zuknow learn together

新しい教材を作成

食品衛生学2015

カード 136枚 作成者: Shuichiro Fujisada (作成日: 2015/07/29)

  • リスク分析の3要素は、リスク評価、リスク管理、リスクコミュニケーションである。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

食品衛生学の演習問題です。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    リスク分析の3要素は、リスク評価、リスク管理、リスクコミュニケーションである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    リスク評価は、危害要因判定、暴露評価、リスク判定からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    リスクコミュニケーションとは、関係者の間で情報や意見をお互いに交換することである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    我が国においてリスク評価は、消費者庁が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(消費者庁→食品安全委員会)

    解説

  • 5

    我が国においてリスク管理は、行政の責務である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    食品安全委員会は内閣府に設置されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    食品安全委員会は食品安全基本法により設置された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    食品安全委員会は食品に含まれる有害物質等の規制を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(規制はできない)

    解説

  • 9

    食品安全委員会は食品に含まれる有害物質等のリスク評価を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    食品安全委員会は食品安全に関するリスクコミュニケーションを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    CODEX委員会はFAO(国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)が合同で設立した機関である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    CODEX委員会はWTO(世界貿易機関)加盟国が国内規格を作成する際の基礎とする規格を策定している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    CODEX委員会は国際的な企業の利害調整をすることが目的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(WTOの仕事)

    解説

  • 14

    CODEX委員会は医薬部外品の規格を策定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(JSOの仕事)

    解説

  • 15

    食品衛生法でいう食品衛生とは食品のみでなく、添加物、器具なども対象としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    学校および病院の給食施設は開設にあたって、厚生労働省の営業許可を取らなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(保健所に届ければ良い)

    解説

  • 17

    市販の超高温殺菌乳は一般生菌数がゼロでなくてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ゼロでなくてよい)

    解説

  • 18

    食品の放射線殺菌は一定の照射レベルであれば全ての食品に認められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ジャガイモのみ)

    解説

  • 19

    「食品衛生管理者」は当該施設地の都道県知事に届け出る必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    黄色ブドウ球菌は7.5%食塩水中では増殖しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(10%でも増殖する)

    解説

  • 21

    セレウス菌の嘔吐毒(セレウリド)は、100℃、30分の加熱では失活しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    腸炎ビブリオ菌は、海水中では増殖しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(海水にいる)

    解説

  • 23

    ボツリヌス菌の毒素は、100℃、15分の加熱では失活しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(100℃1-2分で失活)

    解説

  • 24

    ウェルシュ菌は、真空包装すれば増殖しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(嫌気性)

    解説

  • 25

    カンピロバクターは耐熱性であり、加熱調理した食品中でも生き残る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(60℃30分で死滅)

    解説

  • 26

    カンピロバクターの潜伏期は2〜5日である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    カンピロバクターは菌が産生した腸管毒素によって発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    カンピロバクターは鶏肉等の畜肉類に比べ、魚介類による発症例が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(主に鶏肉)

    解説

  • 29

    カンピロバクターは夏期より冬季にに多発する食中毒である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(夏期)

    解説

  • 30

    腸炎ビブリオによる食中毒は、鶏卵の生食が原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(海産魚介類)

    解説

  • 31

    ボツリヌス菌による食中毒は、牛レバーの生食が原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(瓶詰めなど)

    解説

  • 32

    嘔吐型セレウス菌による食中毒は、魚介類の生食が原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(焼きめし、カレーライスなど)

    解説

  • 33

    ノロウィルスによる食中毒は、鶏肉の生食が原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(二枚貝など)

    解説

  • 34

    リステリア菌による食中毒は、未殺菌乳やチーズが原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    アニサキスは、野菜類を介する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(魚介類)

    解説

  • 36

    赤痢アメーバは、生水を介する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    回虫は、魚介類を介する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(野菜類)

    解説

  • 38

    トキソプラズマは、淡水魚類を介する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(猫の糞便)

    解説

  • 39

    サイクロスポーラは、肉類を介する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 40

    有棘顎口類-野菜

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(淡水魚)

    解説

  • 41

    アニサキス-海産魚

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    肝吸虫-豚肉

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(淡水魚)

    解説

  • 43

    回虫-淡水魚

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(野菜類)

    解説

  • 44

    トキソプラズマ-鶏肉

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(猫の糞)

    解説

  • 45

    デオキシニバレノールは、小麦に基準値が設定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    アフラトキシンB1は、75℃の加熱により分解することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(熱では分解されない。強酸か強アルカリ)

    解説

  • 47

    アフラトキシンB1は、主に牛肉で検出されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(鶏肉)

    解説

  • 48

    パツリンは、かんきつ類の腐敗菌が産生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(りんご、もも、ブドウ)

    解説

  • 49

    黄変米のカビ毒は、フザリウム族の繁殖が原因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ペニシリウム属)

    解説

  • 50

    イシナギの肝臓を多量に摂取すると、ビタミンE過剰症が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ビタミンA)

    解説

  • 51

    フグ毒のテトロドトキシン、加熱することで無毒化される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(されない)

    解説

  • 52

    オゴノリ中毒の原因物質は、ソラニンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(プロスタグランジン)

    解説

  • 53

    ツキヨタケ中毒の原因物質は、セスキテルペンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    バイ貝毒は、青酸配糖体である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(梅毒)

    解説

  • 55

    麻痺性貝中毒の毒素はプランクトン由来である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 56

    下痢性貝中毒の毒素は、貝の中腸腺が合成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(蓄積、濃縮)

    解説

  • 57

    フグ毒は、食物連鎖によりフグ体内に蓄積する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    シガテラ毒は、草食性魚の肝臓で合成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(海産魚)

    解説

  • 59

    残留農薬基準値は、農薬の種類にかかわらず同じである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    残留農薬基準値は、農薬の1日摂取許容量と同じである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 61

    特定農薬は、ポジティブリスト制度の対象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 62

    動物用医薬品は、ポジティブリスト制度の対象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    残留基準値の定めのない農薬は、ポジティブリスト制度の対象外である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 64

    ストロンチウム90は、放射性物質である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    放射性物質の中には、1年以上の物理的半減期を持つものがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 66

    ヨウ素131は、生体内で甲状腺機能障害の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    セシウム137は、ばれいしょの発芽防止のために用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ガンマ線)

    解説

  • 68

    我が国では輸入食品にセシウム134と147の合計値による規制値が設定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    カドミウムによる健康障害は肝機能障害である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(腎機能障害)

    解説

  • 70

    日本人におけるダイオキシン類の曝露は、魚介類によるものが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    米ぬか油に起因した油症は、製造工程で混入したPCBが原因であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    アクリルアミドは、肉や魚の焼け焦げ中に存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ポテチ)

    解説

  • 73

    アフラトキシンは、加熱調理することで分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(熱では分解されない。強酸か強アルカリ)

    解説

  • 74

    妊婦が水銀を摂取することによって胎児に発生する健康影響の部位は免疫系である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(中枢神経系)

    解説

  • 75

    揮発性塩基窒素量は、サメの鮮度指標に用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 76

    初期腐敗と見なすのは、食品1g中の生菌数が1000〜10000個に達した時である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(10の5乗〜10の7乗)

    解説

  • 77

    酸価は、油脂の加水分解により生成する二酸化炭素量を定量して求める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(遊離脂肪酸量)

    解説

  • 78

    K値は、ATPの分解物を定量して求める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 79

    トリメチルアミン量は、食肉の鮮度指標に用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(魚介類)

    解説

  • 80

    過酸化脂質は、微生物の作用により生成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 81

    N-ニトロソアミンは、食品中の第二級アミンと亜硫酸が反応して生成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(亜硝酸塩)

    解説

  • 82

    トランス脂肪酸は、植物油の水素添加により生成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 83

    ヘテロサイクリックアミンは、食品中の脱炭酸酵素の働きで生成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 84

    アクリルアミドは酸素的褐変で生成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 85

    不飽和脂肪酸は、脱炭酸されてペルオキシラジカルとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(酸化)

    解説

  • 86

    ペルオキシラジカルは、不飽和脂肪酸から酸素を引き抜く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(水素)

    解説

  • 87

    過酸化脂質は、分解されるとアルデヒドやケトンを生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    αートコフェロールは、ラジカルを捕捉する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    空気中に存在する酸素分子によって、油脂中の不飽和脂肪酸が酸化される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    脂質ヒドロペルオキシドの分解によって、アルデヒドやケトンが生成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 91

    自動酸化反応は、微量の金属イオンの存在によって著しく促進される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    脂質分子中の二重結合に挟まれたメチレン基の水素が、ラジカルとして引き抜かれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 93

    光増感反応では、三重項酸素が直接反応する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(一重項酸素)

    解説

  • 94

    食品添加物の指定は、消費者庁長官が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(厚生労働大臣)

    解説

  • 95

    一般飲食物添加物は、食品添加物に含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 96

    既存添加物は、指定添加物に含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 97

    天然由来の化合物は、指定添加物に含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 98

    天然香料は、指定添加物に含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 99

    「既存添加物名簿」には、化学合成した添加物が記載されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 100

    L-アスコルビン酸を酸化防止剤として使用する場合は、使用基準がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 101

    dl-α-トコフェロールは、栄養強化の目的で使用することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 102

    β-カロテンを着色料の目的で使用する場合は、用途名併記の必要は無い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 103

    イマザリルを防かび剤として使用する場合は、使用基準がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 104

    分別生産流通管理が行われた非遺伝子組み換え食品には、「非遺伝子組み換え食品」の表示が義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 105

    分別生産流通管理をしていない非遺伝子組み換え食品は、「遺伝子組み換え不分別」の表示が義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 106

    ビタミンCを栄養強化の目的で使用する場合は、「栄養強化剤(ビタミンC)」の表示が義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 107

    さば、大豆を原材料として加工食品に使用する場合は、アレルギー表示が義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 108

    そば、落花生は特定原材料としての表示が義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    BSEに罹患した牛からヒトへ感染する可能性はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 110

    肋骨はBSEの病因物質が蓄積する部位(特定部位)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 111

    口蹄疫ウイルスがBSEの病因物質である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 112

    調理加熱でBSEの病因物質は不活性化されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 113

    12ヶ月齢以下の牛の特定部位は、除去が義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 114

    分別流通管理をしていない非遺伝子組み換え作物は、「遺伝子組み換え不分別」の表示が省略できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 115

    遺伝子組み換え大豆を原料とするしょう油は、遺伝子組み換え食品の表示が義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 116

    表示義務の対象となっている作物を原材料とする食品であっても、その原材料の食品に占める重量が5%未満のものは、表示が省略できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 117

    遺伝子組み換えトウモロコシを主原料とするコーン油は、遺伝子組み換え食品の表示が義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 118

    非遺伝子組み換え大豆を原料とした豆腐は、「非遺伝子組み換え食品」の表示が義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 119

    カニを原料とする食品は、アレルギー表示を義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 120

    落花生を原料とする食品は、アレルギー表示を推奨されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 121

    さばを原料とする食品は、アレルギー表示を義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 122

    大豆を原料とする食品は、アレルギー表示を推奨されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 123

    フタル酸エステルは、ポリカーボネートの原材料である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 124

    ポリエチレンテレフタレートは、熱硬化性樹脂である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 125

    ホルムアルデヒドは、発がん性が知られている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 126

    焼成温度が低い陶磁器は、調理時に金属が溶出することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    ラミネートは、2種類以上の包装素材を層状に成形したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 128

    ガラスは、容器包装のリサイクル法の対象外である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 129

    プラスチック容器のリサイクル識別表示マークは1種類である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 130

    アルミニウムは、プラスチックに比べて光透過性が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 131

    PETは、プロピレンを原料として製造される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ポリエチレンテレフタレート)

    解説

  • 132

    食中毒事故の再発を防止するために徹底する事項は、ステンレス器具から木製器具への変更である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 133

    食中毒事故の再発を防止するために徹底する事項は、汚染作業区域から非汚染作業区域の作業に移る前の手洗いである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 134

    食中毒事故の再発を防止するために徹底する事項は、加熱調理に関して85℃以上、1分間以上の加熱である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 135

    食中毒事故の再発を防止するために徹底する事項は、調理者家族の検便検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 136

    食中毒事故の再発を防止するために徹底する事項は、給食当番自動の検便検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

56932

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ