zuknow learn together

新しい教材を作成

Essentila細胞生物学1細胞とは

カード 45枚 作成者: Naoki Anbo (作成日: 2015/10/28)

  • 乳酸伴菌Lactobacillusの長さは( )だが,カエルの卵も1 個の細胞で,その直径は約lmmもある。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    乳酸伴菌Lactobacillusの長さは( )だが,カエルの卵も1 個の細胞で,その直径は約lmmもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 数マイクロメートル

    解説

  • 2

    ゾウリムシparameciumは潜水艦のような形をしており数万の( )で覆われている。この毛のような突起がしなやかに水を打ち、細胞は回転しなら前進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 繊毛

    解説

  • 3

    細菌のBdellovibrioは魚雷形をしていて,船尾についたプロペラ役の( )を回転させて前進する。動物の体内にある好中球やマクロファージは組織内をはい回り, つねに形を変え,不用物や侵入してきた微生物,あるいは死んだ細胞や死にそうな細胞を飲み込んでいる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鞭毛

    解説

  • 4

    どの生物でも遺伝情報, つまり遺伝子は( )に担われ,そこでは共通の暗号表が使われており,同じ構成要素でできていて,本質的に同じ化学装置によって解読され,生物の増殖に際しては同じ方法で複製される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DNA分子

    解説

  • 5

    どの細胞を見てもDNA重合体 は( )という同じ4種類の単量体がさまざまに長くつながった鎖である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヌクレオチド

    解説

  • 6

    DNAに書かれた指示は,細胞内で( )という化学的に近縁の分子群に読み取られる(転写)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RNA

    解説

  • 7

    どの生物でもタンパク質を構成するのは20種類の( )だ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アミノ酸

    解説

  • 8

    細胞はDNAを複製し,三分裂し,DNA内に暗号化された遺伝情報の写し を各娘細胞に渡して殖える。こうして親細胞に似た娘細胞ができる。しかし,複製作業はいつも完全とは限らず、情報は時として損なわれる.このため,娘細胞が親細胞とまったく同じになるとは限らない。( )、つまりDNAに生じた変化は,子を悪い方向に変化させ,生存や繁殖の能力を低下させることもあれば,よい方向に変化させて生存や繁殖の能力を向上させることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 突然変異 mutation

    解説

  • 9

    細胞の( )とはDNAの担う遺伝情報をすべて寄せ集めたものを指し,細胞の働き方や,動植物細胞では数百種類もの異なる細胞型をもつ個体 への成長のしかたを指示する遺伝的プログラムとして働 く.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゲノムgenome

    解説

  • 10

    ( )はすべて,1個の受精卵から胚発生の過程ででき てくるものであり,どれもその生物種のDNAの同じコピーをもっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分化した細胞

    解説

  • 11

    細 胞生物学が独立 した科学 となるまでの長い道の りの中,大勢の貢献があった が,一般には次の2つの出版物の発行をもってこの学問の公式な誕生としている.1838年の( ) と 1839年の( )の 論文である。彼 らは,光学顕微鏡を用いてそ れぞれ植物組織 と動物組織 を体系的に観察 した。その結果,細胞がすべての生 体組織の構成単位であることがわかったのである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 植物学者シュライデンMatthias Schleiden、動物学者シュワンTheodor Schwann

    解説

  • 12

    19世紀の顕微鏡学者の仕事によって,すべての細胞はすでに存在する細胞の分裂によって生まれてくるという考え方が徐々にできあがっていった。 この考え方を( )という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞説

    解説

  • 13

    1859年に刊行された( )は,ラ ンダムに起こる突然変異と自然選択によって新しい特 徴を備えた生物が登場し,新しい生活様式に適合するしくみを示し,生物の歴 史を理解する鍵となる考え方を提出した

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダーウィンCharles R.Darwinの進化論(『種の起源』)

    解説

  • 14

    植物でも動物でも適当な組織を薄い切片にして光学顕微鏡で観察すれば,そ れが数千の小さな細胞に分かれているのが見える。ただ,細胞がぎっしり詰ま っている場合 と,( ):多糖のグルに埋 まったタンパク線維からなる高密度の物質で個々に隔てられている場合があ る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞外マトリックス*extracellular matrix

    解説

  • 15

    細胞には明確な構造がある.くっきりとした境界線は,内部を囲む膜の存在を示している.中央には大きくて丸い( )が目立っ ており,核の周りには透明な物質があって細胞内部を埋めつくしている

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    核の周りには透明な物質があって細胞内部を埋めつくしている。この( )には種々雑多な小物体が乱雑に詰め込まれているように見え るが,高性能の光学顕微鏡を使えば,そこに特定の構 要素を見分け,分類で きる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞質:Cytoplasm

    解説

  • 17

    切片を染色し,電子顕微鏡で観察すれば,さ まざまな要素の寄せ集 めの中から,光学顕微鏡でおぼろげにしか見えなかった別々の小構 ,すなわち( )がはっきりと見えてくる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞小器官organelle

    解説

  • 18

    厚さ約5nmのきゃしゃな 膜が細胞を包んでおり,同 じような膜が内部の細胞小器官の仕切りになっているのも見える.外側の膜は( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞膜(形質膜)

    解説

  • 19

    細胞小器官を囲む膜は( )という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞内膜

    解説

  • 20

    顕微鏡で見える種々の細胞のうち,( )は 最も 簡単な構 をもち,不要なものをそぎ落とした生命の姿を見せてくれる。実 際,細菌は細胞小器官をもっておらず,DNAを保持する核すらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細菌bacterium(複数形bacteria)

    解説

  • 21

    核をもつ細胞からなる生物を( )とよぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真核生物eucaryote

    解説

  • 22

    核を持たない細胞からなる生物を( )と呼ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原核生物procaryote

    解説

  • 23

    真核細胞で エネルギーをつくる細胞小器官の( )は,現在の真核細胞の祖先で あった嫌気性細胞の内部に入り込んだ好気性細菌から進化したと考えられてい る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミトコンドリア

    解説

  • 24

    植物の光合成器官である( )が,植物細胞の細胞質に住み込んだ光合成細菌から進化したことはほぼ間違い ない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葉緑体

    解説

  • 25

    原核生物は( )という 2つの群あるいはドメインに分かれることがわかってきた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真正細菌(たんに細菌ともいう)と古細菌*

    解説

  • 26

    核nudeusは,真核細胞の中で最も目立つ細胞小器官である.( )という2枚の同心円状の膜に包まれ、中にはDNAが入っている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 核膜

    解説

  • 27

    DNAは,細胞が2つの娘細胞に分裂する準備として密に凝縮する時期には( )となり,光学顕微鏡で見えるようになる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 染色体Chromosome

    解説

  • 28

    細胞質にある細胞小器官のうちで最も目立つつものの1つが( )で,ほ とんどの真核細胞に存在する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミトコンドリア mitochondrion(複数形mitochondria)

    解説

  • 29

    ミトコンドリアは糖などの食物分子の酸化で得たエネルギーを利用して( )を作る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP

    解説

  • 30

    ミトコンドリアが働くと酸素を消費し二酸化炭素を放出する ので,この反応を( )とよぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞呼吸

    解説

  • 31

    ( )は ,大きい緑色の細胞小器官で、植物と藻類の細胞には存在するが動物や菌類の細胞にはなく,ミトコンドリアよりさらに込み入った構造をしている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葉緑体 chloroplast

    解説

  • 32

    葉緑体chloroplastは外を包む2枚の膜に加えて、内部には緑色色素の( )が入った膜が層になって存在する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロロフィル(葉緑素)

    解説

  • 33

    ( )は、折りたたみの多い膜で包まれた不規則な迷路のような構造で、細胞が外に送り出す予定の物質と細胞膜の成分とを作っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小胞体endoplasmic reticulum

    解説

  • 34

    ( )は膜でできた平たい袋が重なったもので、小胞体が 作り出した分子を受け取り、化学的に変化させてから細胞外部をはじめとしたさまざまな場所に送り出す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴルジ体Golgi body

    解説

  • 35

    ( )は不規則な形の小さな細胞小器官で、細胞内消化の場となって、食物から栄養物を取り出したり、不要な分子を分解して再利用に回したり排出したりする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リソソーム

    解説

  • 36

    ( )は膜でできた小胞で,反応 性が高く害のある過酸化水素を生成,分解する隔離された場となっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベルオキシソーム

    解説

  • 37

    細胞表面では,細胞膜の一部 が陥入し,く びりとられるようにして小胞となり,閉 じ込めた細胞外の物質を 細胞内に運び込む. 小胞は普通リソソームと融合し,運んできた物質はそこで消化される.この( )により,動物細胞は巨大な粒子(まるごとの細胞さえも)を飲み込める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エンドサイトーシス(飲食作用)

    解説

  • 38

    エンドサイトーシス(飲食作用)により,動物細胞 は巨大な粒子(まるごとの細胞さえも)を飲み込める.この逆は( )で、細胞内の小胞が細胞膜と融合し,その内容物を細胞外部に 放出する.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エキソサイトーシス(開口分泌)

    解説

  • 39

    真核細胞から細胞膜をはぎ取り,核,小胞体,ゴルジ体, ミトコンドリア, 葉緑体といった膜構をすべて除くと,後に細胞が生きて いくための基本的な化学反応が起きる場である( )が残る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞質ゾルcytosol

    解説

  • 40

    タンパク合成装置は( )とよばれ,電子顕微鏡を使うと細胞質ゾル中に小粒として見えるが,小胞体の細胞質ゾル側に付着していることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リボソームribosome

    解説

  • 41

    細胞質ゾルは分子や細胞小器官が乱雑に混ざったスープではない。電子顕微鏡で見ると、真核細胞では細胞質ゾルに細いタンパク線維が縦横に走っている(細菌では違う)。この線維は、一端が膜にとめつけられていたり、核のすぐそばの細胞中心部から放射状に伸びていたりまする。この線維系を( )という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞骨格Cytoskeleton

    解説

  • 42

    細胞骨格の一番細い線維が( )である。どの細胞にもあるが、とりわけ筋細胞内に多く、筋肉の収縮力発生装置の部品をなしている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクチンフィラメント

    解説

  • 43

    細胞骨格で最も太い線維は、( )と呼ぶ中空の菅である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 微小管

    解説

  • 44

    細胞骨格のうち、大さがアクチンフィラメントと 微小管の中間の線維が( )で,細胞に機械的強度を与えてい る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中間径フィラメント

    解説

  • 45

    単細胞の真核生物がほかの細胞を捕食し飲み込めることは,( )とよばれる動きの活発な微生物の行動を見るとわかる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原生動物protozoa

    解説

56706

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ