zuknow learn together

新しい教材を作成

医薬品リスト OSCE 注射剤 語源

カード 11枚 作成者: シゲ (作成日: 2015/10/22)

  • アルタット静注用

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アルタット静注用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩 H2受容体拮抗剤 ULCEROSTATIC「潰瘍の発育(進行)を阻止する」という語に由来している。 AL:ULCERは潰瘍を意味し,アルサーと発音するが,ウルサーとも読めるので,UをAとした。 TAT:-STAT「一定に保たせるもの」「発育(進行)を阻止するもの」の意。したがってALTATは,「潰瘍の進行を阻止し,治癒状態にするもの」という意味である。

    解説

  • 2

    サクシゾン静注用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム 水溶性ヒドロコルチゾン製剤 「Succinate(コハク酸)」エステルとヒドロコルチゾンのゾンを組み合わせたものに由来。

    解説

  • 3

    生理食塩液 (大塚生食注)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 塩化ナトリウム 0.9w/v%食塩水 "大塚"製薬の"生"理"食"塩液の"注"射剤に由来する。 基本的に1本=500mL 生食1LのNa量は154mEq 生食は0.9%だから1Lで塩分量は9g 生食1本なら4.5g カリウム0、カロリー0

    解説

  • 4

    ソルデム1輸液

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブドウ糖-電解質液 (開始液) "Sol"ution(溶液)+"De"xtrose(ブドウ糖)"M"ultiple Electrolyte(電解質) 1/2生食+1/2ブドウ糖 500ml生食の塩分量4.5gの半分だから塩分量は2g強。 Kは0。 生食との浸透圧比は必ず1以上(1ないと血液より薄く、溶血するため) カロリーは浸透圧比が1ということから考えると、1/2の生食で既に浸透圧比0.5。 残りの浸透圧をブドウ糖が補っているとすれば、ブドウ糖は浸透圧比が1の5%の半分の2.5%と推測。 ブドウ糖のカロリーは1g:4kcal 2.5%だと500ml1本あたり12.5gだから50kcalくらい。

    解説

  • 5

    注射用水 (大塚蒸留水)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 注射用水 水性注射剤 精製水を"蒸留"して製した"水"であることに由来する。

    解説

  • 6

    パントール注射液

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パンテノール 腸管蠕動運動促進薬 有効成分であるパンテノール「"Pant"hen"ol"」に由来している。

    解説

  • 7

    ビクシリン注射用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンピシリン ペニシリン系抗生物質製剤 "Vic"tory(勝利)と Peni"cillin" を合成した名称

    解説

  • 8

    ビタメジン静注用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リン酸チアミンジスルフィド (ビタミンB1) ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) シアノコバラミン(ビタミンB12) 混合ビタミン剤 ビタメジン:”Vita”mi”n”(ビタミン)と ”Medi”cative(薬として効き目がある)とを組み合わせて名付けた。

    解説

  • 9

    フラビタン注射液

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム 補酵素型ビタミン B2製剤 「”Fla”vin」と「”Vita”mi”n”」に由来している。

    解説

  • 10

    ペントシリン注射用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピペラシリンナトリウム 合成ペニシリン製剤 Pent+cillinから付けたもので、Pentは"pen"e"t"rate(浸透する、貫く)から、cillinはpeni"cillin"からとった。即ち、各種細菌にペントシリン(Pentcillin)が浸透し、殺菌作用を示すことを表現している。

    解説

  • 11

    ユナシン-S静注用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スルバクタムナトリウム・アンピシリンナトリウム β-ラクタマーゼ阻害剤配合抗生物質製剤 IFでは特になし。Sも意味なし(錠剤と区別するため)。solvatedのS? 病棟でよく見るユナシンS、、実はBroad spectrumであるということを肝に銘じて、安易な使用・乱用は避けたい。 とりあえず自分の中でこんなときはユナシンS!という基準を設けておきたいと思った。 ということで、 『ユナシンSは嫌気性菌が関与する感染症に用いる』 という言葉を覚えておこう。

    解説

56635

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ