zuknow learn together

新しい教材を作成

ティムール朝、ムガル帝国、オスマン帝国、サファヴィー朝

カード 42枚 作成者: 焼肉大好き (作成日: 2015/10/10)

  • スルタンに直属する常備兵で、バルカン半島のキリスト教徒の子弟を徴用し、イスラームの教育をほどこして編成した。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    スルタンに直属する常備兵で、バルカン半島のキリスト教徒の子弟を徴用し、イスラームの教育をほどこして編成した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イェニチェリ

    解説

  • 2

    ①13世紀 モンゴルの遠征 ②14世紀半ば モンゴル帝国が衰退し、チャガタイ=ハン国から____が勢力を伸ばし、____朝建設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ティムール

    解説

  • 3

    ティムール朝の都

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サマルカンド

    解説

  • 4

    ティムール朝は____の戦いでオスマン帝国を破った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンカラ

    解説

  • 5

    ____遠征の途上、ティムール死亡。以後ティムール朝分裂。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    ティムール朝では、イラン人と____人の世界が統一されたため、____・イスラーム文化が栄えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トルコ

    解説

  • 7

    地図のA(赤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オスマン帝国

    解説

  • 8

    地図のB(ピンク)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マムルーク朝

    解説

  • 9

    地図のC(黄緑)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ティムール朝

    解説

  • 10

    地図のアの都市(緑)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サマルカンド

    解説

  • 11

    ティムール朝は16世紀はじめにトルコ系___人に滅ぼされた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウズベク

    解説

  • 12

    16世紀はじめ、ティムールの子孫___が北インドに侵入し、デリー・スルタン朝をたおし、ムガル帝国建国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーブル

    解説

  • 13

    ムガル帝国第3代___は北インドからアフガニスタンにいたる広大な領域を支配し、帝国は全盛期をむかえた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクバル

    解説

  • 14

    ムガル帝国第3代アクバルが都をおいた地。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アグラ

    解説

  • 15

    ムガル帝国アクバルは、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒の融和を図り、非イスラム教徒に課せられていた___を廃止した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人頭税(ジズヤ)

    解説

  • 16

    ムガル帝国第6代___は外征をかさね、帝国の領土は最大となったが、厳格な宗教政策をとったため、反乱が起こるなど帝国の弱体化が進んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アウラングゼーブ

    解説

  • 17

    ムガル帝国第6代アウラングゼーブは熱心なスンナ派イスラーム教徒で、非イスラーム教徒への___などで、ヒンドゥー教徒らの反発を招いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人頭税(ジズヤ)の復活

    解説

  • 18

    ムガル帝国下のインドでは長期にわたるヒンドゥー文化とイスラーム文化の接触・融合により、__・イスラーム文化がおこった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インド

    解説

  • 19

    ムガル帝国下インド・イスラーム文化の代表的な建築に、第5代シャー・ジャハーンが建てた___がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タージ・マハル

    解説

  • 20

    ムガル帝国下インド・イスラーム文化において、貴族的なムガル絵画や、ヒンドゥー教徒による民族的色彩の濃い___絵画が発達した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラージプート

    解説

  • 21

    ムガル帝国下では、イスラームとヒンドゥー教が融合した___教が___によって生まれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シク/ナーナク

    解説

  • 22

    13世紀末トルコ系遊牧民がアナトリアに___帝国を建国した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オスマン

    解説

  • 23

    1402年、アンカラの戦いでオスマン帝国は___に敗れ、一時衰退。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ティムール

    解説

  • 24

    1453年オスマン帝国はメフメト2世の時代に___帝国の都___を陥落させ、滅ぼした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビザンツ/コンスタンティノープル

    解説

  • 25

    ビザンツ帝国を滅ぼしたオスマン帝国は、コンスタンティノープルを___に改称し帝国の首都とした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イスタンブル

    解説

  • 26

    1517年 オスマン帝国はエジプトの___朝を滅ぼす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マムルーク

    解説

  • 27

    オスマン帝国は、最盛期の___(位1520〜66)の時代には三大陸に領土を広げるまでに強大化した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スレイマン1世

    解説

  • 28

    オスマン帝国最盛期スレイマン1世の時代には、ウィーンを包囲するなど、___家と対抗し、ヨーロッパに脅威を与えた。 (1529年 第1次ウィーン包囲)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハプスブルク

    解説

  • 29

    1683年第2次___包囲に失敗後、オスマン帝国は衰退した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィーン

    解説

  • 30

    オスマン帝国の常備軍

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イェニチェリ

    解説

  • 31

    ティームル朝が衰退したイランでは16世紀、___朝が成立した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サファヴィー

    解説

  • 32

    サファヴィー朝は国教として___派を採用し、これ以降イランは___派圏となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シーア

    解説

  • 33

    サファヴィー朝では伝統的な王の称号である___を用いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シャー

    解説

  • 34

    サファヴィー朝が最盛期を迎えたのは第5代___の時代だった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アッバース1世

    解説

  • 35

    サファヴィー朝最盛期代5代アッバース1世の時代には、新都___が繁栄し、「___は世界の半分」とうたわれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イスファハーン

    解説

  • 36

    サファヴィー朝最盛期 第5代アッバース1世の時代にはミニアチュール(細密画)に代表される___・イスラーム文化が栄えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イラン

    解説

  • 37

    18世紀の世界 地図のA(赤)の国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オスマン帝国

    解説

  • 38

    18世紀の世界 A(赤)の国の首都エ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イスタンブル

    解説

  • 39

    18世紀の世界 地図F(黄緑)の国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サファヴィー朝

    解説

  • 40

    18世紀の世界 F(黄緑)の国の新都オ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イスファハーン

    解説

  • 41

    18世紀の世界 地図G(紫)の国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ムガル帝国

    解説

  • 42

    18世紀の世界 G(紫)の国の都カ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アグラ

    解説

56950

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ