zuknow learn together

新しい教材を作成

生産士2級No.2 第3章 製造対象・製造主体の調達計画

カード 7枚 作成者: maruboro (作成日: 2015/11/09)

  • 大日程計画に基づき、製品番号をキーにして(①)を取得する。これと同時に時間域を暦日に変換する。なお、この時点で並行して(②)を取得しておくこともできる。ただしこれは(③)でなく(④)である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    大日程計画に基づき、製品番号をキーにして(①)を取得する。これと同時に時間域を暦日に変換する。なお、この時点で並行して(②)を取得しておくこともできる。ただしこれは(③)でなく(④)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①工程表 ②能力表 ③技術情報資料  ④管理資料

    解説

  • 2

    次の手順で負荷計算を行う。 1.大日程計画の出荷(完成)数量を製造必要数量とする。 2.(①)別(②)別(③)別に単位あたり加工時間と製造必要量をかけて負荷量を算出する。 負荷量=(④)✖️(⑤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①工程 ②時間域 ③製造 ④製造必要量 ⑤単位あたり加工時間

    解説

  • 3

    1.基準人員能力/日 (①)x(②)x(③)率x(④)能率x(⑤)率x(⑥)率 2.基準機械能力/日 (⑦)x(②)x(③)率x(⑥)率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①所属人員 ②実働時間 ③稼働  ④作業 ⑤出勤 ⑥良品 ⑦機械台数(同一性能)

    解説

  • 4

    製造能力の過不足は次の3つに区分できる。 1.(①):販売部門の要求量が、現在の製造能力よりも多いことを意味する。(②)が必要である。 2.(③):販売部門の要求量が、現在の製造能力と同じであることを示す。特に問題はないことになる。 3.(④):販売部門の要求量が、現在の製造能力より少ないことを示す。 (⑤)は1と3の場合に必要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①負荷>能力 ②製造主体の能力向上 ③負荷=能力 ④負荷<能力 ⑤能力調整 

    解説

  • 5

    負荷>能力の場合は、次の方法のいずれか、またはこれらを組み合わせた方法で対応する。 1.能力を増加させる:(①)の改善、(②)の延長、(③)の新規調達、(④)への加工依頼 2.負荷を減少させる:(⑤)による単位時間あたりの(⑥)の低減、(⑦)の減少

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①問題工程(ネック工程)②作業時間 ③人、機械などの製造主体 ④外注先 ⑤工程改善 ⑥加工時間 ⑦販売要求量

    解説

  • 6

    負荷<能力の場合は、 1.負荷を増やす:(①)への販促要求、(②)の(③) 2:能力を減少させる:(④)への応援、(⑤)、(⑥)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①販売部門 ②外注加工分 ③社内への取り込み ④他の工程、工場  ⑤一時帰休 ⑥整理解雇

    解説

  • 7

    新しい外注先への製造依頼は次の手順で行う。 1.(①)の入手 2.外注先に(②)を手交(材料・部品の支給方法も含む) 3.外注加工に出す(③)の決定 4.外注工場への(④)計画の発行

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①外注工場の経歴書 ②基本契約書 ③品物の単価 ④中日程

    解説

57055

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ