zuknow learn together

新しい教材を作成

世界遺産検定2級 Definition

カード 47枚 作成者: shizkaendo (作成日: 2015/11/18)

  • 登録基準 ( i )

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    登録基準 ( i )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「傑作」 人が作ったすごい作品。 タージマハル、オペラハウス、プレアビヒア寺院、姫路城、モン・サンミシェル

    解説

  • 2

    登録基準 ( ii )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「文化ミックス」 他の国の影響が見える建物のこと。 法隆寺地域の仏教建造物群、イスタンブル歴史地区

    解説

  • 3

    登録基準 ( iii )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「証拠」 そこに文明があった証拠 ストーンヘンジ、奈良の文化遺産

    解説

  • 4

    登録基準 ( iv )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「技術発達!」 技術があがって、前衛的な建築ができるようになった。 厳島神社、ブラジリア

    解説

  • 5

    登録基準 ( v )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「共存」 自然と人間が共存して暮らしている。 白川郷、バンティアガラ

    解説

  • 6

    登録基準 ( vi )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「イベント」 歴史的なことがそこであった象徴の建物。信仰からくるイベントが行われた場所。 ゴレ島、原爆ドーム

    解説

  • 7

    登録基準 ( vii )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「自然」 自然が美しいところ。 屋久島、フィヨルド

    解説

  • 8

    登録基準 ( viii )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「地質」 地球がつくった地層・地形、化石など。 グランドキャニオン、ワディ・アル・ヒタン、日本にはない。

    解説

  • 9

    登録基準 ( ix )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「進化」 ダーウィンが喜びそうな遺産。 ガラパゴス諸島、日本の自然遺産は全てこれが当てはまる。

    解説

  • 10

    登録基準 ( x )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「絶滅」 四川省ジャイアントパンダ保護区、ドナウ・デルタ、日本では知床だけ。 絶滅危惧種の生息域

    解説

  • 11

    世界遺産

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世界遺産リストに登録されている顕著な普遍的価値をもつ「不動産」。現在1031件。文化802、自然197、複合32(危機48)。

    解説

  • 12

    世界遺産センター 1992

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世界遺産委員会事務局を担う機関

    解説

  • 13

    世界遺産委員会

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 21カ国で構成され1年に1度開催される 任期は最長6年 ①新たな登録・解除の検討、 ②危機遺産の登録・解除の決定、 ③保全状況・調査書確認、 ④世界遺産基金の使途決定、 ⑤2年ごとの世界遺産条約締結国会議とユネスコへのレポート作成、

    解説

  • 14

    世界遺産条約締約国会議

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2年ごとに行われる世界遺産委員会のメンバー決定と、委員会からのレポートを吟味する、委員会の親玉。

    解説

  • 15

    ICOMOS 1965

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建築物の選定、保存への科学研究を担当する機関。パリに本部を置き、ヴェネツィア憲章を元に設立。

    解説

  • 16

    IUCN 1948

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィルダネスを尊重し、自然の多様性を保全、研究する機関。スイスのグランに本部を置く。

    解説

  • 17

    ICCROM 1956

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保存および修復の研究センター。 ローマが本部のため、ローマセンターとも呼ばれる。

    解説

  • 18

    ユネスコ 国際連合教育科学文化機関憲章 1945

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パリに本部を置く、教育・文化を通して平和な世界を目指す機関。1972年に世界遺産条約を採決。世界遺産の生みの親。

    解説

  • 19

    世界遺産条約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1973年アメリカが批准してから1975年に20カ国になり、発行された38条の条約。これに基づき、世界遺産が決定される。 文化遺産と自然遺産を一緒に保護している点、世界遺産の完全性は締約国にある点、世界遺産の重要性を広報する点が重要。

    解説

  • 20

    アテネ憲章 1931

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 近代技術においての記念物や建造物の保存や修復に関する基本的な考え方を記した条文。 世界遺産条約は近代的な材料の使用を認めていない。

    解説

  • 21

    ハーグ条約 1954

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国際紛争や内戦などの非常時において文化財を守るための基本的な方針を打ち出した条約。

    解説

  • 22

    ヴェネツィア憲章 1964

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アテネ憲章を受け継いだが、その保存法は当時の技法を尊重するべきと「真正性」を説いた条文。これによりICOMOSが発足

    解説

  • 23

    世界遺産登録の5条件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・その国が世界遺産条約に加盟していること ・その国の暫定リストに載っていること ・その国からの推薦であること ・不動産であること ・その国の法律で保護されていること

    解説

  • 24

    世界遺産の真正性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文化的背景の独自性や伝統を継承し、オリジナルの材料、建築法を踏襲していること。西洋の石造りの遺産に多く、日本に当てはまらなかったため、1992年「奈良文書」で日本の例外を認められ、解体・再築を許された。

    解説

  • 25

    世界遺産の完全性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保全計画、予算、人員などがそろっていること

    解説

  • 26

    世界遺産委員会の決定4事項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 登録 不登録 登録延期 情報紹介

    解説

  • 27

    文化的景観 1992

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1992年16回委員会で採択された概念。ヴェルサイユ庭園のように意匠された景観、棚田のように有機的に進化する景観、そして関連する景観の3つ。 自然遺産と文化遺産の間に位置する、人間が自然と共に作り上げてきた景観をさす。

    解説

  • 28

    グローバル・ストラテジー 1994

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1994年18回委員会で決定された、 ①世界遺産を持たない国からの登録強化 ②産業・高山関係の強化 ③先史時代の遺跡の強化 ④20世紀以降の遺産の強化 で世界遺産リストの不均衡をなくす戦略

    解説

  • 29

    MAB計画 1971

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1971年に採択された、守るべきコアエリア、活動を制限するバッファゾーン、日常席かつ可能なトランシジョンに分けて、保護すべき自然を区切る計画。2005年に示されたバッファゾーンは世界遺産に含まれない。

    解説

  • 30

    トランスバウンダリーサイト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国境を越える遺産

    解説

  • 31

    シリアル・ノミネーションサイト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文化・歴史、自然が共通するものをひとくくりにした遺産

    解説

  • 32

    危機遺産の特典

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財政・技術援助を受けることが可能

    解説

  • 33

    無形文化遺産

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伝統技能、慣習など、形のないものを遺産として登録する

    解説

  • 34

    世界記憶遺産

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 書物、楽譜などの記録物を遺産として認める

    解説

  • 35

    最初の世界遺産 1978

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アーヘンの大聖堂、メサ・ヴェルデ、クラクフ歴史地区、イエローストーン、ヴィエリチカ、ランス・オーメドー、シミエン国立公園、ナハニ公園、ラリベラ修道院、ガラパゴス、ゴレ島、キト市街

    解説

  • 36

    世界遺産員会2015

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第39回委員会は19回ベルリンに次いで、ドイツ、ボンで開催された。議長国ドイツ、副議長国インド・セネガル・クロアチア・カタール・ジャマイカ。日本からは明治の産業遺産、シンガポール植物園、ジャマイカのブルー・アンド・ジョン・クロウ・マウンテンがそれぞれの国初の世界遺産。 2016年はイスタンブールで開催。

    解説

  • 37

    人間環境宣言 1972

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストックホルムで採択された、開発問題と環境保全についてまとめた条文。

    解説

  • 38

    ドレスデン、エルベ渓谷

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2004年マイセンで築いた富のよって作られた建造物とゼンパーオーバー歌劇場などが登録。ヴァルトシュレスヒェン橋の建設により景観を損ねたため33回世界遺産会議で抹消。

    解説

  • 39

    アラビアオリックス保護区 OMAN

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アラビアオリックスの生息地として1994年に登録。その後2007年にオマーン政府が天然ガス・石油の発掘のために保護区を90%縮小したことにより同年、抹消。

    解説

  • 40

    ブルー・アンド・ジョン・クロウ・マウンテンズ iii, vi, x, JAMAICA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コーヒーの銘柄ブルーマウンテンで知られるブルーマウンテン山脈とジョン・クロウ山脈などを含む保護区で、第35回世界遺産委員会の審議では登録が見送られたが今回は、文化的にマルーン解放の歴史と密接に結びついていること、自然的には生物多様性の点で評価され、複合遺産としてジャマイカ初の世界遺産に登録された。

    解説

  • 41

    シンガポール植物園 ii, iv, SINGAPORE

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大英帝国の植民地における熱帯植物園の優れた例証であるとともに、東南アジアにおける熱帯植物の調査・研究に果たしてきた役割の大きさも評価された。

    解説

  • 42

    フォンニャ=ケバン公立公園 VIETNAM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2003年viiiで登録。公園内には貴重な生態系が生息しているが、保全体制の不備で見送り。2013年に国立公園の範囲が拡大され、2015年に(ⅸ)(ⅹ)の追加が承認された。

    解説

  • 43

    世界遺産委員会2015 危機遺産リスト登録・除去

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 除去 ロス・カティオス国立公園 COLUMBIA 登録 ハトラ IRAQ サナア旧市街 YEMEN シバームの旧城壁都市 YEMEN

    解説

  • 44

    意匠された景観 ー 文化的景観

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間が意図的にデザイン(庭園や公園、宗教的建造物等) シントラの文化的景観 ロワール渓谷

    解説

  • 45

    有機的に進化する景観 ー 文化的背景

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 農業的な文化の営みと一体となったもの コルディリェーラ山脈の棚田 サン・テミリオン、トカイ地方、アルト・ドウロ、、ラヴォーなど

    解説

  • 46

    関連する景観 ー 文化的景観

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宗教的、芸術的要素の強い、スケールのあるもの ウルル・カタ・ジュタ国立公園 トンガリロ国立公園(文化的景観第1号)

    解説

  • 47

    コントルハウス地区およびチリハウス GERMANY iv, R2015

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハンブルクの19世紀後半から20世紀前半にかけて発達した2つの商業地区および1923年に"フリッツ・へーガー"によって建てられた表現主義建築であるチリハウス。当時の国際商業の急成長を反映する建造物群

    解説

56990

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ