zuknow learn together

新しい教材を作成

薬学総論のコピー

カード 38枚 作成者: Que Jin (作成日: 2014/02/06)

  • Gタンパク質共役型受容体は細胞膜を(①)回貫通する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    Gタンパク質共役型受容体は細胞膜を(①)回貫通する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①7回

    解説

  • 2

    抗体のうち、(①)は分子量が大きいにもかかわらず胎盤を通過する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①IgG

    解説

  • 3

    Stevens-Johnson症候群(粘膜・皮膚・眼症候群)は(①)型アレルギーである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①Ⅲ型アレルギー

    解説

  • 4

    KDが(①)のオーダーなら強い薬(potent)といえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①nMの1桁以下

    解説

  • 5

    (①)プロットによりKDが求まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①Scatchard(スキャッチャード)プロット

    解説

  • 6

    (①)プロットによりpD2が求まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①Schild(シルト)プロット

    解説

  • 7

    アナフィラキシーの治療にはまず(①)注射を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①アドレナリン(β2作用を欠くノルアドレナリンは、気管支拡張作用がなく、肥満細胞からのヒスタミン遊離抑制作用がないため不適切である。)"

    解説

  • 8

    (①)に結合した薬は糸球体で濾過されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アルブミン(血漿蛋白質)

    解説

  • 9

    pA2は(①)の指標である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アンタゴニストの強さ

    解説

  • 10

    (①)抱合体の多くは腸管循環する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①グルクロン酸抱合体

    解説

  • 11

    新生児にクロラムフェニコールを投与すると(①)が生じ、サルファ薬を投与すると(②)が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①グレイ症候群②核黄疽 いずれも禁忌である。

    解説

  • 12

    ひ素中毒には(①)が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ジメルカプロール

    解説

  • 13

    (①)とニトログリセリンの併用は、血管が拡張してショックが起こるため禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①シルデナフィル

    解説

  • 14

    (①)はモルヒネの呼吸抑制に拮抗する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ナロキソン

    解説

  • 15

    薬物の代謝の意義は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①より水溶性にする。(腎臓からの排泄を可能にする。)②薬理活性を修飾する。

    解説

  • 16

    モルヒネは、特に経口投与時には、代謝物も薬効を有する(①)を生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①活性代謝物

    解説

  • 17

    pA2が10と6では10の薬の方が(①強い or 弱い)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①強い

    解説

  • 18

    排泄速度は(①)に比例する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①血漿濃度

    解説

  • 19

    薬物代謝活性は加齢とともに(①増加 or 減少)する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①減少

    解説

  • 20

    治療期間中の血漿濃度を測定することにより、薬物濃度が適切なレベルにあるかどうかを監視することを(①)といい、特に(②)の(③大きい or 小さい)薬では不可欠である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①治療薬物モニタリング〈TDM〉②③治療係数の小さい ※治療係数が小さいとは、中毒量と治療量が接近していること。

    解説

  • 21

    薬と受容体の結合は(①)の法則に従う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①質量作用の法則

    解説

  • 22

    催奇形性の危険が大きいのは受精後(①)週であり、この時期を(②)という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①受精後3~8週②胎芽期

    解説

  • 23

    ニトログリセリンは、(①)が極めて大きいため経口投与は無効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①初回通過効果(門脈通過後に生じる肝臓での代謝)

    解説

  • 24

    KDが(①大きい or 小さい)ほど高親和性になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①小さい

    解説

  • 25

    臨床試験第Ⅱ相試験とは(①多数 or 少数)の(②健常者 or 患者)を対象に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①少数②患者

    解説

  • 26

    ヘルシンキ宣言は(①)医師会の宣言である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①世界医師会

    解説

  • 27

    (①)率が100%の薬は、初回通過効果もゼロであり、吸収が良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①生体利用率(生物学的利用率)

    解説

  • 28

    酵素を標的とする薬は(①)薬が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①阻害薬

    解説

  • 29

    水溶性の薬の半減期は一般に(①長い or 短い)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①短い

    解説

  • 30

    治療薬物モニタリング〈TDM〉のために血症は濃度の(①高い or 低い)時点をねらって採血する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①低い時点 すなわち次回投与の直前に採血。

    解説

  • 31

    インフォームド・コンセントは、患者が医療行為について医師から十分な説明を受けた上で同意し、その同意を(①)必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①文書に残す

    解説

  • 32

    アミノグリコシド系抗生物質の半減期は、(①)が大きいため、(②)に左右される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①未変化体腎排泄率②腎機能

    解説

  • 33

    交感神経の興奮により排尿は(①促進 or 抑制)される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①抑制

    解説

  • 34

    即時型アレルギーに関与する抗体は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IgE

    解説

  • 35

    日本人に多いとされるrapid acetylatorとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イソニアジドのアセチル化の速い人。(副作用として肝炎の発症頻度が高い。Slow acetylatorでは末梢神経炎が多い。)

    解説

  • 36

    リンパ球刺激試験は何の試験か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遅延性アレルギー反応の抗原を確定する試験。

    解説

  • 37

    薬を反復投与する場合、定常状態(の94%)になるまでの時間はどのくらいか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 半減期の約4倍経過時

    解説

  • 38

    薬物の吸収とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬物が脈管系(血管またはリンパ管)に入ること。

    解説

56701

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ