zuknow learn together

新しい教材を作成

生物<代謝>

カード 30枚 作成者: タマ (作成日: 2013/11/06)

  • 生体内で起こる物質の化学変化。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

生物の用語暗記用です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    生体内で起こる物質の化学変化。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代謝 <たいしゃ>

    解説

  • 2

    光合成など,化学的に単純な物質から複雑な物質をつくり出す反応。エネルギーを吸収する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同化 <どうか>

    解説

  • 3

    呼吸など,生体内で化学的に複雑な物質を単純な物質に分解する反応。エネルギーが発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異化 <いか>

    解説

  • 4

    代謝に伴うエネルギーの出入りや変換。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エネルギー代謝 <えねるぎーたいしゃ>

    解説

  • 5

    二酸化炭素から炭素をとり入れて炭水化物をつくる働き。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炭酸同化 <たんさんどうか>

    解説

  • 6

    生物が,無機窒素化合物からアミノ酸などの有機窒素化合物をつくる働き。多くの植物は空気中の窒素を利用できないので,根から無機窒素化合物を吸収して行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 窒素同化 <ちっそどうか>

    解説

  • 7

    アデノシンにリン酸が3つ結合した構造をもつ。ADPとリン酸に分解するときに放出されるエネルギーが生命活動に使われることから,生体のエネルギー通貨とよばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP <えーてぃーぴー> アデノシン三リン酸 <あでのしんさんりんさん>

    解説

  • 8

    ATPのリン酸どうしの結合。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高エネルギーリン酸結合 <こうえねるぎーりんさんけつごう>

    解説

  • 9

    グルコースなどの有機物(呼吸基質)を分解(異化)して,生命活動に必要なエネルギーを得ること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸 <こきゅう>

    解説

  • 10

    細胞内で行われる呼吸。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞呼吸 <さいぼうこきゅう>

    解説

  • 11

    酸素を必要としない呼吸。アルコール発酵,乳酸発酵,解糖が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嫌気呼吸 <けんきこきゅう>

    解説

  • 12

    植物のからだをアルコール発酵で分解して得られるアルコール。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バイオエタノール

    解説

  • 13

    酸素を用いる呼吸。効率的にエネルギーを得ることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 好気呼吸 <こうきこきゅう>

    解説

  • 14

    グルコースを,酸素を使わないで(嫌気的に)ピルビン酸まで分解する代謝過程。エムデン・マイヤーホフ経路ともいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解糖系 <かいとうけい>

    解説

  • 15

    アセチルCoAが完全に分解して,水と二酸化炭素になる反応。好気呼吸において,解糖系に続いて起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クエン酸回路 <くえんさんかいろ>

    解説

  • 16

    電子の移動による生体の酸化還元反応。ミトコンドリアや葉緑体などの膜で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電子伝達系 <でんしでんたつけい>

    解説

  • 17

    呼吸によって分解される物質。グルコースなどの有機物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸基質 <こきゅうきしつ>

    解説

  • 18

    呼吸によって排出された二酸化炭素の体積と,吸収された酸素の体積との比。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸商 <こきゅうしょう>

    解説

  • 19

    どの波長の光がどのくらい吸収されたかを表したもの。光合成色素(同化色素)では,おもに青紫色光と赤色光が球種されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吸収スペクトル <きゅうしゅうすぺくとる>

    解説

  • 20

    いろいろな波長の光で,どれくらい光生物学的反応(光合成など)を行うかを表したもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作用スペクトル <さようすぺくとる>

    解説

  • 21

    光合成で光を吸収する色素。同化色素ともいう。クロロフィル,カロテノイドなどがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光合成色素 <こうごうせいしきそ>

    解説

  • 22

    細胞小器官の1つで,光合成の場。二重の膜に包まれ,内部にはへん平な袋(チラコイド)が重なった構造(グラナ)がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葉緑体 <ようりょくたい>

    解説

  • 23

    「植物は光合成によってデンプンをつくっている」ことを発見した植物学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ザックス

    解説

  • 24

    緑色植物などが,光エネルギーを利用して二酸化炭素を固定し,グルコースなどの有機物をつくること。炭酸同化の代表例。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光合成 <こうごうせい>

    解説

  • 25

    光合成における二酸化炭素固定の代謝回路。還元的ペントースリン酸回路ともいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルビン・ベンソン回路 <かるびん・べんそんかいろ>

    解説

  • 26

    水素源として,水以外のものを利用して光合成を行う細菌。紅色細菌(紅色硫黄細菌,紅色非硫黄細菌)と緑色細菌(緑色硫黄細菌,緑色非硫黄細菌)がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光合成細菌 <こうごうせいさいきん>

    解説

  • 27

    化学合成を行う細菌。亜硝酸菌,硝酸菌,硫黄細菌,鉄細菌,水素細菌などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 化学合成細菌 <かがくごうせいさいきん>

    解説

  • 28

    空気中の窒素からアンモニアをつくり,これを窒素源として同化する働き。アゾトバクターやネンジュモなどが行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 窒素固定 <ちっそこてい>

    解説

  • 29

    葉緑体をもたず,ほかの生物から栄養をとる植物。ナンバンギセルなど。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寄生植物 <きせいしょくぶつ>

    解説

  • 30

    生物の遺体などを栄養源をする植物。ギンリョウソウなど。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腐生植物 <ふせいしょくぶつ>

    解説

56969

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ