zuknow learn together

新しい教材を作成

コミュ2015 単語帳3

カード 9枚 作成者: Tokuchan (作成日: 2015/10/23)

  • All I want for Christmas is you.

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 英語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    All I want for Christmas is you.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリスマスに欲しいのはあなただけ。

    解説

    マライア・キャリーの曲でお馴染みの熱々のセリフです。「All節」から始まる文はよくあります。たとえば「All you have to do is add hot water.(お湯を足すだけ)」、「All I wanna do is go to bed.(寝ること以外はしたくない)」、「All I said was I'm tired.(疲れたとしか言ってない)」など。「want」には名詞がつづくので「All I want is +名詞」、「have to」には動詞の原型がつづくので「All I have to do is +動詞」、「wanna (want to)」には動詞の原型がつづくので「All I wanna do is +動詞」、「say」には文がつづくので「All I said was +文」という使い方です。

  • 2

    We met through a friend.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 友達を通して知り合った。

    解説

    We met.(出会った)」に「through ~(~を通して)」を付け加えることが多いです。人でも人でなくても大丈夫です。たとえば「We met through Dave.(Daveを通して出会った)」、「We met through work.(仕事を通して出会った)」、「We met through tennis.(テニスを通して出会った)」など。

  • 3

    I have no luck with women.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 女運がない。

    解説

    「I have no luck.」は文字通り「運がない」という意味の文です。英語では文の最後に色々付け加える便利な応用法があります。文の最後に形容詞をそのまま付け加えます。名詞は「with」で付け加えます。動詞は「ing」形で付け加えます。この文の場合は「women」が名詞なので「with women」。他の例文といえば「I have no luck with the weather.(いつも天気に恵まれない〈雨女です〉)」、「I'm having no luck getting a job.(就職活動しているけどうまくいってない)」ねど。いつものことなら「I have no luck」と現在形。一時的なことなら「I'm having no luck」と進行形を使います。

  • 4

    I've been single for 2 years.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2年間彼女いません。

    解説

    single」は「独身」という意味でも使いますが、「彼氏・彼女がいない」という意味でも使います。そして「何年やっているか」、「どれくらい前からしているか」を言うときは、動詞なら「I've been ~ing.」、形容詞なら「I've been 形容詞」という形を使います。たとえば「I've been learning English for 2 years.(英語を2年間勉強してます)」、「I've been living in Tokyo since April.(4月から東京に住んでる)」、「I've been married for 5 years.(結婚して5年です)」、「I've been sick since Tuesday.(火曜日から風邪です)」など。

  • 5

    I have a right to know.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 私にも知る権利がある。

    解説

    「have a right to+動詞」、「have the right to+動詞」は「〜する権利がある」という意味です。例えば「I have the right to choose.(私にも選ぶ権利がある)」、「I have the right to be happy.(私にも幸せになる権利がある)」など。

  • 6

    I can’t change how I feel.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分の気持ちは変えられない。

    解説

    「私の気持ち」は「my feeling」よりも「how I feel」とWH名詞節で表すことがほとんどです。そして「your feeling」よりも「how you feel」、「his feeling」よりも「how he feels」などもそうです。たとえば「I know how you feel.(君の気持ちは分かる)」、「I know how he feels.(彼の気持ちも分かる)」、「Tell him how you feel.(自分の気持ちを彼に伝えなよ)」、「Nobody understands how I feel.(誰も私の気持ちを分かってくれない)」など。

  • 7

    I owe you an apology.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 君に謝らなきゃいけない。

    解説

    「apologize(謝る)」は動詞ですが、「apology(謝罪)」がその名詞です。「owe」は「借りがある」という意味です。例えば「I owe you one.(1つ借りができた)」、「You owe me $50.($50借りているでしょう?返してください)」など。「I owe you an apology.」は完全な決まり文句で「君に謝らなきゃいけない」という意味です。

  • 8

    The last thing I wanted to do was hurt Zushi

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 圖子を傷つけることだけはしたくなかった。

    解説

    「The last thing I wanted to do」は「一番最後にしたかったこと」ではなくて「一番したくなかったこと」という意味です。「The last thing I wanted to do was +動詞の原型」は「〜だけはしたくなかった」という日本語になります。たとえば「The last thing I wanted to do was make you angry.(君を怒らせることだけはしたくなかった)」、「The last thing I wanted to do was give you the wrong idea.(君を誤解させることだけはしたくなかった)」など。

  • 9

    I can’t change how I feel.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分の気持ちは変えられない。

    解説

    「私の気持ち」は「my feeling」よりも「how I feel」とWH名詞節で表すことがほとんどです。そして「your feeling」よりも「how you feel」、「his feeling」よりも「how he feels」などもそうです。たとえば「I know how you feel.(君の気持ちは分かる)」、「I know how he feels.(彼の気持ちも分かる)」、「Tell him how you feel.(自分の気持ちを彼に伝えなよ)」、「Nobody understands how I feel.(誰も私の気持ちを分かってくれない)」など。

56892

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ