zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 1のコピー

カード 8枚 作成者: 大塚 直樹 (作成日: 2014/02/01)

  • 土地を売却すると、土地の管理義務を免れることになるので、婚姻していない未成年者が土地を売却するにあたっては、その法定代理人の同意は必要ない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

制限行為能力者に関する○×問題です!

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    土地を売却すると、土地の管理義務を免れることになるので、婚姻していない未成年者が土地を売却するにあたっては、その法定代理人の同意は必要ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 法定代理人の同意は必要

    解説

  • 2

    成年後見開始の審判,保佐開始の審判,及び補助開始の審判は,家庭裁判所によって行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    「成年被後見人は,法定代理人の同意を得れば,その範囲内において,有効な取引をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 成年後見人には,同意権はなく,仮に成年後見人が同意していたとしても,成年被後見人本人・成年後見人は,日常生活に関する行為を除き,原則として,常に取り消すことができます。(9条)

    解説

  • 4

    Aは、Bに土地を売ったとき未成年者で、かつ、法定代理人の同意を得ていなかったので、その売買契約を取り消した場合、Aは、そのことを、Bから当該土地を購入し移転登記も完了した善意のCに対し対抗することができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 未成年者の契約の取り消しは、善意の第三者に対抗できる

    解説

  • 5

    成年被後見人が成年後継人の事前の同意を得て土を売却する意思表示を行った場合、成年後見人は、当該意思表示を取り消すことができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 

    解説

  • 6

    未成年者Bは、法定代理人の同意または許可を得ることなく、成年であるAに売買の代理権を与えて、Cとの間で土地の売買契約を締結することができ、この契約を取り消すことはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 未成年者が代理人を使って契約した場合でも同じ

    解説

  • 7

    被保佐人が土地,建物の売買等重要な取引行為をする場合には,保佐人の同意が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    制限行為能力者の行った行為は,追認が行われることにより,確定的に有効となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56576

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ