zuknow learn together

新しい教材を作成

生産士2級No.2 第4章 調達・製造活動の統制

カード 15枚 作成者: maruboro (作成日: 2015/11/10)

  • 納品書は、次のような点を配慮して運用方法を決める。
    1.すべての注文書には個別の(①)を取り、納品書に(①)を明記すること。
    2.納品書には、検査記録を取る(②)と現品に添付する(③)を(④)で添付する。
    3.納品書の注文番号は(⑤)を印字すると入力ミスが防止できる。
    4.(⑥)はできるだけ避けて、注文通りの数量を納入してもらう。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    納品書は、次のような点を配慮して運用方法を決める。 1.すべての注文書には個別の(①)を取り、納品書に(①)を明記すること。 2.納品書には、検査記録を取る(②)と現品に添付する(③)を(④)で添付する。 3.納品書の注文番号は(⑤)を印字すると入力ミスが防止できる。 4.(⑥)はできるだけ避けて、注文通りの数量を納入してもらう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①注文番号 ②検収通知書 ③現品票 ④ワンライティング ⑤バーコード ⑥分納

    解説

  • 2

    材料・部品の調達活動の統制は、その調達計画に基づいて次の手順で行う。 1.(①)の把握 2.(②)に対する(③)の(④)の把握 3.(④)への対応の実施

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①納入状況 ②計画 ③納入実績 ④遅れ・進み

    解説

  • 3

    購買部門内の組織分担が(①)別であれば、調達活動の中心は(②)になる。これは(①)によって購買先の技術が異なるので、(③)の設定などで(④)が必要なためである。また(⑤)のときに、技術トラブルに対して効果的な対応が期待できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①業種 ②購買活動 ③購入単価  ④専門的な技術知識 ⑤進度統制

    解説

  • 4

    試作品用など特殊な用途の材料・部品の進度統制には(①)の担当が設けられることがになる。(①)の担当は材料・部品の(②)の購入先を担当することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①製品別 ②複数

    解説

  • 5

    材料・部品が遅れたときに、その材料・部品がどの製品・半製品、サービス部品に使われる予定であるかを探すことを(①)といい、これが容易にできることを(②)があるという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①トレース ②トレーサビリティ

    解説

  • 6

    人員の採用は(①)で計画し、(②)か(③)で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①負荷計画 ②人事部門 ③総務部門

    解説

  • 7

    機械の調達計画の統制は(①)あるいは、(②)で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①技術部門 ②設備管理部門

    解説

  • 8

    外注先は、社内工程につながることが多いので、社内の(①)が統制の中心になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①製造管理部門

    解説

  • 9

    流れ作業の職場での人員調整は次の手順で行う。 1.1日当たりの(①)の算出 2.単位当たりの(②)の算出 3.(③)の算出 4.(④)の決定 5.(⑤)の決定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①基準製造数量 ②基準ピッチ ③基準正味人員 ④基準の一人当たり工程 ⑤基準配属人員

    解説

  • 10

    1.1日当たり基準製造数量= 基準製造数量 / (①) 2.単位当たり基準ピッチ= (②/日) / (③/日) 3.基準正味人員=1単位当たりの(④) /(⑤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①時間域の日数 ②職場の稼働時間 ③基準製造数量 ④平均標準時間」 ⑤基準ピッチ

    解説

  • 11

    基準配属人員=(①)/ (②)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①基準正味人員 ②出勤率

    解説

  • 12

    中日程計画に基づき、製造計画の統制が行われる。その活動は次の手順で行われる。 1.(①)に基づく(②)の発行 2.小日程計画の(③) 3.中日程計画の(④) 4.中日程(⑤)の(⑥)対策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①中日程計画 ②小日程計画 ③実績の把握 ④進度の把握 ⑤計画段階 ⑥遅れ・進み

    解説

  • 13

    中日程計画の進度統制は、次の手順で行う。 1.(①)の調査 2.(②)の判断 3.(①)の訂正 4.(②)の問題解決 5.(③)の確認

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①進度 ②遅れ・進み ③処置

    解説

  • 14

    進度の把握方法 1.(①)方式 2.(②)による伝送方式 3.(③)方式 いずれも(④)と実際の(⑤)が異なる場合にのみ実際の(⑤)の入力だけを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①作業指示票返送 ②端末 ③バーコード入力  ④指示数量 ⑤製造数量

    解説

  • 15

    小日程計画は通常(①)ベースの(②)を用いる。また早期に問題を把握するためのチェックは(③)単位になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①製造主体 ②負荷式ガントチャート ③時間

    解説

56554

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ