zuknow learn together

新しい教材を作成

SSJS  口腔外科

カード 74枚 作成者: RSST 改訂水飲みテスト (作成日: 2015/09/13)

  • 疾患と症状の組み合わせで正しいのはどれか

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

SSJS 試験対策

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    疾患と症状の組み合わせで正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白血病・歯肉出血
    • 誤答選択肢 エプーリス・頬粘膜の腫瘤
    • 血管腫・腫瘍形成

    解説

  • 2

    疾患と症状の組み合わせ正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下顎骨骨髄炎・下唇の知覚異常
    • 誤答選択肢 血管腫・腫瘍形成
    • エプーリス・頬粘膜の腫瘤

    解説

  • 3

    唾石は (①)に唾液腺腫瘍は(②)に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①顎下腺 ②耳下腺
    • 誤答選択肢 ①顎下腺 ②舌下腺
    • ①耳下腺 ②顎下腺
    • ①耳下腺 ②舌下腺

    解説

  • 4

    エックス線透過像に示すのはどれか。組み合わせのあっているものを選べ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歯根嚢胞・エナメル上皮腫
    • 誤答選択肢 唾石・骨種
    • 骨種・エナメル上皮腫
    • 歯根嚢胞・唾石
    • 唾石・エナメル上皮腫

    解説

  • 5

    36歳男性 上顎大臼歯の歯石除去後に口が閉じられなくなった。顎関節脱臼と診断された。まず行われる対応で適切なのはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 徒手整復
    • 誤答選択肢 嚥下訓練
    • 開口訓練
    • 顎間固定

    解説

  • 6

    TMN分類を用いるのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 悪性腫瘍
    • 誤答選択肢 骨折
    • 顎関節症
    • 歯の脱臼

    解説

  • 7

    食事摂取時によくみられる唾石症の症状で正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 疼痛
    • 誤答選択肢 波動
    • 口腔乾燥
    • 知覚鈍麻

    解説

  • 8

    日本における口蓋裂・口唇裂の発生頻度は次のうちどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 500名に1人
    • 誤答選択肢 100名に1人
    • 300名に1人
    • 1000名に1人

    解説

  • 9

    口蓋裂・口唇裂の発生について以下のもののうち正しいものを1つ選べ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 口蓋裂・口唇裂は多数の遺伝的要因と多数の環境的要因が合わさり、一定の閾値を超えた場合に発生する
    • 誤答選択肢 口蓋裂・口唇裂は遺伝との関連性が高い
    • 口蓋裂・口唇裂の発生には環境因子の環境が大きい
    • 口唇裂は遺伝と関連性が高く、口蓋裂の環境因子との関連性が高い
    • 口蓋裂は遺伝と関連性が高く、口唇裂は環境因子との関連性が高い

    解説

  • 10

    口蓋裂患者にみられるのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開口障害
    • 誤答選択肢 発音障害
    • 味覚障害

    解説

  • 11

    口蓋裂患者に診られるのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吸啜障害
    • 誤答選択肢 発音障害
    • 味覚障害

    解説

  • 12

    生後7日男児。両側唇顎口蓋裂が認められ哺乳困難とのことで経鼻チューブが挿入された。行うべき治療法は何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホッツ床
    • 誤答選択肢 口蓋形成術
    • 口唇形成術
    • 腸骨海綿骨移植による顎裂閉鎖術
    • スピーチエイド

    解説

  • 13

    口唇形成術は一般的にいつごろ行われるのか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生後3~6か月
    • 誤答選択肢 3歳
    • 1歳半
    • 出生直後

    解説

  • 14

    口蓋形成術は一般的にいつごろ行われるのか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1歳半
    • 誤答選択肢 出生直後
    • 生後3~6か月
    • 3歳

    解説

  • 15

    唇顎口蓋裂患者でみられないものはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下顎の過成長
    • 誤答選択肢 発音障害
    • 上顎の歯列不正
    • 食物摂食障害

    解説

  • 16

    唇顎口蓋裂患者にみられないのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下顎の過成長
    • 誤答選択肢 上顎の歯列不正
    • 食物摂取障害
    • 発音障害

    解説

  • 17

    舌小帯短縮症による障害で誤っているのはどれか??

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上顎中切歯離解正中の原因となる
    • 誤答選択肢 発音障害がみられる
    • 舌への前方への運動障害がみられる

    解説

  • 18

    舌小帯短縮症による障害で誤っているのはどれか??

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開口障害がみられる
    • 誤答選択肢 発音障害がみられる
    • 舌への前方への運動障害がみられる

    解説

  • 19

    顎骨骨折について正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Le Fort型骨折は上顎骨骨折にみられる
    • 誤答選択肢 男性より女性の方が多い
    • 下顎骨骨折より上顎骨骨折の方が多い

    解説

  • 20

    顎骨骨折について正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 咬合異常がみられるものが多い
    • 誤答選択肢 男性より女性に多い
    • 日本では受傷原因が殴打が最も多い

    解説

  • 21

    関節突起骨折に関する正しい記述はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨折でずれた骨片は必ず整復する必要がある。
    • 誤答選択肢 耳前部への直達性外傷が多い
    • 幼児の骨折では観血的整復はひつようなく開口練習のみで良い

    解説

  • 22

    顎関節症の症状でないのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顎関節の腫脹
    • 誤答選択肢 顎関節雑音
    • 開口障害
    • 側頭筋開口時痛

    解説

  • 23

    唾液腺疾患とその好発部位との組み合わせで正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 粘液瘤・口唇腺
    • 誤答選択肢 ガマ腫・耳下腺
    • 唾石症・舌下腺
    • 多形性腺腫・顎下腺

    解説

  • 24

    正しい組み合わせはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唾液腺ー顎下腺 ・ 粘液嚢胞ー口唇腺
    • 誤答選択肢 ムンプスー舌下腺 ・ 唾液腺炎ー口蓋腺
    • 唾液腺ー顎下腺  ・ ムンプスー舌下腺
    • 唾液腺炎ー口蓋腺  ・ 粘液嚢胞ー口唇腺

    解説

  • 25

    口腔乾燥症の原因で正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シェーグレン症候群
    • 誤答選択肢 唾液腺の腫瘍
    • 顎関節の脱臼
    • 口腔粘膜の潰瘍

    解説

  • 26

    唾石症について誤っているのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耳下腺に多い・ウィルス感染が原因
    • 誤答選択肢 食事の時に疼痛・エックス線検査が有効

    解説

  • 27

    三叉神経痛で誤っているのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唾液分泌障害がおこる
    • 誤答選択肢 激しい発作性疼痛がある
    • 発痛帯がある
    • 片側性に発症する

    解説

  • 28

    三叉神経痛で正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 痛みに発痛帯がある ・ バレーの圧痛点がある
    • 誤答選択肢 両側性に生じる・長時間痛みが持続する

    解説

  • 29

    出血傾向を示すのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血友病・急性白血病
    • 誤答選択肢 ビタミンB欠乏症・ 糖尿病

    解説

  • 30

    血友病Aで組み合わせで正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第V因子の欠乏 伴性劣性遺伝
    • 誤答選択肢 抜歯後の出血 自然出血
    • 第V因子の欠乏 自然出血
    • 伴性劣性遺伝 抜歯後の出血
    • 抜歯後の出血  第V因子の欠乏

    解説

  • 31

    後天性免疫不全症候群で誤っているものはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮膚から侵入する
    • 誤答選択肢 カンジダ症を伴う
    • 血液を介して感染する
    • HIVは唾液中に存在する

    解説

  • 32

    急性骨髄性白血病で誤っているものはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤血球も増加する
    • 誤答選択肢 白血病裂孔がみられる
    • 歯肉出血を初発症状とすることがある
    • 造血臓器の腫瘍性疾患である

    解説

  • 33

    誤っている組み合わせはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顎関節脱臼・炎症
    • 誤答選択肢 白血病・歯肉出血
    • 智歯周囲炎・開口障害
    • 唇顎口蓋裂 ・ 言語障害

    解説

  • 34

    末梢性顔面神経麻痺の症状はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前額部のしわ形成不全・まひ性兎眼
    • 誤答選択肢 眼瞼けいれん オトガイ部皮膚知覚麻痺

    解説

  • 35

    誤った組み合わせを1つ選びなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロバン・シークエンス ー 下顎前突
    • 誤答選択肢 上唇小帯付着異常 - 正中離開
    • 粘膜下口蓋裂ー軟口蓋正中部菲薄感
    • ダウン症 - 染色体異常

    解説

  • 36

    顎骨骨折について正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Le Fort型骨折は上顎骨骨折にみられる ・ 咬合いじょうがみられるものが多い
    • 誤答選択肢 日本では受賞原因は殴打が最も多い・ 下顎骨骨折より上顎骨骨折の方が多い

    解説

  • 37

    関節突起骨折に関する正しい記載はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幼児の骨折では観血的整復は必要なく開口練習のみでよい
    • 誤答選択肢 骨折でずれた骨片は必ず整復する必要がある
    • 耳前部への直達性外傷が多い
    • 片側の単独骨折では下顎正中は健側に変異する

    解説

  • 38

    歯の外傷で正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 打撲は歯根膜をきたす・ 脱臼した歯の保存に牛乳が役立つ
    • 誤答選択肢 小児では脱臼より破折が多い・完全脱臼歯は再植の適応にならない
    • 歯槽骨骨折は脱臼を伴わない

    解説

  • 39

    顎関節症について誤っているのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小下顎症様顔貎を呈する
    • 誤答選択肢 若年者に好発する
    • 構音障害の原因となる
    • 開口時に雑音が生じる
    • 間接円板の変形がみられる

    解説

  • 40

    顎関節症の症状でないのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顎関節の腫脹
    • 誤答選択肢 顎関節雑音
    • 開口障害
    • 側頭筋開口時痛

    解説

  • 41

    顎関節症の治療にないものはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 咬合改善外科矯正手術
    • 誤答選択肢 マウスピース使用
    • 悪習癖是正
    • 鎮痛薬投与

    解説

  • 42

    口腔にメラニン色素沈着を起こすのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アジソン病
    • 誤答選択肢 帯状疱疹
    • 顎放線菌症
    • ベーチェット病
    • 扁平苔癬

    解説

  • 43

    地図状苔について正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自覚症状はほとんどない 治療は不要である
    • 誤答選択肢 カンジダが原因である 舌表面に潰瘍の形成がみられる。
    • 舌背中央部に菱形紅斑  舌乳頭は限局性に消失している

    解説

  • 44

    乳頭の委縮の為舌は平滑となり発赤を呈する疾患を2つならべよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鉄欠乏貧血・悪性貧血
    • 誤答選択肢 白血病 HBV
    • 血友病 HIV

    解説

  • 45

    前癌病変はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白板症 紅板症
    • 誤答選択肢 扁平苔癬 急性偽膜性カンジダ症
    • 天疱瘡  急性偽膜性カンジダ症

    解説

  • 46

    ウィルスが原因の軟組織病変はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 口唇ヘルペス
    • 誤答選択肢 智歯周囲炎
    • カンジダ症
    • 顎放線菌症

    解説

  • 47

    抜歯後の止血法で誤っているのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 洗口法
    • 誤答選択肢 圧迫止血法
    • 指圧法
    • タンポン法

    解説

  • 48

    抜歯後止血しにくいのはどれか 正しい組み合わせを選べ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心筋梗塞治療中 腎透析治療中
    • 誤答選択肢 貧血治療中 胃潰瘍治療中
    • 腎透析治療中  貧血治療中
    • 胃潰瘍治療中 心筋梗塞治療中

    解説

  • 49

    患者が使用している薬剤で 歯石除去後異常出血に注意すべきものはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワーファリン
    • 誤答選択肢 ニトログリセリン
    • トランキライザー
    • アミノベンジンペニシリン

    解説

  • 50

    抜歯後出血に用いられるのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゼラチンスポンゼル
    • 誤答選択肢 オキシドール綿球
    • 次亜塩素酸ナトリウムの綿球
    • ヨードホルムの綿球

    解説

  • 51

    抜歯窩の出血に対する処置法で正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出血部位の圧迫 ゼラチンスポンゼルの填入
    • 誤答選択肢 オキシドールの綿球による拭掃 次亜塩素酸ナトリウムの塗布

    解説

  • 52

    抜歯後患者への注意で正しい組み合わせはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飲酒を避ける 入浴を避ける
    • 誤答選択肢 うがいを頻回に行う 鎮痛薬を多用する
    • 入浴を避ける  鎮痛薬を多用する
    • うがいを頻回に行う  飲酒を避ける

    解説

  • 53

    抜歯術で歯の抜去後に使うのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鋭匙
    • 誤答選択肢 骨のみ
    • エレベーター
    • メス

    解説

  • 54

    腫瘍に属する疾患はどれか 正しい組み合わせを選べ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エナメル上皮癌 舌癌
    • 誤答選択肢 増殖性歯周炎 褥瘡性潰瘍
    • 舌癌 褥瘡性潰瘍
    • エナメル上皮癌  増殖性歯周炎

    解説

  • 55

    エナメル上皮腫で正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 好発部位は下顎臼歯部である
    • 誤答選択肢 好発年齢は20~40歳ころである
    • リンパ節に転移しやすい
    • 化学療法が有効である

    解説

  • 56

    エナメル上皮腫で正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顎骨を吸収する
    • 誤答選択肢 上顎大臼歯部に好発する
    • 50歳以上に多くみられる
    • 悪性腫瘍である

    解説

  • 57

    口腔癌について正しい組み合わせはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リンパ性に転移 舌に好発
    • 誤答選択肢 腺癌が大多数 歯周病の誘引
    • 舌に好発  腺癌が大多数
    • リンパ性に転移  歯周病の誘引

    解説

  • 58

    舌癌について正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 潰瘍を形成 頸部リンパ節に転移
    • 誤答選択肢 放射線治療は無効  腺癌が多い

    解説

  • 59

    エプリースについてあやまっているのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歯肉上に生じる良性腫瘍 転移することがある
    • 誤答選択肢 女性に多くみられる 上顎前歯部に好発する

    解説

  • 60

    軟組織にみられる疾患はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エプーリス ドライソケット
    • 誤答選択肢 乳頭腫 歯根嚢胞

    解説

  • 61

    腫瘍類似疾患といわれているのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エプーリス
    • 誤答選択肢 乳頭腫
    • カンジダ症
    • エナメル上皮腫

    解説

  • 62

    悪性リンパ腫の正しい組み合わせはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホジキン病 ・ リンパ細網組織に由来
    • 誤答選択肢 難治性リンパ節慢性炎症 治療は手術

    解説

  • 63

    下顎智歯周囲炎についてただしいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下顎リンパ節が腫脹・部分萌出の場合に生じやすい
    • 誤答選択肢 内側翼突筋には波及しない 開口障害はみられない

    解説

  • 64

    急性智歯周囲炎の症状で正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発赤 腫脹がみられる
    • 誤答選択肢 開口障害は見られない
    • 所属リンパ節の肥大はみられない
    • 顎骨の炎症を継発する場合がある

    解説

  • 65

    顎骨内に発生する嚢胞はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鼻口蓋管嚢胞  歯根嚢胞
    • 誤答選択肢 鼻歯槽嚢胞  粘液嚢胞

    解説

  • 66

    唾液が貯留して生じるのはどれか。 正しい組み合わせを選べ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • がま腫 粘液嚢胞
    • 誤答選択肢 粘液嚢胞  歯根嚢胞
    • がま腫 術後性上顎嚢胞
    • 歯根嚢胞  がま腫
    • 術後性上顎嚢胞  粘液嚢胞

    解説

  • 67

    軟組織に発生するのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 粘液嚢胞 類皮嚢胞
    • 誤答選択肢 歯根嚢胞 術後性上顎嚢胞
    • 術後性上顎嚢胞  粘液嚢胞
    • 歯根嚢胞  類皮嚢胞

    解説

  • 68

    歯根嚢胞の所見で正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嚢胞壁の重層扁平上皮
    • 誤答選択肢 エックス線の不透過像
    • 歯髄の炎症性細胞浸潤
    • 歯槽骨の水平性吸収

    解説

  • 69

    炎症性疾患はどれか? 正しい組み合わせを選べ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トライソケット 歯槽膿瘍
    • 誤答選択肢 歯槽膿瘍 舌痛症
    • 線維腫 トライソケット
    • 舌痛症 線維腫

    解説

  • 70

    急性智歯周囲炎の症状で正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発赤 腫脹がみられる
    • 誤答選択肢 開口障害はみられない
    • 所属リンパ節の腫大はみられない
    • 顎骨の炎症を継続することがある

    解説

  • 71

    唇顎口蓋裂患者にみられないのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上顎過成長
    • 誤答選択肢 鼻口腔瘻
    • 浸出性中耳炎
    • 哺乳障害
    • 発音障害

    解説

  • 72

    智歯周囲炎で正しいのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増悪すると開口障害がみられる
    • 誤答選択肢 疼痛が強い場合は直ちに抜歯する
    • 下顎より上顎に多発する
    • 智歯の根尖性歯周炎である

    解説

  • 73

    正しい組み合わせはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下顎智歯歯周炎ー開口障害
    • 誤答選択肢 顎骨骨髄炎ー冷水痛
    • 急性歯髄炎ー味覚障害

    解説

  • 74

    正しい組み合わせはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歯性上顎洞炎ー頭痛
    • 誤答選択肢 根尖性歯周炎ー冷水痛
    • 急性歯髄炎ー味覚障害

    解説

56938

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ