zuknow learn together

新しい教材を作成

ゾーン3(コミュニケーション)

カード 30枚 作成者: toyakuzuknow1 (作成日: 2015/11/09)

  • 患者の話を聴く時の非言語的メッセージに関する記述のうち、不適切なのはどれか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

11/9チェックテスト出題問題

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    患者の話を聴く時の非言語的メッセージに関する記述のうち、不適切なのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3メートル以上離れて位置する。
    • 誤答選択肢 話の内容に合わせた表情でいる。
    • リラックスした姿勢をとる。
    • 適度に相槌をうつ。
    • ほどよく視線を合わせる。

    解説

  • 2

    医療コミュニケーションの目的に関する記述のうち、不適切なのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 治療者の治療方針を納得してもらう。
    • 誤答選択肢 患者からの情報を収集する。
    • 患者へ適切な情報提供をおこなう。
    • 患者との信頼関係を築く。
    • 患者の解釈モデルを把握する。

    解説

  • 3

    キューブラー・ロスによる死の受容に関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すべての病者が死を受容できるわけではない。
    • 誤答選択肢 癌の告知を受けた病者は誰でも同じ心理的段階を経験する。
    • 癌の告知を受けた直後には怒りの状態になる。
    • 癌の告知を受けた患者はうつ病になる。
    • 死の受容に至る段階は3段階に区分できる。

    解説

  • 4

    開いた質問の特徴に関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 話し手の問題の捉え方がわかる。
    • 誤答選択肢 話し手は深く考えないで答えられる。
    • 必要なく情報が効率的に得られる。
    • 会話の最初にいつでも用いる。
    • 話が苦手な人に有効である。

    解説

  • 5

    コミュニケーションの特徴に関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メッセージの伝わり方には個人差がある。
    • 誤答選択肢 非言語的コミュニケーションはすべて意識的に操作できる。
    • 対人距離は文化により影響されない。
    • 符号化とは情報を解釈することである。
    • 日本的コミュニケーションの特徴は高コンテキストコミュニケーションである。

    解説

  • 6

    情報伝達に関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報を運ぶ経路には、視覚、嗅覚、触覚、味覚なども含まれる。
    • 誤答選択肢 電子メールは情報媒体ではない。
    • 情報の符号化の方法は誰に対しても同じである。
    • マスコミュニケーションは双方向のコミュニケーションである。
    • 非言語的メッセージは情報とはいえない。

    解説

  • 7

    対象喪失とみなされる状態を説明しているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子どもが自立して家を出た頃から親が抑うつ的になった。
    • 誤答選択肢 好きなアイドルと同じ服を着て満足している。
    • 試験を失敗するのではないかと予期して不安になる。
    • 癌の告知を受けて、そんなはずはないと否認する。
    • 妹が生まれたら小1の兄も妹と同じように哺乳瓶でミルクを飲みたがる。

    解説

  • 8

    患者への共感的態度に関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 患者が感じていることを自分も同じように感じて関わる。
    • 誤答選択肢 何を考えているのかを詳しく尋ねる。
    • 患者の状態を解釈して関わる。
    • 元気をだすように患者を励ます。
    • 治療を受け容れるような動機付けを行う。

    解説

  • 9

    チーム内の良好な人間関係に関する記述のうち、誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 年上の先輩の意見が間違っていても指摘しない。
    • 誤答選択肢 専門分野からの意見をわかりやすく話す。
    • 専門的役割行動に責任をもつ。
    • 協調的な態度で行動する。
    • 1人で抱え込まずに、他職種の意見なども参考にする。

    解説

  • 10

    高齢者との基本的な対応に関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手のペースに合わせて関わる。
    • 誤答選択肢 援助を拒む人にはいっさい近寄らない。
    • 同じ話を繰り返す人にはそのことを指摘する。
    • 逸脱行為は強く禁止させる。
    • わかったふりをする人には注意をする。

    解説

  • 11

    防衛機制に関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心の安定を保つために、不安や苦痛を回避しようとする自我による無意識の働きを指す。
    • 誤答選択肢 認知療法の基本概念である。
    • 考え方を変えれば行動は変わることを指す。
    • 健康な人は防衛機制を使わない。
    • 特定の人へ向いている感情を関係のない他の人へ向けることを指す。

    解説

  • 12

    患者理解の方法に関する記述のうち、不適切なのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分の個人的体験と比較して理解する。
    • 誤答選択肢 患者の話を共感的に理解する。
    • 患者の解釈モデルを理解する。
    • 他職種からの見方も参考にして、専門的立場から理解する。
    • 患者家族から情報を得る。

    解説

  • 13

    服薬指導の際の態度に関する記述のうち、適切なのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 理解しているかを確認しながらすすめる。
    • 誤答選択肢 常に視線を合わせて話す。
    • 親しくなるようにできるだけ近くに座る。
    • 閉じた質問をして患者を安心させる。
    • 薬についての情報をすべて提供する。

    解説

  • 14

    コミュニケーションの構成要素に当てはまらないのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コーピング
    • 誤答選択肢 チャネル
    • メッセージ
    • 媒体
    • 送り手

    解説

  • 15

    対人距離に関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 服薬指導は個体距離をとることが望ましい。
    • 誤答選択肢 コミュニケーションには影響しない。
    • 患者とは社会的距離を取る。
    • 2人が手を伸ばして接触できる距離を密接距離という。
    • 心理的関係とは無関係である。

    解説

  • 16

    アサーティブネススキルを正しく説明しているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手も自分も尊重するコミュニケーションスキルである。
    • 誤答選択肢 相手と葛藤が生じないように譲歩するスキルである。
    • 相手から認められるためのスキルである。
    • 弱い立場の人が自分の思いを伝えるスキルである。
    • 論争のためのスキルである。

    解説

  • 17

    病気が患者に及ぼす心理的影響に関する記述のうち、誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病者が主観的に体験し感じていることを「疾病 disease」という。
    • 誤答選択肢 退行状態に陥りやすい。
    • 病者の喪失体験とは、心身や慣れ親しんだ環境の一部をなくすことを指す。
    • 病名告知は病者を不安にさせることもある。
    • 病気を受容できずに治療拒否になる場合もある。

    解説

  • 18

    暗黙のパーソナリティー理論にあてはまるのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 論理的過誤
    • 誤答選択肢 防衛機制
    • 特性論
    • 自我同一性
    • タイプ論

    解説

  • 19

    コミュニケーションの伝達に関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二重的束縛コミュニケーションとは言葉と態度が不一致な状態を表す。
    • 誤答選択肢 情報が相手に伝わらないのは相手の理解不足による。
    • 非言語的情報は全体の35%を占めている。
    • 外見から相手の情報を得ることはできない。
    • 対人距離はコミュニケーションに影響しない。

    解説

  • 20

    リスニングスキルの基本に関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 話を聞きっぱなしにしないで共感的に繰り返す。
    • 誤答選択肢 事前情報に基づいて必要なことだけを聞く。
    • 患者にはできるだけ多くの助言・指導をするのがよい。
    • 話の苦手な患者には開いた質問をして安心してもらう。
    • 短時間で終わらせるためには開いた質問を多用する。

    解説

  • 21

    良好な患者・医療者関係の形成に関する記述のうち、誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療者の判断に価値を置く。
    • 誤答選択肢 肯定的な関心を持って対応する。
    • 共感的理解をすすめる。
    • 受容的態度で臨む。
    • 臨床能力を高める。

    解説

  • 22

    傾聴に関する記述のうち、誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 話の主導権は聴き手にある。
    • 誤答選択肢 共感的に相手の話を聴く。
    • 話をしやすい環境を作る。
    • 相手のプライバシーを守る。
    • 価値判断をしながら聴かない。

    解説

  • 23

    医療におけるチームワークの特徴に関する記述のうち、誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人件費の削減になる。
    • 誤答選択肢 患者もチームの一員として参加できる。
    • 多職種の連携が可能になる。
    • 情報の共有化がすすむ。
    • 一貫性のある対応ができる。

    解説

  • 24

    患者家族に関する記述のうち、誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 患者と患者家族は常に一心同体である。
    • 誤答選択肢 家族は治療への協力者である。
    • 家族は第2の患者ともいわれる。
    • 家族も「やまい」の体験をしている。
    • 家族も治療方針に意見することができる。

    解説

  • 25

    情報伝達に関する記述のうち、誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語による情報伝達は全体の65%である。
    • 誤答選択肢 コミュニケーションの語源は共有を意味する。
    • 準言語とは声の調子、高低などを指す。
    • 身振りもメッセージになる。
    • 非言語的メッセージにより伝わる情報量は言語的メッセージより多い。

    解説

  • 26

    低コンテキストコミュニケーションに関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共有知識を前提としない関係で用いられる。
    • 誤答選択肢 話さなくてもわかる関係で使われる。
    • 行間を読むコミュニケーション。
    • 建て前と本音の関係で用いられる。
    • 以心伝心を表す。

    解説

  • 27

    閉じた質問に関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 話し手は、はい・いいえで答えればよい。
    • 誤答選択肢 傾聴する時に使う。
    • 答えるのに時間を要するので個人差が生じる。
    • お互いに親しみを感じる。
    • 話し手は何でも話すことが出来る。

    解説

  • 28

    薬剤師と患者との信頼関係を形成する目的に関する記述のうち、誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マニュアル通りにすすめる。
    • 誤答選択肢 服薬の効果と副作用を確認する。
    • 患者が安心して服薬できるようにする。
    • 患者の要求を知る。
    • 患者の生きる意欲を支持する。

    解説

  • 29

    疾病と病に関する記述のうち、誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療人は疾病だけに関心をもって治療する。
    • 誤答選択肢 病の体験は主観的であり、立証できない。
    • 疾病とは不健康状態を表す。
    • 病の体験は全人間的に影響する。
    • 疾病は客観的であり共通に認識できる。

    解説

  • 30

    自尊感情に関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自尊感情の高低は対人関係に影響する。
    • 誤答選択肢 自分への肯定的な感情を表す。
    • 自分を大切に思うことを表す。
    • 自分への否定的感情を表す。
    • 自尊感情の高い人は否定的な面を見やすい。

    解説

57045

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ