zuknow learn together

新しい教材を作成

建具/住宅設備/照明/表現技法他【インテリアコーディネーター】

カード 126枚 作成者: 91ちゃん (作成日: 2015/09/20)

  • 丁番の軸部分のこと

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    丁番の軸部分のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナックル

    解説

  • 2

    南洋産の中級材。ワランと同系の材では肌目が荒く、加工性が良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マンガシロ

    解説

  • 3

    南洋産の高級材。狂いがなく、強度、耐久性に優れる。家具、建具、フローリングなどに用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チーク

    解説

  • 4

    木材に完成油を塗布して浸透させる。表面に塗膜をつくらない塗装方法。テクスチャーを美しく見せる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オイル拭き

    解説

  • 5

    部材を正面から見たときの正面に見えている面。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 見付け

    解説

  • 6

    部材を正面から見たときの奥行きのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 見込み

    解説

  • 7

    ガラスの表面に凹凸の型模様をつけたもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 型板ガラス

    解説

  • 8

    建具の四周を固める部材を框という。四周を縦框と横框で組んで、その中にうわ板やガラスなどをはめ込んだ扉。唐戸ともいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 框戸

    解説

  • 9

    舞良子と呼ばれる細い桟を一定の間隔で平行に取り付けた板戸。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 舞良戸

    解説

  • 10

    ガラリ戸という。框組の間に羽板(ルーバー)を連続的に組み込み通風を確保した戸。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鎧戸

    解説

  • 11

    契りとは両端が広く中央部がくびれている形の総称。木材の組手で雇い実継の一種。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 契り加工

    解説

  • 12

    木材の仕口等で、片方の材の端に作り出した突起。建具枠などの継手にも用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほぞ

    解説

  • 13

    2本の狭い間隔の桟を1組とし、これを一定間隔で並べた産や組み子の並べ方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吹き寄せ

    解説

  • 14

    障子紙のかわりにガラスをはめ込んだ障子。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東障子

    解説

  • 15

    擦り上げ障子の一種。障子の下部を可動式とし摺り上げることができ外側にガラスを入れたもの。外の景色が見える構造。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雪見障子

    解説

  • 16

    下部に腰板をつけた障子。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腰付障子

    解説

  • 17

    障子の下部に腰板を入れず、下桟まで格子(組子)で障子紙を前面に張ったもの。腰板がないため腰を見ないという意味で見ず腰となり、それが転じた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水腰障子

    解説

  • 18

    障子の下部を可動式とし、擦り上げる構造となっている障子。通常下部にガラスをはめ込んで雪見障子とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 擦り上げ障子

    解説

  • 19

    江戸時代に建てられた建具の1つで、格子の間に板を挟んだ戸。L字型の吊金物で吊り、水平に跳ね上げて下から棒で支えることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蔀戸

    解説

  • 20

    框の中央に帯状にやや幅広い横桟を入れたと。横桟は一般的に取っ手などを取り付ける高さに設ける。襖や板戸として使用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 帯戸

    解説

  • 21

    細竹、割竹などを格子や四つ目、菱目模様などに編んだ戸。外部との通風を確保する夏用の戸として、また、庭園の木戸や茶室の路地の中門に使用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 簀戸

    解説

  • 22

    量産襖の1つで、フラッシュ構造の骨組みに下地板を張り、その上に襖紙を張った襖。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単板襖

    解説

  • 23

    襖の形式の1つで、框がなく骨組みの両面から襖氏を貼り込んだもの。框(縁枠)が見えないのでシンプルなデザインになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太鼓張り襖

    解説

  • 24

    框組に、適当な間隔の隙間を開けた横桟を連続的に設けたもの。板材などを張らずに透かし部分を作った戸。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目透度

    解説

  • 25

    内倒し機能を持った片引き戸。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シーベキップ

    解説

  • 26

    大型引き戸。戸を閉める際にハンドル操作によって戸車と戸を連結している金具を上へ押し上げ、窓枠、戸車、戸を密着させることで密閉性が高くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シーベシーベ

    解説

  • 27

    普段ははめ殺しで、左右の建具が重ならずに納まるが、必要なときに冊子を内側に引き込み、スライドさせて開閉することができる。内動型引き窓。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パラレルスライド

    解説

  • 28

    高機密性のサッシのこと。断熱性、防音性に優れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エアタイトサッシ

    解説

  • 29

    水平に重なり合ったガラス板のルーバーが、窓枠の中で一緒に回転する窓。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジャロジー窓

    解説

  • 30

    敷居の溝の底に磨耗を防ぎすべりをよくする目的で、樫など堅い木の埋め木をすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 埋め樫

    解説

  • 31

    和室の鴨居の上部に取り付ける水平材。現在は衣装的に用いられる場合が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長押(なげし)

    解説

  • 32

    ドアの開閉機構(レバーハンドルや握り玉など)を含まない施錠機構のみの装置。引き戸用の鎌錠もこれの一部である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本締り錠

    解説

  • 33

    ドアの開閉機構に用いられるボルトでスプリングにより常にボルトを錠面から突出するようにしたもの。空締まり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラッチボルト

    解説

  • 34

    ドアの施錠機構に用いられるボルトで鍵やサムターンにより出し入れするボルト。本締まり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デッドボルト

    解説

  • 35

    ドアの室内側に取り付けてデッドボルトを出し入れするためのひねり金物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サムターン

    解説

  • 36

    開いたドアを自動的にゆっくり閉める機構を持った丁番。上部にスプリングのついた丁番を、下部に油圧機構を備えた丁番をセットで取り付ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オートヒンジ

    解説

  • 37

    丁番のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒンジ

    解説

  • 38

    ダブテールジョイントともいう。組み手を逆三角形に加工して接合するもので、家具の引き出しの前板と即板の組み手などに使われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蟻組

    解説

  • 39

    吊り戸のドアレールに傾斜をもたせて、自動的にドアが閉まるようにした仕組み。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 傾斜機構

    解説

  • 40

    引き戸を閉じる際の指はさみなどの事故を防ぐために設ける減速機構。ハンガー車にブレーキ装置を組み込むものや、戸枠に専用の装置を設置するタイプなどがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブレーキ機構

    解説

  • 41

    吊り戸の振れを防ぐ機構で下部にガイドレールを設けたり振れ止め金具を設置したりする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 触れ止め機構

    解説

  • 42

    ドアクローザーのうち、ドアの上部に本体を埋め込み、アームのみ表に現れるタイプ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンシールドドアクローザー

    解説

  • 43

    石油やガスなど燃焼に空気を必要とする機器で、室内で給気し、廃棄も室内に出す器具。燃焼効率は高いが、室内の空気を汚し、結露も発生しやすい。換気が随時必要。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開放型燃焼器具

    解説

  • 44

    石油やガスなど燃焼に空気を必要とする機器で、屋外から給気し、排気も屋外に出す器具。室内に温水などを送る温水器、暖房機器も密閉型であると言える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 密閉型燃焼器具

    解説

  • 45

    石油やガスなど燃焼に空気を必要とする機器で、室内から給気し、排気を屋外に出す器具。煙突付きのストーブなど。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 半密閉型燃焼器具

    解説

  • 46

    重力換気ともいう。室内外の温度差により、空気に重量差が生じて発生する換気。排気量は室内外の温度差の平方根に比例。窓は上下に配置するのが効率が高く、換気量は上下の窓の垂直距離の平方根に比例する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温度差換気

    解説

  • 47

    風力を利用した換気。換気量は、外気の風速、窓の面積にほぼ比例する。窓は対向壁面に配置されるのが最も効率がよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風力換気

    解説

  • 48

    揮発性有機化合物。建築材から放散される化学物質による健康被害の原因物質の総称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • VOC

    解説

  • 49

    1kgの乾き空気と共存する水蒸気の重量を表す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶対湿度

    解説

  • 50

    ある温度において空気中に含まれる水蒸気量のその温度の飽和水蒸気量に対する割合。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相対湿度

    解説

  • 51

    人間の耳で聞き取れる音の範囲。周波数では20〜2000hz。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可聴音

    解説

  • 52

    天井と床、向き合う壁など、反射率の高い材料でできた面同士で反射が連続し、拍手や足音が二重三重に聞こえる現象。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フラッターエコー

    解説

  • 53

    音がどのくらい反射しないかを示す概念。音のエネルギーが物質中で熱エネルギーに変換されることによりこの現象が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吸音

    解説

  • 54

    単位面積あたりに入射する光束。ある面にどれだけの光が入射しているかを表す。単位xl。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 照度

    解説

  • 55

    室内や作業面の最小照度と最大照度の比。同一作業面上の最高照度と最低照度の比は1.5対1以内、また、作業面とその周辺の平均照度の比は3対1とするのが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 均せい度

    解説

  • 56

    全天空光による屋外水平面照度。一般に快晴時より、薄い曇天時の方が大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全天空照度

    解説

  • 57

    窓面に入射する全日射量に対する室内に入る熱量の比。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日射侵入率

    解説

  • 58

    ある立体角を持つ面の底円への投影面積をAとした場合、庭園の面積に対してAが占める割合。室内から窓などを通じて全天候面積の何パーセントが見えるかという割合のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 立体角投射率

    解説

  • 59

    採光による室内の明るさを表す指標。昼光率(%)=(室内照度)/全天空照度×100

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昼光率

    解説

  • 60

    照明計画において、立体物が適切に見えるように照明を調整すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モデリング

    解説

  • 61

    窓の外部中段に設ける庇。直射日光の抑制、庇上部の反射光を室内上部に間接光として取り込むことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ライトシェルフ

    解説

  • 62

    眼球の全面を覆う透明な膜。水晶体とともに目のピントを合わせる、細菌感染を防ぐ役割。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 角膜

    解説

  • 63

    眼球の内側を覆い、視細胞が面上に並んだ膜。外界からの光の刺激が視細胞から視神経によって脳に伝えられ、色や明暗を識別する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 網膜

    解説

  • 64

    光の波長別の明るさの感度。波長555nmのときの感度を1として他の波長の感度を表した「比視感度」のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視感度

    解説

  • 65

    人の目に光として見える電磁波のこと。通常、波長380nm〜780nmの範囲。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可視光線

    解説

  • 66

    明所と暗所において視覚感度の高い波長に差異が生じる現象。明所では555nm付近の波長(緑〜黄色)の感度が最も高いが、暗所では波長の短い方(青)にずれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プルキンエ現象

    解説

  • 67

    光源が1wあたりの電力で放つことのできる光束を表す。光束(lm)÷電力(w)で求める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ランプ効率

    解説

  • 68

    視野に輝度の高い光源や反射光が入って、物が見えにくくなったり不快を感じたりすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレア

    解説

  • 69

    ある方向から見た面の、明るさの程度を表す単位。単位はcd/㎡。照明器具の光の強さ(まぶしさ)を表すのに用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 輝度

    解説

  • 70

    単位面積あたりに入射する光束。ある面にどれだけ光が当たっているか。単位はlx(ルクス)室内の明るさを知るための基本的な指標となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 照度

    解説

  • 71

    水平面に鉛直に立てた単位長さの棒の方向と長さの軌跡をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日影曲線

    解説

  • 72

    光源から出る光度分布を表す曲線。照明器具の中心を通る面において、同一の光度の点をつないで得られる曲線。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 配光曲線

    解説

  • 73

    採光や照明による室内の照度分布を示す曲線。面上の等しい照度を結んで得られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 等照度曲線

    解説

  • 74

    室内などの輝度の分布を表したもの。壁の仕上げや凹凸によって変わるなど、主観的な明るさに対応している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 輝度分布

    解説

  • 75

    室内などの照度の分布を表したもの。採光や照明の光が室内の各所をどの程度の明るさで照らしているかを知ることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 照度分布

    解説

  • 76

    蛍光灯の点灯方式のうちインバータ(電子安定器)を使用した物。通常の蛍光ランプよりランプ効率が高く、省電力、ちらつきが少なくノイズが少なく、器具も軽量化される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高周波点灯方式

    解説

  • 77

    蛍光ランプ内の内面誘導性被膜により、スイッチの操作同時に点灯する蛍光ランプ。専用の蛍光ランプが必要で、主にオフィス用。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラピッドスタータ

    解説

  • 78

    蛍光ランプのスタータの一種。小型の放電管であるグローランプ(点灯管)と周辺装置からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グロースタータ

    解説

  • 79

    照明用の光源の一種。光束が大きく高輝度、ランプ効率が高い、長寿命。しかし、安定器が大きく演色性が全般的に低く、始動時間が長い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • HIDランプ

    解説

  • 80

    薄いフィルム状の形態をとることが多い。透明な電極の間に発光層を挟んだ物で、周圍を照らすほどの光束はなく、演出用の照明として注目されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有機ELランプ

    解説

  • 81

    建築化照明の一種。窪みや棚などで光源を隠し、主に天井面を照らす間接照明。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コーブ照明

    解説

  • 82

    建築化照明の一種。壁を横断する水平帯の背後に光源を隠し、壁面を照明にするもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コニース照明

    解説

  • 83

    建築化照明の一種。壁に設けた光源の全面を水平帯で遮蔽し、上下方向の光で間接照明を行うもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バランス照明

    解説

  • 84

    部屋の入り口とベッドの近くなど、照明を2ヶ所で点滅できる装置。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3路スイッチ

    解説

  • 85

    全般局部併用照明。作業部の局部照明と空間全体の全般照明をバランスよく使う照明方法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タスク・アンビエント照明

    解説

  • 86

    当確投影図法ともいう。軸測投影図のうち、XYZ軸が互いに120度で交わるもの。投影図を描く面が菱形になるため形が歪むがXYZ軸の縮尺を同一にとることができるので、軸上の寸法関数は正確に反映される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイソメトリック図法

    解説

  • 87

    平面を正投影とし、そこから立面を斜めに延ばした図法。平面図を45度傾け、立面を垂直に伸ばすとアクソノメトリック図となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平面斜投影図法

    解説

  • 88

    3焦点透視図のこと。消点を3つ持つパースペクティブ。対象物の幅、奥行き、高さのラインに消点をもたせたもの。高層建築の外観表現などに適する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斜透視図法

    解説

  • 89

    投影図法の一種。正面図を聖投影図とし、奥行きの軸を45度に伸ばした図。奥行きの縮尺の取り方により、キャビネット図、カバリエ図などの種類がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斜投影図法

    解説

  • 90

    不等角投影図ともいう。対角投影図以外の軸測投影図、または軸測投影図一般を意味するが図法としては平面図を構成する2軸xyを90度で交わらせてから縮尺を同一とし、高さを表す軸zを水平線から垂直に立ち上げた座標を基準とする軸測投影図をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクソノメトリック図法

    解説

  • 91

    12消点透視図のこと。消点を2つ持つパースペクティブ。対象物の幅と奥行きラインに消点を持たせ高さのラインは平行線とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有角透視図法

    解説

  • 92

    奥行きの縮尺を正面図の2分の1とするもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャビネット図法

    解説

  • 93

    奥行きの縮尺が正面図と同一のもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カバリエ図法

    解説

  • 94

    1消点透視図のこと。消点を1つ持つパースペクティブ。対象物の奥行きのラインに消点を持たせ、幅と高さのラインは平行線とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平行透視図法

    解説

  • 95

    物体に平行な光が当たり頭上に影を落としたものと仮定して描かれる図を基本とする立体図。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平行投影図法

    解説

  • 96

    対象物を正投影法の第3象限に置いて表示する図法。正面図の上に平面図、正面図の右に側面図が描かれ、家具図、機械製図などに一般に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第3角法

    解説

  • 97

    3次元の座標軸XYZを平面上にある角度で交わらせ、これを基準として対象物を描いた投影図。プレゼンテーション図面として多く用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軸測投影図

    解説

  • 98

    平行な光が物体に当たって、平面上に影を落とした状態を想定した図。物体の一方向の形状や寸法を正確に表せるので、平面図、立面図など設計図用に主に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正投影図

    解説

  • 99

    消点を持つ投影図、すなわち透視投影図(パース)のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中心投影図

    解説

  • 100

    縮尺の大きい図面のことで、平面詳細図、断面詳細図などがある。一般に通常の断面図よりも縮尺が大きく、1/30、1/20で描かれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 詳細図

    解説

  • 101

    上から見下ろした形が描かれた図面。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伏図

    解説

  • 102

    寸法や名称記入のために対象箇所から引き出して描く線。細い実線が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 引出線

    解説

  • 103

    ドアの開き勝手など、便宜上必要な線。細い2点鎖線が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 想像線

    解説

  • 104

    対象物の一部を省略するときに用いる線。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 破断線

    解説

  • 105

    断面の寸法の詳細、下地、仕上げ材の配置や形状などを表現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 矩計図

    解説

  • 106

    建築基準法において、建築物の初期火災の成長を妨げて、フラッシュオーバーを引き伸ばすために、部屋の壁、天井の仕上げを防火上支障のないものとし、避難を安全なものとするための制限。制限を受ける対象は、建築物としては特殊建築物、一定規模以上の建築物などで、この場合は居室と居室から地上に通じる主な廊下や階段その他の通路の壁及び天井の室内に面する部分の仕上げを不燃材または準不燃材でしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内装制限

    解説

  • 107

    建築基準法で居室の天井高は2.1m以上とすることが定められている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 居室の天井高

    解説

  • 108

    床の仕上げ面から天井の仕上げ面までの距離。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天井高

    解説

  • 109

    商業施設、集会施設、遊興施設及び高さ31mを超える高層建造物などの防火対象物について、使用するカーテン、カーペット、緞帳などは政令で定めた防炎性能のある防炎対象物品を使用するよう義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 防炎規制

    解説

  • 110

    建築物の建築面積の敷地面積に対する割合。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建ぺい率

    解説

  • 111

    外壁または柱の中心線で囲まれた部分の水平投影面積をいう。ただし、軒やひさしが突き出ている場合はその先端から1m後退した線で囲まれた部分をふくむ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建築面積

    解説

  • 112

    建築物の各階またはその一部で壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積。階段部分は各階の床面積に含む。吹き抜け部分は床面積に参入しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 床面積

    解説

  • 113

    建築部部の延べ面積の敷地面積に対する割合。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 容積率

    解説

  • 114

    建築物の各階の床面積の合計。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 延べ面積

    解説

  • 115

    建築基準法における建物の高さ制限のひとつ。建物の北側の家の採光を確保するにあたっての制限で、北側の隣地境界線に一定の高さの垂直線を立ち上げ、その頂部から建物に向かって1.25/1の角度で引いた斜線以上の部分に建物があってはならないというもの。境界線に立ち上げる垂直線の高さは、第1種、第2種低層住居専用地域では5m、第1種、第2種中層住居専用地域10mと定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北側斜線制限

    解説

  • 116

    様々な商品の中で「生産」から「廃棄」に渡るライフサイクル全体を通して環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認められた商品に付けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エコマーク

    解説

  • 117

    防犯性の高い建物部品に付けられるマーク。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CPマーク

    解説

  • 118

    優良と認められた断熱材に付与されるマーク。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 優良断熱材認証マーク

    解説

  • 119

    方版、繊維板、パーティクルボード及び接着剤はF☆☆☆以上かつ、塗料はホルムアルデヒドを含まないものを使用している家具に付けられるマーク。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 室内環境配慮マーク

    解説

  • 120

    販売者の不正確、不明確、強引なセールス、あるいは損害賠償の責任逃れなどから消費者を守るために制定された法律。平成12年公布。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者契約法

    解説

  • 121

    繊維製品、合成樹脂加工品、電気機械器具、雑貨工業品について、消費者が購入する際にその品質を識別することが著しく困難であり、識別することが特に必要な品目について、その表示方法などを定めた法律。昭和37年制定。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家庭用品品質表示法

    解説

  • 122

    PL法。平成7年施行。製造物の欠陥によって消費者が身体や財産に損害を受けた場合、製造業者の故意過失が立証されなくても損害賠償を受けることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造物責任法

    解説

  • 123

    消費者事故を防ぎ、生活の生活の安全を確保するために制定された法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者安全法

    解説

  • 124

    建物の外壁などに部分的に熱を伝えやすいものや状態があること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒートブリッジ

    解説

  • 125

    コンセントとプラグの隙間にたまったほこりが湿気を帯びることによって起こる発火現象

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トラッキング

    解説

  • 126

    火災発生後、室全体が爆発的に炎に包まれる状態になる現象

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フラッシュオーバー

    解説

56900

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ