zuknow learn together

新しい教材を作成

システムアーキテクト 午後Ⅱ

カード 16枚 作成者: Takashi Miyanomae (作成日: 2015/09/27)

  • 平成26年度 問1
    テーマを応えよ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

合格へ向けて

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    平成26年度 問1 テーマを応えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務プロセスの見直しにおける情報システムの活用について

    解説

    ・特定の業務プロセスに時間が掛かっていることが原因で全体の時間が延びている。 ・顧客への対応手順が支店ごとに異なることが原因でクレームが発生している。 ・判断のミスが多いことが原因で発注のロスが発生している。

  • 2

    平成26年度 問1 状況を応えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務プロセスの見直しには、情報システムを活用することが多い。

    解説

  • 3

    平成26年度 問1 あるべき姿

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムアーキテクトは原因を取り除くために、情報システムの活用を検討する。また、例外的な状況でも業務プロセスが実行できるように対策を検討する。

    解説

  • 4

    平成26年度 問1 例1

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定の業務プロセスに時間がかかっていることで全体の時間が延びている。 ⇒その業務プロセスを情報システムで自動化し、時間短縮を図る

    解説

  • 5

    平成26年度 問1 例2

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客への対応手順が支店ごとに異なることが原因でクレームが発生している。⇒業務プロセスの標準に基づいた情報システムを開発することで、必ず対応手順が同じになるようにする。

    解説

  • 6

    平成26年度 問1 例3

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 判断のミスが多いことが原因で発注のロスが発生している。⇒ルール化した判断方法を情報システムに組み込み、人間による判断を排除する。

    解説

  • 7

    平成26年度 問1 例外1

    補足(例文と訳など)

    答え

    • まれに発生する例外データヘの対応方法の用意

    解説

  • 8

    平成26年度 問1 例外2

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報システムで判断できない場合の人間への判断材料の提示

    解説

  • 9

    平成26年度 問2 テーマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データ交換を利用する情報システムの設計について

    解説

  • 10

    平成26年度 問2 状況

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビジネスのスピード向上や業務運用の効率向上を目的として、企業間や企業内システム間でデータ交換を利用する情報システムを構築する企業が増加している。

    解説

  • 11

    平成26年度 問2 あるべき姿

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムアーキテクトは、制約事項を踏まえてデータ交換を利用する情報システムを構築しなければならない。 制約事項は解説に掲載

    解説

    制約: データ交換では、「運用時間帯」、「データ送信順序」などの制約事項が、あらかじめ決まっている場合が多い。

  • 12

    平成26年度 問2 例 大量のデータがある場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データの送信開始時刻に間に合わせるために、送信側で、送信データの作成を多重で処理できるように設計する。

    解説

  • 13

    平成26年度 問2 例 受注データとマスタデータの送信順序が保証されない場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データの整合性を維持するために、受信側で全ての受信データを一時保管した上で、その中からマスタデータを先に反映するように設計する。

    解説

  • 14

    平成26年度 問2 データ交換に伴う異常を想定 例 一部の受信予定データが届かない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その後の処理全体が滞るのを避けるために、事前の取り決めに従って、後続処理を開始できるようにする。

    解説

  • 15

    平成26年度 問2 データ交換に伴う異常を想定 例 受注データの受信から加工までの処理を自動化する場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受注数量が過去実績に比べて極端に多いなどの業務上の異常データが発生した時には、処理を中断して人手による確認ができるようにする。

    解説

  • 16

    平成26年度 問3 テーマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組み込みシステムの開発における機能分割について

    解説

56941

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ