zuknow learn together

新しい教材を作成

人間工学のコピー

カード 13枚 作成者: Masaki Nakata (作成日: 2014/01/27)

  • 1.ErgonomicsとHuman Factorsの知るところを示せ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

人間工学テスト

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    1.ErgonomicsとHuman Factorsの知るところを示せ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ergonomicsは元祖ヨーロッパで用いられ、心理学と生理学を中心としていた。 一方Human Factors はアメリカで用いられ心理学を中心としていた。 最近ではErgonomicsとHuman Factorsは同義として用いられることが一般化してきたが、 Ergonomicsは国際的な呼び方、Human Factorsは少数派的な呼び方とされている。

    解説

  • 2

    IEAの人間工学の定義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムにおける人間と他の要素との相互関係科学的に理解するための専門分野

    解説

  • 3

    Webwrの法則を説明せよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比較して違いのわかる刺激の最小変化量(弁別闘)をΔR刺激の強さをRとすれば ΔR/R=一定の関係があり、この値は感覚の種類や質によって異なるというものである。

    解説

  • 4

    Weber-Fechnerの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェヒナーがウェーバーの法則から感覚量(E)を導くことを考え、Kを比例定数として、E=KlogRの関係を示したものであり、 これは感覚の強さが刺激の強度の係数に比例することを表している。

    解説

  • 5

    人間の身体的の能力を行動能力と防衛能力を分けて説明せよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動能力とは、外界に働きかけようとする能力であり、携態と機能の側面がある。 形態は機能のつかさどる基礎構築である、体系や姿勢などが含まれる。機能は運動能力として、筋力、持久力、敏捷性、平衡性、 柔軟性を、知覚としては主に主力、聴力を挙げることができる。 防衛能力は、外部からの物理的、化学的、生物学的因子に対抗して、自分の生命健康を維持しようとする能力である。 防衛能力は、各種の外的因子から生態を守り、行動能力を後方で支援する。 外的因子を十分に防衛しきれないときは、行動因子の制限因子となりひいては健康障害に結びつく。

    解説

  • 6

    筋作業、神経的作業、心的作業の作業負担を評価するための代表的な生理機能について説明せよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋作業 動的:エネルギー代謝量、呼吸量、脈拍数、筋電図、発汗量 静的:エネルギー代謝量と、脈拍数の相関関係またはその時間的変化、筋電図 神経的作業 心拍数、毎回呼吸ふり幅、精神電流反射、血圧 眼球運動、ノンアドレナリン排出量 心的作業:フリッカー値、脳波

    解説

  • 7

    ユニバーサルデザインを説明せよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユニバーサルデザインは多様な能力を持つ人々が、社会生活をできるかぎり公平におこなれる(ノーマライゼーション)を目的としたものであるため、 人を生活をとりまくすべてのものがこの考えを適用すべき対象となる。すなわち、「ユニバーサルデザインとは多様なニーズを持つユーザに公平に満足を提供できるように商品(商品、サービス、環境や情報)をデザインすること」と定義できる。→アクセシブルデザイン

    解説

  • 8

    人の能力、特性と作業環境などの間の適合要因をもたらす二つの方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1つは作業を人に合わせる方法(fit work to man) これは人間に影響を及ばす、ハードウェア、ソフトウェア要因を人間の能力、特性に合わせて設計したり、改善したりする方法である。 これらの要因には、自動化、機械化のレベル、人間と機械の機能配分、作業設備といった個々の作業現場に関わる要因まで種々のもとがある。 もう一つは人を作業に合わせる方法(fit man to work) 作業方法や、機械設備、作業システムは変更せず、これに適した作業者を選抜、配置し、さらに効果的な作業遂行に必要な知識、技能などを教育訓練する方法である。

    解説

  • 9

    照明と色彩

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業環境の照明を適切なものにする目的は 第1に作業者にとって安全快適な環境をつくることであり、 第2に作業者が作業しやすく作業に必要な部品がよく見えるようにすること 第3に作業者の疲労が少なく 視覚機能に障害を生じないようにすることである。 室内照明に関する留意点についてはCIEの資料が有効である、それらを取りまとめると以下のようになっている a.作業環境全体の平均照度がそれぞれの作業に関して適切であること b.作業環境の中で特定の場所の照度や輝度が極端に高すぎたり低すぎたりしないこと c.光の方向性と拡散性が適切であること d.光源からの直接光が目に入らないようにすること e.光源の光色が適切であること f.照明とし色彩の調和を図り期待される雰囲気をつくること。

    解説

  • 10

    感覚

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受容器で刺激として検出され、求心性神経を経て、大脳の中枢過程に至り、引き起こされるもの

    解説

  • 11

    知覚

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感覚よりも高次で刺激対象を識別する働き

    解説

  • 12

    認知

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知覚されたものを統合し、それが何であるかを認めるより、高次な精神機能の働きのこと

    解説

  • 13

    人間と機械の結合方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直列方式 (ショートケーキのイチゴのせ) →システムのループに手動の要素を含む。人間と機械が共に機能を制約しないようにする 並列方式 (駅員) →自動化システムの採用されている。人間が監視、管理、異常事態の処理。

    解説

56997

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ