zuknow learn together

新しい教材を作成

情報科学

カード 185枚 作成者: Ayana Yonekura (作成日: 2015/07/27)

  • 個人が情報を知的資源として使いこなすために必要な基本的技能のこと。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    個人が情報を知的資源として使いこなすために必要な基本的技能のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報リテラシー

    解説

  • 2

    情報のディジタル化と情報流通のネットワーク化とは、いわゆる〜である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報技術

    解説

  • 3

    情報が知的生産活動の資源となること。現代社会では、大量の情報を資源として活用しなければ生活物資の生産も効率的に行えない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報資源

    解説

  • 4

    個人が情報を知的資源として使いこなすために必要な基本的技能のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報リテラシー

    解説

  • 5

    とびとびの値をとる量(離散量)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディジタル

    解説

  • 6

    連続的に変化する量(連続量)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アナログ

    解説

  • 7

    ディジタルデータのうち、最も記号の種類の少ないのは、記号が2つしかない場合である。0と1の並びで表現することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バイナリデータ

    解説

  • 8

    0と1の記号列の長さ(桁数)を表す単位のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビット

    解説

  • 9

    8ビット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1バイト

    解説

  • 10

    現在のコンピュータで電子回路を実装した部品のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LSI Large Scale Integrated circuit(大規模集積回路)

    解説

  • 11

    プログラムを設定できること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラマブル

    解説

  • 12

    物理的な機械のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハードウェア

    解説

  • 13

    バイナリデータで表現された情報のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソフトウェア

    解説

  • 14

    コンピュータの本体には複数のLSIが内蔵されており、その中枢となるLSIのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CPU Central Processing Unit(中央処理装置)

    解説

  • 15

    パソコンの仲間のひとつで、手のひらに載るサイズのコンピュータのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PDA Personal Digital Assistant(携帯情報端末)

    解説

  • 16

    商品などに添付されたバーコードを読み取るバーコードリーダー、マークシートなどを読み取る入力装置のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OMR Optical Mark Reader

    解説

  • 17

    活字や手書き文字を読み取る入力装置のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OCR Optical Character Reader

    解説

  • 18

    スクリーンの内部に塗布された蛍光体に電子ビームを当てることで発光させるディスプレイのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CRTディスプレイ Cathode-Ray Tube

    解説

  • 19

    記憶装置とはソフトウェアを何らかの信号によって記憶しておく機械のことで、主記憶装置と補助記憶装置がある。前者は本体に組み込まれているもので、何と呼ばれているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモリ

    解説

  • 20

    コンピュータの基本的な操作環境を提供するプログラムであり、さまざまなコンピュータ資源を効率的かつ円滑に行うための土台のこと。基本ソフトウェアともいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オペレーティングシステム

    解説

  • 21

    何らかの作業を行うためのプログラムであり、OSの上で実行される。応用ソフトウェアともいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アプリケーションソフトウェア

    解説

  • 22

    プログラムを記述する人工言語のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラミング言語

    解説

  • 23

    画像作成のためのアプリケーションのひとつ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CGソフト Computer Graphics

    解説

  • 24

    設計・デザインのためのアプリケーションのひとつ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CADソフト Computer-Aided Design

    解説

  • 25

    データベース管理のためのアプリケーションのひとつ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBMS DataBase Management System

    解説

  • 26

    学習のためのアプリケーションのひとつ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CAIソフト Computer Assisted Instruction

    解説

  • 27

    アプリケーションによって作成されるバイナリデータ、あるいはアプリケーションが作業に利用するバイナリデータは、OSがファイルという単位で管理している。このファイルのことを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データファイル

    解説

  • 28

    コンピュータと人間を結び付けている仕掛けのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユーザインタフェース

    解説

  • 29

    コンピュータからの情報の出力も人間からの指示の入力も、すべて文字で行う仕掛けのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CUI Character User Interface

    解説

  • 30

    コンピュータからの情報の出力に図や絵など画像を多用し、人間からの指示の入力も、基本的な操作はすべてマウスなどのポインティングデバイスで行う仕掛けのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GUI Graphical User Interface

    解説

  • 31

    文字と画像という視覚を偏重したインタフェースを改め、聴覚や触覚などいろいろな知覚を利用するユーザインタフェースのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PUI Perceptual User Interface

    解説

  • 32

    コンピュータが頭や手・腕の微妙な動きを感知することで、身体動作によってコンピュータを操作できるインタフェースのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • BUI Bio-adaptive User Interface

    解説

  • 33

    衣服や腕時計のように身にまとって使えるコンピュータのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェアラブルコンピュータ

    解説

  • 34

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エクスクラメーション

    解説

  • 35

    '

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シングルクォート

    解説

  • 36

    "

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダブルクォート

    解説

  • 37

    ~

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ティルダ

    解説

  • 38

    ^

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハット

    解説

  • 39

    @

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アットマーク

    解説

  • 40

    {

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なみかっこ

    解説

  • 41

    ✳︎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アスタリスク

    解説

  • 42

    ;

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セミコロン

    解説

  • 43

    :

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コロン

    解説

  • 44

    |

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーティカルバー

    解説

  • 45

    ,

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンマ

    解説

  • 46

    .

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピリオド

    解説

  • 47

    /

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スラッシュ

    解説

  • 48

    _

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンダーバー

    解説

  • 49

    &

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンパサンド

    解説

  • 50

    コンピュータ間でデータやメッセージのやり取りをするための必要な手順と方法を定めた規則・規格のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通信プロトコル

    解説

  • 51

    通信プロトコルのひとつ。TCPとは何の略か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Transmission Control Protocol

    解説

  • 52

    通信プロトコルのひとつ。 IPとは何の略か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Internet Protocol

    解説

  • 53

    資源共有にせよ人的交流にせよ何かのサービスがネットワーク上で行われる場合、サービスを受けるコンピュータ(クライアント)とサービスを提供するコンピュータ(サーバ)が役割を分担しながら、協調して効率的に作業を行う仕組みのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライアントサーバシステム

    解説

  • 54

    インターネットと接続するためには、インターネット接続サービス業者と契約をしなければならない。このような業者のことを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターネットサービスプロバイダ

    解説

  • 55

    インターネットに接続している世界中のコンピュータを1台ずつ識別している番号のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IPアドレス

    解説

  • 56

    オーストラリアのドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • au

    解説

  • 57

    フランスのドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • fr

    解説

  • 58

    日本のドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • jp

    解説

  • 59

    韓国のドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • kr

    解説

  • 60

    英国のドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • uk

    解説

  • 61

    米国のドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • us

    解説

  • 62

    営利組織のドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • com

    解説

  • 63

    非営利組織のドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • org

    解説

  • 64

    ネットワーク組織のドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • net

    解説

  • 65

    米国の教育機関のドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • edu

    解説

  • 66

    米国の政府機関のドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • gov

    解説

  • 67

    米国の軍事機関のドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • mil

    解説

  • 68

    営利組織の第2レベルドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • co

    解説

  • 69

    政府機械の第2レベルドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • go

    解説

  • 70

    教育機関の第2レベルドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ac

    解説

  • 71

    ネットワーク組織の第2レベルドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ne

    解説

  • 72

    ネットワーク上でドメイン名とIPアドレスの変換サービスを行っているコンピュータのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DNSサーバ Domain Name System

    解説

  • 73

    電子メールを送受信するためのアドレスのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メールアドレス

    解説

  • 74

    ウェブページのアドレスのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • URL

    解説

  • 75

    インターネット上のさまざまな情報資源のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターネットリソース

    解説

  • 76

    ホームページのデータを転送するためのプロトコルのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • HTTP

    解説

  • 77

    wwwの仕掛けを使うためのソフトウェアのことで、インターネットの多様なサービスを利用するために使えなければならないもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェブブラウザ

    解説

  • 78

    インターネット上に分散している情報やサービスを関連付けてまとめあげ、画面内の語句や図像を選択することで情報の入手、サービスへのアクセスができるようにしたシステムのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • www

    解説

  • 79

    ウェブブラウザで表示される1ページの意味でも、特定の組織・個人が作成したひとまとまりのページ群という意味でも、そのページ群の入口ページという意味でも使われる言葉は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホームページ

    解説

  • 80

    何らかの問題を抱えた人が、その問題の処理・解決に役立つ情報を求めようとする意識状態のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報ニーズ

    解説

  • 81

    情報ニーズを満たすために情報を求めて行動すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報探索

    解説

  • 82

    明確な探索方略を持たないままで役に立ちそうな情報を探すことであり、行き当たりばったりの試行錯誤をしながら情報を探し歩く作業のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブラウジング

    解説

  • 83

    あらかじめ策定した探索方略に従って特定の情報を探すことであり、手がかりに基づき、手順を踏んで情報を引き出す作業のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報検索

    解説

  • 84

    情報探索を行う人が情報を求める対象のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報源

    解説

  • 85

    情報探索を目的に編纂されたもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 参考図書

    解説

  • 86

    文字通りインターネットによって探索、入手することができる情報資源のことでホームページを筆頭に、メーリングリスト、ウェブ掲示板、ファイルアーカイブなどの仕掛けで手に入れることができるもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターネットリソース

    解説

  • 87

    インターネットのような通信回線を介して検索できるデータベースのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オンラインデータベース

    解説

  • 88

    独創性と新奇性を備えた情報、つまりオリジナルの情報を含んだ記憶情報源のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一次資料

    解説

  • 89

    一次資料の情報を加工し、定型でコンパクトなかたちに再編成した記憶情報源のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二次資料

    解説

  • 90

    情報検索の手がかりのこと。例えば図書館の検索では、書名、著名、著者名、出版社名、出版年、価格のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクセスポイント

    解説

  • 91

    ある条件を満たしているすべての文献について、その書誌データを項目としてまとめた二次資料のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 書誌

    解説

  • 92

    特定のコレクションに含まれているすべての文献について、その書誌データを項目にまとめ、所在指示の機能を付与した二次資料のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目録

    解説

  • 93

    終期を予定せずに、1つのタイトルのもとで巻次・年月次を追って継続刊行される出版物のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 逐次刊行物

    解説

  • 94

    特定の資料(群)に含まれているある種の情報について、それらのデータを項目にまとめ、所在指示の機能を付与した二次資料のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 索引

    解説

  • 95

    利用者が自由に利用できる端末で、図書館の蔵書目録データベースが検索できるようになっているシステムのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OPAC Online Public Access Catalog

    解説

  • 96

    利用者の質問に対し、図書館職員が直接回答するサービスであり、ヒトが情報源となる典型的な例である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レファレンスサービス

    解説

  • 97

    たいがいの図書館が採用している、書架に本を体型順に配列する主題分類の規則のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本十進分類法

    解説

  • 98

    インターネット上に公開されているウェブページをプログラムによって片っ端から集め、各ページに含まれているすべての文字列をあらかじめ抽出しておいて、キーワードから検索できるようにしたもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロボット型サーチエンジン

    解説

  • 99

    ロボット型サーチエンジンは、ページ収集の作業を、何と呼ばれるプログラムで行っているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インデクシングロボット

    解説

  • 100

    検索された情報のうち、情報ニーズに適合しない、不要で余剰な情報のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノイズ

    解説

  • 101

    情報ニーズに適合するにもかかわらず、検索できなかった情報のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検索漏れ

    解説

  • 102

    ウェブサイトを選択的に集め カテゴリごとにまとめてリストし、メニューを階層的にたどることで探すことができるようにしたもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディレクトリ型サーチエンジン

    解説

  • 103

    各種のファイルを蓄積し、誰でも自由に入手できるように公開しているウェブサイトのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファイルアーカイブ

    解説

  • 104

    インターネットで、ファイルの転送に使われる仕掛けのこと。ウェブブラウザにはあらかじめこの機能が組み込まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • FTP File Transfer Protocol

    解説

  • 105

    ネットワークを介して、離れたところのコンピュータから手元のコンピュータへファイルを転送すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダウンロード

    解説

  • 106

    それぞれのファイルは、情報をディジタル化するにあたって特定の規格に従っている。この規格のことを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データ形式

    解説

  • 107

    ファイル名末尾の半角ドットに続く文字列のこと。通常は3または4文字からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡張子

    解説

  • 108

    ウェブブラウザがさまざまなデータ形式を閲覧・再生できるのは、あらかじめ閲覧・再生のための何がブラウザにいくつも組み込まれているからか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プラグイン

    解説

  • 109

    画像、音声など、容量の大きなファイルは、ファイル転送の時間を節約するために圧縮し、容量を小さくして提供されているものが多い。このファイルのことを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 圧縮ファイル

    解説

  • 110

    電子メールを用いて、特定のグループ内で議論や情報交換をするための仕組みのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メーリングリスト

    解説

  • 111

    ウェブブラウザを使って読み書きできる電子掲示板のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェブ掲示板

    解説

  • 112

    ユーザが好きなときにアクセスして情報を読み出す仕組みのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電子掲示板

    解説

  • 113

    掲示板への書込みのつながりのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スレッド

    解説

  • 114

    ウェブ掲示板とは違い、ニュースリーダと呼ばれるプラグインをウェブブラウザに組み込むことによって読む電子掲示板のこと。インターネットで古くから普及している電子掲示板の一種。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネットニュース

    解説

  • 115

    1つの情報を多数の定型的な項目で記述し、さらに関連する項目を関係付けて一括処理できるようにした仕組みのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 関係データベース

    解説

  • 116

    関係データベースでの、項目のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィールド

    解説

  • 117

    関係データベースでの、定型的な項目群によって記述された個別のデータのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レコード

    解説

  • 118

    データベースを構築、編集、管理するためのコンピュータプログラムのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBMS DataBase Management System

    解説

  • 119

    検索結果が当初の情報ニーズをどのくらい満足させたか、疑問に解答を与えることができたか、またその度合いのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 適合性

    解説

  • 120

    検索結果の件数に対して、そのうち情報ニーズに適合した件数の割合のこと。ノイズがどれだけ少ないかを示す数値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精度

    解説

  • 121

    情報ニーズに適合するデータベース中の総件数に対して そのうち検索結果として得られた件数の割合のこと。検索漏れがどれだけ少ないかを示す数値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再現率

    解説

  • 122

    適合性を評価しながら検索をやり直すこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 適合性フィードバック

    解説

  • 123

    抽象的な概念構造を表現したもの。言い換えると、多数の要素間の複雑な関係を整理し単純化して理解しやすくしたもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モデル

    解説

  • 124

    モデルを記述する際に、文章ではなく図のかたちにまとめたほうが直感的に理解しやすい。この図のことを何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャート

    解説

  • 125

    対象が多数の構成要素からなっており、それらが階層構造をとるときに有効なチャート。構成要素間の階層関係は、左から右へ、あるいは上から下へと書かれる場合が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分類階層図

    解説

  • 126

    複数のエンティティ(実体)と、それらの間の関係を記述するチャート。対象世界の中で特徴的ないし重要と思われる要素をエンティティとして取り出し、それらの相互関係を線で結んで記述する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • E-R図

    解説

  • 127

    対象の構成要素をオブジェクトとして抽出し、それらの間の関係を線で結んで記述するチャート。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オブジェクト図

    解説

  • 128

    オブジェクト指向プログラミングでソフトウェアを開発するための手法であり、記述対象を複数のオブジェクトの集合として捉え、オブジェクトの関係をモデル化するのに複数のチャート表現を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • UML Unified Modeling Language

    解説

  • 129

    チャート表現の手法ではなく、大量のデータから構造・関係を発見するための手法のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • KJ法 民俗学者・文化人類学者の川喜田二郎の頭文字から。

    解説

  • 130

    対象に含まれる操作や作業などの事がらを列挙し、それらの間の順序関係を記述するのに適している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フローチャート

    解説

  • 131

    処理の流れをデータに注目して記述するチャートのこと。業務分析に有効で、システム開発の分野では広く使われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DFD データフローダイアグラムの略

    解説

  • 132

    対象がいろいろな状態に変化するとき、どのような状態をとり得るかを列挙し、ある状態からほかの状態へ移るときに(状態遷移)どんな刺激がもとになるかを整理するのに適したチャートのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 状態遷移図

    解説

  • 133

    さまざまなイベントの順序を記述するチャートのこと。「XがYからデータを受け取る」「XがYへ要求を出す」のような主体間でのデータ、要求のやり取りの順序を記述するのに適している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シーケンス図

    解説

  • 134

    よく使われる代表値のひとつで、最も頻出する値のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モード

    解説

  • 135

    よく使われる代表値のひとつで、データ値を小さい順に並べて中央にくる値、データの個数が偶数の場合は中央2個の平均のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メジアン

    解説

  • 136

    複数の項目の絶対量を比較するのに適しているグラフ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 棒グラフ

    解説

  • 137

    構成要素の全体における割合を記述するのに適したグラフ表現のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 円グラフと帯グラフ

    解説

  • 138

    1つの量の動きに対するほかの量の変化を表すグラフ表現で、特に時間の経過に応じて変化する量を記述するのに有効なグラフのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 折れ線グラフ

    解説

  • 139

    データが3つ以上の数値の組として表現できるとき、データの組ごとのバランスを記述するのに適しているグラフのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レーダチャート

    解説

  • 140

    データが2つの数値の組として表現できるとき、データ全体の分布状態を記述するのに適しているグラフのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 散布図

    解説

  • 141

    時系列としては同じだか、単位などがまったく異なる複数種類の数値データを組み合わせてグラフとして表現したいときに用いるグラフのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複合グラフ

    解説

  • 142

    口頭での発表、説明のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレゼンテーション

    解説

  • 143

    より一般的な事がらからより特殊な事がらへと話を進める方法のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 演繹法

    解説

  • 144

    個々の事がらをいくつか呈示して、そこから一般的な原理原則を導く方法のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 帰納法

    解説

  • 145

    初め、なか、終わりの3つの部分で構成する方法のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三段構成法

    解説

  • 146

    三段構成法の本論部分を2つに分けたもの。「起承転結」法として有名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 四段構成法

    解説

  • 147

    結論先出し法とも呼ばれ、結論を冒頭に述べてしまう方法のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結論先行法

    解説

  • 148

    何かを検討、検証、説明するときに見落としがないよう考えるためのキャッチワードのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5W1H

    解説

  • 149

    ばらばらの情報を整理し、つなぎあわせ、まとめあげるのに不可欠なもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 論理

    解説

  • 150

    段落ごとの文章の論理を明確にし、さらに段落と段落のつながりを論理的にすることで、最終的に論理的に堅固な文章を構築する方法のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パラグラフライティング

    解説

  • 151

    複数の要素を並列に並べること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 列挙

    解説

  • 152

    構成要素を漏らさず並べあげること。網羅的な列挙。網羅的であることは、反論を封じるために重要なことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分類

    解説

  • 153

    空間的な配置の順に整列すること。しばしば列挙に用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 空間的整序

    解説

  • 154

    時間的な順序に整列すること。しばしば列挙に用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時間的整序

    解説

  • 155

    時間的整序の結果、もとに戻る場合。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 循環

    解説

  • 156

    順序を追って操作する際の指示を与えること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手順指示

    解説

  • 157

    分岐を含んだ手順指示のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 条件付き手順指示

    解説

  • 158

    成り立ちを明らかにすること。列挙や分類を含むこともある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分析

    解説

  • 159

    明示的に説明すること。あいまいさのない論理を構築するために不可欠である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 定義

    解説

  • 160

    あえて範囲外のことを述べてからいい直すことで、説明をいっそう明瞭にすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いい直し

    解説

  • 161

    比較することで、相違点を強調すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対比

    解説

  • 162

    比較することで、類似点を強調すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 照合

    解説

  • 163

    対比と照合を両方とも述べること。片方のみの記述に比べて客観的な印象を与える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比較

    解説

  • 164

    類似した概念を結び付けて述べること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 類推

    解説

  • 165

    一般的な事がらを述べてから、特殊な例を並べて説得すること。段落内での演繹法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 例示

    解説

  • 166

    特殊な例を述べてから、それらを一般化する。段落内での帰納法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般化

    解説

  • 167

    ある主張に対し、理由を挙げてその主張の正当性を崩すこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反論

    解説

  • 168

    あえて自ら反論を述べ、それをさらに覆す論の運び方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再反論

    解説

  • 169

    問題を提起し、その解決策を述べること。企業などの組織におけるメモで頻繁に用いられるパターン。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問題解決

    解説

  • 170

    ある提案や行為などによって、どのような直接・間接の効果があるかを述べること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 策と効果

    解説

  • 171

    長めで論理的な実用文を書くための技術のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アカデミックライティング

    解説

  • 172

    2名で対話すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダイアローグ

    解説

  • 173

    1名が集団に発表すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレゼンテーション

    解説

  • 174

    集団で討議すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディスカッション

    解説

  • 175

    賛成、反対の2組に分かれて行う討議ゲームのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディベート

    解説

  • 176

    司会者が討論の方向を誘導せずに、参加者が自由に発言する討議法。参加者どうしで、お互いの情報や知識、経験や価値観を共有しあうことを目的とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フリーディスカッション

    解説

  • 177

    多様なアイデア、多彩な意見を集めるために、企業の開発部門などでよく行われる討議法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブレーンストーミング

    解説

  • 178

    参加者が多いとき、いくつかのグループに分かれて同じテーマをそれぞれ話し合う討議法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グループディスカッション

    解説

  • 179

    グループディスカッションと全体討論を組み合わせた討議法のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バズセッション

    解説

  • 180

    数人のプレゼンテーションを行ったのち、参加者と発表者との質疑応答を経て、全体討論へと発展させる討議法のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シンポジウム

    解説

  • 181

    専門的知識を持った人がパネリスト(またはパネラー)となり、司会者のもとに討論を行うこと。ほかの参加者はフロアとなり、パネリストの討議の聞き手となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パネルディスカッション

    解説

  • 182

    専門知識を持った人を同席させる討議法のこと。専門家は参加者の質問に答え、参加者の意見や主張に対して専門的な立場から見解を述べる役割を果たす。専門家陪席討議法とも呼ばれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コロキーフォーラム

    解説

  • 183

    何らかの論題について賛成と反対、肯定と否定の2組に分かれて議論を戦わせ、最終的に勝負を決める討議ゲームのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディベート

    解説

  • 184

    透明なフィルムに投影すべき画像を専用のペンで手書きするシートのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OHPシート OverHead Projector

    解説

  • 185

    対面コミュニケーションにおいて言語以外の手段で行われる情報伝達のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノンバーバルコミュニケーション

    解説

57031

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ