zuknow learn together

新しい教材を作成

軽く栄養学

カード 49枚 作成者: てにをは (作成日: 2014/02/09)

  • 5大栄養素は?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

栄養士目指してるほどでない栄養学。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    5大栄養素は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル このうちタンパク質、脂質、炭水化物は3大栄養素といわれる。

    解説

  • 2

    微量元素って?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンとミネラル 必要な量はごくわずかでも、不足すると何らかの不調をもたらす原因に。

    解説

  • 3

    第6の栄養素とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食物繊維 腸内の有害物質を体外に排出したり、血糖値やコレステロール値を下げる働きがある。

    解説

  • 4

    いくつものアミノ酸が結合したもので、植物性と動物性がある。 体のあらゆる部分を構成し、必要な酵素、ホルモン、免疫抗体の原料になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質

    解説

  • 5

    バリン ロイシン イソロイシン スレオニン メチオニン リジン フェニルアラニン トリプトファン ヒスチジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要アミノ酸

    解説

  • 6

    効率的なエネルギー源で、細胞膜や血液の構成成分。 ホルモンや細胞膜、脳神経組織を作る材料になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂質

    解説

  • 7

    肝臓で作られ、細胞膜の材料として利用される。 胆汁酸やホルモンの材料にもなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コレステロール

    解説

  • 8

    別名悪玉コレステロール。 増え過ぎると動脈硬化を引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LDLコレステロール

    解説

  • 9

    別名善玉コレステロール。 余分なコレステロールを掃除する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • HDL

    解説

  • 10

    穀類に多く含まれる、身体や脳のエネルギー源。 糖質と食物繊維に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炭水化物

    解説

  • 11

    エネルギー源になり、 単糖類(ブドウ糖や果糖) 二糖類(ショ糖や麦芽糖) 多糖類(でんぷんやグリコーゲン) にわけられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖質

    解説

  • 12

    脳や神経系にとっての唯一のエネルギー源。 単糖類です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブドウ糖

    解説

  • 13

    皮膚、粘膜、目に働く。 カロテンやレチノールがある。 β-カロテンは体内で不足したときに変換される。 脂溶性。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンA

    解説

  • 14

    骨や歯を丈夫にする。 カルシウムとリンの吸収を促進し、カルシウムが骨や歯に沈着しやすくなるよう働く。 がん細胞の増殖を抑えたり、免疫細胞のコントロールする働きも。 脂溶性。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンD

    解説

  • 15

    若返りビタミンともいわれる。 抗酸化作用が強く細胞膜の酸化を抑えて、過酸化脂質の生成を防いで細胞を守る。 血行をよくして酸素と栄養を行き渡らせたり、皮膚の新陳代謝を高める働きがある。 脂溶性。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンE

    解説

  • 16

    出血を止める止血ビタミン。 血液を凝固させる因子を活性化。 カルシウムの骨への沈着を助け、骨の形成を促す。 脂溶性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンK

    解説

  • 17

    糖質をエネルギーにかえるために必要。 不足すると疲れやすくなったりさらに集中力がなくなったりイライラしたりする。 水溶性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンB1

    解説

  • 18

    3大栄養素のエネルギーへの代謝をサポートする。 成長を促進する「発育ビタミン」。 細胞膜の新陳代謝を助け、健康な皮膚や髪の維持に。 抗酸化作用がある。 水溶性。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンB2

    解説

  • 19

    アルコール分解ビタミン。 飲む前にビタミンB2と摂ると効果的。 3大栄養素の代謝を促進。 水溶性。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナイアシン

    解説

  • 20

    タンパク質の合成を促す。 皮膚や神経を正常に保つ。 女性ホルモンのエストロゲンの代謝に必要。 水溶性。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンB6

    解説

  • 21

    貧血を防ぎ、神経を健康に保つ。 ヘモグロビン合成を助け、神経細胞の核酸の合成を促す。 動物性食品に含まれているが例外的にのりに含まれる。 水溶性。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンB12

    解説

  • 22

    細胞の新生、胎児の発育や造血に。 名前の通り野菜に豊富で肉類ではレバーに豊富に含まれる。 動脈硬化、認知症予防にも期待。 水溶性。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葉酸

    解説

  • 23

    エネルギー代謝をサポート。 ビタミンB群のひとつ。 不足すると乾燥肌などの皮膚トラブルに。 アトピー性皮膚炎の改善効果が期待される。 水溶性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビオチン

    解説

  • 24

    酵素をサポートするビタミン。 多くの食品に含まれているので、バランスの良い食事をとっていれば不足しない。 ストレスへの抵抗力を高め働きがある。 水溶性。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パントテン酸

    解説

  • 25

    コラーゲンの生成に不可欠で、強い抗酸化作用をもつ。 体内で合成することはできない。 植物性食品に多く含まれ、いも類では壊れにくく良い供給源に。 水溶性。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンC

    解説

  • 26

    ビタミンA ビタミンD ビタミンE ビタミンK は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂溶性ビタミン

    解説

  • 27

    ビタミンB1 ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 ビタミンB12 葉酸 ビオチン パントテン酸 ビタミンC は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水溶性ビタミン

    解説

  • 28

    ビタミンと付かないビタミン類は? (4種類)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナイアシン 葉酸 ビオチン パントテン酸

    解説

  • 29

    全部で100種類以上もあり、人に必要なものは16種類。 体で作ることができないため、必ず食品で摂らなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミネラル

    解説

  • 30

    人に必要な16種類のミネラルのことを何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必須ミネラル

    解説

  • 31

    必須ミネラルのうちの7種類。 一日あたりの必要所要量が100mg以上のもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主要ミネラル

    解説

  • 32

    必須ミネラルのうちの主要ミネラルの他の9種類。 一日あたりの必要所要量が100mg未満のもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 微量ミネラル

    解説

  • 33

    イオウ 塩素 ナトリウム カリウム マグネシウム カルシウム リン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主要ミネラル

    解説

  • 34

    鉄 亜鉛 銅 マンガン ヨウ素 セレン モリブデン クロム フッ素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 微量ミネラル

    解説

  • 35

    カリウムとともに体内の水分量を調節する。 筋肉の興奮を抑えたり、神経系を正常に維持する。 過剰摂取は高血圧、胃がん、脳梗塞などの原因なる。 日本人は摂りすぎなので注意。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナトリウム

    解説

  • 36

    ナトリウムとともに体内の水分量を調節する。 血圧を安定させたり、骨粗しょう症を防ぐ。 お茶やアルコールなどの利尿作用が強い物はこれを排泄させるので飲み過ぎに注意。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カリウム

    解説

  • 37

    骨や歯を形成し、神経伝達や筋肉の収縮を正常に保つ。 血液にも含まれており、血液中の濃度が下がると骨から溶出させて補うので注意。 吸収されにくい栄養素できのこ類や魚類などのビタミンDと摂取する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルシウム

    解説

  • 38

    骨や歯を形成するほか、カルシウムとともに働き、血圧や筋肉の働きを正常になるよう調節。 神経の興奮を鎮めたり、最近では学習能力と記憶力を強めるという研究結果も。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マグネシウム

    解説

  • 39

    カルシウムと結合して骨や歯の主成分に。 エネルギー代謝に関わったり、細胞膜の構成成分になる。 加工食品や清涼飲料水に使われていることから、摂りすぎ傾向にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リン

    解説

  • 40

    ヘモグロビンやミオグロビンの成分で、全身に酸素を供給。 吸収率が悪く15%程度。 ビタミンCは吸収を促進する。 インスタント食品に含まれるカルシウム塩やリン酸などは吸収を阻害するので注意。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    タンパク質の合成や骨の発達に欠かせないミネラル。 女性ホルモンの活性化、味覚や嗅覚の正常化、皮膚の健康、精神の安定など働きは多岐にわたっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 亜鉛

    解説

  • 42

    酵素の成分になって鉄の利用を促進。成長を助け、貧血を予防。 美容効果もあり、エラスチンやコラーゲンが作られるために必要。 活性酸素を除去する働きも。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    さまざまな酵素の構成成分となり、酵素を活性化させる。 骨の形成を促す。 主に植物性食品に含まれる。 その食品が育成した土地によって含有量が左右される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マンガン

    解説

  • 44

    甲状腺ホルモンの主成分になり、発育や代謝を促す。 海水に多いため、海産物全般に豊富に含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヨウ素

    解説

  • 45

    おもに尿酸の代謝にかかわる酵素の構成成分。 体内の老廃物を適切に排泄するために重要だとされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モリブデン

    解説

  • 46

    抗酸化作用がある酵素の成分。 血液がかたまるのを防ぐため脳梗塞心筋梗塞などに対する予防効果が期待される。 魚介類に多く含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セレン

    解説

  • 47

    糖尿病や生活習慣病予防に。 インスリンを活性化させ、糖や脂質の代謝に関わる。 特別多く含まれる食品は無いが、さまざまな食品に含まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロム

    解説

  • 48

    含硫アミノ酸の成分として体の組織になり、 ビタミンなどの成分になっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イオウ

    解説

  • 49

    ビタミンB12の構成成分として必要性が認められている。 ビタミンB12を含む食品にふくまれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コバルト

    解説

56777

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ