zuknow learn together

新しい教材を作成

大学生物学の教科書第1巻第1章チェックテスト

カード 10枚 作成者: Naoki Anbo (作成日: 2015/10/09)

  • 原核細胞と植物細胞の両者に存在する構造はどれか?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    原核細胞と植物細胞の両者に存在する構造はどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞壁
    • 誤答選択肢 葉緑体
    • ミトコンドリア
    • 微小管

    解説

    原核細胞も真核細胞(植物細胞)も細胞壁を有するが、その構造は異なっている

  • 2

    細胞の大きさを限定している主要な要素はどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 表面積の容積に対する比
    • 誤答選択肢 細胞質の水濃度
    • エネルギー需要
    • 膜によって囲まれた小器官の存在
    • 細胞膜の構成成分

    解説

    生きている細胞が大きくなるにつれてそれが行う化学反応も増大し、老廃物産生速度及び原材料に対する需要も増大する。また、細胞内の物質移動は細胞が小さいほど効率的に行われる。したがって細胞はその容積に対する表面積の比が十分大きく維持されなければならない。多細胞生物の無数の小さな細胞全体の大きな表面積によって生存にとって必要な多くの異なる機能を果たすことが可能になる。

  • 3

    ミトコンドリアに関する記述のうち、誤っているのはどれ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミトコンドリアはクロロフィルを含んでいるので緑色である
    • 誤答選択肢 内膜が折りたたまれてクリステを作っている
    • 細胞質由来の燃料分子はミトコンドリアで酸化される
    • ミトコンドリアは通常直径1μm以下である
    • ATPはミトコンドリア内で産生される

    解説

    クロロフィルは葉緑体(クロロプラスト)に含まれる

  • 4

    プラスチドに関する記述のうち、正しいのはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幾つかのタイプの色素か多糖類を含んでいる
    • 誤答選択肢 原核細胞中に存在する
    • 一重膜によって覆われている
    • 細胞呼吸の場である
    • 真菌類にしか存在しない

    解説

    プラスチドは植物細胞とある種の原生生物だけが持っている。プラスチドの一つの種類である葉緑体は二重膜によって囲まれている

  • 5

    もし細胞内のすべてのリソソームが突然破裂したら、どんなことが起きると考えられるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞質中の高分子が分解され始める
    • 誤答選択肢 多くのタンパク質が合成される
    • ミトコンドリア内のDNAが分解される
    • ミトコンドリアと葉緑体が分裂する
    • 細胞機能に大きな変化は生じない

    解説

    リソソームはゴルジ体由来である。消化酵素を含んでおり、高分子が加水分解を受けて単量体になる場である。リソソームは細胞によって取り込まれた栄養分や異物を分解する場である。これらの物質はファゴサイトーシスと呼ばれるプロセスで細胞に取り込まれる。ファゴサイトーシスでは、細胞膜にポケット様構造ができ、それが深くなって、細胞外の物質を包み込む。このポケットが小胞となって細胞膜から分離し、細胞質へと移動し、栄養分などを含むファゴソームとなる。ファゴソームは一次リソソームと融合し、二次リソソームを形成し、その中で消化が起こる。リソソームはオートファジーと呼ばれる過程で細胞が自分自身の物質を消化する場でもある。オートファジーは絶えず細胞内で起こっている現象で、ミトコンドリアなどの小器官がリソソームによって取り囲まれて加水分解され単量体にされる。こうして生じた単量体は膜を通ってリソソームから細胞質に出て、そこで再利用される。 植物細胞にはリソソームはないが、中心液胞はリソソームと同様の機能を果たし、リソソームの様に多くの消化酵素を含んでいる。

  • 6

    ゴルジ装置は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質を修飾し梱包する場である
    • 誤答選択肢 動物にしか存在しない
    • 原核生物中に存在する
    • 細胞を動かす付属器である
    • 迅速なATP産生の部位である

    解説

    ゴルジ装置は幾つかの役割を持っている1小胞体からタンパク質を受け取ってそれをさらに就職する。 2タンパク質が細胞内外の場所に向けて送り出される前に、それらを濃縮したり梱包したり選別したりする。 3植物の細胞壁を構成する多糖類が合成される

  • 7

    以下の小器官のうち、膜系によって包まれていないのはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リボソーム
    • 誤答選択肢 葉緑体
    • ミトコンドリア
    • ペルオキシソーム
    • 液胞

    解説

    膜によって包まれている小器官:ペルオキシソーム・グリオキシソーム(植物にしか存在しない)・液胞(副産物や老廃物の貯蔵をする。種子植物の花弁や果実の液胞にはある種の色素が存在する。これらの色素はアントシアニンと呼ばれる)葉緑体も二重膜で覆われる。ミトコンドリアは2つの膜系を持っている。外膜は平滑で防御作用があり、ミトコンドリア内外の物質移動の大きな障壁とはならない。外膜の直下に内膜が存在するが、内膜は多くの部位で内側に折りたたまれており、外膜の表面積よりもずっと大きな表面積を持つ。折りたたみは極めて規則的で、クリステと呼ばれる棚様構造を作っている。ミトコンドリア内膜には細胞呼吸に関与する多くの巨大タンパク質複合体が埋め込まれている。内膜は外膜に比べて出入りする物質に対して協力なコントロールを行っている。内膜が包み込むスペースはミトコンドリアマトリックスと呼ばれる。マトリックスは多くの酵素に加えて、細胞呼吸に必須のタンパク質を合成するためのDNAを含んでいる。

  • 8

    細胞骨格は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 微小管、中間径フィラメント、ミクロフィラメントである
    • 誤答選択肢 線毛、鞭毛、ミクロフィラメントである
    • 線毛、微小管、ミクロフィラメントである
    • 内部細胞壁である
    • 石灰化した微小管である

    解説

    多くの膜で包まれた小器官に加えて、真核細胞の細胞質には一連の長く細い繊維系が存在し、細胞骨格と呼ばれている。 1細胞を支え、その形を維持している 2細胞内で小器官の位置を決めている 3細胞骨格のある種の線維は、細胞内で小器官を動かすモータータンパク質の軌道として存在している 4細胞外構造と相互作用して、細胞を所定の位置に固定するのに役立っている

  • 9

    ミクロフィラメントは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクチンから構成される
    • 誤答選択肢 多糖から構成される
    • 線毛運動、鞭毛運動の基盤となる
    • 染色体の運動を助ける紡錘体の構成要素である
    • 細胞内で葉緑体の位置を維持している

    解説

    ミクロフィラメントの役割 ・細胞全体やその一部の運動を助けている ・細胞の形を決定し、安定化している アクチンの重合により形成される。

  • 10

    植物の細胞壁に関する記述のうち、誤っているのはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 隣り合う細胞同士を完全に隔離している
    • 誤答選択肢 その主要な構成成分は多糖である
    • 細胞膜外に存在する
    • 細胞を支えている
    • 適度な固さを持つ

    解説

    植物の細胞壁は ①細胞を支え、その固さで細胞容積を一定限度以内に制限している ②植物病を起こす真菌や他の生物による感染へのバリアとして機能している ③植物細胞が大きくなるのにしたがって成長し、植物の形を作るのに寄与している 細胞壁が厚いために、植物細胞を光学顕微鏡で観察すると、お互いに完全に孤立しているように見えるが、電子顕微鏡で観察すると隣り合う植物細胞の細胞質は無数の細胞膜で裏打ちされた原形質連絡というチャネルによって繋がっている。

56662

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ