zuknow learn together

新しい教材を作成

製品開発論

カード 17枚 作成者: Daichi Handa (作成日: 2015/07/26)

  • 製品開発マネジメントの特徴(3つ)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    製品開発マネジメントの特徴(3つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 創造性、不確実性、複雑性

    解説

  • 2

    ブロックバスター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従来の医薬品を大きく凌ぐ薬効を持ち、巨額の売上高(1,000億円以上)と利益を生み出す大型医薬品

    解説

  • 3

    後発薬(ジェネリック)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特許の切れた医薬品を他の企業が製品・販売したもの

    解説

  • 4

    新薬探索の手法(4つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.ランダムスクリーニング 2.ラショナル・ドラッグ・デザイン 3. 斬新的手法 4.新しい技術;コンビナトリアルケミストリー、ハイスループット・スクリーニング

    解説

  • 5

    ランダム・スクリーニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多種の天然物質や化合物に対してランダムに次々とテストを行う。人手では1日に数検体程度

    解説

  • 6

    ラショナル・ドラッグ・デザイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鍵穴(受容体)に合う鍵(化合物の構造)を設計する。仮説をたてる

    解説

  • 7

    斬新的手法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬効がわかっている既存の化合物の構造に修飾を施して誘導体を作る

    解説

  • 8

    新しい技術;コンビナトリアルケミストリー、ハイスループット・スクリーニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低コストで大量の化合物を合成・テスト

    解説

  • 9

    開発組織の種類(主に2つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職能制、事業部制

    解説

  • 10

    吸収能力(absorptive capacity)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  最先端知識の吸収のためには、社内に基礎研究をある程度残しておくことで会社の吸収能力が上がる

    解説

  • 11

    イノベーションのジレンマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 既存企業が十分に優良で新技術へ積極的に対応していたとして、なおイノベーションに失敗し、市場地位を失う場合がある

    解説

  • 12

    破壊的イノベーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・優れた企業は、性能・市場規模・利益率などの点で大幅に劣った製品には注力しない/出来ない ・その「劣った製品」が技術進歩を通じて既存の満足水準を超える

    解説

  • 13

    コンカレント・エンジニアリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各機能部門が個別に分担された業務を終了してから次の機能部門に引き渡すのではなく、各業務を並列させて製品開発を進める方法

    解説

  • 14

    フロント・ローディング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 部門横断的に発生する問題解決を、なるべくプロジェクトの早い段階に前倒しして行うこと

    解説

  • 15

    製品アーキテクチャの種類(2つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モジュラー型、インテグラル型

    解説

  • 16

    モジュラー型製品アーキテクチャ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品として組み合わせる部品間のケツ同形式(インターフェイス)が標準化・規格化されている。PCなど

    解説

  • 17

    インテグラル型製品アーキテクチャ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品として組み合わせる部品間の結合形式(インターフェイス)が標準化・規格化されておらず製品設計の都度、調整する必要がある。自動車など

    解説

56960

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ