zuknow learn together

新しい教材を作成

中2 定期テスト 対策

カード 17枚 作成者: のどか (作成日: 2015/09/17)

  • うすい硫酸と塩化バリウム水溶液を混ぜて起こる反応を化学反応式で表しなさい

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

化学変化~からだの働き

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    うすい硫酸と塩化バリウム水溶液を混ぜて起こる反応を化学反応式で表しなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • H2SO4+BaCl2→2HCl+BaSO4

    解説

  • 2

    炭酸水素ナトリウムとうすい塩酸を混ぜて起こる反応を化学反応式で表しなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NaHCO3+HCl→NaCl+H2O+CO3

    解説

  • 3

    反応の前後で物質全体の質量が変わらないことをなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 質量保存の法則

    解説

  • 4

    器具Aの名前を答えなさい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三角架

    解説

  • 5

    マグネシウムを加熱し質量を調べた ステンレス皿の酸化しにくいという性質がどのような点で役立っているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マグネシウム以外の質量の変化を無くすことができるという点

    解説

  • 6

    マグネシウムと酸素が化合するときの質量の比は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3:2

    解説

  • 7

    銅と酸素が化合するときの質量の比は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4:1

    解説

  • 8

    うすい塩酸にマグネシウムリボンを加えた時に発生する気体はなにか また化学式も答えなさい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水素 H2

    解説

  • 9

    メタンの燃焼を化学反応式に 表しなさい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CH4+2O2→CO2+2H2O

    解説

  • 10

    細胞を発見した人物の名前は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フック

    解説

  • 11

    唾液をいれない試験管Bを用意するのはなぜか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デンプンが唾液の働きによって分解されるかどうかを調べるため。

    解説

  • 12

    40℃のお湯であたためるぬはなぜか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒトの体温に近づけるため。

    解説

  • 13

    試験管Cにはどのような変化が見られるか答えなさい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤褐色の沈殿ができる

    解説

  • 14

    唾液にはどのようなな働きがあることがわかるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デンプンを糖に変える働き。

    解説

  • 15

    ヒトの臓器のなかで質量が最大のものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓

    解説

  • 16

    化学変化では熱を周囲に出して温度が(1)場合と、熱を周囲から奪って温度が(2)場合とある。→化学変化が起こるときは(3)の出入りをともなっていると考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)上がる (2)下がる (3)熱

    解説

  • 17

    化学かいろは鉄粉の酸化を利用している。1時間使った化学かいを翌日再び使うにはどうしたらよいですか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 空気に触れないようにふくろに入れて密閉する。

    解説

56782

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ