zuknow learn together

新しい教材を作成

特別支援学校

カード 35枚 作成者: Ryota Yoshida (作成日: 2015/08/06)

  • 第72条 特別支援教育は、①、②、③、④又は病弱者(身体虚弱者を含む。以下も同じ。)に対して、、、

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第72条 特別支援教育は、①、②、③、④又は病弱者(身体虚弱者を含む。以下も同じ。)に対して、、、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①視覚障害者 ②聴覚障害者 ③知的障害者 ④肢体不自由者

    解説

  • 2

    幼稚園、小学校、中学校又は①に②教育を施すとともに、障害による学習上又は③の困難を克服し、④を図るために必要な知識技能を授けることを目的とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①高等学校 ②準ずる ③生活上 ④自立

    解説

  • 3

    第76条、⑴特別支援学校には、①及び②を置かなければならない。ただし、特別の必要のある場合においては、②を置くことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①小学部 ②中学部

    解説

  • 4

    特別支援教育には、小学部及び中学部のほか、①又は②を置くことができ、また、、、③及び④を置かないで幼稚部、高等部のみを置くことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①幼稚部 ②高等部 ③小学部 ④中学部

    解説

  • 5

    特別支援学校には、①を設けなければならない。ただし、特別の事情のあるときは、これを設けないことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①寄宿舎

    解説

  • 6

    第79条 寄宿舎を設ける特別支援学校には、①を置かなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①寄宿舎指導員

    解説

  • 7

    第81条 小学校、中学校、高等学校及び①には、次の各号のいずれかに該当する、、、のための②を置くことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①中等教育学校 ②特別支援学級

    解説

  • 8

    特別支援学級に該当する6項目

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知的障害者、肢体不自由、身体虚弱者、弱視者、難聴者、その他障害のあるもので特別支援学級において教育を行うことが適当なもの。

    解説

  • 9

    疾病により療養中の児童及び生徒に対して、①を設け、又は教員を②して、教育を行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①特別支援学級 ②派遣

    解説

  • 10

    特別支援学級の対象外ではあるが通級の対象ではあるのは?2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学習障害 注意欠陥多動性障害

    解説

  • 11

    盲、聾、養護学校から特別支援学校に制度的に変わったのは何年?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平成19年、2007年

    解説

  • 12

    両眼の視力がおおむね①のもの又は視力以外の②が高度なもののうち、③の使用によっても④の視覚による認識が不可能又は困難な程度のもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①0.3未満 ②視機能障害 ③拡大鏡等 ④通常の文字、図形等

    解説

  • 13

    聞き覚えた言葉を、その意味を十分に理解しないまま使用する傾向

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーバリズム

    解説

  • 14

    視覚障害の状態に応じて、①又は普通の文字の読み書きを②に指導し、習熟させること。なお、①を常用して学習する児童生徒に対しても、③を促すため、児童生徒の④等に応じて適切な指導が行われるようにすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①点字 ②系統的 ③漢字・漢語の理解 ④発達の段階

    解説

  • 15

    両耳の聴力レベルがおおむね①のもののうち、②の使用によっても通常の③を解することが不可能又は著しく困難な程度のもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①60デシベル以上 ②補聴器等 ③話声

    解説

  • 16

    聴覚障害は大きく①、②、及び③に分けられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①伝音難聴 ②感音難聴 ③混合難聴

    解説

  • 17

    聴覚障害児の教育においては、①がとりわけ重要な意味を持っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①早期教育

    解説

  • 18

    聴覚障害者の自立活動5つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聴覚活用 発音指導 コミュニケーション指導 言語学習の指導 障害認識

    解説

  • 19

    ⑴知的発達の①があり、②が困難で日常生活を営むのに③に援助を必要とする程度のもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①遅滞 ②他人との意思疎通 ③頻繁

    解説

  • 20

    ⑵知的発達の①の程度が前号に掲げる程度に達しないもののうち、②が著しく困難なもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①遅滞 ②社会生活

    解説

  • 21

    DSM-IV:1994 A①な知的機能の著名な低下 個別知的検査で②以下の知能指数。 B同時に存在する③の欠如あるいは障害。 C④歳未満に発症していること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①全体的 ②70 ③適応能力 ④18

    解説

  • 22

    DSM-IV:1994における適応能力11項目

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コミュニケーション、自立性、日常生活の行動、社会的活動、社会資源の活用、自己充足性、学業、仕事、余暇活動、健康維持、自己の安全性確保

    解説

  • 23

    肢体不自由の状態が①の使用によっても②等日常生活における③が不可能又は困難な程度のもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①補装具 ②歩行、筆記 ③基本的な動作

    解説

  • 24

    肢体不自由の状態が前号に掲げる程度に達しないもののうち、①を必要とする程度のもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①常時の医学的観察指導

    解説

  • 25

    肢体不自由教育①、②、及び③の3つを同時に受けられる形態が19世紀から開始されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①教育 ②医療 ③職業訓練

    解説

  • 26

    病弱者。①、②、③その他の疾患の状態が継続して④又は⑤を必要とする程度のもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①慢性の呼吸器疾患 ②神経疾患 ③悪性新生物 ④医療 ⑤生活規制

    解説

  • 27

    病弱者の⑵ ①の状態が継続して②を必要とする程度のもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①身体虚弱 ②生活規制

    解説

  • 28

    吃音 音、①、単語の特に②を頻繁に繰り返したり、③ような話し方が現れていることと、話し言葉の④が頻繁に中断することが特徴的な話し方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①音節 ②語頭音 ③伸ばす ④リズム

    解説

  • 29

    胸式呼吸と腹式呼吸とが混在したり、話そうとする際に息苦しさが生じたりする吃音

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動性吃音

    解説

  • 30

    気導音効果や骨導音効果の左右差が観察されたり、聴覚神経経路になんらかの問題があることと連動している吃音

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感覚性吃音

    解説

  • 31

    言語生成検査において失語症の様態がみられたり、パーキンソン病の症状にみられる発語運動が観察される吃音

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語性吃音

    解説

  • 32

    自閉症又はそれに類するもので、①及び②が困難である程度のもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①他人との意思疎通 ②対人関係の形成

    解説

  • 33

    自閉症、情緒障害2 主として①な要因による②等があるもので、③が困難である程度のもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①心理的 ②選択性かん黙 ③社会生活への適応

    解説

  • 34

    直接的他害や間接的他害や自傷行為が通常では考えられない頻度で起こる障害とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強度行動障害

    解説

  • 35

    知的障害や精神障害があり、かつ強度行動障害を有するものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動く重症児

    解説

56751

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ