zuknow learn together

新しい教材を作成

登録販売 独学用

カード 254枚 作成者: 登録販売 (作成日: 2015/07/30)

  • グアイフェネシン

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

学習開始2015年5月。
公益社団法人東京都医薬品登録販売者協会(東薬協)の講座を受講。
使用テキスト中央法規出版の完全攻略医薬品登録販売者試験合格テキスト。
2015年度東京都試験受験。8割9分(くらい)の得点で合格。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    グアイフェネシン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鎮咳薬ではなくて去痰成分

    解説

  • 2

    塩酸ブロムヘキシン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 去痰薬

    解説

  • 3

    グアヤコールスルホン酸カリウム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 去痰薬

    解説

  • 4

    デキストロメトルファン、ノスカピン、チペピジン系、クロペラスチン系

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鎮咳薬 リン酸コデインの下にくるやつ

    解説

  • 5

    サリチルアミドエテンザミドつかっちゃいけない人・属性は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15歳未満の小児で、以下の場合使用不可水痘インフルエンザ

    解説

  • 6

    臭化水素酸デキストロメトルファン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鎮咳薬

    解説

  • 7

    ノスカピン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鎮咳薬

    解説

  • 8

    ヒベンズ酸チペピジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鎮咳薬

    解説

  • 9

    塩酸クロペラスチン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鎮咳薬

    解説

  • 10

    塩酸エチルシステイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 去痰薬

    解説

  • 11

    塩酸ブロムヘキシン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 去痰薬

    解説

  • 12

    マレイン酸カルビノキサミン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鼻炎用内服薬 抗ヒスタミン成分

    解説

  • 13

    メキタジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鼻炎内服薬 抗ヒスタミン薬

    解説

  • 14

    ベラドンナ総アルカロイド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鼻炎用内服薬 抗コリン成分

    解説

  • 15

    ヨウ化イソプロパミド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鼻炎用内服薬 抗コリン成分

    解説

  • 16

    炎症を生じた組織の修復、痰の粘り気を弱め、気道粘膜の線毛運動を促進するものは何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 塩化リゾチーム

    解説

  • 17

    蛋白質分解酵素であって、体内で産出される炎症物質(起炎性ポリペプタイド)を分解するものであって沈着物質の分解、浸出物の排出促進をする作用があるものはなにか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セミアルカリプロティナーゼ

    解説

  • 18

    蛋白質分解酵素であって、体内で産出される炎症物質(起炎性ポリペプタイド)を分解するものであって沈着物質の分解、浸出物の排出促進をする作用があるものはなにか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブロメライン

    解説

  • 19

    「セミアルカリプロティナーゼについては、痰粘液の粘り気を出してしまう。」正しいか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正しくない、痰粘液の粘り気を弱めて痰を切れやすくする

    解説

  • 20

    フィブリノーゲンやフィブリンを分解する作用があるのは何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブロメラインとセミアルカリオウロティナーゼ

    解説

  • 21

    いかなる場合も小児使用不可はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アスピリン

    解説

  • 22

    いかなる場合も小児使用不可は何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アスピリンとサザピリン (アスピリンは、体内で加水分解されて、サリチル酸となり、胃粘膜に障害をおこす)

    解説

  • 23

    鼻粘膜の充血を和らげ、気管・気管支を広げる成分(アドレナリン作動成分)を3つ挙げよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 塩酸メチルエフェドリン、メチルエフェドリンサッカリン塩、塩酸プソイドエフェドリン

    解説

  • 24

    麻黄には何が含まれており、どうわるいのか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 塩酸エフェドリン、依存性がある

    解説

  • 25

    トラネキサム酸はどんな人に危険か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体内での炎症物質の産出を抑える、腫れを和らげる反面、血栓が分解されにくくなる(血栓がある人は危険)

    解説

  • 26

    セラペプターゼ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗炎症成分

    解説

  • 27

    グリチルリチン酸二カリウム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作用本体はグリチルリチン酸である。化学構造がステロイド性抗炎症成分と類似抗炎作用甘草にも配合されている

    解説

  • 28

    ブロメラインのリスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リスク血液凝固異常(出血傾向)の症状のある人は、出血傾向を悪化血痰や鼻血などの副作用肝機能に障害があると、代謝や排泄を遅延させる

    解説

  • 29

    塩化リゾチームのリスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アナフィラキシー、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症

    解説

  • 30

    グリチルリチンサン酸二カリウムと水溶性アズレンの関係

    補足(例文と訳など)

    答え

    • →炎症が生じた粘膜組織の修復を促す作用を期待して、アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)が配合されている場合もある

    解説

  • 31

    たこやうおのめは真皮への物理的刺激によって固くなりできた。本当に?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 角質層です

    解説

  • 32

    心臓中枢はどこにある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 延髄

    解説

  • 33

    呼吸中枢はどこにある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 延髄

    解説

  • 34

    交感神経のときの排尿筋どうなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弛緩する、出にくくなる。尿を出すためには収縮しないといけないから

    解説

  • 35

    偽アルドステロン症状のメカニズムを説明せよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体内に水と塩が貯留、 カリウムがでていく

    解説

  • 36

    偽アルドステロン症状のメカニズムを説明せよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体内に水と塩が貯留、 カリウムがでていく

    解説

  • 37

    トリメトキノール塩酸塩

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気管支拡張成分 交感神経系を刺激 気管支拡張 呼吸を楽 咳や喘息沈める

    解説

  • 38

    気管支拡張成分はどういう人に使っちゃダメか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓病 高血圧 糖尿病 または甲状腺機能障害の診断を受けた人は 症状を悪化させる

    解説

  • 39

    セチルピリニジウム塩化物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 口腔内や喉の殺菌消毒成分 付着した細菌などの微生物を死滅させる

    解説

  • 40

    デカリニウム塩化物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 口腔内や喉の殺菌消毒成分

    解説

  • 41

    ベンゼトニウム塩化物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 口腔内や喉の殺菌消毒成分。結核菌やウィルスには効果がない。

    解説

  • 42

    ポピドンヨード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 口腔内や喉の殺菌消毒成分

    解説

  • 43

    声枯れ 喉のあれ 腫れ にきく 3成分あげよ そのうち一つはリスキー 何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リゾチーム塩酸塩 グリチルリチン酸二カリウム トラネキサム酸 リゾチーム塩酸塩はアナフィラ ten sjs

    解説

  • 44

    ヨウ素殺菌消毒成分と クロルヘキシジングルコン酸塩が配合されたものにあるリスク何か ヨウ素殺菌成分固有リスクは何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アナフィラキシ アナフィラキシ様ショック ヨウ素系は甲状腺でのホルモン産生に影響あり なのでバセドウ ハシモト は医師に相談

    解説

  • 45

    イブプロフェンの作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解熱 鎮痛 抗炎症

    解説

  • 46

    イソプロピルアンチピリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解熱 鎮痛 は比較的強い 抗炎症作用は弱い

    解説

  • 47

    ace処方とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセトアミノフェン カフェイン エテンザミド

    解説

  • 48

    アスピリンの作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液を凝固しくくさせる

    解説

  • 49

    胃粘膜保護・修復成分を挙げよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アズレンスルホン酸ナトリウム   アルジオキサ   スクラルファート   ゲファルナート   セトラキサート塩酸塩   銅クロロフィリンナトリウム   メチルメチオニンスルホニウムクロライド

    解説

  • 50

    セトラキサート塩酸塩の注意点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体内で代謝されてトラネキサム酸を生じるので →血栓のあるひと、血栓を起こすおそれのある人にはだめだよ

    解説

  • 51

    ビスマス系の作用と注意点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胃の薬ではなく、腸の薬    収斂作用(腸の粘膜を引き締める。)、腸内の有毒物質を分解する。    副作用は精神神経症 1週間以上継続してしようしない

    解説

  • 52

    タンニン酸アルブミンの作用と注意点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腸粘膜を引き締める まれ重:アナフィラキシーを生じ 牛乳に含まれるタンパク質からつくるので、牛乳アレルギー者は注意

    解説

  • 53

    ロベラミド塩酸塩の作用と副作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • はらこわしたとき(下痢)につかうが、   食あたり水あたりによる下痢は適用対象ではない。   15歳未満の適用はない。麻痺性イレウスを起こしたことがある。    その他の副作用 イレウス様症状、アナフィラキシー、ten、sjsを起こす

    解説

  • 54

    ロペラミド塩酸塩を避けるべき場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • これは腸管の運動を低下させるので、胃腸鎮痛鎮痙薬との併用はさけよ。また、水分や電解質の分泌を押させる作用もあるので、効き目が強すぎて便秘を起こすこともある。

    解説

  • 55

    ゲンチアナの作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 苦味による健胃作用

    解説

  • 56

    スクラルファートの作用と避けるべき人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 整腸作用ではない 胃粘膜保護 修復成分 アルジオキサと同様アルミニウムを含むので 透析を受けている人

    解説

  • 57

    炭酸水素ナトリウムは 重曹 何に使うか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 制酸作用 中和反応によって胃酸の働きを弱める

    解説

  • 58

    ブロメライン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗炎症薬

    解説

  • 59

    クロモグリク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗ヒスタミン薬ではなく 抗アレルギー

    解説

  • 60

    ベンザルコニウム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 殺菌消毒薬

    解説

  • 61

    コンドロイチン硫酸ナトリウム 目

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目の乾きを改善

    解説

  • 62

    イプシロン-アミノカプロン酸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目の炎症を改善

    解説

  • 63

    ネオスチグミンメチル硫酸塩の作用 目

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コリンエステラーゼの働きを抑え、毛様体におけるアセチルコリン働きを助けることで目の調整機能を改善 コリン作動成分

    解説

  • 64

    グリセリンの役割

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保湿成分で、角質層の水分保持量を高め、皮膚の乾燥を改善する。

    解説

  • 65

    サリチル酸の皮膚への作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 角質軟化成分 角質成分を溶解することにより、角質軟化作用を示す。また、抗菌、抗真菌、抗炎症作用も期待されニキビ用薬に配合されている。フケもおさえる

    解説

  • 66

    角質成分を溶解させることにより角質軟化作用を示すものはなにか。皮膚用薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サリチル酸

    解説

  • 67

    皮膚の角質層を構成するケラチンを変質させることによる角質軟化作用を示す成分はなにか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イオウ

    解説

  • 68

    角質層の水分保持量を高める5つの成分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グリセリン、尿素、白色ワセリン、オリーブ油、ヘパリン類似物

    解説

  • 69

    イブプロフェンピコノール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吹き出物に伴う皮膚の発赤や腫れを抑えるほか、吹き出物の拡張をおさせる。にきび治療薬として用いられる。

    解説

  • 70

    サリチル酸グリコールとサリチル酸メチルの作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末梢組織におけるプロスタグランジンの産生を押せある。副作用としての発疹あり

    解説

  • 71

    サルファ剤の具体例3つとその働きのメカニズム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スルファジア人 ホモスルファ民 スルフイソキサゾール 細菌のDNA合成を阻害することによる抗菌作用がある

    解説

  • 72

    代表的な抗菌成分みっつ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サルファ剤、 バシトラシン、 硫酸フラジオマイシン

    解説

  • 73

    代表的な抗真菌成分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イミダゾール系(スルフイソキサゾール以外の〜ゾール硝酸塩とか塩酸塩とか) (透過性) フィン系(産生) シクロピロクスオラミン(輸送機能) 産んで試練酸(酸性雨) ピロールニトリん(呼吸)

    解説

  • 74

    頭皮・毛根に作用する配合成分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルプロニウム塩化物 これはコリン作動成分 ほかにはエストアジール安息香酸エステル

    解説

  • 75

    ガンマ オリザノールとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 滋養強壮薬 米油及び米胚芽油から見出され 抗酸化作用あり ビタミンEと組み合わせでつかう

    解説

  • 76

    滋養強壮成分3つ (アミノ酸以外で)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘスペリジン(ビタミンCヘルプ)、グルクロノラクトン(肝臓ヘルプ)、ガンマオリザノール

    解説

  • 77

    身体用の消毒薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クレゾール(とポリアルキルポリアミノエチルグリシン塩酸塩、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル)、エタノール(とイソプロパノール)、クロルヘキシジングルコン酸塩、

    解説

  • 78

    ディート使用の注意点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6ヶ月未満の乳児にはつかうな

    解説

  • 79

    塩素系殺菌消毒成分の注意点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • まぜるなきけん

    解説

  • 80

    有機塩素系の殺菌消毒成分を2つあげよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジクロルイソ、トリクロロイソ

    解説

  • 81

    アレルギーによる鎮咳成分、気管支拡張成分、をもち、抗炎症成分の働きを助けるものを3つ(どれも抗ヒスタミン成分)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロルフェニラミンマレイン酸塩、  クレマスチンフマル酸塩、     カルビノキサミンマレイン酸塩、

    解説

  • 82

    クレマスチンフマル酸塩が登場する局面

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アレルギー起因の症状(鎮咳、気管支拡張、気道炎症を治す抗炎症。) 注意点:気道粘膜での粘液分泌を抑制することで痰がでにくくなるため、去痰薬との併用注意

    解説

  • 83

    サリチル酸系解熱鎮痛の成分と特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 浅江(アスピリン、サザピリン、エテンザミド)

    解説

  • 84

    アスピとサザピは双子。この特徴。 異母兄弟エテン・アミドの特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4つともライ症候群あり。 アスピとサザピ絶対U15 kinshi。 エテン・アミドは水痘やインフルU15 は禁止 アスピは胃腸障害おこしやすい

    解説

  • 85

    アセトアミノフェン特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中枢作用、胃腸障害少、空腹時おk、SJS、tenあり

    解説

  • 86

    イブプロフェンの特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アスピリンに比べ胃腸障害少、 抗炎症作用あり。 肝、腎、無菌性髄膜、エリトマ

    解説

  • 87

    イソプロピルアンチピリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唯一のピリン系

    解説

  • 88

    プロスタグランジン産生抑制の心臓と腎臓に対する影響

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 循環血流量の増加のため?、心臓への負担がある。 腎臓での血流量が減少するため、腎障害があれば悪化

    解説

  • 89

    妊娠3ヶ月系

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンAの過剰摂取に注意

    解説

  • 90

    妊娠一週間系

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 妊娠検査薬を使用するタイミング

    解説

  • 91

    授乳中の人系

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エフェドリン系(乳児昏睡)、アスピリン系、カフェイン系、乗り物酔い系(メチルオクタトロピン臭化物、メチキセン、ジサイクロミン)、瀉下剤(ロペラミド)、エストラジオール系、フィリン系(乳児に神経過敏)、ロートエキス(乳児頻脈)、センノシド・センナ・ダイオウ(乳児下痢)、コデイン系(乳児モルヒネ中毒)

    解説

  • 92

    ブロムワレリ尿素やアリルイ尿素が登場するのはどこ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眠気を促す薬 鎮静薬

    解説

  • 93

    15歳未満系 だめ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロペラミド(イレウスおこす)、催眠鎮静薬、イブプロフェン、アスピ・サザピ(ライ麦おこす)、眠気防止薬、乗り物酔い薬(プロメタジン系のもの)、胃腸鎮痛鎮痙における局所麻酔成分(アミノ安息香酸エチル、オキセサゼイン) →アミノ安息香酸エチルは6歳未満もちろんだめ

    解説

  • 94

    3歳未満系 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乗り物酔い系はないよ。自律神経未発達だから。 ヒマシ油つかっちゃだめ

    解説

  • 95

    スコポラミン臭化水素がでてくる局面

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乗り物酔いのための抗コリン成分、 胃腸鎮痛鎮痙薬(胃腸の過剰な働き=痙攣、を収める)における抗コリン成分、

    解説

  • 96

    妊婦一般ダメ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胃腸鎮痛鎮痙のアミノ安息香酸エチルとオキセサゼイン

    解説

  • 97

    胎児移行(血液胎盤関門通過)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カフェイン、エストラジオール系

    解説

  • 98

    乳中移行

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カフェイン、コデイン、センノシド、センナ、ダイオウ、ロートエキス、アミノフィリンやデオフィリン(鎮海去痰、ちんうん薬)、ジフェンヒドラミン(胎児昏睡おこす)

    解説

  • 99

    抗めまい、抗ヒスタミン、抗コリンの共通点と、抗コリンだけにある違い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共通点はいずれも眠気を促す、 抗コリンだけ、プラス散瞳による目のかすみ

    解説

  • 100

    抗めまい成分をあげよ+その働き

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジフェニドール塩酸塩 内耳(にある前庭)と脳とを結ぶ神経(前庭神経)を調整 内耳への血流量の増加

    解説

  • 101

    メクリジンとはなにか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • もっぱら乗り物酔いの抗ヒスタミン成分、 作用するまで遅いが、持続時間は長い

    解説

  • 102

    小建中湯ときたらでてくる成分は。そのリスクは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グリチルリチン酸大量摂取による偽アルドステロン、小児のかん

    解説

  • 103

    インターフェロンといったら何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小柴胡湯

    解説

  • 104

    黄疸ときたら、どの臓器

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓

    解説

  • 105

    腸内殺菌成分は何のため、そして3つあげて

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細菌感染による下痢症状を鎮める。ベルベリン、アクリノール、木クレオソート。「腸のためにベリー栗くれ」

    解説

  • 106

    ジプロフィリンってなんだっけ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キサンチン系といわれるやつ。①乗り物酔い薬の箇所ででてくる。中枢神経系を興奮させる成分。平衡感覚を混乱させてめまいを鎮める。 ②さらに!気管支拡張成分でもでてくる(交感神経系を刺激して気管支を拡張させる) ③てんかんの診断を受けた人はつかっちゃだめ。中枢神経系の興奮作用によるてんかん引き起こしリスク増大)

    解説

  • 107

    アミノ安息香酸エチルがでてくる局面

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胃粘膜への麻酔作用によって嘔吐刺激を和らげる。

    解説

  • 108

    ニコチン酸アミドがでてくるのはどこ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乗り物よいのところ、吐き気防止を期待して補助的配合

    解説

  • 109

    クロルフェニラミンマレイン酸塩がでてくる局面

    補足(例文と訳など)

    答え

    • これは抗ヒスタミン成分 口腔咽頭薬(鎮咳去痰薬は標榜不可。喉に付着したアレルゲンによる不快感を鎮めるのみ)

    解説

  • 110

    ヨウ素系殺菌消毒成分の注意点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レモンやお茶などに含まれるビタミンCの成分と反応すると、殺菌作用が失われる。

    解説

  • 111

    芍薬甘草湯を使っちゃいけない人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓病のひと、 頻脈徐脈を引き起こすため

    解説

  • 112

    スクラファート、合成ヒドロタルサイド、アルジオキサの共通点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルミニウムを含むため、透析治療を受けている人や、腎臓病を持っている人は、過剰なアルミニウムイオンが体内に貯留し、アルミニウム脳症、アルミニウム骨症を引き起こす

    解説

  • 113

    ピレンゼピン塩酸塩水和物って何。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胃腸薬のなかで、胃液分泌抑制成分。ロートエキス(抗コリン)のともだち。副交感をおさえる。ピレンゼピン塩酸塩は、消化管の運動に影響をあたえない抗コリン作用。排尿困難、動機、目のかすみ。なので機械つかうな、運転するな。緑内障の人つかうな。

    解説

  • 114

    妊娠3ヶ月以内、希望者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンAの過剰摂取。先天異常

    解説

  • 115

    マオウときたら

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エフェドリン系、甲状腺機能障害、心臓病、糖尿病、高血圧の人は相談しなさい。

    解説

  • 116

    メチルシステイン塩酸塩とは。その機能は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 去痰薬。痰中の粘性タンパク質を溶解・低分子化して、粘性を減少させる

    解説

  • 117

    カルボシステインとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 去痰成分。粘液成分の含量比を調整し、痰のきれをよくする

    解説

  • 118

    ブロムヘキシン塩酸塩、ブロムワレリ尿素 似た者同士

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブロムヘキシン:去痰薬(分泌促進作用、溶解低分子化作用、線毛運動促進作用)、ブロムワレリ:鎮静薬

    解説

  • 119

    消泡成分を答えよ。およびその作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジメチルポリシロキサン(ジメチコン)。 気泡の分離を促す。分離して雲散霧消させる。

    解説

  • 120

    ロペラミド塩酸塩の適用対象となるものは何か。食べ過ぎ飲み過ぎによる下痢か、食あたり・水あたりによる下痢か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食べ過ぎや飲み過ぎによる下痢、その他、寝冷えによる下痢。

    解説

  • 121

    ピコスルファートナトリウムとはなにか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピサコジルのこと。胃や小腸では分解されない。大腸刺激性瀉下成分。下剤のこと。結腸や直腸の粘膜を刺激して排便をうながす。結腸での水分の吸収を抑えて糞便のかさを増大させる。

    解説

  • 122

    瀉下成分の種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小腸刺激性、大腸刺激性、無機塩類、膨潤性瀉下成分

    解説

  • 123

    パンテチンとはなにか。どんな作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高コレステロール改善薬。LDLの異化排泄を促進。HDL産生を高める。

    解説

  • 124

    ソイステロールの働き

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腸管におけるコレステロールの吸収を押させる。

    解説

  • 125

    リノール酸の働き

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コレステロールと結合し、コレステロールエステルを形成。肝臓におけるコレステロールの代謝をうながす。

    解説

  • 126

    ポリエンホスファチジルコリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コレステロールと結合し、コレステロールエステルを形成。肝臓におけるコレステロールの代謝をうながす。

    解説

  • 127

    ビタミンB2と高コレステロール改善との関係

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コレステロールの生合成を抑制し、異化排泄作用、中性脂肪抑制作用、過酸化脂質分分解作用がある。

    解説

  • 128

    ビタミンE

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コレステロールから過酸化脂質の生成を抑える。末梢血管における血行促進。血中コレステロール異常に伴う末梢血行障害の緩和

    解説

  • 129

    タンニン酸とは。どこででてくる。どんな作用。組み合わせるとしたら何。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 痔の薬。収斂保護止血成分。粘膜表面に不溶性の膜を形成することによる粘膜保護・止血。ロートエキス

    解説

  • 130

    タンニン酸アルブミンとタンニン酸ベルベリンとタンニン酸の違い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンニン酸は痔の薬。 タンニン酸アルブミンは腸の薬(腸粘膜のタンパク質と結合し、不溶性の膜を形成して腸粘膜を引き締める。ビスマス系の仲間)タンニン酸ベルベリンは腸の薬だが、腸内殺菌成分である。

    解説

  • 131

    腸内吸着成分を6つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なんとかカルシウム系、天然珪酸アルミニウム、ヒドロキシナフトサンアルミニウム

    解説

  • 132

    名前似たものどうし。ピレンゼピン、ピぺラジンリン、パパベリン、ピリプロキシフェン、ピリドキシン、ピロキシリン。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピレンゼピン(抗コリン成分):ロートエキスの仲間で胃胃液分泌を抑制。パパベリン:消化管の平滑筋に直接働き、胃と腸の痙攣鎮める。ピペラジンリン(抗コリン):回虫、ギョウ虫の運動麻痺。ピリドキシンはビタミンB6(眠気倦怠感やわらげ、吐き気防止補助、皮膚粘膜の健康維持、目の疲れ改善)。ピリプロキシフェン:昆虫成長阻害(メトプレンの仲間)

    解説

  • 133

    コンドロイチン硫酸、コンドロイチン硫酸ナトリウムでてくるところ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鎮痛薬(関節痛・肩こり痛改善)、滋養強壮保健薬(軟骨組織の主成分、軟骨成分を形成及び修復)

    解説

  • 134

    解熱鎮痛における生薬成分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジリュウ、シャクヤク(ボタン)、ボウイ(ツツジ)、ショウキョウ。(小生、今日某借家で時流に乗る)

    解説

  • 135

    胃の薬 生薬成分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オウバク、オウレン、センブリ、ゲンチアナ、リュウタン、ユウタン(大きいクマと大きい竜が苦い宣言)。 ケイヒ(楠)、コウボク(モクレン)、ショウキョウ、チョウジ(フトモモ)、チンピ(ミカン)、ソウジュツ(キク)、ビャクジュツ(キク)、ウイキョウ(セリ)

    解説

  • 136

    サルファー系のものとその効果。スクラルファートとの違い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スルファメトキサールはアルジオキサ、ゲファルナート、アズレンの仲間。胃の粘膜保護・修復成分。(アルジオキサのみアルミニウムを含む。スルファメトキサールはサルファ剤(眼科ようやく。結膜炎、ものもらい、眼瞼炎などの化膿症の改善(サルファ剤にアレルギー反応をもったひとはだめ)

    解説

  • 137

    酸化亜鉛はどこにでてくる。どんな作用。似た作用の仲間は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幹部のタンパク質と結合して皮膜形成。皮膚を保護。 ピロキシリン(ニトロセルロース)が用いられることもある。患部化膿、傷が深い場合には使用するな。

    解説

  • 138

    ヘパリン類似物の働き3つ。避けるべき人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血行促進作用、抗炎症作用、保湿作用。出血性血液疾患の人たち。

    解説

  • 139

    血行促進作用成分をあげよ。ヘパリン類似物、ビタミンE以外。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポリエチレンスルホン酸ナトリウム、ニコチン酸ベンジルエステル

    解説

  • 140

    皮膚に用いる血管収縮成分はなにか。おなじみのもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナファゾリン塩酸塩などのアドレナリン作動成分

    解説

  • 141

    外皮用薬の構造 1殺菌対応、2痒み、腫れ、痛み対応、3菌対応。このうち、1の成分を答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1アクリノール、オキシドール、マーキュロクロム(一般のみ:連鎖球菌、化膿菌)、3ヨウ素系殺菌消毒成分(ヨウ素、ヨード系)、4 ベンザル、ベンゼト、セチルピリ、セトリミド、5クロルヘキシジン系(一真)、6消毒用エタノール、7イソプロピルメチルフェノールチモール

    解説

  • 142

    外皮用薬の構造 2痒み、腫れ、痛み対応の成分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ステロイド性(たとえばデキサメタゾン)と非ステロイド性の抗炎症成分。非ステロイドではウフェナマート、ピロキシカム、イブプロフェンピコノール)、グリチルリチン酸系。その他にも、局所麻酔(時深いん、リドカイン、アミノ安息香酸エチル、テシットデシチ、アンモニア)、抗ヒスタミン成分(ジフェン系、マレイン酸、イソチペンジル、ジフェ二イミダゾール)、局所刺激成分(冷:メントールカンフルハッカユーカリ。温;ノニル酸ワニリルアミド、ニコチン酸ベンジルエステル、クロタミトン)、収斂保護(酸化亜鉛、ピロシキ)、組織修復(アラント)、血管収縮、血行促進

    解説

  • 143

    サリチル酸がでてくるところ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サリチル酸メチルとサリチル酸グリコールは消炎鎮痛の外皮用薬。サリチル酸は角質軟化成分で抗菌、抗真菌、抗炎症作用も期待。サリチルアミドはサリチル酸系解熱鎮痛薬で、エテンザミドの仲間、水痘・インフルのU15は使っちゃダメ。

    解説

  • 144

    外皮用薬の構造 3菌対応。そのうち、代表的な抗菌成分。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サルファ剤(細菌のDNA合成阻害)、バシトラシン(細菌の細胞壁合成を阻害)、フラジオマイシン・クロラムフェニコール(細菌のタンパク質合成阻害)

    解説

  • 145

    外皮用薬の構造 3菌対応。そのうち、代表的な抗真菌成分。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1イミダゾール系、2フィン塩酸塩系、3シクロビロクスオラミン、4産んで試練、5ピロールニトリ

    解説

  • 146

    体内の脂質を酸化から守るビタミンの製剤名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トコフェロール

    解説

  • 147

    柴胡桂枝湯のサイコってなに

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セリ科の根っこ、抗炎症・解熱・鎮痛

    解説

  • 148

    オウゴンってなに

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健胃薬。シソ科。香りでいかせる

    解説

  • 149

    銅クロロフィリンナトリウムとはなにか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 銅なのに内服薬!歯周組織の修復成分、歯肉炎に伴う口臭をおさえる。 胃粘膜保護修復成分でもある!

    解説

  • 150

    ヒノキチオールとはなにか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外用薬。歯用の殺菌消毒成分。抗炎症作用も期待。

    解説

  • 151

    水溶性ビタミンはどれ。脂溶性ビタミンはどれ。体の中でどのような差異をもって取り扱われるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂溶性ビタミンはAD、水溶性はB6、B12。共通点はいずれも肝臓に貯蔵される。 胆汁に含まれる胆汁酸塩が脂質の消化を容易にすると同時に、脂溶性ビタミンの吸収を助ける。なお胆汁には、その他にもビリルビン(胆汁色素)が含まれている。

    解説

  • 152

    肝臓がつくる3大物質+α

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コレステロール、フィブリノゲンなどの血液凝固因子、アルブミン、必須アミノ酸以外のアミノ酸

    解説

  • 153

    腎小体(糸球体をボウマン嚢が覆っている)で濾過されるものはなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1肝臓でアミノ酸から作られた尿素、2血球やタンパク質以外の血漿成分、3ブドウ糖・アミノ酸

    解説

  • 154

    尿細管で再吸収されるもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1原尿中のブドウ糖やアミノ酸などの栄養分、2血液の維持に必要な水分や電解質

    解説

  • 155

    排尿時は膀胱のあたりの筋肉はどうなるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膀胱括約筋が緩む、膀胱壁の排尿金が収縮し、外へ尿をおしだす。

    解説

  • 156

    抗コリン成分は目にどんな影響をもたらすか。眼圧とか、血とか、視力とか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眼圧上昇、眼痛や眼の充血、急激な視力低下

    解説

  • 157

    角膜と水晶体の間はなにで満たされているか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 房水

    解説

  • 158

    自律神経系に作用するアドレナリン、ノルアドレナリンが産生・分泌されるのはどこか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎髄質

    解説

  • 159

    脳の消費エネルギーとか (血液、酸素、ブドウ糖)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液:全身の15% 酸素:全身の20% ブドウ糖:25%

    解説

  • 160

    脳、脊髄、延髄、脊椎、中枢神経の関係

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中枢神経系は脳と脊髄で形成。 脳と脊髄は延髄でつながっている。延髄に心臓中枢と呼吸中枢がある。脊髄は脊椎の中にある

    解説

  • 161

    神経分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末梢神経系と中枢神経系 末梢神経系に1体性神経系と2自律神経系がある

    解説

  • 162

    胆汁はどこでつくられるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓。

    解説

  • 163

    胆嚢と肝臓の関係

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓でつくられた胆汁が胆嚢に貯えられる。十二指腸に飲食物が入ってくると収縮し、腸管内に胆汁をだす。

    解説

  • 164

    リパーゼの働き

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リパーゼは膵液の一種。脂質(トリグリセリド)を脂肪酸とグリセリンに分解。

    解説

  • 165

    膵液三兄弟

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トリプシン(ペプトンをさらに細かくする)、リパーゼ、アミラーゼ(麦芽糖をブドウ糖へ、ペプトンをアミノ酸へ)

    解説

  • 166

    腸液三兄弟

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エレプシン(ペプトンをアミノ酸にする)、マルターゼとラクターゼ(炭水化物をブドウ糖やガラクトースや果糖にする)

    解説

  • 167

    胆汁酸は何から生合成されるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コレステロール

    解説

  • 168

    膵臓も肝臓も消化腺。胃はどうか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胃は消化管

    解説

  • 169

    消化管は口腔から肛門まで全長何メートル?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 9

    解説

  • 170

    紫外線と赤外線の波長の長さ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 短い紫外線、長い赤外線

    解説

  • 171

    雪目とはどんな状態か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紫外線を含む光に長時間さらされ、角膜の上皮に損傷を生じる。雪眼炎

    解説

  • 172

    眼の構造

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外側からレイヤー別「睫毛ー結膜ー角膜=強膜ー虹彩ー水晶体=毛様体ー網膜ー硝子体」

    解説

  • 173

    角膜や水晶体と血管の関係

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 角膜や水晶体には血管が通っておらず、房水によって栄養分や酸素が供給される。

    解説

  • 174

    虹彩の役割

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瞳孔を拡大・縮小させて眼球内に入る光を調整

    解説

  • 175

    遠近は眼のどの部分が調整するのか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水晶体の厚みを変化させることにより遠近の焦点を調整

    解説

  • 176

    水晶体のあつみの変化のさせ方

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水晶体を取り囲んでいる毛様体が収縮⇄弛緩をする。近くのものをみるときは、厚く、遠くのものを見るときは薄くなる。メガネと逆

    解説

  • 177

    網膜の構造

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光を受容する視細胞が密集。個々の視細胞は神経線維につながっている。それが束になって視神経となる。

    解説

  • 178

    視細胞のうち、光に反応する視細胞は、何を必要とするか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンA。不足すると夜盲症

    解説

  • 179

    結膜とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眼瞼の裏側と強膜とを結ぶように多い組織を保護している。透明な薄い膜のため、なかを通っている血管が外部から用意に認識可能。

    解説

  • 180

    充血したときにピンク色になるのはどの部分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強膜。結膜充血は強膜だけでなく、眼瞼の裏側も赤くなうr。

    解説

  • 181

    目が赤いというときに、どういうことに¥気をつけるべきか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 充血と内出血(結膜下出血)

    解説

  • 182

    涙液は何からできているのか。涙液の働きはなにか。3つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液中の血漿から産生されている。 機能1:角膜に酸素と栄養分を補給、機能2:洗浄、機能3リゾチーム、免疫グロブリンを含み、角膜と結膜を感染から保護

    解説

  • 183

    眼筋は何本あって、目のどこの部位につながっている?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6本、眼球側面の強膜につながっている。

    解説

  • 184

    蝸牛の内部はどんな液体でみたされているか。どのように作用するのか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リンパ液、中耳の耳小骨から振動がリンパ液を震わせ、その振動が聴細胞の小突起(感覚毛)を揺らして、聴神経が刺激される。

    解説

  • 185

    前庭の構成とそれぞれの役割。内部はどんな液体でみたされているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 加速度を感じる耳石器官、体の傾きを感知する半規管。リンパ液

    解説

  • 186

    器官から房へ部屋から器官へ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓

    解説

  • 187

    血管と自律神経

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心拍数と血管壁は自律神経によって制御。血管壁が収縮すると血管細くなり、弛緩すると拡張。

    解説

  • 188

    血漿中の過剰なコレステロールはどうなるか。血管への影響

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管の内壁に蓄積すると、血液が流れにくくなるとともに、動脈の弾力性が損なわれる。

    解説

  • 189

    血管壁にかかる圧力はどこで測定するか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上腕部の動脈で測定

    解説

  • 190

    消化管壁を通っている毛細血管の大部分はどこにあつまって、どうなるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 門脈とよばれる血管に集まって肝臓にはいる。

    解説

  • 191

    血液の構成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血漿と血球(赤血球、白血球)の二つで成り立つ。

    解説

  • 192

    血液の機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1:酸素栄養分を全身組織に供給、2:二酸化炭素老廃物を排泄器官に運ぶ、3:ホルモン運搬、4:体温維持

    解説

  • 193

    血漿の成分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 90%以上が水分。タンパク質(アルブミン、グロブリン)、脂質、糖質、電解質

    解説

  • 194

    アルブミンの機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液の浸透圧を保つ(血漿成分が血管から組織中に漏れ出るのを防ぐ)、ホルモンや医薬品成分との複合体を形成し、血液に運ばれる際に代謝・排泄を受けにくくする。

    解説

  • 195

    グロブリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 別名:免疫グロブリン。免疫反応において、体内に入った最近やウィルスを特異的に認識する抗体としての役割。

    解説

  • 196

    脂質とは具体的にはなにか、どういう機能をもっているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 具体的には中性脂肪、コレステロールなど。血漿中のタンパク質と結合して、リポタンパク質を形成。血漿中に分散。

    解説

  • 197

    循環器系 重要数字 (大きい順に) 90,60,40,33,5

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 90血漿中の水分、60白血球中の好中球、40血液中の赤血球、33白血球中のリンパ球、5白血球中の単球

    解説

  • 198

    マクロファージってなに

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白血球中の単球のこと。探究心がある、血管壁を通り抜けられる。

    解説

  • 199

    ヘモグロビンとはなにか、どんなふうに機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤血球中の赤い血色素。 ヘモグロビンは鉄分と結合したタンパク質で、酸素量の多いところ(肺胞の毛細血管)で酸素分子と結合し、酸素が少なく二酸化炭素が多いところ(末梢組織の毛細血管)で酸素分子放出

    解説

  • 200

    赤血球はどこで作られるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨髄。赤血球の産生に必要なビタミンが不足することによる場合をビタミン欠乏症貧血という。ヘモグロビンの生合成に必要な鉄分が不足することによる場合を鉄欠乏貧血という。

    解説

  • 201

    ビタミンKはどこでつくられるか。ビタミンKの働きは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンKは、腸内細菌が産生している。ビタミンKは血液凝固に必要。

    解説

  • 202

    鼻腔粘膜を介して吸収された薬物は初めに肝臓で代謝をうけない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正しい

    解説

  • 203

    緊急安全性情報は何色? 安全性速報は何色

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 緊急の方はイェロー、 安全性速報はブルーレター。 それとは別に情報提供ホームページ

    解説

  • 204

    企業からの報告制度 30日いない報告は、どの項目か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副作用だと、使用上の注意から予測できるもので、重篤(死亡を除く)で、「上記以外」。研究報告だとすべて30日

    解説

  • 205

    好中球の働き

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管壁を通り抜けて、組織の中に入り込み、細菌やウィルスをくう。好中球が減少すると、細菌やウィルス観戦に対する抵抗力が弱くなり、突然の高熱、悪寒、喉の痛み、口内炎、倦怠感が 生じる。ステロイド性抗炎症薬や抗癌薬などがそのような易感染性をうみだす。

    解説

  • 206

    リンパ球

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白血球の1/3を占め、血液のほかリンパ液にも分布して循環している。 リンパ節、脾臓などのリンパ組織で増殖。細菌・ウィルス等の異物を認識(T細胞リンパ球)、それらに対する抗体、免疫グロブリンを産生(B細胞のリンパ球)

    解説

  • 207

    白血球のなかの好中球、リンパ球、単球につぐ4種類目のもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アレルギーに関与する白血球

    解説

  • 208

    出血を抑える上で、重要な役割を担うのはなにか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血小板。 血管壁が収縮し、血小板がそこをうめる。このとき血小板から放出される酵素によって血液が凝固される一連の反応が発生>

    解説

  • 209

    血液が凝固される一連の反応が発生を説明せよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクターは、血小板、赤血球、フィブリのゲン。 1血漿タンパク質の一種であるフィブリノゲンが傷口で重合して、繊維状のフィブリのゲンとなる。2フィブリン線維に赤血球や血小板が絡まり、血餅となって、止血

    解説

  • 210

    脾臓の二つの機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1古くなった赤血球を濾しとって処理、2リンパ組織があり血流中の細菌やウィルスの異物に対する免疫応答をする。

    解説

  • 211

    リンパ液の循環はどうやっておきているのか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨格筋の収縮。ポンプなし。

    解説

  • 212

    鶏卵アレルギーを持つ人が使用してはいけないものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リゾチーム塩酸塩

    解説

  • 213

    タンニン酸アルブミンがだめなひと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 牛乳アレルギーの人

    解説

  • 214

    出産予定日12週以内の妊婦 つかっちゃいけない成分とその理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アスピリン、アスピリンアルミニウム、イブプロフェン。妊娠期間の延長、胎児の動脈管の以上、子宮収縮の抑制、分娩時出血増加のおそれ

    解説

  • 215

    リンパ液とリンパ球の関係

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リンパ液は血漿の一部が毛細血管から組織中ににじみ出た組織液のこと。血漿とほとんど同じ成分(タンパク質が少なく、リンパ球を含む。)

    解説

  • 216

    リンパ液の働き

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織液は、組織中の細胞に酸素や栄養分を供給して、二酸化炭素や老廃物を回収。ほとんどは毛細血管で吸収されて血液に還元される。一部はリンパ管に入ってリンパ液となる。その際、組織中に親友した細菌、ウィルスもリンパ管にとりこまれる。

    解説

  • 217

    リンパ管の行き着く先

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鎖骨の下にある静脈につながる。 途中に、リンパ節がある。リンパ節の内部にはリンパ球とマクロファージが密集。リンパ液で運ばれてきた細菌、ウィルスは、ここで免疫反応によって排除っされる。

    解説

  • 218

    角質層の組成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 角質細胞(細胞膜が丈夫な線維性タンパク質(ケラチン)でできた板状の組織)と細胞間脂質(セラミド(リン脂質の一種)を主成分とする)

    解説

  • 219

    メラニン色素はどこの部分に沈着しているか。どこで産生されるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 表皮や真皮。表皮最下層にあるメラノサイトで産生。毛母細胞の間にメラノサイトが分布し、メラニン色素が毛母細胞にわたされる。このメラニン色素の量により経路がきまる。

    解説

  • 220

    真皮の組成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 線維芽細胞とその細胞で産生された線維性タンパク質(コラーゲン、エラスティン、フィブリリンなど)からなる結合組織

    解説

  • 221

    毛細血管や知覚神経は皮膚のどの部分にあるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真皮

    解説

  • 222

    脂肪細胞は皮膚のどの部分にあつまっているのか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮下組織にあつまっており、それは真皮の下の層にあたる。

    解説

  • 223

    骨髄の造血機能の仕組み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨髄で産生される造血肝細胞から赤血球、白血球、血小板が分化することにより、体内供給。すべての骨の骨髄でおきているわけではなく、主として、胸骨、肋骨、脊椎、骨盤、大腿骨などで。

    解説

  • 224

    代謝とは、器官のどういう働きか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬品中の有効成分が代謝して、腎臓からは尿中へ、肝臓からは胆汁中へ、肺からは呼吸器中へ。

    解説

  • 225

    サリドマイド製剤はなんのための薬か。どんな副作用があるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サリドマイド製剤は催眠鎮静成分で、その鎮静作用を目的として胃腸薬にも配合。副作用は血管新生を妨げる。

    解説

  • 226

    ショック(アナフィラキシー)とは何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生体異物に対する即時型のアレルギー反応

    解説

  • 227

    SJSとは。 発生の機序はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正式名:皮膚粘膜眼症候群。38度以上の高熱を伴う。発疹、発赤、火傷様の水疱などの症状。全身の皮膚、口、眼の粘膜に現れる。機序は不明

    解説

  • 228

    TENとは。症状はどんなん。機序は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中毒性表皮壊死症=ライエル症候群Toxic epidermal necrolysis。38℃以上の高熱、広範囲に皮膚の発赤。全身の10%以上に火傷様の水疱など。機序不明。一旦発生すると、多臓器障害の合併症で、致命。

    解説

    スチーブンス・ジョンソン症候群(SJS)との違いが、以前は明確でありませんでしたが、最近診断基準が世界的に統一されました。水疱やびらんなど皮膚が剥がれた面積が10%以下のものをSJS、30%以上をTENとし、その中間の10~30%の場合をSJS/TENのオーバーラップとする診断基準です。など。

  • 229

    SJS、TENにおいてみられる症状のうち、両眼に現れるもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急性結膜炎。皮膚や粘膜の変化とほぼ同時期、または半日〜1日先行して生じるので、SJS、TENの前兆。

    解説

  • 230

    SJS、TENは、どのタイミングで発症するか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原因医薬品の使用開始後2週間以内に発症することが多い。1ヶ月以上経過してから起こることもある。

    解説

  • 231

    肝機能障害の種類。主な症状。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中毒性のもの(有効成分または代謝物の直接的肝毒性が原因でおきる)、アレルギー性のもの(有効成分に対する抗原抗体反応が原因でおきる)。主な症状に、全身の倦怠感、黄疸、発熱、発疹、皮膚の掻痒感、吐き気

    解説

  • 232

    黄疸のメカニズムを答えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビリルビン(胆汁に含まれる胆汁色素。これは赤血球中のヘモグロビンが分解された老廃物で、腸管内に出され、腸内細菌によって代謝され、うんちを茶褐色にする)が、胆汁中に排出されず血液中に滞留することにより生じる、皮膚は白眼が黄色くなる。また血液中のビリルビンが尿中に排出されることにより、尿色がこくなる。

    解説

  • 233

    アルドステロンはどこから分泌されるか。偽アルドステロン症はどのような症状か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎皮質から。カリウムが失われ、塩分(ナトリウム)と水分が貯留。 低カリウム血症を伴う高血圧症を示す。低カリウム血性ミオパチーによると思われる四肢の脱力感、と血圧上昇に伴う頭重感。 病態が進行すると、筋力低下、起立不能、歩行困難、痙攣などを生じる。

    解説

  • 234

    血小板減少症とは、どういう症状か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医薬品の使用が原因で血液中の血小板が減少し、鼻血、歯茎からの出血、手足ん青あざや口腔粘膜の血腫などの内出血、経血が止まりにくくなる(月経過多)などの症状があらわれる。脳内出血などの重篤病態へ進行を予防する必要がある。

    解説

  • 235

    無菌性髄膜炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 髄膜炎のうち、髄液に細菌・真菌が検出されないもの。大部分はウィルス原因

    解説

  • 236

    無菌性髄膜炎の発症リスクがある人はだれ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全身性エリテマ、混合性結合組織病、関節リュウマチの基礎疾患がある人。

    解説

    混合性結合組織病とは、寒冷刺激や精神的緊張によって起こる手指の蒼白化(レイノー現象)、手の甲から指にかけての腫れ、多発関節炎、皮膚の硬化。

  • 237

    全身性エリテマとはなにか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膠原病の一種で発熱や全身の倦怠感、頰に赤い発疹、手指の腫れと関節炎、口内炎、光線過敏の症状

    解説

  • 238

    消化器官、呼吸器系、循環器系、泌尿器系、感覚器系、皮膚にあらわれる副作用。にあらわれる副作用。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消化器官系(消化性潰瘍、イレウス様症状)、呼吸器系(間質性肺炎、喘息)、循環器系(鬱血性心不全、不整脈)、泌尿器系(腎障害、排尿困難、尿閉、膀胱炎様症状)、感覚器系(眼圧上昇)、皮膚(接触性皮膚炎、光線過敏症、薬疹)

    解説

  • 239

    消化性胃潰瘍の内容と症状。発見の方法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胃や十二指腸の粘膜組織が障害されて、その一部が粘膜筋板を超えて欠損する状態。症状:腹辺りが痛い。消化管出血にともなって糞便が黒くなるなどの症状があらわれる。自覚症状が乏しい場合、貧血症状(動悸や息切れ)の検査時や、突然の吐血でわかる。

    解説

  • 240

    イレウス様症状(腸閉塞様症状)とはどんなものか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腸内容物の通過が阻害された状態をイレウスという。腸管が閉塞していなくても、腸管運動が麻痺して腸内容物の通過が妨げられる。激しい腹痛、おなら停止、嘔吐、便秘。

    解説

  • 241

    イレウス様症状がどんなものにつながるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 悪化すると、腸内容物の逆リィううによる嘔吐が原因で脱水症状を呈したり、腸内最近の異常増殖によって全身状態の衰弱。

    解説

  • 242

    イレウス様症状にはどんな人がなりやすいのか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小児や高齢者のほか、普段から便秘傾向のある人は、発症リスクが高くなる。下痢治癒後の便秘を放置して症状悪化

    解説

  • 243

    間質性肺炎は悪化するとどうなるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺線維症(肺が線維化をおこして硬くなる状態)

    解説

  • 244

    副作用があらわれるタイミング、時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間質性肺炎は1−2週間。喘息は1時間。SJS、TENは2週間以内(1ヶ月たってからおきることもある)

    解説

  • 245

    鬱血性心不全とは何か。どんな症状があるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全身が必要とする量の血液を心臓から送り出すことができなくなり、肺に血液が貯留して、種々の症状を示す。息切れ、疲れやすい、足のむくみ、体重の急増、咳とピンク色の痰。心不全の既往がある人は可能性たかくなる。

    解説

  • 246

    不整脈とはなにか。どんな症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真菌の自動性や興奮電動の異常が原因で心臓の拍動リズムが乱れる状態。 めまい。立ちくらみ、全身倦怠感、動悸、息切れ、胸部不快感、脈の欠落

    解説

  • 247

    腎障害が生じるとどうなるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尿量が減少する。逆に一時的に尿量がふえる。むくみ、血尿。

    解説

  • 248

    排尿困難、尿閉

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗コリン系のもの、つまり副交感神経を抑制する作用がある成分をつかうと、膀胱の排尿金の収縮が抑制、尿が出にくくなる。進行すると尿意があっても尿がでなくなる。下腹部が膨満して激しい痛み。(前兆としての尿勢の低下にも注意)

    解説

  • 249

    膀胱炎様症状は具体的にはなにか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尿の回数増加(頻尿)、排尿時の疼痛、残尿感の症状。

    解説

  • 250

    眼圧上昇とはどん仕組みか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗コリン作用成分なので、房水が排出されにくくなると、眼圧が上昇して視覚障害生じる。(抗コリンによる急性緑内障発作)。それに加え、眼痛や眼の充血に加え、急激な視力低下をきたす。眼圧の上昇にともない、頭痛や吐き気・嘔吐などの症状が現れることもある。

    解説

  • 251

    眼圧上昇はなにが問題なのか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長時間放置すると、視神経が損傷して不可逆的な視覚障害に至るおそれがある。

    解説

  • 252

    光線過敏症は全身へひろがるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全身に広がることもある。貼付剤の場合には剥がした後でも発症。

    解説

  • 253

    服用後、発熱をともなって眼や口腔粘膜に異常が現れた場合に注意すべきこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SJS、TENへ移行することもあるので注意

    解説

  • 254

    毒物表示、劇物表示。違いは。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毒物は黒地に白文字(ど・くろ)、劇薬は白地に赤文字(げきゃ)

    解説

56846

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ