zuknow learn together

新しい教材を作成

確認問題 第一部 言語一般 (71/196)

カード 107枚 作成者: tksitojp (作成日: 2015/10/09)

  • 1.1 形式と意味
    形式と意味からなる言語記号の形式は、ソシュールにより何と呼ばれたか

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第3版 ヒューマンアカデミー

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    1.1 形式と意味 形式と意味からなる言語記号の形式は、ソシュールにより何と呼ばれたか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 能記(シニフィアン)

    解説

  • 2

    言語記号における形式と意味の結び付きには必然的ではないということを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語の恣意性

    解説

  • 3

    音声でも文字でも言語記号にりょる表現は、時間流れに沿った一方向性を持つことを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語の線条性

    解説

  • 4

    文はいくつかの語 (形態素)に、さらに (形態素)はいくつかの音声 (音素)に分けられることを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語の二重分節性

    解説

  • 5

    時間の流れに沿って変化することばの側面をなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通時態

    解説

  • 6

    もともと音韻論の概念で、対立する二つの言語形式がある場合、より一般的で制約が少ない方を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無標

    解説

  • 7

    1.2 音声・音韻体系 「ある言語において、同じ役割 (機能)をはたしていればその言語にとって同じ音の単位に属する」と考えてまとめた、意味 (単語)を区別する昨日を持つ、抽象的な音の最少単位を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 音素

    解説

  • 8

    音素と音声は、それぞれどのように表記されるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 音素は/ /、音声は[ ] で表す

    解説

  • 9

    現れる条件が決まっていない時、自由に複数の異音が現れる音素のことをなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自由異音 / 条件異音

    解説

  • 10

    サ行において、/a.u.e.o/の前では[s]、/i/の前では[ɕ (ʃ)] のように、ある音が現れる時には他の音は出現せず、それぞれの音が互いに補うような出現の仕方をなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相補分布

    解説

  • 11

    1.3 形態体系 意味を担う最小の言語単位で、それ以上は分けられない抽象的なものを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 形態素

    解説

  • 12

    上記の①が実際の言語表現で、それぞれ同じ意味・機能を持ちながら、それが現れる環境条件により異なる音形となったものをなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異形態

    解説

  • 13

    上記①のうち、単独では語になることのできないものを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拘束形態素

    解説

  • 14

    例えば「不真面目さ」という語の「真面目」は、語彙的な意味を持つ自由形態素であるが、「不」と「さ」はどんな意味を持つ何形態素か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文法的な意味を持つ高速形態素

    解説

  • 15

    動詞「食べる」は、{tabe} と {ru} という2つの形態素からなっているが、このうちいろいろな活用においても変化しない {tabe} を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 語幹

    解説

  • 16

    接辞のうち、品詞を変えるなどある語から別の語を作る働きを持つものを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 派生接辞

    解説

  • 17

    接辞のうち、テンスやヴォイスなど文法関係の変更に関わる接辞を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 屈折接辞

    解説

  • 18

    1.4 語彙 聞いて (見て) わかる語の集合を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 理解語彙

    解説

  • 19

    「菊/の/花/が/咲い/た/咲い/た」の異なり語数は何語か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6語

    解説

  • 20

    選定者が必要・重要だと判断sいて選んだ後の集合表すのは「基本語彙」と「基礎語彙」のうち、どちらか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基礎語彙

    解説

  • 21

    4つの語種の中で、造語力が強く、同音語が多く、動詞等において微細な意味を表わすものが多いのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 漢語

    解説

  • 22

    4つの語種の中で、基本語の多くを占め、多義語が多く、全品詞にわたるのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 和語

    解説

  • 23

    「カルタ」という語はどの言語から日本語に入ってきたか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポルトガル語

    解説

  • 24

    「消印」(けしいん)の語種は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 混種語

    解説

  • 25

    「言い逃れる」は、V+V→のパターン。では、「山登り」はどうか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • N+V→N

    解説

  • 26

    「値上がり」は「値が上がる」。つまり「が」でつながるパターン。では「雪かき」は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「雪かき」 (「を」でつながるパターン)

    解説

  • 27

    「山々」「国々」などのように同じ要素が重なるものを何と呼ぶか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 畳語

    解説

  • 28

    「防備」「無防備」のそれぞれの品詞は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「防備」→名刺、「無防備」→ナ形容詞

    解説

  • 29

    「観音」を「かんのん」と言うのは、どの変音現象か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 連声

    解説

  • 30

    「木陰」を「こかげ」と言うのは、どの変音現象か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 転音 (母音交替)

    解説

  • 31

    「おなか」 (腹の意味)は宮中で使われた位相語であるが、これを何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 女房詞

    解説

  • 32

    1.5 意味 「酒」 (アルコール類)と「ビール」の関係を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 包摂関係 (上位語→下位語の関係)

    解説

  • 33

    「男/女」の反義関係を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肯定・否定の関係 (相互関係)

    解説

  • 34

    「頂上/ふもと」の反義関係を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 両極関係

    解説

  • 35

    「親/子」の反義関係を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視点による対立 (互いに相手を前提に使われるものの組み合わせ)

    解説

  • 36

    1.6 語用論的規範 グライスの提案した4つの会話の公理のうち、「自分が偽りだと思っていることや、革新していないことを言わないこと」という公理を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 質の公理

    解説

  • 37

    グライスの提案した4つの会話の公理のうち、「不明瞭な表現やあいまいな表現は使わず、簡潔に順序立てて言うこと」という公理を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 様式の公理

    解説

  • 38

    オースティンの言語行為の3対ぽうのうち、伝達を目的として何らかの言語表現を用いる行為を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発語行為

    解説

  • 39

    オースティンの言語行為の3タイプのうち、何らかの言語表現を用いながら同時に命令、質問、勧誘などの遂行的機能 (発話の力)を果たす行為を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発語内行為

    解説

  • 40

    オースティンの言語行為の3タイプのうち、何らかの言語表現を用いることで、結果的に聞き手の行動や思考に影響を与える行為を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発語媒介行為

    解説

  • 41

    サールによって命名された、文字通りの言語表現の意味とは異なる発話の意味を伝達する行為を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間接発話行為

    解説

  • 42

    平叙文・疑問文・命令文・感嘆文などの文の種類は、発話の機能と1対1で対応するわけではない。例えば、子どもに親が言う「何で言うこと聞かないの?」は「疑問文」であるが、どんな発話の機能を持っているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 命令 (「言うことを聞きなさい」というような意味)

    解説

  • 43

    1.7 理論言語学 言語は音声が基本という考え方を定着させ、音素・形態素といった基本的な言語単位の認定方法を確立するなど、音韻論・形態論で大きな成果が見られた言語理論は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 構造主義言語学

    解説

  • 44

    上記①の言語観は、どんな教授法に影響を与えたか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーディオリンガル・メソッド

    解説

  • 45

    人間は生得的に普遍文法を持っており、生まれてから接する外界の環境に応じて、個別文法を習得していくという考え方を持つ、主に言語の統語的面を重視する言語理論は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生成文法理論

    解説

  • 46

    言語能力は一般的な認知能力と区別することはできないと考え、身体性 (身体基盤)を重視し、比ゆを意味の説明に取り入れるなどの特徴をもつ言語理論は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知言語学

    解説

  • 47

    上記④の言語理論の考え方で、カテゴリー間の境界は明確なものではなく、そのカテゴリーを代表する典型的な事例を中心として段階的にその特性が薄れ、他のカテゴリーとつながっているという見方をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロトタイプ的カテゴリー観

    解説

  • 48

    上記⑤の見方に立つと、「空が晴れる」から「気持ちが晴れる」への意味拡張は、カテゴリーの拡張により説明できる。この拡張を引き起こしているものは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比喩

    解説

  • 49

    類似性の連想に基づき、2つの異なるカテゴリーのうち、より具体的でわかりやすい事柄 (「氷が凍る」)用いて、より抽象的でわかりにくい事柄 (「パソコンが凍る」)を表わす比喩を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メタファー (隠喩)

    解説

  • 50

    「今夜は鍋が食べたい」のように、あるもの (中身)を隣接関係にあるほかのもの (容器)で表す比喩を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メトニミー (換喩)

    解説

  • 51

    包摂関係に基づいて意味のずれが起こる場合、上位概念で下位概念を指したり (「公園の緑が鮮やかだ」)、下位概念で上位概念を指したり (「コーヒーでも飲みましょう」)する比ゆを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シネクドキー (堤喩)

    解説

  • 52

    認知言語学で、事態把握や意味解釈に関わる知識構造のうち、個々の細やかな具体的特徴を捨象した抽象的な知識構造を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スキーマ

    解説

  • 53

    1.8 言語の類型 言語間の特徴、類似点や相違点をタイプ化して見る言語研究の方法を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語類型論

    解説

  • 54

    言語の形態的類型論から見て、実質的な意味を持つ語の語幹に接辞がつくという構造を持ち、その切れ目がはっきりしているタイプを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膠着語

    解説

  • 55

    言語の形態的類型論から見て、名詞や動詞、形容詞に限らず語形変化を持たないタイプを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 屈折語

    解説

  • 56

    日本語は、孤立語、膠着語、屈折語のうち、どのタイプに入るか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膠着語

    解説

  • 57

    中国語は、孤立語、膠着語、屈折語のうち、どのタイプに入るか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 孤立語

    解説

  • 58

    韓国語は、孤立語、膠着語、屈折語のうち、どのタイプに入るか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膠着語

    解説

  • 59

    言語お統語的類型論から見て、モンゴル語とトルコ語は、SVOタイプかSOVタイプか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SOVタイプ

    解説

  • 60

    言語の統語的類型論から見て、タイ語と中国語は、SVOタイプかSOVタイプか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SVOタイプ

    解説

  • 61

    言語の統語的類型論から見て、「名詞+後置詞」の構造は、SVOタイプに多いか、SOVタイプに多いか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SOVタイプ

    解説

  • 62

    1.9 世界の諸言語 ロシア語、ポーランド語、チェコ語、ブルガリア語はどんな語派に分類されるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スラブ語派

    解説

  • 63

    スウェーデン語、デンマーク語、オランダ語はどんな語派に分類されるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゲルマン語派

    解説

  • 64

    ルーマニア語、ポルトガル語、スペイン語はどんな語派に分類されるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イタリック (ロマンス)語派

    解説

  • 65

    トルコ語、モンゴル語はどんな諸語に分類されるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルタイ諸語

    解説

  • 66

    系統不明とされる主な言語は。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本語、韓国語、バスク語、アイヌ語

    解説

  • 67

    日本語、韓国語、英語、中国語のうち、無声音と有声音の対立を持たないのはどの言語か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 韓国語と中国語

    解説

  • 68

    日本語、韓国語、英語、中国語のうち、屈折語、膠着語、孤立語の3タイプの形態変化を併せ持つのはどの言語か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 英語

    解説

  • 69

    日本語、韓国語、英語、中国語のうち、主語や目的語などの文法関係を形態的に表示するのはどの言語か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本語と韓国語

    解説

  • 70

    日本語、韓国語、英語、中国語のうち、「名詞+修飾語」の構造が可能なのはどの言語か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 英語

    解説

  • 71

    日本語、韓国語、英語、中国語のうち、「否定+述語」の構造が可能なのはどの言語か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 韓国語と英語と中国語

    解説

  • 72

    「昔はこの辺でよく遊んだものだ。」の「もの」を何名詞というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 形式名詞

    解説

    第2章 文法体系 2.品詞

  • 73

    「机」「木」のように自らの意志で動かないものを何名詞というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無情名詞

    解説

  • 74

    動きを表す動詞に対して、存在を表す動詞などを何動詞というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 状態動詞

    解説

  • 75

    文を作るとき、対象の「を」を必要とする動詞のことを何動詞というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他動詞

    解説

  • 76

    「読んでみる」において「みる」のことを何動詞というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補助動詞

    解説

  • 77

    「塗る」「取る」「見る」「売る」「折る」うち、一段活用動詞はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「見る」

    解説

  • 78

    「書く」のテ形が(「書きて」から)「書いて」となった現象を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イ音便

    解説

  • 79

    「書く」「泣く」「行く」「置く」「解く」の中で活用上の例外があるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「行く」

    解説

  • 80

    「ある」の活用上の例外は、何形を作る時に起きるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 否定形(ナイ形、未然形という答えも可)

    解説

  • 81

    「静かだ」という語の品詞は何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナ形容詞

    解説

  • 82

    内容により分類すると、「丸い」や「愚かだ」は何形容詞か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 属性形容詞

    解説

  • 83

    「重い」のような形容詞を名詞化するときに「~さ」「~み」という接尾辞を使うが、「~さ」のほうがいろいろな形容詞と結びついて名詞をつくる。このことを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産性

    解説

  • 84

    「ゆっくり」のような言葉を何副詞と呼ぶか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情態(様態)副詞

    解説

  • 85

    「かなり」のような言葉を何副詞と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 程度副詞

    解説

  • 86

    「たぶん」のような言葉を何副詞と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陳述副詞

    解説

  • 87

    「2個」のような言葉を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 数量詞

    解説

  • 88

    指示詞の「こ・そ・あ」を使うとき、話に出てきた要素を指したり記憶にある要素を指したりする用法を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文脈支持

    解説

  • 89

    現場にあるものを指し示す場合「こ・そ・あ」の使い分けに関して人称区分説と距離区分説があるが、どちらの説をとっても結果的にそれほど違いがないのは、「こ・そ・あ」のうち、どれとどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「こ」と「あ」

    解説

  • 90

    名詞がどのような関係で述語につながっているか、ということを示す助詞を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 格助詞

    解説

  • 91

    「は」や「も」のような助詞を何と呼ぶか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取り立て助詞

    解説

  • 92

    主に文末に現れる「よ」や「ね」や「わ」のような助詞を何と呼ぶか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 終助詞

    解説

  • 93

    「水が欲しい」と言うときの「水が」は何を表しているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対象

    解説

  • 94

    「横断歩道を渡った」と言うときの「横断歩道を」は何を表しているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経路

    解説

  • 95

    「教室にある」と言うときの「教室に」は何を表しているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 存在の場所

    解説

  • 96

    「校庭で遊ぶ」というときの「校庭で」は何を表しているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動作の場所

    解説

  • 97

    「仙台へ向かう」というときの「仙台へ」は何を表しているか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 方向

    解説

  • 98

    「ハサミで切る」と言うときの「ハサミで」は何を表しているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手段・道具

    解説

  • 99

    「日本酒は米から作る」と言うときの「米から」は何を表しているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原料

    解説

  • 100

    「彼とけんかする」と「彼と出かける」「~と」のうち、必須の相手を表しているのは、どちらの「~と」か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「彼とかんかする」の「~と」

    解説

  • 101

    話し言葉で助詞を省略しやすいのは、格の階層性の中で強い格の特徴か、それとも弱い格の特徴か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強い格の特徴

    解説

  • 102

    「有名古典の『源氏物語』」と言ったときの「の」は、何を表しているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同格

    解説

  • 103

    「腕相撲大会で一勝もできなかった。80歳の人にまで負けてしまった。」の「まで」は何助詞か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取り立て助詞

    解説

  • 104

    「雨がざあざあ降る」において「雨が」は文法関係の面から何と呼ばれるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補足語(主語)

    解説

    第2章 文法体系 3.文・構文・文型

  • 105

    「雨がざあざあ降る」において「雨が」は各関係の面から何と呼ばれるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガ格(主格)

    解説

  • 106

    「雨がざあざあ降る」において、「雨が」は意味役割の面から何と呼ばれるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主体

    解説

  • 107

    「AはBだ」のような形をしていて、BがAの性質について述べている分(例:帰るは両生類だ。)を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 措定文

    解説

57064

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ