zuknow learn together

新しい教材を作成

総合演習1-2(化学)

カード 82枚 作成者: 死にました (作成日: 2015/09/24)

  • エピナスチン塩酸塩に含まれる基本骨格はベンゾジアゼピン骨格およびイミダゾール骨格である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

選択肢修正しますごめんなさい!
問題、解説は随時追加していきます。

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    エピナスチン塩酸塩に含まれる基本骨格はベンゾジアゼピン骨格およびイミダゾール骨格である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    ×ベンゾジアゼピン骨格 ↓ ○ジベンゾアゼピン骨格

  • 2

    ワルファリンカリウムに含まれる基本骨格はクマリン骨格である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 3

    チアマゾールに含まれる基本骨格の名称はチアゾール骨格である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    正しくは、イミダゾール骨格

  • 4

    キニーネ塩酸塩水和物に含まれる基本骨格の名称はイソキノリン骨格およびキヌクリジン骨格である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    ×イソキノリン骨格 ↓ ○キノリン骨格

  • 5

    トリアムテレンに含まれる基本骨格の名称はプリン骨格である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    正しくは、プテリジン骨格

  • 6

    次の日本薬局方収載医薬品のIUPAC規則名は (3RS)-3-aminomethyl-3-(4-chlorophenyl)propanic acid

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    (3RS)-4-amino-3-(4-chlorophenyl)butanoic acid

  • 7

    次の日本薬局方収載医薬品のIUPAC規則名は 4-acetamidophenol である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    N-(4-hydroxyphenyl)acetamide

  • 8

    次の日本薬局方収載医薬品のIUPAC規則名は pyridine-1-carboxamide である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    pyridine-3-carboxamide 複素環の場合、位置番号は骨格が優先される。

  • 9

    次の日本薬局方収載医薬品のIUPAC規則名は ethyl 2-(4-chlorophenoxy)-2,2-dimethylacetate である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    ethyl 2-(4-chlorophenoxy)-3-methylpropanoate

  • 10

    次の日本薬局方収載医薬品のIUPAC規則名は (S)-2-(6-methoxynaphthalen-2-yl)propanoic acid である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 11

    次の構造式のIUPAC規則名として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3-propylpent-3-en-1-yne
    • 誤答選択肢 3-propylpent-1-yne-3-ene
    • 3-propylpent-4-yn-2-ene
    • 3-propylpent-2-en-4-yne
    • 3-ethylidenehex-1-yne

    解説

    二重結合と三重結合がある場合は、enyneで命名する。

  • 12

    次の構造式は、抗うつ薬ミルナシプランの構造体である。この構造式の化学名として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1S,2R)-2-aminomethyl-N,N-diethyl-1-phenylcyclopropanecarboxamide hydrochloride
    • 誤答選択肢 (1R,2S)-1-aminomethyl-N,N-diethyl-2-phenylcyclopropanamide hydrochloride
    • (1S,2R)-2-aminomethyl-N,N-diethyl-1-phenylcyclopropanamide hydrochloride
    • (1R,2S)-1-aminomethyl-N,N-diethyl-2-phenylcyclopropanecarboxamide hydrochloride
    • (1R,2S)-[2-(N,N-diethylcarbamoyl)-2-phenylcyclopropyl]methanamine hydrochloride

    解説

  • 13

    次に示した無機化合物のうち、反磁性であるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SO3
    • 誤答選択肢 NO
    • O2(基底状態)
    • NO2

    解説

  • 14

    一重項及び三重項O2はともに1電子還元を受けるとスーパーオキシドアニオンラジカルとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 15

    O3(オゾン)は常磁性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 16

    O3(オゾン)は三つの酸素原子が一列に結合した直線上の分子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 17

    一重項及び三重項O2はどちらも常磁性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 18

    基底状態三重項酸素O2においては、不対電子は結合性π軌道に収容されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 19

    最も酸性が強いオキソ酸はHClである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 20

    HClO2の中心元素であるClの酸化数は+3である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 21

    HClOは塩素(Cl2)を水に溶かすことにより生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 22

    HClO3の中心元素である塩素はsp3混成軌道をとり、その分子の形は三角錐である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 23

    オキソ酸はすべて酸化作用を有する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 24

    ポルフィリンは共役系であり、4n+2則を満たしているため、芳香族である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 25

    Fe2+やMg2+と錯体を形成した場合、ポルフィリンは四座配位子として機能する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 26

    ポルフィリンは金属イオンと錯体を形成することができるため、Lewis酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 27

    ポルフィリンの構成単位の一つにピロール環を含んでいる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 28

    ポルフィリンは、シトクロームP450の活性中心であるヘムの基本骨格である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 29

    オキサリプラチンの錯体の中心金属であるPtの酸化数は+4である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 30

    オキサリプラチンの錯体の構造は平面四角形である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 31

    オキサリプラチンは光学活性体であり、存在する不斉炭素の絶対配置は(1R,2R)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 32

    オキサリプラチンにおいて、PtはLewis酸として機能し、錯体を形成している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 33

    オキサリプラチンは、オキサラト(-^OOC-COO^-)配位子がCl^-またはH2Oと置き換わることにより活性型となり、白金-DNA複合体が形成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 34

    ピリジンの窒素上の孤立電子対はsp2混成軌道に収容され、この2電子がπ電子系に供与されることにより芳香族性に関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 35

    1,4-ジヒドロピリジンは、窒素上の孤立電子対が炭素由来の4π電子と共鳴し6π電子となるため、芳香族である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 36

    ピリミジンの二つの窒素はともにsp2混成で、それぞれが芳香族π電子系に1電子ずつ供与されることにより、ピリミジンは芳香族性を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 37

    チオフェンの硫黄原子上には二組の孤立電子対があり、これらの電子はsp3混成軌道に収容されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 38

    イミダゾールの二つの窒素上の孤立電子対はp軌道に収容されており、それぞれ2電子がともにπ電子に供与されることにより芳香族性に関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 39

    次のアルカンのうち、最も低い沸点を示すのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2,2-dimethylbutane
    • 誤答選択肢 2-methylpentane
    • 3-methylpentane
    • hexane
    • octane

    解説

  • 40

    メソ化合物にはキラル中心は存在しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 41

    (2R,3S)-2,3-Dibromobutaneは、光学活性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 42

    単一のエナンチオマー(光学活性体)のケトン基を還元すると、一対のエナンチオマーからなるアルコールが生成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 43

    L-アミノ酸の立体配置は、すべて(S)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 44

    meso-酒石酸をエステル化し、モノエチルエステルを得た場合は、一対のエナンチオマー混合物からなるエステルが生成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 45

    1,4Dimethilcyclohexaneには、鏡像異性体も含めて3種類の立体異性体が存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 46

    trans-1,3-Dimetiylcyclohexaneの安定な立体配座では、2つのメチル基はエクアトリアル配座となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 47

    1,2-Dimethylcyclohexaneには、鏡像異性体も含めて4種類の立体異性体が存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 48

    cis-1,2-Dimethylcyclohexaneのいす型配座AとBは互いにエナンチオマーの関係であるため、cis-1,2-dimethylcyclohexaneは、1:1のラセミ体で存在している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 49

    cis-1,2-Dimethylcyclohexaneのいす型配座AとBは互いにコンホマーであるため、同一物となり、このため、cis-1,2-Dimethylcyclohexaneはメソ体となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    高分解能マススペクトロメトリーでは、分子イオンの平均分子量から分子式が算定できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 51

    CO、N2、H2C=CH2を高分解能マススペクトロメトリーで測定した場合、いずれも精密質量が異なるので区別できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    高分解能マススペクトロメトリーでは、光学異性体を区別できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 53

    m/z値が1000.0と1000.1のピークか明瞭に区別できる場合の分解能は1000となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    高分解能マススペクトロメトリーでは、イオンの検出感度が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    電子化イオン化法(EI)は、高速の熱電子を気化させた試料に衝突させることにより分子をイオン化する方法であるため、熱に不安定な物質や高分子化合物には不向きである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 56

    化学イオン化法は、反応ガスを電子衝撃して得られる反応イオンを用いて試料分子をイオン化する方法であり、EI法に比べてソフトなイオン化法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    高速原子衝撃イオン化法(FAB)は、難揮発性および熱に不安定な物質にも適応可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    エレクトロスプレーイオン化法(ESI)は極性溶媒に溶解した試料をキャピラリーを通してスプレーさせるため、大気圧下ではなく減圧下でイオン化を行う必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 59

    マトリックス支援レーザー脱離イオン化法(MALDI)は、試料をマトリックス上に吸着させレーザー光を照射することによりイオン化させる方法であるため、熱に不安定な物質にも適応可能であることから、ソフトイオン化法の1つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    酸触媒により最も脱離反応を起こしやすい化合物はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第三級アルコール
    • 誤答選択肢 第一級アルコール
    • 第二級アルコール
    • 第二級アミン
    • 第三級アミン

    解説

  • 61

    第一級アルコールを臭素化合物に変換する試薬として最も適しているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PBr3
    • 誤答選択肢 Br2
    • HBr
    • NaBr
    • NBS(N-bromosuccinimide)

    解説

  • 62

    次に示すアルコールからカルボン酸への変換のための試薬はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エステル
    • 誤答選択肢 アミド
    • ニトリル
    • アルケン
    • ケトン

    解説

  • 63

    化合物Aのヒドロホウ素化-酸化反応の主生成物Bとして正しいのはどれか。ただし、ラセミ体が生成する場合は片方の鏡像異性体のみを示してある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 画像添付

    解説

  • 64

    Grignard試薬との反応、続くH3O+の処理によってケトンを与える化合物はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニトリル
    • 誤答選択肢 エステル
    • カルボン酸
    • 二酸化炭素
    • アルデヒド

    解説

  • 65

    次に示す反応の反応名はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Aldol縮合反応
    • 誤答選択肢 Claisen縮合反応
    • Mannich反応
    • Hofman転移
    • Witting反応

    解説

  • 66

    次の反応のうち、反応後、水で後処理すると、エタノール以外のアルコール化合物を生成するのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Aldol付加反応
    • 誤答選択肢 Grignard反応
    • Friedel-Crafts反応
    • Claisen縮合反応
    • Witting反応

    解説

  • 67

    カルボニル化合物AをアルケンCに変換するのに必要な試薬Bはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 画像

    解説

  • 68

    次のアルコールからケトンを合成するのはどのタイプの反応か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸化反応
    • 誤答選択肢 脱水反応
    • 還元反応
    • 脱離反応
    • 置換反応

    解説

  • 69

    エタノールをクロロクロム酸ピリジニウム(PCC試薬)で酸化したときの主生成物は、酢酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 70

    イソプロピルアルコールを二クロム酸ナトリウムで酸化したときの主生成物は、アセトンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 71

    tert-ブチルアルコールを硫酸存在下、170℃で加熱したときの主生成物は、2-メチルプロペンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 72

    1-メチルシクロヘキサノールを塩化水素で処理すると、主生成物として1-クロロ-1-メチルシクロヘキサンが得られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 73

    1-メチルシクロヘキサノールをピリジン中0℃、塩化ホスホリル(POCl3)で処理すると、主生成物として1-メチルシクロヘキセンが得られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 74

    エトキシベンゼンAの一般的な合成法をいかに示した。これに関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブロモエタン(C)の代わりにp-トルエンスルホン酸エチルを利用することができる。
    • 誤答選択肢 SN1機構で進行する。
    • カルボカチオン中間体を経由して進行する。
    • プロトン性極性溶媒を使用すると反応が速く進行する。
    • Aは、ヨードベンゼンとナトリウムエトキシドから合成することがでできる。

    解説

  • 75

    ベンゼンジアゾニウム塩を酸化すると、フェノールが得られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 76

    フェノール類に塩化鉄(Ⅲ)試液を加えると、錯体を形成して呈色する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 77

    ヒドロキノンを酸化すると、p-ベンゾキノンが得られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 78

    フェノールは炭酸水素ナトリウムと容易に反応し、ナトリウムフェノキシドを生成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

  • 79

    ビタミンEはフェノール性水酸基を持つため、生体内で抗酸化作用を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 80

    ブタ-1,3-ジエンのC2-C3の結合の長さは、エタンの炭素-炭素結合より短い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 81

    ブタ-1,3-ジエンへのHBrの1,2-付加反応によって得られる生成物は3-ブロモブタ-1-エンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 82

    ブタ-1,3-ジエンに高温(40℃)でHBrを付加させたときの主生成物は、3-ブロモブタ-1-エンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

56900

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ