zuknow learn together

新しい教材を作成

Essential細胞生物学3エネルギー、触媒作用、生合成

カード 31枚 作成者: Naoki Anbo (作成日: 2015/11/06)

  • このため,個々の化学反応にはその反応 を に特異的に高める拍車が必要となる。しかし,このことは不都合ではなくむしろ有利に働いている。個々に拍車があれば,反応が細胞内の温度で進むだけでなく,細胞の代謝を厳密に調節できるからで,これこそ生命の化学の最大の特徴である.両方の働きをするのは( )とよばれるタンパク質で,個々の酵素は,ある与えられた分子がかかわる多くの反応のうち1つに限って加速,つまり触媒する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    このため,個々の化学反応にはその反応 を に特異的に高める拍車が必要となる。しかし,このことは不都合ではなくむしろ有利に働いている。個々に拍車があれば,反応が細胞内の温度で進むだけでなく,細胞の代謝を厳密に調節できるからで,これこそ生命の化学の最大の特徴である.両方の働きをするのは( )とよばれるタンパク質で,個々の酵素は,ある与えられた分子がかかわる多くの反応のうち1つに限って加速,つまり触媒する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酵素

    解説

  • 2

    このため,個々の化学反応にはその反応 を に特異的に高める拍車が必要となる。しかし,このことは不都合ではなくむしろ有利に働いている。個々に拍車があれば,反応が細胞内の温度で進むだけでなく,細胞の代謝を厳密に調節できるからで,これこそ生命の化学の最大の特徴である.両方の働きをするのは酵素とよばれるタンパク質で,個々の酵素は,ある与えられた分子がかかわる多くの反応のうち1つに限って加速,つまり( )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 触媒

    解説

  • 3

    酵素が触媒する 反応には次々と連結して起きるものが多く,1つの反応の生成物が次の反応の出発物質( )と なる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基質

    解説

  • 4

    細胞内で起こる化学反応には反対に向かう2つの流れがある。1つは,食物を小分子に分解する( )であり,細胞に使いやすい形態のエネルギーや,構成 材料として欠かせない小分子の一部を提供する。もう1つの流れは,異化作用によって蓄えたエネルギーを用いて細胞構築用の分子を合成する同化(または生合成)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異化

    解説

  • 5

    細胞内で起こる化学反応には反対に向かう2つの流れがある。1つは,食物を小分子に分解する異化であり,細胞に使いやすい形態のエネルギーや,構成 材料として欠かせない小分子の一部を提供する。もう1つの流れは,異化作用によって蓄えたエネルギーを用いて細胞構築用の分子を合成する( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同化(または生合成)

    解説

  • 6

    同化と異化を合わせて( )という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞の代謝metabolism

    解説

  • 7

    細胞は,糖などの有機分子の炭素原子と水素原子を酸素と結合させ,それぞれC02と H20に変えてエネルギーを獲得する.この過程を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸 respiration

    解説

  • 8

    ( )は最もよく使われる活性型運搬体分子である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP

    解説

  • 9

    ( )とNADPHは重要な電子運搬体である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NADH

    解説

  • 10

    NADHと( )は重要な電子運搬体である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NADPH

    解説

  • 11

    ( )という言葉は電子がある原子から別の原子へと移動する反応を表すものである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸化 oxidation

    解説

  • 12

    ( )は電子が付加されることを示す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 還元reduction

    解説

  • 13

    化学反応 全体としては電子数の増減はないので,( )はつねに同時に起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸化と還元

    解説

  • 14

    細胞には、エネルギー障壁の乗り越えを助けるタンパク質、( )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酵素enzyme

    解説

  • 15

    酵素は( )とよばれる1個か2個の分子と固く結合し,基質間の特定の化学相互作用を進めるのに必要な活性化エネルギーをぐんと下げる ようなかたちで保持する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基質substrate

    解説

  • 16

    活性化エネルギーを下げる能力のある物 質を( )とよぶ.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 触媒catalyst

    解説

  • 17

    個々の酵素は独特の形をしていて,特定の基質だけがぴった りと収まるポケット(溝)状の( )をもっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活性部位

    解説

  • 18

    酵素の働き方を理解する第1歩は、酵素が触媒する反応の( )を決めることにある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大速度Vmax

    解説

  • 19

    細胞内の活性型運搬体のうち,最も重要で多様な機能をもつのは( )である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP (adenosine 5′ ―triphosphate,アデノシン5′一三リン酸)

    解説

  • 20

    ATP( )はにリン酸基が付加するというエネルギー的に起こりにくい反応によって合成される.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ADP (adenosine 5′ diphOsphate,アデノシン5′ ニリン酸)

    解説

  • 21

    ATPはADPと無機リン酸に( )し(これはエネルギー的に起こりやすい),エネルギーの塊を放出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 加水分解

    解説

  • 22

    リン酸基が転移する反応は一般に( )とよび,基質の活性化,化学エ ネルギーの交換,細胞のシグナル伝達など多くの重要な細胞機能に関係している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リン酸化反応

    解説

  • 23

    細胞内で酸化還元反応に関与し,共役反応にもかかわるもののなかでも重要な電子運搬体は,( )とこれによく似たNADP+(nicotinamide adenine dinucleotide phosphate,ニコチンアミドアデニンジヌクレオチ ドリン酸)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NAD+ (nicotinamide adenine dinucleotide,ニコチンアミドアデニンジヌクレオチ ド)

    解説

  • 24

    細胞内で酸化還元反応に関与し,共役反応にもかかわるもののなかでも重要な電子運搬体は,NAD+ (nicotinamide adenine dinucleotide,ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)とこれによく似た( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NADP+(nicotinamide adenine dinucleotide phosphate,ニコチンアミドアデニンジヌクレオチ ドリン酸)

    解説

  • 25

    NAD+と NADP+は,高エネルギー電子2 個とプロトン(H+)の形で存在する “エネルギーの塊"を受け取ってそれぞれ( )と NADPH(還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸)になる.これらは水素化物イオ ン(H十 と2個の電子,すなわちI‐I)の運搬体ともみなせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NADH(還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)

    解説

  • 26

    NAD+と NADP+は,高エネルギー電子2 個とプロトン(H+)の形で存在する “エネルギーの塊"を受け取ってそれぞれNADH(還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)と( )になる.これらは水素化物イオ ン(H十 と2個の電子,すなわちHー)の運搬体ともみなせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NADPH(還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸)

    解説

  • 27

    ATP同様,( )は活性型運搬体として,本来はエネルギー的に起こり にくい多くの重要な生合成反応にかかわる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NADPH

    解説

  • 28

    分子は熱エネルギーによってた えず運動しており,その結果,細胞内をでたらめに走り回って効率よく探検する。これを( )という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡散diffusion

    解説

  • 29

    細胞内の各分子は毎秒膨大な 数の分子と衝突する。液体中の分子はたがいに衝突しては跳ね返っているの で,個々の分子が進む向きは刻々変わる.これを( )という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ランダム歩行

    解説

  • 30

    ( )は エネルギーを変換しやすい形態,すなわち 容易に転移する基または高エネルギーの電子として蓄えているので,生合成反 応の際にはエネルギーと基の両方の供給源となる.活性型運搬体分子で最も重 要なのは,ATPおよび,NADHと NADPHというよく似た2種類の分子である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活性型運搬体activated carrier

    解説

  • 31

    生体内では( )によってエネルギーが捕らえられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共役反応coupled reaction

    解説

56916

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ