zuknow learn together

新しい教材を作成

English Life 第13回

カード 10枚 作成者: Tokuchan (作成日: 2015/10/29)

  • Tight pants are in.

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 英語
  • カード裏 : 英語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    Tight pants are in.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細いパンツが流行っている。.

    解説

    「(ファッションなど)が流行っている」は「be in」と言います。そして「流行ってない」は「be out」と言います。たとえば「Bright colors are in.(鮮やかな色が流行っている)」、「Double-breasted suits are out.(ダブルのスーツは流行ってない)」、「What’s in in Japan?(日本で何が流行っているの?)」、「Tight pants are back in.(細いパンツが再び流行っている)」など。

  • 2

    I have nothing to wear.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 着ていく洋服がない。

    解説

    「have 名詞 to 動詞」という形はよく使います。「have nothing to 動詞」だと「する~がない」という意味です。たとえば「I have nothing to do.(何もすることがない)」、「I have nothing to say.(話すことは何もない)」、「I have nowhere to stay.(泊まるところがない)」、「I have nobody to go with.(一緒に行く人がいない)」など

  • 3

    I don't wanna get a tan.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日焼けしたくない。

    解説

    「get a tan」は「日焼けして黒くなる」という言い方です。「日焼けして赤くなる」は「get sunburned」と別の言い方です。「tan」は名詞としてよく使います。たとえば「You have a tan.(黒いですね)」、「I want a tan.(黒くなりたい)」など。そして動詞として使うこともあります。たとえば「I don't tan.(黒くならない人だ)」、「I tan easily.(すぐ黒くなる)」など。

  • 4

    That tie goes with that shirt.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そのネクタイはそのシャツに合うね。

    解説

    「AとBがよく合う」は「go with」と言います。たとえば「Edamame go with beer.(枝豆はビールとよく合う)」、「White wine goes with seafood.(白ワインは魚料理に合う)」など。そして否定文も、「That tie doesn't go with that shirt.(そのネクタイはそのシャツと合わない)」、「Beer doesn't go with chocolate.(ビールとチョコレートは合わない)」など。

  • 5

    I went to bed wearing my contacts.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンタクトを付けっぱなしで寝た。

    解説

    文章の最後に色々付け加えられる応用法があります。形容詞はそのまま付けます。名詞はwithと一緒に付けます。動詞もingにすれば付け加えられます。ここでは「I went to bed.(寝た)」という文章に「wearing my contacts」を付け加えています。他の例文といえば「He came home crying.(泣きながら帰ってきた)」、「I woke up screaming.(叫びながら目が覚めた)」、「I broke my leg skiing.(スキーをしていて足が折れた)」、「I'm busy cleaning the house.(家の掃除で忙しい)」など。これはネイティブのしゃべり方です。頑張ってマスターしましょう。

  • 6

    Those glasses make you look smart.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そのメガネ、頭良く見えるね。

    解説

    「look smart」は「頭がよく見える」という意味です。「make」は「させる」という意味なので、このフレーズを直訳すれば「そのメガネがあなたを頭よく見えさせる」になります。英語ではよく使う表現です。他にも「That dress makes you look old.(そのドレス、老けて見える)」、「Those clothes make you look young.(その服装、若く見える)」、「Do these jeans make my butt look fat?(このジーンズはお尻が太って見えるかな?)」などもあります。

  • 7

    You never looked better.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 今まで以上に綺麗だよ

    解説

    「better」が否定文になっているので、悪い意味だと誤解しやすいですが、すごくいい意味です。「最高に綺麗だよ」と褒めている感じです。「今までよりは綺麗だ」ではなくて「今まで以上に綺麗だ」ととります。英語ではこういうひねった言い方が多いです。たとえば「I couldn't be better.(調子が最高だ)」、「I couldn't be worse.(調子が最悪だ)」など。

  • 8

    I found it going through some old clothes.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古い洋服を探っていたら見つかった。

    解説

    「go through」は「苦労する」という意味もありますが、「探る」という意味もあります。たとえば「Did you go through my bag?(私のバッグを探ったの?)」、「I went through my old CDs.(昔のCDを探った)」など。「I found it.(これを見つけた)」という意味の完結している文に「〜ing」を付け加えている文型です。完結している文に動詞のingを付け加えて応用することが多いです。「〜していたらこうなった」的なニュアンスです。

  • 9

    That's so lame.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • それ、ちょうダサい。

    解説

    「ダサい」は「lame(レイム)」という形容詞を使います。ファッションがダサいだけでなく、行動や発言がくだらないことも表します。たとえば「That guy's lame.(あいつはくだらない野郎だ)」、「That's so lame.(その発言がくだらない)」、「That look is lame.(その格好がダサい)」、「Don't be so lame.(そんなダサいことを言うなよ)」など。

  • 10

    Look at you!

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あら!(服装が)キマっているね!

    解説

    直訳すると「あなたを見なさい」ですが、これは「いい格好だね」、「かわいい!」など、人のみためを褒める一言です。服装だけでなく、何かを上手にやっているときにも「Look at you!(上手だね!・すごいじゃん!)」と言います。服装でも髪型でも何かを上手にやっている時も、「見て」驚いていることなので「Look at you!」と言います。そして、実は「ひどいかっこうじゃないか!」と悪い意味でも使います。例えば子供が泥だらけで帰ってきて母親が「Look at you!」と怒ったりもします。いい意味で使う場合は「you」を強調して言います。悪い意味で使う場合は「Look」の部分を強調して言います。

56903

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ