zuknow learn together

新しい教材を作成

生物基礎 (窒素固定、呼吸など)

カード 22枚 作成者: 真央 (作成日: 2015/09/30)

  • 大気中の窒素をアンモニウムイオンにかえること

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

間違えあるかもです

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    大気中の窒素をアンモニウムイオンにかえること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 窒素固定

    解説

  • 2

    窒素固定を行う生物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 窒素固定細菌

    解説

    シアノバクテリアや土壌中の細菌であるアゾトバクター、クロストリジウムなど。

  • 3

    マメ科の植物の根元にある根粒を形成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 根粒菌

    解説

    窒素固定を行う。

  • 4

    互いに利益を分かち合い、共存している関係。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共生

    解説

    根粒菌によってマメ科植物はアンモニウムイオンを得、根粒菌は植物より有機物の供給を受ける。

  • 5

    酸素を用いて有機物からエネルギーを取り出す過程。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸

    解説

    38分子のATPができる。

  • 6

    呼吸でエネルギーを取り出す物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸基質

    解説

    最もよく利用されるのは炭水化物の一種であるグルコース〈C₆H₁₂O₆〉

  • 7

    グルコース1分子がピルビン酸2分子になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解糖系

    解説

    2分子のATPが生成され、離脱した水素が電子伝達系に運ばれる。

  • 8

    ピルビン酸が二酸化炭素や水素を生じる回路反応。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クエン酸回路

    解説

    2分子のピルビン酸[2(C₃)]⇒アセチルCoA[2(C₂)]⇒クエン酸[2(C₆)]⇒⇒オキサロ酢酸[2(C₄)]へと変化。6分子の水が加わり、6分子の二酸化炭素が生成される。2分子のATPが生成される。

  • 9

    解糖系とクエン酸回路から運ばれてきた水素が電子とH⁺に分かれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電子伝達系

    解説

    電子はNADHやFADH₂の形で運ばれてくる。ATP合成酵素が働く。34分子のATPが合成され、12分子の水ができる。

  • 10

    呼吸(グルコース)の化学反応式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • C₆H₁₂O₆+6O₂+6H₂O→6CO₂+12H₂O+38ATP

    解説

  • 11

    嫌気的に炭水化物を分解し、ATPを得ること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発酵

    解説

  • 12

    動物の筋肉において無酸素状態でグルコースやグリコーゲンが分解され、エネルギーが供給されること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解糖系

    解説

    細胞質基質で行われ、呼吸の解糖系と同じ反応過程を持つ。

  • 13

    酵母菌によってグルコースがピルビン酸を経て解糖系と同じ過程で2分子のATPが得られる反応。酵母菌は細菌ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルコール発酵

    解説

    解糖系と同じ過程でグルコース1分子当たり2分子のATPができる。C₆H₁₂O₆→2C₂H₆O+2CO₂+2ATP

  • 14

    酵母菌が酸素条件下ではミトコンドリアが発達して呼吸を行い、アルコール発酵が抑制されること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パスツール効果

    解説

  • 15

    乳酸菌が行う発酵

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳酸発酵

    解説

    ピルビン酸が還元され乳酸が発生する。C₆H₁₂O₆→2C₃H₅O₃+2ATP

  • 16

    グルコースやグリコーゲンが嫌気的に分解されて乳酸を生じる。乳酸発酵と同じ反応経路をたどる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解糖系

    解説

  • 17

    真核生物の細胞小器官が原核生物の共生に生まれたとする説。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共生説

    解説

    好気性細胞と共生→ミトコンドリア  シアノバクテリアと共生→葉緑体

  • 18

    メンデルの法則(3つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①優性の法則 ②独立の法則 ③分離の法則

    解説

  • 19

    1900年にメンデルの業績が再評価されるきっかけになった人(3人)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ド フリーズ コレンス チェルマク

    解説

  • 20

    減数分裂における染色体の行動がメンデルの仮定した遺伝子の行動と一致することを発見。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人物)サットン 年)1902年 サットンの染色体説

    解説

  • 21

    死んだS型菌の成分がR型菌にカプセルの合成能力を与える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人物)グリフィス 年)1928年 形質転換

    解説

  • 22

    形質転換を引き起こすのはDNAであると結論づけた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人物)エイブリー 年)1943年

    解説

57021

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ