zuknow learn together

新しい教材を作成

生産士2級No.4 第2章 受注管理の進め方

カード 14枚 作成者: maruboro (作成日: 2015/11/14)

  • 受注管理は(①)と(②)の接点である。両者のコミュにケーションを円滑にすることで、工場活動が(③)の変化に機動的に対応できるようになる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    受注管理は(①)と(②)の接点である。両者のコミュにケーションを円滑にすることで、工場活動が(③)の変化に機動的に対応できるようになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①販売部門 ②工場部門 ③外部環境

    解説

  • 2

    工場へのオーダー投入をある程度生産がやりやすいようにふるいにかけ調整する機能を(①)という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①オーダースクリーン

    解説

  • 3

    受注管理の基本業務は次のようなものがある。 1.(①)についての情報収集 2.(②)の分類と整理 3.工場への(③)情報の伝達 4.販売部門への(④)に関する情報の伝達 5.(⑤)の実施 6.(⑥)の作成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①外部環境の変化 ②情報 ③外部環境 ④工場 ⑤オーダースクリーン  ⑥大日程計画

    解説

  • 4

    受注管理活動の評価は最終的に工場の(①)によって行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①製造活動のバリュー

    解説

  • 5

    受注管理部門は次の理由から(①)のスタッフとして振る舞う組織であることが望ましい。 1.(②)の情報が主体であるから、これに近い(③)にいる方が良い。 2.工場能力に限界があり(④)の調整が必要な時に調整が早い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①販売部門長 ②販売市場 ③販売部門 ④販売担当者間

    解説

  • 6

    受注管理の基本技法 1.(①)の早期調整に関するもの ⑴(②)による負荷計算法 ⑵(②)による(③) ⑶(④)による負荷計算法 ⑷(⑤) 2.(⑥)の予測発注に関するもの ⑴(⑦)部品展開法 ⑵(⑧)部品展開法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①製造能力 ②製品の計数単位 ③平準化計画法 ④基準製品 ⑤負荷量累積法 ⑥材料・部品 ⑦共通率 ⑧部分的な

    解説

  • 7

    製品の計数単位による負荷計算法 1.製品の単位で、製品の(①)にほぼ比例するものを決める。 2.設定した計数単位で各(②)を表す。 3.製造すべき各製品の(③)合計と(④)を対比させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①工数 ②工程の能力 ③計数単位 ④能力

    解説

  • 8

    製品の計数単位による平準化計画法 1.各工程の(①)を設定し、この各工程の計数単位の(②)をある基準単位で設定する。 2.設定した(②)をできるだけ維持して製品の投入順序を決定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①基準とする能力 ②比率 

    解説

  • 9

    基準製品による負荷計算法は、(①)が多く、早期に受注量を(②)と対比して判断することが必要な時に用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①製品の種類 ②製造能力

    解説

  • 10

    部分的な部分展開法は、部品展開において、ある半製品が(①)であっても、他の半製品が確定している時に、確定している半製品を(②)する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①設計未定 ②先行して発注

    解説

  • 11

    共通率部品展開法は(①)に基づいて、共通部品や、半共通部品の発注を行う方法で、(②)によく用いられる。製品の部品構成ごとにグループ分けを行い、それぞれのグループの部品の(③)を計算する。これにより(④)を作成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①予測 ②受注生産 ③共通率  ④共通率部品表

    解説

  • 12

    負荷量累積法は(①)を描いて、(②)の傾向を早期に発見する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①グラフ ②受注全体

    解説

  • 13

    製品の計数単位による負荷計算法は、通常の(①)による負荷計算が複雑な時に、製品の数を表現する分かりやすい(②)を用いて、大枠の負荷計算を行う。その際には製品の(②)で、製品の(③)にほぼ比例するものを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①時間値 ②単位 ③工数

    解説

  • 14

    製品の計数単位による(①)法は、負荷計算に製品の計数単位を用いて、平準化を考慮した製品の(②)を決定する方法である。特に工程によって(③)が異なる時に有効。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①平準化計画 ②投入順序 ③計数単位

    解説

57045

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ