zuknow learn together

新しい教材を作成

生産士2級No.3 第2章 製造活動の評価

カード 10枚 作成者: maruboro (作成日: 2015/11/11)

  • 製造活動のコスト評価は(①)と(②)に区分できる。
    金額差異は(④)での分析が必要。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    製造活動のコスト評価は(①)と(②)に区分できる。 金額差異は(④)での分析が必要。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①金額評価 ②物量評価 ③日常

    解説

  • 2

    製造活動の目的達成度は、目的となる(①)、(②)、(③)を計画通り達成したかで評価する。 1.(①)目的の達成度:(④)率 2.(②)目的の達成度:(⑤)率 3.(③)目的の達成度:(⑥)率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①品質 ②数量 ③日程  ④流出不良件数 ⑤流出数過不足件数 ⑥日程遅延件数

    解説

  • 3

    製造計画の評価では、製造計画と実績に差異がある時に、なぜ(①)で差異を防止できなかったかを評価する。ここでは(①)の(②)の評価が中心となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①計画時点 ②意思決定

    解説

  • 4

    計画時点の(①)は(②)で求めることができる。第1工程の開始あるいは第1工程への材料出庫から、最終工程の完了あるいは製品の出荷までの期間が(③)である。この計画製造期間で計画した加工時間の合計を割ったものが(④)である。(⑤)が計画通りに実行されれば、(①)も計画通りである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①製造周期効率 ②日程式ガントチャート ③計画製造期間 ④計画製造周期効率 ⑤製造計画

    解説

  • 5

    ロット加工おいて(①)の製造周期効率の評価は、(②)よりも厳しくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1個当たり ②ロット当たり

    解説

  • 6

    歩留まり率とは、投入した(①)がどれだけ製品になったかを率で表したものをいう。(②)のロス、(③)のロスを含む

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①材料、部品 ②自然 ③不良

    解説

  • 7

    不良率は通常、工程ごとに加工した数量に対して、どのくらいの不良品が発生したかを示すものである。 不良率=(①)x100/ (②) 流れ作業などで不良品の修理を別で行う時には中間検査の(③)で示す。 通過率=(②ー①)x100/ (②)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①不良数量 ②加工数量

    解説

  • 8

    人員の作業効率は、次の4つで評価する。 1.(①) 2.(②) 3.(③) 4.(④)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①出勤率 ②作業能率 ③作業者稼働率 ④作業者原因による良品率

    解説

  • 9

    信頼度を表すために(①)、(②)率、(③)時間などを用いる。 ①=(④)/その期間の(⑤) ②率=総(⑤)/(④)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①平均故障間隔 ②平均故障 ③平均故障 ④総動作時間 ⑤故障回数

    解説

  • 10

    機械・設備の保全活動は大きく(①)と(②)に分類される。 (①)の評価は故障発生後に行う(③)に要する時間の平均値を用いて行う。 (②)の評価は(②)のバリューで示すことができ以下の式で表す。 (②)のバリュー=(④)/(⑤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①事後保全活動 ②予防保全活動 ③修理 ④機械の信頼度、良品率または歩留まり率 ⑤予防保全コスト

    解説

56661

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ