zuknow learn together

新しい教材を作成

生物 論述問題

カード 11枚 作成者: Seki Jun (作成日: 2015/08/13)

  • 光学顕微鏡ではHIV(エイズのウイルス)を観察することができない。その理由を述べよ。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    光学顕微鏡ではHIV(エイズのウイルス)を観察することができない。その理由を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エイズのウィルスの大きさは0.1μm程度に対し、光学顕微鏡の分解能は0.2μmだから。

    解説

  • 2

    燃焼と呼吸によるエネルギー変換の違いについて説明せよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 燃焼では有機物の分解が急激に起こり、有機物の化学エネルギーは熱エネルギーや光エネルギーに変換される。一方、呼吸では有機物の分解が段階的に起こって有機物の化学エネルギーがATP合成に利用され、放出される熱エネルギーは少ない。

    解説

  • 3

    呼吸と光合成の間に見られる共通点について、ATPの合成に関する事柄を説明せよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電子伝達系で電子から取り出したエネルギーを用いて、ATP合成酵素が、ATPを合成する。

    解説

  • 4

    種とは何か、説明せよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 形態的・生理的な共通性を持ち、自然交配によって子孫を生み出すことができる生物の集まりのこと。

    解説

  • 5

    すべての生物に共通する特徴あげよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • からだが細胞からなる。 代謝を行い、エネルギーの受け渡しにATPを用いる。 遺伝情報をになう物質がDNAである。 周囲の環境が変化しても体内の状態を一定に保とうとする性質がある。

    解説

  • 6

    ウィルスに見られる特徴のうち、生物の特徴と共通するものをあげよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝物質として核酸を持つこと。

    解説

  • 7

    原核細胞と比較した時の真核細胞の特徴について述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 核膜を持ち、ミトコンドリアや葉緑体などの細胞小器官ももつ。

    解説

  • 8

    顕微鏡観察において、対物ミクロメーターの上に直接試料をのせて観察することはないが、その理由を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対物ミクロメーターと試料に同時にピント合わせることが難しい。 対物ミクロメーターは回転できず、試料と目盛りを重ねることが難しい。

    解説

  • 9

    共生説によると、葉緑体は細胞に共生したシアノバクテリアから、ミトコンドリアは細胞に共生した好気性細菌からそれぞれ進化したと考えられている。この共生説を支持する根拠2点含めて述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミトコンドリアと葉緑体はともに独自のDNAを持ち、分裂によって数を増やす。

    解説

  • 10

    動物細胞・植物細胞・大腸菌を比べる。 大腸菌の構成成分の割合について、核酸の割合が他の細胞より高い理由について述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大腸菌などの原核細胞は真核細胞に比べて小さく、動物細胞や植物細胞と比較して相対的に核酸の割合が高いため。

    解説

  • 11

    動物細胞・植物細胞・大腸菌を比べる。 植物細胞の構成成分の割合について、タンパク質の割合が動物細胞・大腸菌より高い理由について述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 植物細胞はセルロースを主成分とする細胞壁を持ち、炭水化物の割合が高いため。

    解説

56724

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ