zuknow learn together

新しい教材を作成

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』より

カード 20枚 作成者: Isabel (作成日: 2015/07/30)

  • 樹間


    その音は樹間を吹き抜ける疾風のように、

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

村上春樹著『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』より、単語

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    樹間

    補足(例文と訳など)

    • その音は樹間を吹き抜ける疾風のように、

    答え

    • じゅかん。立ち木と立ち木の間

    解説

  • 2

    切れ切れ

    補足(例文と訳など)

    • 強度を変えながら切れ切れに彼の耳を刺した

    答え

    • きれぎれ。断続的に続いているさま。

    解説

  • 3

    若木

    補足(例文と訳など)

    • 若木が地中から養分を吸い上げるように

    答え

    • わかぎ。若い木。

    解説

  • 4

    言辞

    補足(例文と訳など)

    • 「悪いけど」というのが彼の口にした唯一の社交的言辞だった

    答え

    • げんじ。ことば。

    解説

  • 5

    薄暮

    補足(例文と訳など)

    • 得体の知れない薄暮と底のない闇が、一定の時間をおいて入れ替わるだけだ

    答え

    • はくぼ。たそがれ。夕暮れ。

    解説

  • 6

    列記

    補足(例文と訳など)

    • もし求められれば、それらを列記することもできる

    答え

    • れっき。並べて書き記すこと。

    解説

  • 7

    ふいご

    補足(例文と訳など)

    • 肺が一対の狂ったふいごとなり、

    答え

    • 金属の精錬・加工に用いる火をおこす為の送風機。

    解説

  • 8

    二義的

    補足(例文と訳など)

    • 人生における重要なものごとというのは常に二義的なものです。

    答え

    • にぎてき。根本的でないさま。それほど重要でないさま。二次的。

    解説

  • 9

    背反

    補足(例文と訳など)

    • そこには背反性もなければ、二義性もない

    答え

    • はいはん。1) 相容れないこと 2) 従うべきものに背くこと

    解説

  • 10

    フォークロア

    補足(例文と訳など)

    • フォークロアとか、あるいは怪談みたいなものだと思って聞いてもらってかまいません

    答え

    • 1) 民間伝承 2) 民俗学

    解説

  • 11

    宿帳

    補足(例文と訳など)

    答え

    • やどちょう。宿屋で宿泊者の氏名・住所などを書き入れる帳面。

    解説

  • 12

    にべもない

    補足(例文と訳など)

    • そのにべもない、ぶっきらぼうな言い方が、緑川の気に入ったようだった

    答え

    • 愛想がない。そっけない。

    解説

  • 13

    専心

    補足(例文と訳など)

    • 緑川も演奏に専心して、

    答え

    • せんしん。研究・学問などに心を集中させ、熱心に行うこと。

    解説

  • 14

    峻別

    補足(例文と訳など)

    • 主体と客体を峻別する壁をうまく立ち上げることができない

    答え

    • しゅんべつ。きびしく区別すること。また、その区別。

    解説

  • 15

    渡りに船

    補足(例文と訳など)

    • なるべく早く死んでしまいたいと、前々から思ってはいたんだ。渡りに船かもしれない

    答え

    • わたりにふね。必要なものがそろったり、望ましい状態になったりして好都合なこと。

    解説

  • 16

    セールストーク

    補足(例文と訳など)

    • ここからがセールス・トークになる

    答え

    • 販売話法。販売にあたって客の購入意欲をかき立てるような話法。

    解説

  • 17

    慄然

    補足(例文と訳など)

    • どうしてこんな人生にそもそも我慢できたのだろうと思い、慄然とする

    答え

    • りつぜん。恐ろしさで身の震えるさま。ぞっとするさま。

    解説

  • 18

    性夢

    補足(例文と訳など)

    • そんな性夢を見たときは、必ず射精のあとが残っている

    答え

    • せいむ。性的な夢。

    解説

  • 19

    透徹

    補足(例文と訳など)

    • 灰田の目は先刻の透徹した光を失い、

    答え

    • とうてつ。透き通っていること。澄み切っていること。

    解説

  • 20

    腑分け

    補足(例文と訳など)

    • 灰田はそのとき、つくるが密かに抱いている妄想や欲望を観察し、そのひとつひとつを検分し腑分けした

    答え

    • ふわけ。解剖のこと。

    解説

56802

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ