zuknow learn together

新しい教材を作成

産業カウンセラー 人名解説

カード 88枚 作成者: nejimats (作成日: 2015/11/17)

  • アージリス

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アージリス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新人間関係学派。 (マグレガー及びリッカートと組織と個人の統合を目指す。) 統合理論

    解説

  • 2

    アイゼンク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「行動療法」の先駆者。 「アイゼンクの特性論」 (内向性-外向性と神経症的傾向)

    解説

  • 3

    アイビイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「マイクロカウンセリング」創始者。 特定の学派・技法にこだわらずに柔軟に方法論を組み合わせるという『折衷主義(eclecticism)』の特徴を持っている。

    解説

  • 4

    アトキンソン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「柔軟な企業モデル」の提唱者。イギリス人。 雇用. ポートフォリオ論

    解説

  • 5

    アルダーファ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ERG理論」 (人間の欲求を「生存欲求」「関係欲求」「成長欲求」に集約) マズローと違う点。 (1)重なり合わない。 (2)併存も可能 (3)高次の欲求が満たされないと、低次の欲求に退行するとされる。

    解説

  • 6

    アンダーソン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アメリカの精神科医。メーシー百貨店における従業員面接。「問題従業員を彼らの行動の兆候だけを見て問題視するのでなく、その行動の奥にある原因を調べて、精神療法を行うことによって、彼らの適応をより高めることができる。それは、本人のためだけでなく、会社としてのメリットもある」

    解説

  • 7

    ウォルピ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「系統的脱感作法」の創始者。 行動療法の発展に貢献。古典的条件づけを理論的基礎とする。不安の対象となる状況・モノに対して、それらを対象者の主観的刺激の強弱によって階層化する。

    解説

  • 8

    内田雄三郎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内田クレペリン精神検査・作業検査法。結果を(1)作業量 (2)曲線の型 (3)誤りの数によって、知能、仕事処理能力、性格、行動、仕事振りといった面のクセや偏り、異常などを見る。

    解説

  • 9

    エドワーズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「EPPS性格検査」(マレーの欲求―圧力理論を基に、15の欲求特性の強度を測定)性格特性を『秩序・顕示・親和・他者・認知・支配・内罰・養護・変化・持久・達成・追従・自律・求護・異性愛・攻撃』の15の構成要素に分けて整理。健常なパーソナリティを持つ被検者を対象。

    解説

  • 10

    エリクソン・H

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「発達課題」(エゴアイデンティティの確立)、「モラトリアム」(=青年期)

    解説

  • 11

    エリス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「論理療法」創始者。(精神分析療法に疑問。「ABCDE理論」)

    解説

  • 12

    オールポート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人格心理学者。パーソナリティの定義。「特性論」「成熟した人格の6つの基準」複数の人が共通して持っている『共通特性』とその個人だけが持っている特異的な『個人特性』とを分類して、人間の複雑なパーソナリティを理解しようとした。

    解説

  • 13

    キャッテル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「特性論」(12の根源特性)因子分析法の使用による結晶性知能と流動性知能の発見。

    解説

  • 14

    ギルフォード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「特性論」の推進者。「YG性格検査」を考案。YG検査を分析することにより、その人が人付き合いを好むか、積極的に人間関係や仕事に取り組むかといった対人関係や行動の特性についての傾向を知ることができる。

    解説

  • 15

    ギンズバーグ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職業的発達理論。1.約10年以上の時間を要する長期的プロセス。2.不可逆的。3.『個人の欲求』と『現実の条件』との間の妥協(折り合い)を伴うプロセス。

    解説

  • 16

    グラッサー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アメリカの精神科医。非行少年・少女の更生の尽力。「現実療法」を提唱。「選択理論」非行する子供は、現実逃避的な行動をしやすい状態。自己の行動に責任を持ち、現実をしっかりと受け止めるように導く事が大事だと提唱

    解説

  • 17

    クルンボルツ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「行動カウンセリング(行動理論や行動科学を基盤としたもの)」の提唱者。学習理論ともいわれる。職業選択とキャリア・デベロップメントに影響を与えるもの①先天的な資質 ②環境条件や出来事 ③学習経験 ④課題へのアプローチスキル

    解説

  • 18

    クレッチマー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「類型論」(分裂気質・躁鬱気質・粘着気質)

    解説

  • 19

    クレペリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内田クレペリン精神検査・作業検査法

    解説

  • 20

    ゴールドバーグ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「GHQ」(神経症の症状把握)を開発。(4つの因子別に30又は60項目の質問)

    解説

  • 21

    コスタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NEO-PI=R、NEO-EFI・5因子特性理論。人格を次の5つ次元のから把握。 N:神経症傾向 E:外向性 O:開放性 A:調和性 C:誠実性

    解説

  • 22

    ゴットシャルト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パーソナリティの「層理論(そうりろん)」(知性的上層と内部感情的基底層)、双子の研究。理性は環境(例えば教育とか家庭)に影響され、感情は遺伝的要素に影響される、

    解説

  • 23

    コッホ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バウムテスト、空間図式、空間象徴

    解説

  • 24

    サイモンズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 親の養育態度によるパーソナリティ発達理論(支配―服従、保護―拒否)

    解説

  • 25

    シェイザー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解決志向短期療法・SFT。問題の原因を分析するのではなく、どうすればその問題を解決できるのかということにフォーカス(焦点)を当てる

    解説

  • 26

    ジェップセン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナラティブアプローチ。社会構成主義やポストモダンの影響を受けて練磨されつつある精神療法

    解説

  • 27

    ジェイコブソン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「不安な心は、リラックスした身体に宿ることはできない」漸進的筋肉弛緩法。

    解説

  • 28

    ジェラット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「意志決定理論」の提唱者。(職業選択理論の一つ。予測・評価・選択)

    解説

  • 29

    ジェンセン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「環境閾値説(かんきょういきちせつ)」(遺伝に基づく素質が環境の影響を受ける程度の差は特性による)環境は閾値(刺激の強さの値)として働くとする学説。

    解説

  • 30

    シャイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「キャリアアンカー」の提唱者。キャリアを選択する際に最も大切な他に譲れない価値観や欲求のこと。「管理能力」、「技術的・機能的能力」、「安全性」、「創造性」、「自律と独立」の5つに分類される

    解説

  • 31

    ジェンドリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「フォーカシング」の創始者。「体験課程の理論」の提唱者。 *「体験課程」とは、意識化する以前の、とくに身体を介して感じられる感情の流れ。人間の行動はこのような暗黙の意味によって動かされている。この事実に気づくことが「フォーカシング」である。 *「フェルト・センス」・・・フォーカシングのプロセスの中で、身体の内部に生じる、「ある特別な感じ」。フェルト・センスとは「意味ある感じの意。フェルト・センスのもつ暗黙の意味を解明することに成功したとき、内部的な変化が起こる。

    解説

  • 32

    シュテルン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「輻輳説(ふくそうせつ)」(パーソナリティは、遺伝と環境の輻輳により相互作用しあって形成される)輻輳←寄り集まって込み合うこと

    解説

  • 33

    シュルツ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドイツの精神科医。「自立訓練法」(心身症の治療法。ストレス緩和法。)を創案。

    解説

  • 34

    スーパー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アメリカの心理学者。「職業発達理論」の代表的学者。「キャリア」の定義。キャリアレインボー。「キャリアは一生涯を通じて発達していく」

    解説

  • 35

    スキナー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動療法の推進者。ネズミを使って、「オペラント条件づけ」を行う

    解説

  • 36

    セリエ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ストレス学説」。「全身適応症候群説」。「ストレス」の命名者。 「ストレスは人生のスパイスだ」

    解説

  • 37

    セル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • WHO SUBI・こころの疲労度、こころの健康度。心の疲労(陰性感情)だけでなく、心の健康(陽性感情)にも目を向け、それを積極的に高めるような働きかけを可能にする質問紙

    解説

  • 38

    ソーンダイク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育測定運動創始者。「全て存在するものは量的に存在する。量的に存在するものは、これを測定することができる」「ハロー効果」の命名者。「オペラント条件付け」(行動療法の一つ)の端緒となった「飢えた猫の実験」を行う。

    解説

  • 39

    ターマン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知能指数。実際の年齢(暦年齢)で精神年齢を割り100倍することによって得られる知能指数が,知能程度をあらわす基準

    解説

  • 40

    ツァン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SDS、自己評価式抑うつ尺度

    解説

  • 41

    テイラー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 科学的管理論・標準作業方法、大量生産方式

    解説

  • 42

    デュセイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「エゴグラム」を開発

    解説

  • 43

    ナグパル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • WHO SUBI・こころの疲労度、こころの健康度

    解説

  • 44

    ハー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーとクレイマーによる「カウンセリングの定義」 状況的・社会的構造理論のなかで、「家族の影響」を重視

    解説

  • 45

    ハーズバーグ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「動機づけ・衛生理論」不満要因(衛生要因)をいくら取り除いても、満足感を引き出すことにはつながらず、不満足感を減少させる効果しかなく、仕事の満足感を引き出すには「動機づけ要因」にアプローチしなくてはいけない

    解説

  • 46

    パーソンズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職業指導運動創始者。ボストン職業局を創設。「カウンセラー」の命名者。著書「職業の選択」。「特性因子理論(マッチング理論)」提唱者。「丸い釘は、丸い穴に」

    解説

  • 47

    パールズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ゲシュタルト療法」を開発(統合された人格への変容を志向)

    解説

  • 48

    バーン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アメリカの精神科医。「交流分析」を提唱

    解説

  • 49

    ハヴィガースト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「発達課題」(9つの発達課題)各課題は、歩行の学習のような身体的成熟から生ずるもの、読みの学習や社会的に責任ある行動をとることの学習のような社会からの文化的要請により生ずるもの、職業の選択や準備、価値の尺度などのような個人の価値や希望から生ずるものなどからなっている。しかし、多くの場合、これら3つのすべてが関係している

    解説

  • 50

    ハザウェイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MMPI・精神医学的診断の客観化、妥当性尺度。MMPIは550問と非常に質問が多い

    解説

  • 51

    パブロフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「レスポンデント条件付け」(犬を使っての唾液分泌の条件付け)

    解説

  • 52

    バンデューラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「機会遭遇論」(社会学的構造理論の一つ)の提唱者。「遭遇機会は、予測することはできないが、一旦そのような機会に出会ってしまうと、それは予測された事項と同じような自明のこととして、因果関係の連鎖の中に組み込まれ、個人の選択行動に影響を与える」

    解説

  • 53

    ビアーズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神衛生運動指導者。コネチカット州精神衛生協会を設立。著書「わが魂にあうまで」

    解説

  • 54

    ビネー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランスの心理学者。知能検査を開発。(⇨ターマンにより「知能指数」に改定)

    解説

  • 55

    フランクル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーストリア生まれ。ナチ強制収容所の体験をもとに、「実存分析」を提唱

    解説

  • 56

    ブリッグスとマイヤーズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「MBTI」(ユングの類型論を発展させた心理検査)MBTIは、ユングの類型論の指標(内向:I‐外向:E、感覚:S-直観:N、思考:T‐感情:F)に、判断的態度:Jと知覚的態度:Pという独自の指標を加えて、4指標16タイプで性格を考える

    解説

  • 57

    ブルーム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「期待理論」の提唱者。(職業選択理論の一つ。期待・誘導性・道具性)動機を、「期待」(努力が報酬に結び付くであろう期待)と「価値」(報酬に対する主観的な価値)の積で表されると説明している。自分の努力が結果に結び付き、報酬が得られ、それが自分にとって価値があれば動機付けられる

    解説

  • 58

    フロイト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「精神分析理論」創始者。「精神分析療法」はサイコセラピーの起源。 「リビドー発達理論」「局所論」「構造論」エゴ・イド・防衛機制・固着

    解説

  • 59

    ブロード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アメリカの心理学者。「テクノストレス」という造語の命名者。

    解説

  • 60

    ブロードマン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コーネル大学教授。「CMI」(コーネル・メディカル・インデックス)の考案者。患者の精神面と身体面の両方にわたる自覚症状を,比較的短時間のうちに調査することを目的として考案

    解説

  • 61

    ホームズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ライフイベント法」によるストレッサーの測定。ストレス数値化したものをライフイベント法と呼びます。「配偶者の死」を100として、「離婚」を73、「夫婦の別居生活」を65など、ストレスがかかるものを数値化してその総合点でどのくらいストレスにさらされているのかを判定するもの

    解説

  • 62

    ホランド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アメリカの職業心理学者。「心理学的構造理論」。「個人と環境の6類型」 VPI職業興味検査を開発。(「6つの興味領域尺度」と「5つの傾向尺度」)

    解説

  • 63

    マグレガー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新人関係学派。「X理論とY理論」。人間に対する2つの対立的な考え方を「権限行使による命令統制のX理論」と「統合と自己統制のY理論」と提唱

    解説

  • 64

    マズロー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「欲求5段階説」(生理的・安全・所属と愛・自尊・自己実現)

    解説

  • 65

    マッキンリー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MMPI・精神医学的診断の客観化、妥当性尺度

    解説

  • 66

    マックネア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • POMS、気分評価検査。緊張・抑うつ・怒り・活気・疲労・混乱の6つの因子が同時に測定

    解説

  • 67

    マックレー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NEO-PI=R、NEO-EFI・5因子特性理論。外向性、調和性、誠実性、神経症的傾向、経験への開放

    解説

  • 68

    マックグレランド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「達成要求理論」・・・高い達成要求が自信に結びつくと、結果に関心を持ち、結果に責任を持つようになる、という理論。(従って、能動的で腕の立つ人を選び、挑戦的な目標を設定すると、高い動機付けが得られるという)

    解説

  • 69

    マレー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「欲求―圧力理論」(人間の行動を欲求と環境の圧力の関係から理解) モーガンと共に、「TAT」(絵画・主題統覚検査)を開発

    解説

  • 70

    ミード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 女性文化人類学者。ニューギニアの3つの部族の研究

    解説

  • 71

    メイヨー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーバード大学教授。「ホーソン工場実験」⇨モラール、ヒューマンリレーションズ

    解説

  • 72

    メスメル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 18世紀のオーストリアの医師。磁気療法(サイコセラピーの源流)で知られる

    解説

  • 73

    モーガン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • TAT、絵画主題統覚検査。日常生活における葛藤場面が描かれたカードを1枚ずつ呈示し、過去・現在・未来にわたる物語を自由に作ってもらう。 分析対象となるのは、その物語の主人公が感じている欲求や圧力

    解説

  • 74

    モレノ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイコドラマ、心理劇

    解説

  • 75

    ユング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「類型論」(2つの態度類型×4つの機能類型)。「人生の午後」「個性化」(中年期に於ける真の自己実現)

    解説

  • 76

    ラザルス・A

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アサーショントレーニング

    解説

  • 77

    ラザルス・S

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストレスコーピングの8分類。 「驚異の概念」を提唱。(ストレッサーをどの程度の驚異として認知し、それにどう対処するのか、の認知評価がストレス耐性のレベルを左右する。)

    解説

  • 78

    リッカート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新人間関係学派。「管理システム論」を提唱。(独善的専制型」「温情的専制型」「協議的専制型」に対して、「集団参加型」の優位性を強調)

    解説

  • 79

    レヴィン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心理学者。「葛藤」を定義。青年を「周辺人」「境界人」と呼ぶ。 トレーニンググループ(Tグループ)を開発し、グループダイナミクスの基礎を築く。

    解説

  • 80

    レスリスバーガー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーバード大学教授。「ホーソン工場実験」。「人間関係論」産性を高めるためには従業員のモラールを高めることが必要なことと,モラールを高めるためには職場の人間関係の改善が必要であることを主旨とする理論

    解説

  • 81

    レビンソン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「中年の危機」(漠然とした人生への幻滅感、停滞感、圧迫感、焦燥感など)

    解説

  • 82

    ローゼンツヴァイク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「PFスタディ(絵画―要求不満検査)」を開発。「フラストレーショントレランス」の命名者

    解説

  • 83

    ロールシャッハ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロールシャッハテスト、10枚の図版・インクプロット、視覚刺激

    解説

  • 84

    ロジャース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「来談者中心療法」提唱者。カウンセリングとサイコセラピー(心理療法)を同一視。著書「カウンセリングとサイコセラピー」「人間論」。「パーソナリティ変容理論」。最も良い状態での「生きること」は そのなかでは何一つ固定されることのない、流れるような、変化していくプロセスだ」 カウンセラーの基本的態度:「受容」・「共感的理解」・「自己一致」 エンカウンターグループを実践。

    解説

  • 85

    吉本伊信

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「内観療法」を創始。(浄土真宗の修行法「身調べ」がベース)

    解説

  • 86

    國分康孝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カウンセリングの定義(著書「カウンセリング辞典」にて)「コーヒーカップモデル」

    解説

  • 87

    森田正馬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「森田療法」を創始(1920年頃)。神経症に対する精神療法→「精神交互作用」の打切り。あるがまま

    解説

  • 88

    木村周

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「キャリア」の定義。役割があるときは重なり、あるときは集中してやってくる。それがキャリアであり、それが人生だという意味

    解説

56777

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ