zuknow learn together

新しい教材を作成

古代地中海世界、東西ヨーロッパ世界の成立、西ヨーロッパ封建社会

カード 98枚 作成者: 焼肉大好き (作成日: 2015/10/10)

  • 前8世紀頃からギリシア人によって形成された都市国家(200〜1000ぐらいあった)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    前8世紀頃からギリシア人によって形成された都市国家(200〜1000ぐらいあった)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポリス

    解説

  • 2

    ___などのポリスは前5世紀前半アケメネス朝に勝利し、市民間の平等にもとづく直接民主制を実現。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アテネ

    解説

  • 3

    アテネなどのポリスは前5世紀前半、___戦争でアケメネス朝に勝利した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペルシア

    解説

  • 4

    アテネの絵のピンクの小高い丘

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクロポリス

    解説

  • 5

    都市国家アテネの人々はアクロポリスを中心に____した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 集住

    解説

  • 6

    アテネの絵の黄色 広場の部分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アゴラ

    解説

  • 7

    ペルシア戦争でアテネなどのポリスは、オリエントの____からポリスの独立と自由を守った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 専制支配

    解説

  • 8

    アテネ民主政と現代民主政との相違点 ①___のみに参政権。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成年男性

    解説

  • 9

    アテネ民主政と現代民主政との相違点。 ②__の労働に支えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 奴隷

    解説

  • 10

    アテネ民主政と現代民主政との相違点。 ③___民主政

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直接

    解説

  • 11

    少数の市民が多数の奴隷を支配した軍国主義的ポリス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スパルタ

    解説

  • 12

    古代ギリシア文化の代表的な建築

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パルテノン神殿

    解説

  • 13

    古代ギリシャ哲学を代表する人①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソクラテス

    解説

  • 14

    古代ギリシャ哲学を代表する人②

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プラトン

    解説

  • 15

    古代ギリシャ哲学を代表する人③

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アリストテレス

    解説

  • 16

    前4世紀マケドニアの王___による東方遠征以降ギリシアとオリエントの文化が混合した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アレクサンドロス(大王)

    解説

  • 17

    アレクサンドロスは___を滅ぼし、インダス川にいたる大帝国を建設した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペルシア

    解説

  • 18

    マケドニアの王、アレクサンドロスによる東方遠征以降、ギリシアとオリエントの文化が混合した___文化が生まれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘレニズム

    解説

  • 19

    (アレクサンドロス)私は12歳から3年間、哲学者の___の指導をうけて美しく生きることを学んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アリストテレス

    解説

  • 20

    (アレクサンドロス)私は父の___2世とともにカイロネイアでアテネ・テーベの連合軍をやぶった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィリッポス

    解説

  • 21

    (アレクサンドロス)私は父のフィリッポス2世とともに___でアテネ・テーベ連合軍を破った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カイロネイア

    解説

    テーベはエジプトにあった都市

  • 22

    (アレクサンドロス)わが国___はギリシアを支配下においた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マケドニア

    解説

  • 23

    (アレクサンドロス)わが軍はイッソスやアルベラでダレイオス3世の率いる___朝ペルシアの軍勢を打ち破った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アケメネス

    解説

  • 24

    (アレクサンドロス)東へ東へ進んで___川流域まで到達した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インダス

    解説

  • 25

    (アレクサンドロス)私の国はシリアの___朝やエジプトのプトレマイオス朝に分裂した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セレウコス

    解説

  • 26

    (アレクサンドロス)私の国はシリアのセレウコス朝やエジプトの___朝に分裂した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プトレマイオス

    解説

  • 27

    イタリア半島の都市国家___は共和政のもとに勢力を拡大した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローマ

    解説

  • 28

    都市国家ローマは___人によって建国された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラテン

    解説

  • 29

    都市国家ローマは前6世紀に___を実現し、以後法律を制定し、全3世紀にイタリア半島を統一した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共和政

    解説

  • 30

    都市国家ローマは共和政のもとに勢力を拡大し、フェニキア人の植民市カルタゴとの___戦争に勝利した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポエニ

    解説

    カルタ5枚にポエム(ニ)

  • 31

    都市国家ローマはフェニキア人の植民市___とのポエニ戦争に勝利し、前2世紀後半には地中海世界を支配した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルタゴ

    解説

    カルタ5枚にポエム(ニ)

  • 32

    都市国家ローマでは、領土拡大後、制服地である属州からの穀物流入や奴隷制大農場経営により、___が没落した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自作農

    解説

  • 33

    都市国家ローマでは領土拡大後、____と呼ばれる共和制動揺による不安定な100年が始まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内乱の1世紀

    解説

  • 34

    都市国家ローマの「内乱の1世紀」において、___の乱と呼ばれる、奴隷の反乱が起こった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スパルタクス

    解説

  • 35

    都市国家ローマの「内乱の1世紀」において、___による独裁が行われた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カエサル

    解説

  • 36

    独裁を行ったカエサルが暗殺された後、___が元老院からアウグストゥス(尊厳者)の称号を与えられ、帝政を始めた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オクタウィアヌス

    解説

  • 37

    独裁を行ったカエサルが暗殺された後、オクタウィアヌスは元老院より___の称号を与えられ、帝政を開始した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アウグストゥス(尊厳者)

    解説

  • 38

    ローマ帝国では、五賢帝時代に最盛期を迎え、アウグストゥス〜五賢帝時代の帝国に安定がもたらされたこの約200年間はローマの平和(___)という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パックス=ロマーナ

    解説

  • 39

    パックス=ロマーナと呼ばれるローマ帝国の繁栄期に、領土は最大となり、実用的な土木工事、___の制定が行われた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローマ法

    解説

  • 40

    1世紀のローマ市の人口は約120万人と言われるが、このうち自由なローマ市の住民は20〜30万人に過ぎず、半分〜1/3は貧しい人々で、また1/3は人間として扱われない___だった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 奴隷

    解説

  • 41

    ローマの領土拡大による海外の征服地を___という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 属州

    解説

  • 42

    「ゲルマニア」で知られる歴史家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タキトゥス

    解説

  • 43

    パックス=ロマーナ後、3世紀に入ると___時代が始まり、帝国は動揺した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軍人皇帝

    解説

  • 44

    軍人皇帝時代で動揺したローマ帝国は、3世紀末に___が始まった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 専制君主制

    解説

  • 45

    専制君主制のローマ帝国では___教徒が皇帝崇拝を拒否したため迫害されたが、のちに帝国統一の必要性から公認・国教化された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キリスト

    解説

  • 46

    395年に___は西___と東___に分裂した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローマ帝国

    解説

  • 47

    4世紀後半、アジア系遊牧民__人が西進。(図の茶色い矢印)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フン

    解説

  • 48

    4世紀後半、フン人の西進をきっかけに、___が始まった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゲルマン人の大移動

    解説

  • 49

    ___を原住地としていたゲルマン人は4世紀後半、フン人の西進をきっかけにゲルマン人の大移動が始まった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バルト海沿岸

    解説

  • 50

    ゲルマン人の大移動 ___年ゲルマン民族の一派西ゴート人が移動を開始した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 375

    解説

    ゲルマン人の大移動でみなごろし(375)

  • 51

    ゲルマン人の大移動のなか、476年に___が滅亡した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西ローマ

    解説

    西ローマは滅亡して私は死なむ(476)

  • 52

    (ゲルマン人の大移動)図の青 ___王国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランク

    解説

  • 53

    (ゲルマン人の大移動)図のピンク ___王国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西ゴート

    解説

  • 54

    (ゲルマン人の大移動)図の黄緑 ___王国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東ゴート

    解説

  • 55

    (ゲルマン人の大移動)図の黄色 ___王国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴァンダル

    解説

  • 56

    395年にローマ帝国が東西に分裂して以降___(東ローマ帝国)は1453年まで存続した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビザンツ帝国

    解説

    395〜1453年(錯誤〜人よゴミ)

  • 57

    ビザンツ帝国の都___ (旧ビザンティウム、現在のイスタンブル)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンスタンティノープル

    解説

  • 58

    ビザンツ帝国最盛期は6世紀の___帝のころ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユスティニアヌス

    解説

  • 59

    ビザンツ帝国最盛期のユスティニアヌス帝の時代には、___が編纂された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローマ法大全

    解説

  • 60

    ビザンツ帝国最盛期ユスティニアヌス帝の時代にはビザンツ様式建築の代表、___が完成した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聖ソフィア大聖堂

    解説

    特徴はドームとモザイク画

  • 61

    ユスティニアヌス帝の死後、領土が縮小し、公用語がラテン語から___語になった。→帝国全体が____的性格を強めた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ギリシア

    解説

  • 62

    ビザンツ皇帝は___の首長を兼ねた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東方正教会

    解説

    「東」ローマ帝国がビザンツ帝国になった。ビザンツ皇帝は「東」方正教会の首長を兼ねた。(→後に西のローマ=カトリック教会と対立)

  • 63

    ビザンツ皇帝が東方正教会の首長を兼ねたことを___という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皇帝教皇主義

    解説

  • 64

    ___人はゲルマン人の移動後、東ヨーロッパに拡散した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スラヴ

    解説

  • 65

    ロシア人は10世紀___のもと東方正教を受け入れて発展した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キエフ公国

    解説

    キエフ公国 ウラディミール1世

  • 66

    ロシア人はキエフ公国のもと東方正教を受け入れて発展したが、13世紀にはモンゴル人の___国の支配下に入った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キプチャク・ハン

    解説

  • 67

    ロシア人は15世紀後半、___国のもとで、モンゴル人から独立した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モスクワ大公

    解説

    モスクワ大公国 イヴァン3世

  • 68

    ゲルマン諸王朝の中で、___はローマ教会と結びついて、着実な発展をとげた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランク王国

    解説

  • 69

    800年にローマ教皇レオ3世は、フランク王___にローマ皇帝の冠を授け、フランク王国は最盛期を迎えた。 (年代ゴロ有)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カール

    解説

    800はれおとこカールの戴冠 (フランクなカールおじさん)

  • 70

    800年ローマ教皇レオ3世によりカールの戴冠があったため、カールが___の後継と認められた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西ローマ帝国

    解説

  • 71

    800年ローマ教皇レオ3世によるカールの戴冠は、ローマ、ゲルマン、キリスト教の3要素が結合した___が成立したことを象徴した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西ヨーロッパ中世世界

    解説

  • 72

    726年ビザンツ皇帝が出した___をめぐり、ローマ教皇とビザンツ皇帝は対立。 800年カール戴冠における教皇レオ3世の目的は、ビザンツ皇帝に対抗できる西ローマ帝国の復活だった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聖像禁止令

    解説

  • 73

    カール戴冠以降、地中海世界はイスラーム世界、東方正教の東ヨーロッパ世界、___の西ヨーロッパ世界という3地域世界にわかれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローマ=カトリック

    解説

  • 74

    カール戴冠以降の東西教会分離とは、___を首長とするローマ=カトリック教会と、ビザンツ皇帝を首長とする東方正教会との分離を意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローマ教皇

    解説

    東のビザンツ帝国では、皇帝教皇主義だったため、ビザンツ皇帝が宗教の首長となっている。

  • 75

    カール戴冠以降の東西教会分離とは、ローマ教皇を首長とするローマ=カトリック教会と、___を首長とする東方正教会との分離を意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビザンツ皇帝

    解説

    東のビザンツ帝国では、皇帝教皇主義をとっていたためビザンツ皇帝が宗教の首長となっている、

  • 76

    カール大帝の死後、___王国は西___と東___、イタリアに分離した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランク

    解説

    西フランク→現在のフランス 東フランク→現在のドイツ イタリア

  • 77

    カール大帝の死後フランク王国は西フランク、東フランク、イタリアに分離したが、東フランクは現在の___にあたる国である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドイツ

    解説

  • 78

    9世紀以降、西ヨーロッパは、ノルマン人、マジャール人の侵入を受け、マジャール人を撃退した東フランク王___は教皇から帝冠を受けた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オットー1世

    解説

    962苦労人オットー1世

  • 79

    962年マジャール人を撃退した東フランク王オットー1世が教皇から帝冠を受け、___の起源となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神聖ローマ帝国

    解説

  • 80

    写真は___人の船。ヴァイキングと呼ばれ、おそれられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノルマン

    解説

    ゲルマン民族の一派で北(North)フランスやイングランドに進出した。 North+ゲルマン=ノルマン人

  • 81

    ノルマン人(ヴァイキング)はゲルマン民族の一派で、原住地は___半島。 9世紀に交易や漁に活躍し、略奪も行っていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スカンディナビア

    解説

  • 82

    10世紀はじめ、ノルマン人は北フランスに___をたてた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノルマンディー公国

    解説

  • 83

    ノルマン人は11世紀(1066年)にノルマンディー公ウィリアムがイングランドを征服し、___を建てた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノルマン朝

    解説

  • 84

    中世の西ヨーロッパには___という、主君と家臣の双務的契約に基づく独自の社会がきずかれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 封建社会

    解説

  • 85

    中世の西ヨーロッパ社会に築かれた独自の文化は____と呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 封建社会

    解説

  • 86

    支配層のあいだでは、____にもとづく主従関係が結ばれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 双務的契約

    解説

  • 87

    中世封建社会において、家臣は主君から___として領土をもらう代わりに主君には忠誠を誓い軍役などの義務を負った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 封土

    解説

  • 88

    中世封建社会において、家臣は主君から封土として領土をもらう代わりに主君には忠誠を誓い___などの義務を負った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軍役

    解説

  • 89

    中世西ヨーロッパにおける封建社会では、家臣は主君から封土として領土をもらうかわりに主君には忠誠を誓い軍役などの義務を負う___関係があった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主従

    解説

  • 90

    中世西ヨーロッパにおける封建社会の特質① 主君と家臣の___に立脚。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 双務的契約

    解説

  • 91

    中世西ヨーロッパにおける封建社会の特質② ___の主君をもつことも可能。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数

    解説

  • 92

    中世西ヨーロッパにおける封建社会の特質③ 国王の権力は絶対ではなく、領主は領地(___)を他から干渉されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 荘園

    解説

  • 93

    中世西ヨーロッパにおける封建社会において、領主は領地(荘園)を他から干渉されない____をもった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不輸不入権

    解説

  • 94

    中世西ヨーロッパにおける封建社会において、荘園内で賦役、貢納の義務を負い、移動の自由がなかった人々を___と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 農奴

    解説

  • 95

    荘園内の農奴の負担 領主直営地で働く___の義務を負った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賦役

    解説

  • 96

    荘園内の農奴の負担 農民保有地から生産物を領主に収める___の義務を負った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貢納

    解説

  • 97

    荘園内の農奴の負担 領主が行使する___に服する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 領主裁判権

    解説

  • 98

    荘園内の農奴の負担 土地の使用や農具・住居・家族の所有は認められたが土地から離れることはできない___だった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 半自由民

    解説

56973

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ