zuknow learn together

新しい教材を作成

English Life 第15回

カード 10枚 作成者: Tokuchan (作成日: 2015/11/08)

  • That costs extra

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 英語
  • カード裏 : 英語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    That costs extra

    補足(例文と訳など)

    答え

    • それは別料金になります。

    解説

    【解説】 「cost」はだいたい動詞として使います。「cost」の過去形も過去分詞も「cost」です。たとえば「How much did it cost?(いくらだったの?)」、「It costs $50.($50です)」、「It cost $50.($50だった)」など。そして、「別料金がかかる」は「cost extra(余分にかかる)」といいます。たとえば「Does that cost extra?(それは別料金ですか?)」など。

  • 2

    It depends on what you wanna buy.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何を買いたいかによる。

    解説

    【解説】 WH名詞節は名詞の代わりに置き換えられて、とっても便利なものです。たとえば「It depends on ~(~によりけり・~次第)」には名詞が続きます。「It depends on the weather.(天気による)」、「It depends on the price.(値段次第)」など。その名詞の代わりにWH名詞節を置き換えてみましょう。たとえば「It depends on when she's gonna come.(彼女が何時に来るかによる)」、「It depends on how much you wanna spend,(いくら使いたいかによる)」、「It depends on how tired I am.(どれくらい疲れているかによる)」、「It depends on how crowded it is.(混み具合による)」など。

  • 3

    I wasn't gonna spend so much money.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あんなにお金を使うつもりはなかったのに。

    解説

    【解説】 「I wasn't gonna~」は「~するつもりじゃなかった」という決まった形です。「be gonna」は未来形の「be going to(するつもりだ)」の短縮した発音で会話ではこの発音が一般的です。それを過去形にすると「was gonna (~するつもりだった)」になります。さらに否定文にすると「wasn't gonna (~するつもりじゃなかった)」になります。たとえば「I wasn't gonna go out tonight.(今日は遊びに行くつもりじゃなかったのに)」、「I wasn't gonna tell you but…(言わないでおこうと思っていたけど・・・)」など。そして、「so」は「あんなに」、「こんなに」という意味です。

  • 4

    Get me something good.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • お土産よろしくね。

    解説

    解説】 「souvenir」は「お土産」ではなくて、自分に買う「記念品」です。たとえば、友達に「This is a souvenir from Thailand.」と物を渡されてもくれているわけではありません。日本語の「お土産」に一番近い英単語は「present」です。たとえば「I want to get presents for my host family.(ホストファミリーにお土産を買いたい)など。でも「get 人 something」の方が一般的です。たとえば「I got you this in Thailand.(これをタイで君に買ってきた)」、「Did you get me something?(お土産は?)」など。

  • 5

    It's a little flashy.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちょっと派手じゃない?

    解説

    「flashy」は「派手な」という形容詞です。「flash(光る)」からきている単語なのでなんとなく「キンキラキン」な感じです。逆に「地味な」という形容詞は「plain」です。「plain」の本当の意味は「無地」、「柄がない」ですが「地味」という意味でも使います。たとえば「It's a little plain.(ちょっと地味じゃない?)」など。

  • 6

    Do you have change for $100?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 100ドルのお釣りはありますか?

    解説

    「変化」という意味の「change」は数える単語なので「a」が必要ですが、「お釣り・小銭」という意味の「change」は数えない単語なので「a」は付けません。たとえば「I don't have any change.(小銭がない)」、「He didn't give me my change.(彼はお釣りをくれなかった)」など。そして、大きい札しかないときに「Do you have change for ~?(~のお釣りはありますか?)と聞きます。

  • 7

    Can we stop by the 7-11?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7-11に立ち寄ってもいい?

    解説

    2人でいるから「Can we」ですが「Can I」と言っても大丈夫です。「stop by」は「ちょっと立ち寄る」という意味です。例えば「I stopped by Dave's.(Daveの家に立ち寄った)」、「Why don't you stop by after work?(会社の後立ち寄れば?)」など。

  • 8

    What are you looking for?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何を探しているの?

    解説

    「look for」は「探す」という意味です。「見つける」は「find」という別の単語を使うので気をつけましょう。例えば「Are you looking for anything in particular?(何かお探しですか?)」、「I'm looking for a jacket.(ジャケットを探している[ジャケットが買いたいんですけど])」、「I'm looking for my glasses. Have you seen them?(メガネを探しているけど見た?)」、「I'm looking for a job.(就職活動してます)」など。

  • 9

    I need a makeover.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イメチェンしたい。

    解説

    「イメージチェンジ」は和製英語です。英語では「a makeover」と言います。女性誌でもよく見る単語です。そして、基本的には女性しか言いません。「makeup(化粧)」とは関係なく、服装や髪型も全部含まれます。「a makeover」は名詞なので「I need」にそのままつづけるだけです。他にも「Did you get a makeover?(イメチェンした?)」など。「I wanna change my image.」という言い方もあり得ます

  • 10

    It’s coming out next week.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 来週、発売です

    解説

    「発売される」、「映画の上映が始まる」などは「come out」と言います。たとえば「The new iPad is coming out next month.(来月、新しいiPadが発売される)」、「When does the new 007 movie come out?(新しい007の映画はいつ出るの?)」、「It came out last month.(先月から発売しているよ)」など。

56995

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ