

  • 44

    平等院鳳凰堂 ー 古都京都の文化財 ii, iv, 1994

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1052年に"藤原頼通"が仏道に改めた宇治市の寺(もうひとつは宇治上神社)。阿弥陀堂(鳳凰堂)が現存している。

    解説

  • 45

    延暦寺 ー 古都京都の文化財 ii, iv, 1994

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 滋賀県大津市にある、785年に最澄が建てた天台宗の総本山

    解説

  • 46

    清水寺 ー 古都京都の文化財 ii, iv, 1994

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 坂上田村麻呂の建立

    解説

  • 47

    上賀茂神社 下鴨神社 ー 古都京都の文化財 ii, iv, 1994

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賀茂別雷命を神とする7世紀末の建立で背後の神山も含む。 そのすぐ下にある下鴨神社は例の森を構成遺産に含む三間社作りの東本殿

    解説

  • 48

    首里城 ー 琉球王国のグスク及び関連遺産群 ii, iii, vi, 2000

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中山王の居城であり、1429年には琉球王国の居城で政治の中心地。琉球王国最大の遺跡である。 正殿が西を向いており、その前に御庭といわれる儀式の場がある。

    解説

  • 49

    今帰仁城 ー 琉球王国のグスク及び関連遺産群 ii, iii, vi, 2000

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 丘の斜面を利用して築かれた1500mの城壁であり、北山監守の居城。

    解説

  • 50

    座喜味城 ー 琉球王国のグスク及び関連遺産群 ii, iii, vi, 2000

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 按司の"護佐丸"が築いた沖縄最古のアーチ型城門壁が残る。

    解説

  • 51

    勝連城、中城城 ー 琉球王国のグスク及び関連遺産群 ii, iii, vi, 2000

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 勝連城は"阿麻和利"の居城であり、沖縄最古のグスク。垂直に曲輪を設けているのに対して、座喜味城の護佐丸が築いた中城城は優美な"平面的曲輪"をとっている。

    解説

  • 52

    玉陵、識名園、斎場御嶽、園比屋武御嶽 ー 琉球王国のグスク及び関連遺産群 ii, iii, vi, 2000

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尚氏王統第三代王、尚真によって築かれた王族、破風墓の陵墓。 三庫理、大庫理、寄満の拝所がある斎場御嶽。 園比屋武御嶽の森の入り口の門。

    解説

  • 53

    二荒山神社 ー 日光の社寺 i, iv, vi, 1999

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山岳信仰の中心であった二荒山神社は、男体山、女峰山、太朗山の神、大己貴命、田心姫命、味耜高彦根命の三神を祀っている。寛永の大改造で二荒山神社も八棟造になる。東照宮以外すべてが二荒山の総称。

    解説

  • 54

    輪王寺 ー 日光の社寺 i, iv, vi, 1999

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 766年四本龍寺を起源に天海が復興した。1653年には家光の霊廟である大猷院が造営。その中の慈限堂には1643年没の"天海"を祀っていたが明治の神仏分離令により、現在の場所に移される。

    解説

  • 55

    中尊寺 ー 平泉ー仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 ii, vi, 2011

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 堀河天皇の命を受けた"藤原清衡"が中尊寺を再興、金色堂を建立した。中には藤原氏三代のミイラと4代泰衡の首が収められている。

    解説

  • 56

    毛越寺 ー 平泉ー仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 ii, vi, 2011

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 850年に"慈覚大師円仁"が開基し、藤原基衡が再興した寺。最大の浄土庭園には最大規模の遣水が残る。

    解説

  • 57

    観自在王院跡 ー 平泉ー仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 ii, vi, 2011

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基衡の妻が建立した、大小の阿弥陀堂と浄土庭園だったが1573年に火災で伽藍が焼失した。

    解説

  • 58

    無量光院跡と金鶏山 ー 平泉ー仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 ii, vi, 2011

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3代で最も財をなした秀衡が建立した、平等院鳳凰堂を模した阿弥陀堂。すぐ西側ある金鶏山は、仏国土を空間的に表現する中心的役割を果たす。 住居・政務の居館を造営する際も位置関係が重視された山である。

    解説

  • 59

    吉野・大峯 ー 紀伊山地の霊場と参詣道 ii, iii, iv, vi, 2004

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 千本桜の吉野山を中心に、金峰山寺、大峰山寺に山岳修行が行われ、"修験道の聖地"となる。 他に金山毘古の神を祀る「金峯神社」、義経ゆかりの「吉水神社」、豊臣秀吉が再建した「吉野水分神社」。

    解説

  • 60

    高野山 ー 紀伊山地の霊場と参詣道 ii, iii, iv, vi, 2004

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真言宗の空海によって開かれた、山頂には金剛峰寺を中心に、丹生都比売神社、女人禁制の高野山で唯一女性の参拝が許された慈尊院がある。

    解説

  • 61

    宗像・沖ノ島の関連遺産 ー 暫定遺産リスト ii, iii, iv, vi, 2009

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 沖津宮の神官のみが滞在する島で、航海の安全祈願のための祭祀が行われた。当時アジアと交流のあった豪族、胸形氏の遺産も含まれる。

    解説

  • 62

    武家の古都・鎌倉 ー 暫定遺産リスト iii, iv, 1992

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 12世紀から150年続いた武家政権の発祥地。江戸幕府崩壊の1868年までに生み出された精神と文化を伝える街並みが残されている。

    解説

  • 63

    彦根城 ー 暫定遺産リスト 1992

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 井伊氏の拠点として築かれた城で、その材料は、羽柴秀吉の長浜城、石田三成の佐和山城など、複数の資材が用いられている。天守は国宝。

    解説

  • 64

    国立西洋美術館 ー 暫定リスト 2007

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6カ国に残るル・コルビジェの作品のひとつ。

    解説

  • 65

    飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群 ー 暫定リスト 2007 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平城京に移るまでの日本の宮都であった藤原宮の跡や高松塚古墳、石舞台古墳など、中国と朝鮮の文化が見られる。

    解説

  • 66

    長崎の教会群とキリスト教関連遺産 ー 暫定リスト 2007

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1582年に"天正遺欧少年使節団"が長崎を出発し、ローマ教皇との会談を果たした。江戸時代のキリシタン弾圧や木造の西洋建築など、キリスト教布教の中心地。

    解説

  • 67

    北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群 ー 暫定リスト 2009

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北海道、秋田、岩手、青森の縄文遺跡で、三内丸山遺跡は竪穴式住居など、長期間定住生活が営まれていたことを示す。

    解説

  • 68

    金を中心とする佐渡鉱山の遺産群 ー 暫定リスト 2010

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 400年以上発掘され続けてきた、江戸と明治政府をささえた財源鉱山。

    解説

  • 69

    百舌鳥・古市古墳群 ー 暫定リスト 2010

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本最大の前方後円墳、仁徳天皇陵古墳。周りの中小の古墳群は、首長による支配体制を示す。

    解説

  • 70

    平泉(拡張申請) ー 暫定リスト 2012

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 柳の御所、骨寺村荘園跡、達谷窟、白鳥舘遺跡、長者ヶ原廃寺の5資産

    解説

  • 71

    田島弥平旧宅 ー 富岡製糸場と絹産業遺産群 ii, iv, 2014

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通風を重視した蚕の飼育法"清涼育"を大成した田島弥平が、文久3年(1863年)に建てた主屋兼蚕室。瓦葺総2階建てで換気のための越し屋根を備えた構造は、近代養蚕農家の原型になった。

    解説

  • 72

    高山社跡 ー 富岡製糸場と絹産業遺産群 ii, iv, 2014

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高山長五郎は、通風と温度管理を調和させた「清温育」という蚕の飼育法を確立。その技術は日本の標準養蚕法になった。

    解説

  • 73

    荒船風穴 ー 富岡製糸場と絹産業遺産群 ii, iv, 2014

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 岩の隙間から吹き出す冷風を利用した国内最大規模の蚕種(蚕の卵)の貯蔵施設。冷蔵技術を活かし、当時年1回だった養蚕を複数回可能にした。

    解説

  • 74

    橋野鉄鉱山(釜石)ー 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 ー ii, iv, 2015

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本に現存する最古の洋式高炉跡。"大島高任"は鉄鉱石を用いた製鉄を行う洋式高炉を釜石市大橋に建設、1858年に日本で初めて連続出銑に成功。

    解説

  • 75

    八幡製鉄所(北九州)ー 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 ー ii, iv, 2015

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1897年、ドイツのグーテホフヌンクスヒュッテ(GHH)社に設計を依頼し、1901年に稼働。しかし資金難により翌1902年に休止。その後、日本初のコークスによる銑鉄生産を成功させた野呂景義が再建。1904年から本格稼働を再開した。現在も稼働中。

    解説

  • 76

    小菅修船場跡(長崎)ー 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 ー ii, iv, 2015

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1869年に落成した日本で初めて蒸気機関を用いた洋式ドックで、"コンニャクレンガ"を用いた曳揚げ小屋は、日本最古の煉瓦造り建築。 五代友厚、小松清廉、トーマス・グラバーらにより設立され、同年に明治政府が買収、1887年に三菱に移管し、現在は三菱重工業長崎造船所が管理。

    解説

  • 77

    グラバー邸(長崎)ー 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 ー ii, iv, 2015

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本の近代化に尽力した、スコットランドの実業家トーマス・グラバーの邸宅。 1863年に建設された日本最古の木造洋風建築で、欄間がアーチ型になっている一方で日本瓦や土壁が用いられるなど、イギリスのコロニアル様式と日本の伝統技術が融合した形となっている。

    解説

  • 78

    三池炭鉱、三池港(大牟田)ー 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 ー ii, iv, 2015

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1873年ー1997年。1894年、團琢磨は宮原と万田での新坑掘削を提言し、開山。一方、三池港は石炭の積出港として整備された。

    解説

  • 79

    旧集成館(鹿児島市)ー 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 ー ii, iv, 2015

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 島津斉彬は1851年から現在の鹿児島市吉野町に工場群を設けて軍事強化と産業育成を図った(集成館事業)。 1863年の薩英戦争や1877年の西南戦争では被害を受けその度に再興したが、1915年に廃止された。

    解説

  • 80

    韮山反射炉(伊豆の国市)ー 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 ー ii, iv, 2015

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 江川英龍らの主導により江戸幕府直営で建造された"鉄製大砲鋳造"のための炉で、1857年に完成。

    解説

  • 81

    三重津海軍所跡(佐賀市)ー 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 ー ii, iv, 2015

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 佐賀藩海軍の訓練場・造船所で、日本に現存する最古の乾船渠(ドライドック)。1853年に佐賀藩はオランダに蒸気船軍艦を発注。1858年に三重津の舟屋を拡張して海軍の訓練場とし、後に乾船渠を増設して造船や修理の場とした。また、1865年に日本初の実用蒸気船凌風丸を建造した。

    解説

  • 82

    浅間神社 ー 富士山 ー 信仰の対象と芸術の源泉 iii, vi, 2013

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 徳川家康が噴火を納めるために設立。道者が水ごりを行った湧玉池が近くにある。

    解説

  • 83

    人穴富士講 ー 富士山 ー 信仰の対象と芸術の源泉 iii, vi, 2013

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 富士山を巡礼して登拝する富士講が残した碑、"長谷川角行"が修行と入滅をした風穴が残る。

    解説

  • 84

    三保の松原 ー 富士山 ー 信仰の対象と芸術の源泉 iii, vi, 2013

    補足(例文と訳など)

    答え

    • icomosが除外を勧告するも登録された三保松原は万葉集、歌川広重の不二三十六景にも登場する。

    解説

  • 85

    三菱長崎造船所関連施設(長崎)ー 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 ー ii, iv, 2015

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イギリスのアップルビー社製・吊上げ能力150トンの電動カンチレバークレーンで、日本で初めて設置された大型カンチレバークレーン。1961年に工場拡張のため移設されたが、当初から変わらず大型機械の搭載や陸揚げに使用され、現在も稼働中。

    解説

57045

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ