zuknow learn together

新しい教材を作成

英語科教育法

カード 19枚 作成者: ma1u (作成日: 2014/02/03)

  • 英語の3つの分類
    母語としての英語
    English as Native Language

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    英語の3つの分類 母語としての英語 English as Native Language

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イギリスやアメリカなどの母国語

    解説

  • 2

    英語の3つの分類 第二言語としてと英語 English as Second Language

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 英語は各母国語の他に公用語とされていたり、生活と密着した形で用いられる。

    解説

  • 3

    英語の3つの分類 外国語としての英語 English as Foreign Language

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 英語は主に学校として教えられるが、国内の生活や教育のための言語ではない。

    解説

  • 4

    英語普及の落とし穴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国際補助語が英語だけに限られると、英語の非母語話者にとっては、すでに自然言語が国際語になれば、習得に必要な時間は費用、最終的な習熟度など様々な点で英語の母語話者だけが有利になるということが明白であること。

    解説

  • 5

    発達的要因 臨界期 Critical Period Hypothesis

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生物がある特性を獲得するために有効な限られた期間のことで、言語の獲得にも臨界期があると言われており、生後6ヶ月〜12才頃だと言われている。

    解説

  • 6

    発達的要因 認知力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知識を理解できる能力のこと。年齢が上がるとともに、学習者の認知的な能力が生きるような場面(文法学習・訳読)では高い年齢のものが成果を上げるが、一方より自然な場面(自由会話)では、年齢の低いものがその柔軟性を発揮する。

    解説

  • 7

    発達的要因 ワーキングメモリ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単に一時的な情報の記憶のみならず、実際に活用・処理できる(操作できる)記憶こシステム。

    解説

  • 8

    適正要因 Modern Language Aptitude Test (MLAT)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 英語に関する適性テストであり 1)音韻符号化能力 2)文法感覚 3)帰納的言語学習能力 4)暗記学習 からなり、異なる適性が一つの教室に存在することを教師は認識し、個々がその力を発揮しやすいような場を多角的に作ることを求められる。

    解説

  • 9

    適正要因 クラッシェンの主張

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「習得」と「学習」をはっきり区別し、「習得」とは、赤ちゃんや子どものように無意識に言葉を覚えていくことで、「学習」とは学校などの文法や文字を意識的に学んでいくこととしている。母語を習得したように、習得にはインプットのみにより行われ、学習者のレベルにより、少し上の理解可能なインプットを受けることで習得を促す。

    解説

  • 10

    認知的要因 機会的学習と有意味学習 機会的学習 Rote Learning

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何回も復習して覚える、また学習する方法である。

    解説

  • 11

    認知的要因 機会的学習と有意味学習 有意味学習 Meaning Learning

    補足(例文と訳など)

    答え

    • これまで既に学習している単語の形や意味内容に関連付けて学習する方法。

    解説

  • 12

    認知的要因 場独立型と場依存型 場独立 Field Independence

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある項目において集中して取り組み、授業の話を聞くことや、机に向かって勉強することで成果を上げる適性である。ドリルや自主学習。

    解説

  • 13

    認知的要因 場独立型と場依存型 場依存 Field Dependence

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全体の中で捉え、また自然な流れの中で、人と人とのコミュニケーション場面において効果を上げる適性である。グループ学習やディスカッション学習。

    解説

  • 14

    認知的要因 熟慮的タイプと衝動的タイプ 熟慮的タイプ Reflective

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 当然ミスを犯さないように慎重に自分の発話を吟味する。

    解説

  • 15

    認知的要因 熟慮的タイプと衝動的タイプ 衝動的タイプ Impulsive

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミスなどをあまり気にせず、どんどん応答する。

    解説

  • 16

    認知的要因 耐性と不寛容 Tolerance vs. Intolerance

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インプットの間、完全には理解できない状態に耐える耐性(Tolerance)を持って規則性に触れることご必要であるしかし、触れる情報全てのひとつひとつを理解したいとすれば、曖昧性に対する不寛容(Intolerance of ambiguity)が問題となる。

    解説

  • 17

    認知的要因 カテゴリーの大きい学習者と小さい学習者 Broad Categorizer vs. Narrow Caregorizer

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学習した内容を自分の頭の中で分類し整理する時に、そのカテゴリーの大きい学習者(Broad Categorizer)と、カテゴリーの小さい学習者(Narrow Categorizer)の呼ぶ。

    解説

  • 18

    学習ストラテジー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語学学習を、より効果的に情報を処理し、理解し記憶にとどめる時に学習者が使う思考過程や行動のこと。

    解説

  • 19

    メタ認知

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分自身の思考や学習を客観視する能力。

    解説

56665

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ