zuknow learn together

新しい教材を作成

倫理2学期中間テスト

カード 89枚 作成者: Airisib (作成日: 2015/10/10)

  • デンマークの哲学者。
    「実存主義」哲学の祖。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    デンマークの哲学者。 「実存主義」哲学の祖。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キルケゴール

    解説

  • 2

    『死にいたる病』の中で、「現代人は虚無主義(ニヒリズム)におちいり、絶望に侵されている」と指摘した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キルケゴール

    解説

  • 3

    「あれか、これか」という主体的選択・決断を通じて獲得できるのである、と主張した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キルケゴール

    解説

  • 4

    神の前の「単独者」として神の前にただ一人立って本来の自己を獲得した段階。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キルケゴール

    解説

  • 5

    絵画『種をまく人』で美しさをうったえた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミレー

    解説

  • 6

    「社会主義経済」を樹立しなければならないと説き、社会主義の成立に道を開いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マルクス

    解説

  • 7

    目に見えて存在するモノを重視した考えが、「唯物論」と呼ばれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マルクス

    解説

  • 8

    唯物史観の基本的認識は「下部構造は上部構造を規定する」である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マルクス

    解説

  • 9

    共産主義(コミュニズム)社会は「能力に応じて働き、必要に応じて受け取る」豊かな社会である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マルクス

    解説

  • 10

    労働とは、自然に働きかけて生活に必要な物資を得ることである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マルクス

    解説

  • 11

    マルクスを助けたドイツの社会主義思想家。 『共産党宣言』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エンゲルス

    解説

  • 12

    ダーウィンと同じ生物進学論学者だが、進化論を人間社会にも適用した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スペンサー

    解説

  • 13

    ロシア文学者 代表作『罪と罰』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドストエフスキー

    解説

  • 14

    1890年に『教育勅語』を発布

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西村茂樹 にしむらしげき

    解説

  • 15

    「哲学」「理性」「主観」「客観」などの哲学の訳語を考案した明治の思想家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西周 にしあまね

    解説

  • 16

    尊王攘夷運動などに大きな影響を与えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吉田松陰 よしだしょういん

    解説

  • 17

    「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずと云へり」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 福沢諭吉

    解説

  • 18

    現実の生活や行動に際して有用な知識や科学的思考を重視する「プラグマティズム」を創始。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パース

    解説

  • 19

    「芸術家にとってはいっさいが美しい」 「真実であれ、若き人々よ」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロダン

    解説

  • 20

    プラグマティズムを世に広げた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジェームズ

    解説

  • 21

    真理とは、「ある場合には真実である」というように、個別的で相対的なものだ、と考えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジェームズ

    解説

  • 22

    アメリカ留学後、1875年に同志社英学校を創立して、プロテスタンティズムにもとづく教育を行った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新島攘 にいじまじょう

    解説

  • 23

    「神は死んだ」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニーチェ

    解説

  • 24

    弱者による強者への「ルサンチマン(怨恨)」に満ちた奴隷道徳であったからだ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニーチェ

    解説

  • 25

    この世界が誤っているとかありえないなどと逃げることなく受け入れ、神なき無意味なこの世界と遊び戯れる「超人」の生き方である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニーチェ

    解説

  • 26

    「おまえが星を放ち飛ばしたいなら、我が身の中にまず混沌を宿さなければならない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニーチェ

    解説

  • 27

    ルソーの著作を翻訳し、東洋のルソーと呼ばれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中江兆民

    解説

  • 28

    「民権には... 日本では前者を育てながら後者に移行すべきだ。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中江兆民

    解説

  • 29

    福沢諭吉や西周らとともに啓蒙団体「明六社」を設立し、西欧の近代思想を日本で広めようとした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 森 有礼 ありのり

    解説

  • 30

    武力革命を否定し、「社会民主主義」を提唱した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベルンシュタイン

    解説

  • 31

    「偉大な芸術家や真剣な巨匠がその傑作の中でいおうとした究極の言葉を汲みとろうと努めたまえ。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴッホ

    解説

  • 32

    ウェッブ夫妻らと共に、イギリスでフェビアン協会を設立。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーナード=ショウ

    解説

  • 33

    人が「欲求不満や葛藤」に直面した時、...こころのはたらき(防衛機制)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロイト

    解説

  • 34

    人間の心の奥底には「無意識」(エス、イド)の領域が存在...探求が欠かせないとした「精神分析」の創始者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロイト

    解説

  • 35

    神経症(ノイローゼ)の原因は本能的衝動と道徳との間の葛藤にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロイト

    解説

  • 36

    幼児が愛と保護を求めて父親を頼るように...

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロイト

    解説

  • 37

    <国家に対する国民の抵抗権>

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 植木枝盛 うえきえもり

    解説

  • 38

    「国民主義」「日本主義」の名の下に新聞「日本」を創刊し...

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陸 羯南 くが かつなん

    解説

  • 39

    キリスト教によって日本の武士道精神が完成するものと考えた近代のキリスト教学者、牧師。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 植村 正久 うえむら まさひさ

    解説

  • 40

    19世紀末のイギリスで、社会主義者団体フェビアン協会を設立した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェッブ夫妻

    解説

  • 41

    近代日本のマルクス主義者、キリスト教的人道主義者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 片山潜 かたやません

    解説

  • 42

    「道具としての知性」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デューイ

    解説

  • 43

    価値は多様で個別的であり、唯一 絶対・不変の価値はないなら...

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デューイ

    解説

  • 44

    「現象学」を提唱した哲学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フッサール

    解説

  • 45

    人間は「ホモ・ファーベル(工作人)」である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベルクソン

    解説

  • 46

    「武士道に接木されたるキリスト教」と自分の思想を分析。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内村鑑三 うちむらかんぞう

    解説

  • 47

    「二つのJ」に生涯を捧げる決意。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内村鑑三

    解説

  • 48

    日本でキリスト教信仰を育てる土台として武士道徳の継承が必要であると説いたキリスト教学者、農学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新渡戸稲造 にとべいなぞう

    解説

  • 49

    著書「舞姫」 「かのように」の哲学を考案。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 森鴎外

    解説

  • 50

    「わたしたちに認めようとする心さえあれば、完全はいたるところにある」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 岡倉天心 おかくらてんしん

    解説

  • 51

    自らの思想を国家主義(国粋主義)へと転換させた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 徳富蘇峰 とくとみそほう

    解説

  • 52

    近代の社会構造は、 「官僚制(ビューロクラシー)」に特徴づけられるとした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェーバー

    解説

  • 53

    「なぜ西洋以外の地では、科学も芸術も国家も経済も...」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェーバー

    解説

  • 54

    「野球の父」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安部磯雄 あべいそお

    解説

  • 55

    「東洋のジャンヌダルク」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 福田英子 ふくだひでこ

    解説

  • 56

    内面的自己の主体性を確立する(=自己本位)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夏目漱石

    解説

  • 57

    「則天去私」(そくてんきょし)の境地を願うようになった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夏目漱石

    解説

  • 58

    和歌山県出身の博覧強記の民族学者、生物学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南方熊楠 みなみかたくまぐす

    解説

  • 59

    「思想あり、思想の思想あり、 而(しか)して又思想の思想を支配しつべきものあり」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北村透谷 きたむらとうこく

    解説

  • 60

    「絶対平和主義」に賛同したが、 25才の若さで自死した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北村透谷

    解説

  • 61

    「アヒンサー(不殺生)」の徹底は、すべての生きとし生けるものへの愛への実践である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガンディー

    解説

  • 62

    わたしは支配者の暴力に拘束されて奴隷状態にあるよりも、むしろ暴力によって自由になったインドを見るのを好む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガンディー

    解説

  • 63

    民衆暴動の形ではなく、『サティヤーグラハ(「非暴力・日服従」を基幹に据えた抵抗運動)』を全インドに普及させ、祖国をイギリスからの独立に導いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガンディー

    解説

  • 64

    田中正造が世に問うた <足尾銅山鉱毒事件>では、田中を支持する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 木下尚江 きのしたなおえ

    解説

  • 65

    人間が劣等感を克服しようとする意識のはたらきを「補償」と呼んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドラー

    解説

  • 66

    「嫌われる勇気」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドラー

    解説

  • 67

    「この人と一緒にいるときには、とても自由にふるまうことができる」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドラー

    解説

  • 68

    仏教徒研究者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鈴木大拙 すずきだいせつ

    解説

  • 69

    主著「善の研究」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西田幾多郎 にしだきたろう

    解説

  • 70

    主客未分の直接状態を「純粋経験」と名付けた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西田幾多郎

    解説

  • 71

    ロシア革命を指導した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レーニン

    解説

  • 72

    レーニン、スターリンと共にロシア革命の中心人物の一人。 メキシコに亡命後、刺客によって暗殺される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トロッキー

    解説

  • 73

    直接に宇宙や自然の中で自己を発見しようとした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国木田独歩 くにきだどっぽ

    解説

  • 74

    近代文明がその影に抱えている窮乏等の矛盾を解決するためには社会主義の確率が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幸徳秋水 こうとくしゅうすい

    解説

  • 75

    1910年、明治天皇の暗殺を企てたとして他の11名と共に絞首刑に処せられた社会主義者。(大逆事件)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幸徳秋水

    解説

  • 76

    人間とは「ホモ・ルーデンス(遊戯人)」である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホイジンガ

    解説

  • 77

    彼の「天皇機関説」は、大正デモクラシーの思想的支柱の一つとなった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 美濃部達吉 みのべたつきち

    解説

  • 78

    人間は意味を持つ「シンボル」を設定して世界をとらえる動物であるというのだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カッシーラー

    解説

  • 79

    「生命への畏敬」という思想を打ち立てた医学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュヴァイツァー

    解説

  • 80

    『優しい束縛を好む「常民」』という概念を創作し、ふつうの人々とその生活に脚光をあてる「民俗学」を創始した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 柳田国男 やなぎだくにお

    解説

  • 81

    リビドーとよばれる心のエネルギーを想定し... 精神科医。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユング

    解説

  • 82

    人のこころの深層には、民族や集団に共通の「集合的無意識」が横たわっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユング

    解説

  • 83

    「すめらみことは戦いに... 君死にたまふことなかれ」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 与謝野晶子

    解説

  • 84

    彼が唱えた「民本主義」は、普通選挙や政党政治の実現の原動力になった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吉野作造

    解説

  • 85

    主著「貧乏物語」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 河上肇 かわかみはじめ

    解説

  • 86

    「芸術は政治的存在である」と考え、 絵画を通じてナチス・ドイツの暴挙を告発するなどして...苦悩・悲しみを表現した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピカソ

    解説

  • 87

    人間の類型(タイプ)を、理論型・経済型・審美型・社会型・権力型・宗教型に分類したドイツの教育学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュプランガー

    解説

  • 88

    「青年ほど、深い孤独のうちに、触れ合いと理解を渇望している人間はない」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュプランガー

    解説

  • 89

    著書「日本改造法案大綱」でクーデターを起こして国家を改造し...

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北一輝 きたいっき

    解説

56609

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ