zuknow learn together

新しい教材を作成

大学生物学の教科書第1巻第3章チェックテスト

カード 10枚 作成者: Naoki Anbo (作成日: 2015/10/14)

  • 補酵素が酵素と異なるのは以下のどの点においてか?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    補酵素が酵素と異なるのは以下のどの点においてか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンなど、より小さな分子である
    • 誤答選択肢 細胞外においてのみ活性がある
    • アミノ酸の重合体である
    • 一つの反応に対して特異的である
    • 高エネルギーリン酸の担体である

    解説

    補酵素はある種の酵素の機能に必要な炭素含有分子である。通常、それが一時的に結合する酵素に比べると小さい分子である

  • 2

    熱力学に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エントロピーは増大する傾向にある
    • 誤答選択肢 自由エネルギーは発エルゴン反応で消費される
    • 自由エネルギーは仕事に使えない
    • 化学的変換の前後でエネルギーの総量は変化する
    • 自由エネルギーは運動エネルギーであり位置エネルギーではない

    解説

  • 3

    化学反応に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 速度は活性化エネルギーに依存する
    • 誤答選択肢 速度はΔGの値に依存する
    • エントロピー変化は活性化エネルギーに依存する
    • 活性化エネルギーはΔGの値に依存する
    • 自由エネルギー変化は活性化エネルギーに依存する

    解説

  • 4

    酵素に関する以下の記述のうち、正しくないものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反応のΔGの値を変化させる
    • 誤答選択肢 通常タンパク質からできている
    • 触媒反応の速度を変化させる
    • 熱感受性がある
    • pH感受性がある

    解説

    酵素はタンパク質からできているので、その構造は不変ではない。

  • 5

    酵素の活性部位に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その構造により酵素の特異性が決定される
    • 誤答選択肢 決して形はかわらない
    • 基質とは化学的結合を作らない
    • 酵素表面から突き出ているランプのように見える
    • 反応のΔGを変える

    解説

    酵素は基質を適切に配置する 酵素は基質に歪みをもたらす 酵素は基質に一時的に化学基を付加する

  • 6

    ATP分子に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吸エルゴン反応で利用される
    • 誤答選択肢 ほとんどのタンパク質の構成要素である
    • アデニンがあるため高エネルギーである
    • 多くのエネルギーを産生する生化学反応で必要である
    • 触媒である

    解説

  • 7

    酵素反応に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基質にひずみがもたらされる
    • 誤答選択肢 基質は変化しない
    • 基質濃度が上昇するに従って速度は低下する
    • 酵素は不可逆的に変化する
    • 速度は基質濃度の影響を受けない

    解説

  • 8

    酵素阻害因子に関する以下の記述のうち、正しくないものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アロステリック阻害因子は酵素の活性型に結合する
    • 誤答選択肢 競合的阻害因子は酵素の活性部位に結合する
    • 非競合的阻害因子は活性部位とは別の部位に結合する
    • 非競合的阻害因子は基質を加えることによって完全にその影響を打ち消すことはできない
    • 競合的阻害因子は基質を加えることによって完全にその影響を打ち消すことができる

    解説

  • 9

    酵素のフィードバック阻害に関する以下の記述のうち、正しくないものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作用は極めて遅い
    • 誤答選択肢 アロステリック効果によってもたらされる
    • 代謝経路の最初の方向決定段階を触媒する酵素を標的とする
    • 反応速度に影響を及ぼすが、酵素濃度には影響を及ぼさない
    • 可逆的阻害である

    解説

    最終産物が方向決定段階を触媒する酵素をアロステリックに阻害することにより代謝経路をシャットダウンする機構をフィードバック阻害ないし最終産物阻害と呼ぶ。

  • 10

    温度に関する以下の記述のうち、正しくないのはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すべての酵素は同一の至適温度をもつ
    • 誤答選択肢 温度を上げると酵素活性が下がることがある
    • 温度を上げると酵素活性が上がることがある
    • 温度を上げると酵素が変性することがある
    • 酵素の中には沸騰している湯の中でも安定なものがある

    解説

56973

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ