zuknow learn together

新しい教材を作成

Weber-Fechnerの法則

カード 2枚 作成者: Akifumi Tominaga (作成日: 2014/01/26)

  • Webwrの法則を説明せよ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    Webwrの法則を説明せよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェーバーの法則とは1834年にウェーバーは重量弁別の実験を行い、感覚の強さが相対的に計算できることを発見したもので、 比較して違いのわかる刺激の最少変化量(弁別闘)をΔR刺激の強さをRとすれば ΔR/R=一定の関係があり、この値は感覚の種類や質によって異なるというものである。

    解説

  • 2

    Weber-Fechnerの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェヒナーがウェーバーの法則から感覚量(E)を導くことを考え、Kを比例定数として、E=KlogRの関係を示したものであり、 これは感覚の強さが刺激の強度の係数に比例することを表している。

    解説

56941

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ