zuknow learn together

新しい教材を作成

ゾーン3(衛生2)

カード 61枚 作成者: toyakuzuknow1 (作成日: 2015/10/26)

  • 化学物質の代謝に関する記述のうち、正しいのはどれか

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

10/26 小倉範囲チェックテスト

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    化学物質の代謝に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直腸下部からの吸収経路では、肝における初回通過効果を受けない
    • 誤答選択肢 化学物質の代謝的活性化のことを薬物代謝第Ⅰ相反応と呼ぶ
    • 薬物代謝第Ⅱ相反応には、アセチル化が含まれる
    • 薬物代謝第Ⅰ相反応には、加水分解反応が含まれる
    • 化学物質の代謝はミトコンドリアでは起こらない

    解説

  • 2

    薬物代謝第Ⅱ相反応に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生成物は抱合体と呼ばれる
    • 誤答選択肢 反応には補酵素は不要である
    • 反応後の脂溶性は増大する
    • 全て不活性化反応である
    • 反応後の分子量は減少する

    解説

  • 3

    シトクロムP450(CYP)に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞中では小胞体に主に存在している
    • 誤答選択肢 ヒトにおいては数種類のイソ酵素の存在が知られている
    • フラビン酵素であり、FADを含んでいる
    • 一酸化炭素により活性化される
    • 基質特異性により分類命名される

    解説

  • 4

    化学物質の代謝的活性化ならびに不活性化に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 加水分解により活性化される発癌物質もある
    • 誤答選択肢 シトクロムP450(CYP)により、ジクロルボス(DDVP)は代謝的に活性化される
    • サイカシンはN-水酸化を受けた後、非酵素的に活性代謝物を生成する
    • Trp-P-2は、グルタチオンS-転移酵素により直接抱合不活性化される
    • ベンゾ[a]ピレンは、硫酸転移酵素によって代謝的活性化される

    解説

  • 5

    シトクロムP405(CYP)に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各分子種の分類命名は、一次構造の相同性に従って行われる
    • 誤答選択肢 医薬品の代謝に関わる最も高いヒトCYPはCYP2C9である
    • 酸素分子と結合することによって450nmの極大吸収を示す
    • CYPが触媒する反応は酸化反応だけである
    • 日本人に遺伝的欠損者が多いCYPの分子種はCYP2D6である

    解説

  • 6

    シトクロムP450(CYP)による薬物代謝反応に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パラチオンは、CYPにより脱硫されてパラオクソンへと変換される
    • 誤答選択肢 DDTは、CYPにより脱塩化水素化したBHCに変換される
    • フェナセチンは、CYPにより加水分解されてアセトアミノフェンへと変換される
    • 四塩化炭素(CCl4)は、CYPにより二酸化炭素に変換される
    • コカインは、CYPによりモルヒネへと変換される

    解説

  • 7

    グルタチオン抱合によって代謝的に活性化されるのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1,2-ジブロモエタン
    • 誤答選択肢 アフラトキシンB1
    • ベンゾ[a]ピレン7,8-ジオール-9,10-オキシド
    • ナイトロジェンマスタード
    • ベンジジン

    解説

  • 8

    抱合反応に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トルエンの代謝物のアミノ酸抱合では、場尿酸が生成する
    • 誤答選択肢 グルクロン酸抱合反応では、基質とATPにより抱合体が生成する
    • 胆汁中排泄された異物は、腸内細菌によってグルクロン酸抱合を受けることがある
    • グルタチオン抱合された異物は、フェナセツル酸となって尿中排泄される
    • 硫酸抱合では、チオ硫酸塩を硫黄源として硫酸転移酵素により異物が抱合される

    解説

  • 9

    加水分解反応を触媒する酵素はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エポキシドヒドラーゼ
    • 誤答選択肢 シクロオキシゲナーゼ
    • グルタチオンペルオキシダーゼ
    • キサンチンオキシダーゼ
    • ミエロペルオキシダーゼ

    解説

  • 10

    発癌イニシエーターとなる一次発癌物質はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マスタード
    • 誤答選択肢 オカダ酸
    • プタキロシド
    • フッ化酢酸
    • 2-ナフチルアミン

    解説

  • 11

    癌抑制遺伝子はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • p53
    • 誤答選択肢 H-ras
    • fos
    • erbB
    • src

    解説

    <癌抑制遺伝子> p53 RB APC WT1 BRCA1 BRAC2 など

  • 12

    中毒性化学物質に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鉛の中毒は、狩猟で得た動物体内に残った散弾によって発生することがある
    • 誤答選択肢 カドミウム汚染は、反応の触媒に使用した化学工場の排水によって発生した
    • ヒ素汚染は、工場の排煙による大気汚染の原因の一つである
    • スズ中毒は、トタンのさびから溶出して発生することがある
    • 水銀汚染は、農薬として散布したものが現在でも残留している

    解説

  • 13

    金属類の毒性に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トリブチルスズなどの有機スズは、内分泌撹乱作用を有する
    • 誤答選択肢 カドミウム中毒の指標として、尿中のδ-アミノレブリン酸を測定する
    • メチル水銀は、生体内で脱メチルを受けると、その毒性が増強される
    • 無機水銀の毒性は、主に中枢神経障害である
    • 6価クロムによる慢性中毒では、尿中のコプロポルフィリンを指標とする

    解説

  • 14

    金属の毒性に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カドミウム中毒の指標として、尿中β2-ミオグロビンを測定する
    • 誤答選択肢 メタロチオネインは、ヒスチジン残基を介して金属と結合する
    • 有機ヒ素の作用として、巻貝の雌を雄性化するなどの内分泌撹乱作用を示す
    • 無機スズの毒性の特徴は血液障害である
    • メチル水銀は、血液-胎盤関門を通過するが、胎児の血液-脳関門は通過しない

    解説

  • 15

    中毒とその解毒に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シアン中毒で生じた乳酸アシドーシスは、補液により補正する
    • 誤答選択肢 パラコート中毒では、速やかに純酸素吸入を行う
    • カルバリル中毒では、プラリドキシムヨウ化メチル(2-PAM)による治療を行う
    • 亜ヒ酸の中毒治療では、ペニシラミンは無効である
    • フェニトロチオン中毒では、アトロピンは無効である

    解説

  • 16

    活性発現に代謝的活性化を必要とする農薬はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マラチオン
    • 誤答選択肢 クロルデコン
    • グリホサート
    • メソミル
    • ヘプタクロル

    解説

  • 17

    農薬に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2,4-Dや2,4,5-Tは有機塩素系の除草剤であるが、ダイオキシン類を不純物として含んでいた
    • 誤答選択肢 グリホサートは、アセチルコリンエステラーゼを阻害する
    • メタホスミドは、我が国の農薬取締法において登録されていないカルバメート系農薬である
    • ジクロルボス(DDVP)の毒性は、シトクロムオキシダーゼの不可逆的な阻害に基づく
    • ペンタクロロフェノール(PCP)は、ラジカル発生により細胞を障害する除草剤である

    解説

  • 18

    ダイオキシン類に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対策は、ダイオキシン類対策特別措置法により進められている
    • 誤答選択肢 PCBの異性体のうち、塩素原子置換数が5つまでのものをコプラナーPCBという
    • 食品からの摂取は、乳製品からが最も多い
    • 主な発生源の一つとして、都市ごみの800℃以上での高温燃焼が挙げられる
    • 現在はその毒性により製造は中止されている

    解説

  • 19

    Ames試験に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラット肝S9mixは、代謝的活性化を必要とする変異原物質の検出をする場合に加える
    • 誤答選択肢 トリプトファン要求性のSaimonella enterica serovar Typhimurium TA株が用いられる
    • 被検物質を加えない場合は、変異コロニーは生育しない
    • プロモーター作用も検出することが出来る
    • 代謝的活性化を必要としない直接変異原性の測定には適していない

    解説

  • 20

    化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 化学物質の生体への蓄積性は、魚類を利用して試験される
    • 誤答選択肢 化学物質の分解性は、げっ歯類を用いて試験される
    • 既存の化学物質は審査対象外である
    • クロロホルムは、難分解性で長期毒性を有するが、蓄積性がないので規制を受けない
    • ポリ塩化ベンゾ-p-ジオキシン(PCDD)はその毒性のため、本法にて厳しく規制される

    解説

  • 21

    「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)」に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 難分解性試験には、活性汚泥の微生物による分解性試験が行われる
    • 誤答選択肢 内分泌撹乱化学作用が懸念されている有機スズ化合物は、全て第一種特定化学物質として指定されている
    • 環境中で分解しやすい化学物質は、本法では対象外である
    • 蓄積性の低い物質は、監視化学物質に分類される
    • 生物濃縮の試験には、ミジンコや藻類が用いられる

    解説

  • 22

    「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)」における第一種特定化学物質はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビス(トリブチルスズ)オキシド
    • 誤答選択肢 トリクロロエチレン
    • 4-アミノアゾベンゼン
    • アスベスト
    • アフラトキシンB1

    解説

  • 23

    化学物質の安全性評価に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダイオキシン類に対しては耐容一日摂取量(TDI)が設定されている
    • 誤答選択肢 急性毒性試験により致死量の半量が求められる
    • 亜急性毒性試験の試験期間は概ね3日間である
    • 量-反応関係は常に原点を通る直線(曲線)となる
    • DDTのような環境汚染物質には、実質安全量(VSD)が設定されている

    解説

  • 24

    化学物質の安全性評価に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医薬品の毒性試験には、「医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施の基準(GLP)」が適用される
    • 誤答選択肢 農薬の一日許容摂取量(ADI)は、対象となる食品の摂取量をもとにして設定される
    • 耐用一日摂取量(TDI)は、LD50から算出される
    • Ames試験は一般毒性試験の1つである
    • 医薬品の開発の際には、発癌性試験を行う事が義務付けられている

    解説

  • 25

    ある農薬の無毒性量(NOAEL)は10mg/kg/dayである。体重50kgのヒトがこの農薬5.0ppm(mg/kg)が残留した作物を食べたとき、この作物から摂取されるこの汚染物質の量が一日許容摂取量(ADI)に到達するには一日でこの作物を何g食べることになるか。正しい値を選べ。なお、ADIは、100で除して算出する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1000
    • 誤答選択肢 2
    • 50
    • 100
    • 500

    解説

  • 26

    シアン中毒のメカニズムに関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シトクロムcオキシダーゼを阻害する
    • 誤答選択肢 ロダネーゼによってチオ硫酸イオンに解毒される
    • グルコース-6-リン酸脱水素酵素を阻害する
    • 2価の鉄と親和性が高い
    • 検出に用いられる予試験はラインシュ法である

    解説

  • 27

    パラコート中毒作用に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標的臓器は肺である
    • 誤答選択肢 シトクロムP450により活性化される
    • 浸透移行性殺虫剤として用いられる
    • グルタチオン抱合によって解毒される
    • 活性化は細胞内小胞体である

    解説

  • 28

    有機リン系農薬による中毒で特徴的な症状はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 縮瞳
    • 誤答選択肢 呼吸困難
    • 頭痛
    • 消化器症状
    • アシドーシス

    解説

  • 29

    アセチルコリンエステラーゼの活性中心に存在し、有機リン系農薬により修飾されるアミノ酸残基はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セリン
    • 誤答選択肢 トレオニン
    • アルギニン
    • システイン
    • リジン

    解説

  • 30

    麻薬・覚醒剤の検出に関する記述のうち、正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メタンフェタミンの分析をする際には、尿を塩基性にして有機溶媒で抽出する
    • 誤答選択肢 アンフェタミンはシモン反応陽性である
    • コカインは、大部分が未変化体で尿中に排泄される
    • テトラヒドロカンナビノールは、ドラーゲンドルフ試薬によって検出可能である
    • モルヒネを尿検体から検出する際には、尿を酒石酸酸性として有機溶媒で抽出を行う

    解説

  • 31

    中心静脈栄養の際に、添加しないと乳酸アシドーシスからウェルニッケル脳症を引き起こすビタミンはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンB1(チアミン)
    • 誤答選択肢 ビタミンK(フィロキノン)
    • ビタミンE(α-トコフェロール)
    • 葉酸
    • ビタミンA(レチノイン酸)

    解説

  • 32

    小腸上皮細胞膜上に存在する消化酵素はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マルターゼ
    • 誤答選択肢 アミラーゼ
    • リパーゼ
    • トリプシン

    解説

  • 33

    欠乏により悪性貧血をもたらすビタミンはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンB12
    • 誤答選択肢 ビタミンA
    • ビタミンC
    • ビタミンK

    解説

  • 34

    n-3系脂肪酸はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • α-リノレン酸
    • 誤答選択肢 オレイン酸
    • γ-リノレン酸
    • アラキドン酸

    解説

  • 35

    n-9系脂肪酸はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オレイン酸
    • 誤答選択肢 α-リノレン酸
    • γ-リノレン酸
    • アラキドン酸
    • ドコサヘキサエン酸

    解説

  • 36

    n-6系脂肪酸はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • γ-リノレン酸
    • 誤答選択肢 α-リノレン酸
    • オレイン酸
    • ドコサヘキサエン酸

    解説

  • 37

    タンパク質中のグルタミン残基にさらに-COOH基を導入する酵素の補酵素となるビタミンはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンK1
    • 誤答選択肢 ビタミンB1
    • ビタミンB6
    • ビタミンD3
    • ビタミンE

    解説

  • 38

    ホルモンとして働くチロキシンに含まれるミネラルはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I
    • 誤答選択肢 Cu
    • Se
    • Fe
    • Zn

    解説

  • 39

    小腸上皮細胞より分泌されて食事由来の脂質の運搬を担うリポタンパク質はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カイロミクロン
    • 誤答選択肢 VLDL
    • IDL
    • LDL
    • HDL

    解説

  • 40

    酸性側のpHで働く消化酵素はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペプシン
    • 誤答選択肢 アミラーゼ
    • リパーゼ
    • トリプシン
    • キモトリプシン

    解説

  • 41

    タンパク質の栄養価の指標である生物価を表す式はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [吸収窒素量-尿中窒素量]÷[吸収窒素量]×100
    • 誤答選択肢 [吸収窒素量]÷[摂取窒素量]×100
    • [尿中窒素量]÷[吸収窒素量]×100
    • [吸収窒素量-尿中窒素量]÷[摂取窒素量]×100
    • [体内保留窒素量-尿中窒素量]÷[吸収窒素量]×100

    解説

  • 42

    体格を表す指標であり、日本人の食事摂取基準(2015年版)でエネルギー収支のバランスの維持の上から重視されるBMI(body mass index)を表す式はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体重(kg)÷[身長(m)]^2
    • 誤答選択肢 体重(kg)÷身長(m)
    • 体重(kg)÷身長(m)×100
    • 体重(kg)÷[身長(m)]^2×100
    • 体重(kg)÷胴囲(cm)×100

    解説

  • 43

    高血圧予防のため、摂取を促す目標量が定められているミネラルはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カリウム
    • 誤答選択肢 ナトリウム
    • カルシウム
    • マグネシウム

    解説

  • 44

    食品表示法を所管している省庁はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者庁
    • 誤答選択肢 厚生労働省
    • 農林水産省
    • 内閣府
    • 環境省

    解説

  • 45

    保健機能食品でないものはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 栄養補助食品
    • 誤答選択肢 特定保健用食品
    • 栄養機能食品
    • 機能性表示食品

    解説

  • 46

    「血圧が高めの方に適する」特定保健用食品に含まれている関与成分はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カゼインドデカペプシド
    • 誤答選択肢 カゼインホスホペプチド(CPP)
    • 茶カテキン
    • 難消化デキストリン
    • ウーロン茶重合ポリフェノール

    解説

  • 47

    特定保健用食品に対する疾病リスク原料表示が認められている関与成分はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葉酸
    • 誤答選択肢 難消化デキストリン
    • 中鎖脂肪酸
    • ヘム鉄

    解説

  • 48

    農薬の残留基準について定められている法律はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食品衛生法
    • 誤答選択肢 農林物質の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)
    • 食品表示法
    • 食品安全基本法
    • 農薬取締法

    解説

  • 49

    甘味料として指定されている食品添加物はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アスパルテーム
    • 誤答選択肢 ソルビン酸
    • オルトフェニルフェノール
    • ジブテルヒドロキシトルエン

    解説

  • 50

    物質名とともに併記することが義務づけられている用途名はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 防かび剤
    • 誤答選択肢 調味料
    • 品質保存料
    • 香料

    解説

  • 51

    脱炭酸反応によってカダベリンを生成するアミノ酸はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リジン(リシン)
    • 誤答選択肢 アルギニン
    • チロシン
    • ヒスチジン
    • アラニン

    解説

  • 52

    アデニル酸シクラーゼの恒常的活性化を引き起こす毒素を産生する菌はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Vibrio cholerae
    • 誤答選択肢 Shigella dysenteriae
    • Clostridium botulinm
    • Salmonella enterica serovar Enteritidis
    • Campylobactor jejuni

    解説

  • 53

    ヒラメの刺身に寄生することが知られている寄生虫はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クドア・セプテンプンクタータ
    • 誤答選択肢 アニサキス
    • クリプトスポリジウム
    • エキノコックス
    • サルコシツティス・フェアリー

    解説

  • 54

    耐熱性の毒素を産生するため、加熱処理によっても感染を防げない可能性がある食中毒はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブドウ球菌食中毒
    • 誤答選択肢 サルモネラ食中毒
    • カンピロバクター食中毒
    • ウェルシュ菌食中毒
    • ノロウイルス食中毒

    解説

  • 55

    食物連鎖により、フグやヒョウモンダコに蓄積する致死性の毒素はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テトロドトキシン
    • 誤答選択肢 シガトトキシン(シガテラ毒)
    • サキシトキシン
    • オカダ酸
    • テトラミン

    解説

  • 56

    RNAポリメラーゼを阻害する自然毒はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アマトキシン
    • 誤答選択肢 アミグダリン
    • イボテン酸
    • サキシトシン
    • ソラニン

    解説

  • 57

    分子内の糖が酵素の働きで遊離したのち、発癌性を示す物質はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイカシン
    • 誤答選択肢 アフラトキシン
    • ソラニン
    • ニトロソアミン
    • ヘテロサイクリックアミン

    解説

  • 58

    リンゴ果汁を汚染することがあり、規制のための基準値が設けられているマイコトキシンはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パツリン
    • 誤答選択肢 エルゴタミン
    • ステリグマトシスチン
    • ニバレノール
    • ルテオスカイリン

    解説

  • 59

    Aepergillus flavusが産生するマイコトキシンはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アフラトキシン
    • 誤答選択肢 ルテオスカイリン
    • パツリン
    • ニバレノール
    • エルゴタミン

    解説

  • 60

    野菜と魚介類の食べ合わせにより、胃内で生成する可能性のある発癌物質はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジメチルニトロソアミン
    • 誤答選択肢 サイカシン
    • Trp-P-1
    • ベンゾ[a]ピレン
    • ブタキロサイド

    解説

  • 61

    富山県神通川流域で多発した「イタイイタイ病」と呼ばれる公害病の原因となった物質はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カドミウム
    • 誤答選択肢 ポリ塩化ビニル(PCB)
    • メチル水銀
    • ヒ素
    • 六価クロム

    解説

56600

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ