zuknow learn together

新しい教材を作成

SAP FI認定コンサルタント試験対策

カード 33枚 作成者: dreamxxdream (作成日: 2015/08/28)

  • 完全な仕入先勘定の構成

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    完全な仕入先勘定の構成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・クライアントレベルの一般データ ・会社コードレベル ・購買組織レベル ※共通更新では上記全てが更新される。

    解説

  • 2

    完全な得意先マスタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・クライアントレベル ・会社コードレベル ・販売エリアレベル

    解説

  • 3

    クライアントレベル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・住所 ・管理データ ・支払処理

    解説

  • 4

    会社コードレベル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・勘定コード管理(統制勘定) ・支払処理 ・連絡文書 ・保険 ・源泉徴収税

    解説

  • 5

    FIのマスタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・総勘定元帳 ・モデル勘定 ・得意先 ・仕入先 ・銀行 ・固定資産マスタ ・(旅費管理で使用する)従業員

    解説

  • 6

    得意先の勘定グループ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・マスタの入力項目の制御(表示・非表示・必須) ・得意先マスタの番号範囲 ・ワンタイム得意先の可能性判定 ・有効取引先機能の割当

    解説

  • 7

    得意先マスタの画面の項目を制御

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・勘定コードグループ ・会社コード別の項目ステータス ・処理別(登録,変更,照会)

    解説

  • 8

    代理支払人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・得意先に対する未収金を代理で支払ってくれる企業・組織の設定 ・得意先マスタに設定

    解説

  • 9

    勘定グループで制御するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・番号範囲 ・ワンタイム** ・項目ステータス(×項目ステータスグループ)

    解説

  • 10

    小口現金出納帳で定義しておくもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・G/L勘定(総勘定元帳勘定) ・通貨 ・会社コード ・4桁のIDと名称 ・取引タイプ

    解説

  • 11

    勘定グループを割り当てるマスタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・総勘定元帳勘定 ・得意先勘定 ・仕入先勘定 (×銀行)

    解説

  • 12

    伝票タイプが制御するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・伝票ヘッダの画面レイアウト(項目ステータス) ・転記可能な勘定タイプ ・会社間取引か否かの制御 ・伝票番号の割当

    解説

  • 13

    勘定タイプ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・A. 資産 ・D. 得意先 ・K. 仕入先 ・M. 品目 ・S. G/L 勘定

    解説

  • 14

    転記キーが制御するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・伝票明細の項目ステータス ・転記可能な勘定タイプ ・貸借の区別

    解説

  • 15

    転記済伝票の変更について

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・統制勘定は変更できない。 ・取引銀行は変更できない。 ※伝票明細の項目の金額、転記キー、勘定科目コード、合計数値に影響を与える項目は変更できない。

    解説

  • 16

    未決済明細の選択オプション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・勘定と勘定タイプ ・他の勘定(複数の勘定の明細を決済する場合は、次の画面で勘定を入力) ・特殊仕訳コード ・経過日数による配賦 ・自動検索 ・支払明細通知書番号 ・標準未決済明細(特殊仕訳コードを使用して転記されていないすべての未決済明細) ・追加選択

    解説

  • 17

    未決済明細の選択条件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・支払基準日 ・支払条件

    解説

  • 18

    支払プログラムについてのカスタマイズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・会社コード関連 ・支払方法関連 ・銀行関連

    解説

  • 19

    支払プログラム実行の前に定義しておくもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・支払会社コード ・支払方法 ・支払可能額

    解説

  • 20

    勘定マスタで勘定コード表レベルで定義するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・勘定グループ(会社コードレベルの項目ステータスを制御) ・テキスト(短) ・B/S・P/L勘定の区別 ・グループ勘定コード

    解説

  • 21

    特別目的元帳

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・特別目的元帳の伝票は反対仕訳できる。 ・貸借が一致しない伝票も入力できる。 ・特別目的元帳の伝票は転記キーがない。 ・SL元帳カスタマイズの転記フラグにて直接転記か、遅延転記、両方可を制御する。

    解説

  • 22

    特別目的元帳で残高を保存できるキー数値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・取引通貨、伝票通貨 ・数量と追加数量 ・第2通貨、第3通貨

    解説

  • 23

    チェックと代入

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・チェックと代入は総勘定元帳転記時にも使用可能である。 ・呼び出し位置の選択は起動のタイミングを指定する。 ・チェックは前提条件が一致しチェックで指定した条件に一致しなかったらメッセージ出力 ・チェックと代入は有効化する必要がある。 ・チェックと代入ではチェックが優先される

    解説

  • 24

    入金過不足が許容範囲を超えた場合の処理方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・一部入金として売掛金などを未決済で残す。 ・売掛金などは決済し、差額分を残余明細として転記する。 ・理由コードを使用して自動的に費用科目に振り替える。 ・マニュアルで費用科目に振り替える。

    解説

  • 25

    新しい会計年度に会計伝票を登録するために行わなければならないこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・年度依存の会計年度バリアントを使用している場合、翌会計年度バリアントの作成 ・伝票番号範囲の設定 ・得意先、仕入先勘定の繰越 ・貸借対照表勘定の次年度繰越 ・会計期間のオープン

    解説

  • 26

    入庫請求仮勘定分析について

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・入庫請求仮勘定に貸借差額があるときに実行する。 ・貸借対照表の勘定残高が更新される。 ・入庫請求仮勘定調整勘定を使用して調整転記。 ・翌期に反対仕訳を起こす。

    解説

  • 27

    明細入力時のレイアウトを制御するもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・転記キー ・項目ステータスグループ

    解説

  • 28

    転記ツール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・直接記帳状況 ・トラブルシュート

    解説

  • 29

    資産クラスが制御するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・勘定設定 ・採番範囲 ・画面レイアウトのルール ・償却条件 ・補助番号割当 ・特殊機能 ・取引タイプ

    解説

  • 30

    固定資産の取引タイプ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・減価償却 ・取得 ・除却

    解説

  • 31

    FAGLFLEXTのデフォルト項目

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・会計年度 ・原価要素 ・会社コード ・原価センタ ・利益センタ ・事業領域 ・機能領域 ・セグメント

    解説

  • 32

    事業領域

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・統制勘定ごとに事業領域調整勘定を設定する ・会計伝票の入力時に明細レベルで指定する。 ・事業領域は、マニュアル入力するか、または入力したCO勘定割当対象(原価センタ等)から事業領域を誘導できる。

    解説

  • 33

    通貨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・ハード通貨、インデックス通貨は国レベルで定義する。 ・国内通貨は会社コードレベルで定義する。

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ