zuknow learn together

新しい教材を作成

通訳案内士 歴史 模試

カード 44枚 作成者: tagamin (作成日: 2015/08/17)

  • 秩禄処分についての説明として誤っているものはどれか。
    (1)士族に家禄を支給, (2)士族授産事業の実施, (3)家禄を全廃, (4)法の公布で士族が応募

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    秩禄処分についての説明として誤っているものはどれか。 (1)士族に家禄を支給, (2)士族授産事業の実施, (3)家禄を全廃, (4)法の公布で士族が応募

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)士族に家禄を支給

    解説

    明治9年(1876)明治政府が秩禄奉還をすべての華族・士族に求め、金禄公債証書の交付を代償として秩禄支給を全廃した処置。

  • 2

    唐・新羅の僧から華厳宗を学び、東大寺建立に活躍した僧侶は誰か。 (1)行基, (2)鑑真, (3)道鏡, (4)良弁

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (4)良弁

    解説

    行基  朝廷から僧の資格を得ずに難民救済や民間布教、土木事業などを進めて弾圧された。しかし、民衆の支持を背景に東大寺大仏建立への協力を要請され、大僧正の位を受けた。

  • 3

    町を運営した町人の代表として適当でないものはどれか。 (1)(町)名主, (2)月行司, (3)町年寄, (4)年行司

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (4)年行司

    解説

  • 4

    親鸞の教団はやがて浄土真宗となるが、浄土真宗の中心寺院はどこか。 (1)本願寺, (2)久遠寺, (3)建仁寺, (4)永平寺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)本願寺

    解説

    久遠寺 日蓮宗総本山 建仁寺 臨済宗大本山 永平寺 曹洞宗大本山

  • 5

    日英同盟の説明として不適切なものはどれか。 (1)中国・インドの独立・領土保全の尊重, (2)韓国における日本の利益の承認, (3)日露戦争後に改定, (4)1国との交戦では、中立を保つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)中国・インドの独立・領土保全の尊重,

    解説

    明治35年(1902)日本と英国との間に結ばれた同盟条約。ロシアのアジア進出の牽制(けんせい)を目的とし、一方の締結国が2国以上と戦争状態に入った時には他方の締結国も参戦することを協約した。日本の第一次大戦参戦の根拠ともなったが、大正11年(1922)に廃止。

  • 6

    810年、嵯峨天皇が対立していた兄の平城上皇、藤原仲成・薬子を排除した事件を何というか。 (1)承和の変, (2)応天門の変, (3)薬子の変, (4)安和の変

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (3)薬子の変

    解説

    承和の変: 承和9年(842)伴健岑(とものこわみね)・橘逸勢(たちばなのはやなり)らが謀反を企てたとして、二人が流罪となり、仁明天皇の皇太子恒貞親王が廃された事件。藤原良房の陰謀といわれ、事件後、良房の甥(おい)の道康親王が皇太子となった。 応天門の変: 藤原氏の摂関政治確立につながった事件。貞観8 (866) 年,大内裏八省院の正門応天門が炎上した事件をめぐる宮廷の政変。応天門の炎上は放火とされ,最初は伴善男の証言により,源信の仕業とみられていたが,藤原良房の工作により,源信は罰せられず,逆に伴善男が真犯人とわかり処罰された。 安和の変: 安和2 (969) 年,冷泉天皇の宮廷に起きた政変。この結果,源高明が失脚して,藤原氏の独占的地位が確立した。

  • 7

    日米和親条約が不平等であった点はどれか。 (1)領事裁判権の承認, (2)片務的最恵国待遇の供与, (3)関税自主権の欠如, (4)居留地貿易

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (2)片務的最恵国待遇の供与

    解説

  • 8

    治安警察法の説明として不適切なものはどれか。 (1)第1次山県内閣が公布, (2)結社・集会の届出, (3)女性の政治・結社の参加禁止, (4)団結権の制限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)第1次山県内閣が公布

    解説

    治安警察法: 治安立法を集大成し,あわせて日清戦争後,産業経済の急激な発展に伴って台頭してきた労働運動に対処するため、第2次山県内閣は治安警察法を制定した。

  • 9

    空海が嵯峨天皇から賜った平安京内の寺院はどこか。 (1)教王護国寺, (2)園城寺, (3)室生寺, (4)三井寺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)教王護国寺

    解説

  • 10

    中大兄皇子が667年に都を移したところはどこか。 (1)近江大津宮, (2)摂津難波宮, (3)飛鳥浄御原宮, (4)飛鳥岡本宮

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)近江大津宮

    解説

  • 11

    足利尊氏の帰依を受けて、臨済宗発展の基礎を築いた僧は誰か。 (1)無学祖元, (2)一休宗純, (3)蘭渓道隆, (4)夢窓疎石

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (4)夢窓疎石

    解説

  • 12

    9・10世紀に、天皇との結びつきを強化し、政権を握ったのは何家か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原北家

    解説

  • 13

    相沢忠洋によって発見され、旧石器時代解明の端緒となった群馬県の遺跡は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 岩宿遺跡

    解説

  • 14

    太平洋の平和に関して結ばれた四カ国条約に参加しなかった国はどこか。 (1)フランス, (2)イギリス, (3)アメリカ, (4)ドイツ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (4)ドイツ

    解説

    1922年2月、ワシントン会議によって成立した、太平洋の島嶼に関する条約。日本・イギリス・アメリカ・フランスの4国が調印。

  • 15

    国家の取締を受けながら、社会事業を行い、後に大仏造立への協力から大僧正となったのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行基

    解説

  • 16

    1391年の明徳の乱で滅ぼされた有力守護大名は誰か。 (1)山名氏清, (2)赤松満祐, (3)土岐康行, (4)大内義弘

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)山名氏清

    解説

  • 17

    日露戦争後の国際情勢についての説明として誤っているものはどれか。 (1)カリフォルニアで日本移民排斥おこる, (2)日英同盟が2度改定, (3)三国干渉が起きる, (4)満州や韓国利益について日露協約を締結

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (3)三国干渉が起きる

    解説

    三国干渉とは 日清戦争の講和条約(下関条約)締結後、ロシア・フランス・ドイツの3国が日本に干渉を加え、条約で日本が得た遼東半島を清国に返還させた事件。

  • 18

    日本画、洋画、彫塑の3部門で総合的かつ恒久的な発表の場として、画期的な文部省美術展覧会が明治40年から開催されたのを何というか。 (1)帝展, (2)日展, (3)新文展, (4)文展

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (4)文展

    解説

  • 19

    五箇条の誓文公布の翌日に出された、君臣の道を説くとともに徒党・キリスト教を改めて厳禁した心得は何か。 (1)五榜の掲示, (2)バテレン追放令, (3)政体書, (4)大教宣布

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)五榜の掲示

    解説

  • 20

    「貞永式目」を制定したのは鎌倉幕府何代執権のときか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3代執権 北条泰時

    解説

    貞永式目:鎌倉幕府の基本法典。貞永元年(1232)、執権北条泰時が評定衆に命じて編纂(へんさん)させたもの。 御成敗式目ともいう。

  • 21

    勅許を得られないまま日米修好通商条約の締結を強行した人物は誰か。 (1)井伊直弼, (2)徳川慶喜, (3)堀田正睦, (4)安藤信正

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)井伊直弼

    解説

    1858年江戸幕府がアメリカ駐日総領事ハリスと結び,貿易の自由を認めた最初の条約。下田・箱館のほか神奈川・長崎・新潟・兵庫の開港,外国人居留地の設定などを定めたが,領事裁判権を規定し,関税自主権を否定する不平等条項を含む。

  • 22

    治安維持法の説明として誤っているものはどれか。 (1)国体の変革を目指す者を対象, (2)田中内閣で最高刑が死刑に引き上げ, (3)私有財産制を否定する者を対象, (4)勅命によって成立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (4)勅命によって成立

    解説

    国体の変革と私有財産制度の否認を目的とする結社や行動を処罰するために定められた法律。大正14年(1925)加藤高明内閣 (→護憲三派内閣 )により制定、昭和16年(1941)全面的に改正。共産主義活動を抑圧するなど、思想弾圧の手段として濫用された。同20年廃止。

  • 23

    廃藩置県の内容として誤っているものはどれか。 (1)太政官を三院制に, (2)府知事・県令の派遣, (3)薩長土3藩からの御親兵, (4)2府43県に

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (4)2府43県に (正)三府七二県

    解説

  • 24

    次のうち御三卿でないのはどれか。 (1)紀伊, (2)田安, (3)一橋, (4)清水

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)紀伊

    解説

  • 25

    陸奥・出羽に勢力を持つ清原氏の内紛に源義家が介入した戦いは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後三年の役

    解説

  • 26

    南北朝時代の南朝最後の天皇は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後亀山天皇

    解説

  • 27

    伊東仁斎・東涯父子が京都堀川に開いた私塾はどれか。 (1)古義堂, (2)藤樹書院, (3)聖堂学問所, (4)鳴滝塾

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)古義堂

    解説

  • 28

    鎌倉五山に入ってないものは次のうちどれか。 (1)建長寺, (2)円覚寺, (3)称名寺, (4)浄智寺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (3)称名寺

    解説

    鎌倉五山- 建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺

  • 29

    寛政の改革を実行した人物は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 松平定信 寛政の改革

    解説

    徳川吉宗 享保の改革 水野忠邦 天保の改革

  • 30

    藤原不比等の死後、左大臣となって政権を握った皇族は誰か。 (1)橘諸兄, (2)長屋王, (3)舎人親王, (4)高市皇子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (2)長屋王

    解説

  • 31

    仏教の崇否をめぐり、崇仏を唱える蘇我氏に対立し、排仏を主張したのはどの豪族か。 (1)大伴氏, (2)平群氏, (3)物部氏, (4)葛城氏

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (3)物部氏

    解説

  • 32

    鉛製活字を量産して印刷技術を発展させた人物は誰か。 (1)西村茂樹, (2)加藤弘之, (3)仮名垣魯文, (4)本木昌造

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (4)本木昌造

    解説

  • 33

    ワシントン海軍軍縮条約で定められた英・米・日の主力艦保有率は次のどれか。 (1)5対5対5, (2)7対5対3, (3)7対7対5, (4)5対5対3

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (4)5対5対3

    解説

  • 34

    享保の改革の財政再建に関する説明として誤っているものはどれか。 (1)倹約令を出し支出を抑制, (2)新田開発の奨励, (3)定免法を改め検見法を採用し年貢率を引き上げ, (4)大名に対して上げ米を実施し参勤交代を緩和

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (3)定免法を改め検見法を採用し年貢率を引き上げ

    解説

    【具体的な改革の内容】  ① 質素倹約(しっそけんやく)  ② 武芸(ぶげい)と学問を進める。  ③ 公事方御定書(くじがたおさだめがき)を決めて、裁判の公正をはかった。  ④ 目安箱(めやすばこ)  ⑤ 新田開発  ⑥ 上米の制(あげまいのせい) = 大名は1万石(まんごく)ごとに100石の米を江戸幕府に出させるという制度である。その代わりとして、参勤交代(さんきんこうたい)で大名は半年間だけ江戸でくらし、1年半は領地でくらすようにし、大名の参勤交代の負担を少なくした。

  • 35

    1019年、刀伊の来襲を撃退した大宰権帥は誰か。 (1)藤原純友, (2)源経基, (3)小野好古, (4)藤原隆家

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (4)藤原隆家

    解説

    刀伊は筑前の国にも上陸し、北九州沿岸一帯を荒らした。太宰権帥であった藤原隆家(藤原氏の有力一門であったが、道長との争いに敗れて太宰府に左遷されていた)は、地方豪族を率いて撃退した。刀伊の船は帰路高麗の水軍によって壊滅させられ、連行された日本人捕虜200余名が救出された。

  • 36

    第2次山県内閣が行った政策として誤っているものはどれか。 (1)教育勅語発令, (2)文官任用令の改正, (3)治安警察法の制定, (4)地租増徴の成立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)教育勅語発令

    解説

  • 37

    満州事変についての説明で誤っているものはどれか。 (1)関東軍は満州主要地域を占領, (2)昭和天皇は戦線拡大を支持, (3)溥儀を執政にした, (4)柳条湖での南満州鉄道爆破事件が契機

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (2)昭和天皇は戦線拡大を支持

    解説

  • 38

    白河上皇が軍事力強化策として設置した組織は何か。 (1)六波羅探題, (2)北面の武士, (3)京都守護, (4)惣追捕使

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (2)北面の武士

    解説

    六波羅探題= 鎌倉幕府の職名。承久の乱後,京都の政情を監察しかつ治安を維持するために設置した,政務・軍事を統轄する執政官。

  • 39

    日本が国際連盟から脱退するきっかけとなったのは(  )報告書。 (1)ローズヴェルト, (2)ランシング, (3)ハル, (4)リットン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (4)リットン

    解説

    リットン を委員長とする国際連盟調査団が,1933年2月,満州事変に関し現地調査に基づいて発表した報告書。満州国に関する日本の主張が否認されたため,日本は翌月国際連盟の脱退を通告した(35年発効)。

  • 40

    4代将軍家綱の時期の施策として適当でないものはどれか。 (1)末期養子の禁止, (2)殉死の禁止, (3)大名への領地宛行状の発給, (4)かぶき者の取締りの強化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)末期養子の禁止

    解説

  • 41

    広田弘毅内閣の時期に起らなかったものはどれか。 (1)国策の基準策定, (2)帝国国防方針改定, (3)日独防共協定締結, (4)国体明徴声明

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (4)国体明徴声明

    解説

    国体明徴声明(こくたいめいちょうせいめい)とは、1935年(昭和10年)の天皇機関説事件の中で、美濃部達吉の天皇機関説を排撃することで政治的主導権を握ろうとした立憲政友会・軍部・右翼諸団体が時の岡田内閣に迫って出させた政府声明。天皇機関説が天皇を統治機構の一機関としているのに対し、天皇が統治権の主体であることを明示し、日本が天皇の統治する国家であると宣言した。

  • 42

    884年に藤原基経が関白に就任した時の天皇は誰か。 (1)光孝天皇, (2)清和天皇, (3)宇多天皇, (4)醍醐天皇

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)光孝天皇

    解説

  • 43

    大政奉還路線を勧めた人物として誤っているのは誰か。 (1)坂本竜馬, (2)岩倉具視, (3)山内容堂, (4)後藤象二郎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (2)岩倉具視

    解説

    岩倉具視は公武合体を唱え大久保利通らと王政復古を画策。新政権樹立後、参与・大納言等を歴任し廃藩置県を断行。 土佐藩の後藤象二郎は、慶応3年(1867年)坂本龍馬から大政奉還論を聞いて感銘を受ける。 山内容堂(前土佐藩主)は大政奉還を藩論とすることには同意したものの、上京出兵には反対し、建白書の条文から将軍職廃止の条項を削除した。

  • 44

    田安家の祖は誰か。 1)徳川宗武, (2)徳川宗尹(むねただ), (3)徳川重好, (4)徳川頼宣(よりのぶ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1)徳川宗武

    解説

56860

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ