zuknow learn together

新しい教材を作成

TDMテスト対策穴埋め

カード 50枚 作成者: 死にました (作成日: 2015/07/26)

  • テオフィリンには、定まった時刻に投与することで気管支の痙攣が起きないように投与する( )療法という方法がある。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

過去問、中間試験から作成

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    テオフィリンには、定まった時刻に投与することで気管支の痙攣が起きないように投与する( )療法という方法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RTC

    解説

  • 2

    テオフィリンのクラアランスは( )に最も大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生後2〜3年

    解説

  • 3

    シクロスポリンの血中濃度測定では( )を測定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全血液中濃度

    解説

  • 4

    シクロスポリンの血中濃度測定では、採血管には( )が入っているものを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗凝固剤EDTA

    解説

  • 5

    テイコプラニンは消失半減期が46〜56時間と長いため、( )を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負荷投与

    解説

  • 6

    テイコプラニンは急速なワンショット投与によりred man症候群が発現するので( )以上かけて点滴静注する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30分

    解説

  • 7

    バンコマイシンは急速なワンショットでred man症候群が発現するので( )以上かけて点滴静注する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 60分

    解説

  • 8

    ベイジアン法は( )に関する事前情報を利用して、患者の血中濃度測定値の不足を補い、患者個々のパラメーターの推定を行う方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母集団薬物動態パラメーター

    解説

  • 9

    授乳期において、母親が服用している薬物の母乳移行性を示す指標として、( )を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • M/P比

    解説

  • 10

    M/P比の分子は母乳中の薬物濃度で、分母は( )を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母親血漿中の薬物濃度

    解説

  • 11

    TDMの際に溶血した血清を用いると、血中濃度を高く見積もることがある薬物に、( , )などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジゴキシン、ゾニサミド

    解説

  • 12

    TDMの際に溶血した血清を用いると、血中濃度を低く見積もることがある薬物に、( , )などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リチウム、バルプロ酸

    解説

  • 13

    カルバマゼピンの代謝には、( )があり、投与初期のクリアランスは長期投与によって2〜3倍に上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己誘導作用

    解説

  • 14

    ジゴキシンの測定で、腎障害患者や妊婦では、血液中に存在する( )によって測定値が実際より高い値を示すことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジゴキシン様免疫反応物質

    解説

  • 15

    高齢者では、腎排泄型薬物の全身クリアランスが低下する原因として、腎機能、心拍出量、( )の低下が挙げられ、クレアチニンクリアランスを指標として腎機能の評価をする必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血漿アルブミン量

    解説

  • 16

    高齢者では、体内脂肪量が多いことから、脂溶性薬物の分布容積は( )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増加

    解説

  • 17

    炭酸リチウムの急性躁病期の有効血中濃度は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.8〜1.2 mEq/L

    解説

  • 18

    炭酸リチウムの測定法には( )を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原子吸光光度法

    解説

  • 19

    小児の糸球体ろ過速度GFRは成人の約30%であり、その値は( )に大きく影響される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受胎後週数(PCA)

    解説

  • 20

    胎児では( )が最も多いが、生後1年以降は成人に最も多いCYP3A4にとって代わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CYP3A7

    解説

  • 21

    強心薬であるジゴキシンの有効血中濃度は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.8〜2.0 ng/mL

    解説

  • 22

    抗てんかん薬であるフェニトインの有効血中濃度は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10〜20μg/mL(小児では5〜20μg/mL)

    解説

  • 23

    喘息治療薬であるテオフィリンの有効血中濃度は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10〜20μg/mL(小児では5〜15μg/mL)

    解説

  • 24

    抗てんかん薬であるカルバマゼピンの有効血中濃度は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4〜12μg/mL

    解説

  • 25

    抗てんかん薬であるバルプロ酸の有効血中濃度は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 50〜100μg/mL

    解説

  • 26

    グリコペプチド系抗生物質バンコマイシンのピーク値は( )、トラフ値は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20〜40μg/mL,5〜10μg/mL

    解説

  • 27

    グリコペプチド系抗生物質テイコプラニンの有効血中濃度は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5〜10μg/mL(MRSA感染症でのトラフ値)

    解説

  • 28

    免疫抑制薬であるシクロスポリンの有効血中濃度は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 200ng/mL以下(自己免疫疾患でのトラフ値)

    解説

  • 29

    抗躁薬である炭酸リチウムの有効血中濃度は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.8〜1.2mEq/L(急性躁病)、0.4〜0.8mEq/L(維持療法)

    解説

  • 30

    定常状態に達するまでの時間は( )に依存する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消失半減期

    解説

  • 31

    ジゴキシンよりもジギトキシンのほうが半減期が( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長い

    解説

  • 32

    血中の薬物濃度を測定するとき全血測定を行う薬物にはシクロスポリンと( )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タクロリムス

    解説

  • 33

    バンコマイシンやテイコプラニン、アミノグリコシド系抗生物質などの腎排泄型薬物の投与は( )を参考にして行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クレアチニンクリアランスCLcr

    解説

  • 34

    ハロペリドール、リドカイン、フェニトイン、フェノバルビタール、プリミドン、カルバマゼピン、ゾニサミドの血中濃度を計測するために採血した場合、血清分離材入りの採血管を( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 避ける

    解説

  • 35

    シクロスポリンの製剤には、水溶性を向上させた( )製剤のネオーラルと、吸収率の個人差が大きいサンディミュンがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マイクロエマルジョン

    解説

  • 36

    ジゴキシンの消失半減期は( )日であり、定常状態に達するのに7日ほどかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.5〜2

    解説

  • 37

    アミノグリコシド系抗生物質を蛍光偏向免疫測定法で測定する際には、抗凝固剤として( )を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • EDTA、シュウ酸

    解説

  • 38

    フェニトインの体内動態は( )を示し、ミカエリスメンテン速度式に従う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非線形性

    解説

  • 39

    肝抽出率の高い薬物は、肝代謝クリアランスCLmが( )に依存する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝血流速度Q

    解説

  • 40

    肝抽出率の高い薬物として、( )が挙げられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リドカイン、ベラパミル、プロプラノロールなど

    解説

  • 41

    TDMによる血中濃度測定の際に用いられる、簡便で迅速な測定には蛍光偏光免疫測定法や( )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酵素免疫測定法

    解説

  • 42

    TDMによる血中濃度測定の際に用いられる、分離分析法としてはガスクロマトグラフィーや( )などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高速液体クロマトグラフィー

    解説

  • 43

    バルプロ酸の消失半減期は8〜15時間であり、致死的な( )を起こすことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝障害

    解説

  • 44

    アミノグリコシド系抗生物質のTDMでは( )の血中濃度測定が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピーク値とトラフ値

    解説

  • 45

    テオフィリンでは血中濃度を一定に保持し、気管支の痙攣を抑える( )が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RTC療法

    解説

  • 46

    炭酸リチウムを、サイアザイド系利尿薬、ループ利尿薬、ACE阻害薬、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)と併用すると、リチウムの血中濃度が( )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上昇

    解説

  • 47

    蛍光偏光免疫測定法によるアミノグリコシド系抗生物質の測定で抗凝固剤として( )を用いると複合体を形成して血漿中濃度を低く見積もる可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘパリン

    解説

  • 48

    TDMでは、ジゴキシンの( )への移行に時間がかかるため、投与直前あるいは投与後6〜8時間以降に血中濃度の測定を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心筋

    解説

  • 49

    セント・ジョーンズ・ワートは( )を誘導し、シクロスポリンの血中濃度を低下させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CYP3A

    解説

  • 50

    小児の薬物量としては、年齢と体重を考慮して決定する。その代表的な式としてYoung式、( )式などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Augsberger

    解説

56560

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ